THE BRIDGE

タグ Tesla

テスラ×近鉄が目指す「電車の停電対策」ーーTESLA蓄電池「Powerpack」42台を導入

SHARE:

ピックアップ:Tesla builds Powerpack system to provide backup power to Osaka train ニュースサマリー:電気自動車の開発を行うTESLAは28日、自社の蓄電装置「Powerpack」を関西の私鉄である近畿日本鉄道へ提供開始したと自社Twitterにて公表している。 1/ In the event of a grid outage, …

Capture.PNG

ピックアップTesla builds Powerpack system to provide backup power to Osaka train

ニュースサマリー:電気自動車の開発を行うTESLAは28日、自社の蓄電装置「Powerpack」を関西の私鉄である近畿日本鉄道へ提供開始したと自社Twitterにて公表している。

同社によればこの蓄電装置を用いることで、停電などの緊急事態が発生した際に電車を最寄り駅まで走らせることが可能となるという(TESLAは最大30分間の走行が可能となるとしている)。また、夏場のピーク時にはクーラーなど社内冷却用にも流用が可能になるなど、用途は多岐にわたるという。

また、今回大阪に作られたPowerpack施設はアジアでは最大級、そしてAPECにおいても4番目に大規模な設備だとされている。これはTESLAが電気自動車の開発・販売だけでなく、エネルギー供給企業といった観点でもビジネスモデルの構築していることが理解できる事例と言えよう。

 

----------[AD]----------

イーロン・マスクが明かしたTesla と SolarCity のビジョンは「ソーラールーフ+バッテリー+電気自動車」

SHARE:

今晩、イーロン・マスク氏は新しいバッテリーシステム「ソーラールーフ」を発表した(編集部注:原文掲載10月28日)。そして、最も重要な点であるが、投資家に対するビジョンとしてマスク氏の電気自動車会社 Teslaと従兄弟が経営する太陽エネルギー企業のSolarCityが合併する準備を進めていることも発表した。 Tesla は上の写真1枚で、そのアイデアを一つに要約した。 家屋の上にはソーラールーフ (…

cv5zf41vmaa94tz-930x473

今晩、イーロン・マスク氏は新しいバッテリーシステムソーラールーフ」を発表した(編集部注:原文掲載10月28日)。そして、最も重要な点であるが、投資家に対するビジョンとしてマスク氏の電気自動車会社 Teslaと従兄弟が経営する太陽エネルギー企業のSolarCityが合併する準備を進めていることも発表した。

Tesla は上の写真1枚で、そのアイデアを一つに要約した。

家屋の上にはソーラールーフ (テラコッタを含む4つのスタイルを提供)がある。ガレージ内には新しいバッテリーシステムと車の充電器であるPowerwall 2がある。コネクテッドシステムによって太陽エネルギーが家中にそして(当然ながら)Teslaにも供給される。

Tesla の謳い文句もまたうまい。「ソーラールーフ+バッテリー+電気自動車」だ。

このソーラールーフの値段はまだ明らかではない。ローンチ時期も不明だ。だが、マスク氏はソーラールーフをより安く、丈夫で見た目の良いものにすることが目標であるという。私のような都心生活者には想像が難しい話だが(車? ガレージ?)、客観的に見ればこの組み合わせは理にかなっているように思える。アップル製品がつくるエコシステムのように。

screen-shot-2016-10-28-at-10-22-29-pm

両企業のシェアホルダーは合併に関する投票を近々行う。合併を実現するのはマスク氏の役目だ。懐疑的な人はなぜ自動車会社が太陽エネルギーの会社を買う必要があるのかと考えるが、それに対するマスク氏の答えはこれだ。「世界が持続可能エネルギーへとシフトするスピードを加速させること」。

マスク氏は美しい理想郷を描いている。投資家がそれに同意するか、注目したい。

2

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

中国で今年1月に発生したTeslaドライバーの死亡事故、自動操縦機能が原因の可能性

SHARE:

自動操縦機能を使用した Tesla 車による初の死亡事故であった可能性のある事故の映像を、水曜日(9月14日)に中国国営メディアが公開した。 車載カメラで撮影された動画には、北京市の南450キロメートルに位置する高速道路上をフルスピードで走行するモデル S 車が路面清掃車後部に激突する様子が録画されている。 衝突事故は今年1月20日に発生し、23歳のドライバー Gao Yaning 氏は即死してい…

tesla

自動操縦機能を使用した Tesla 車による初の死亡事故であった可能性のある事故の映像を、水曜日(9月14日)に中国国営メディアが公開した。

車載カメラで撮影された動画には、北京市の南450キロメートルに位置する高速道路上をフルスピードで走行するモデル S 車が路面清掃車後部に激突する様子が録画されている。

衝突事故は今年1月20日に発生し、23歳のドライバー Gao Yaning 氏は即死している。これまでは、今年5月7日にフロリダで発生した Tesla 車モデル S の衝突死亡事故が、Tesla 車のドライバー支援型自動運転システムに関連した初のドライバー死亡事故であるとされてきた。しかし、1月の惨事の一因が自動操縦機能にある場合、中国で4ヶ月前に発生したこの事故が自動操縦による初の事故であったことになる。

路面清掃車に激突して大破したTesla車
路面清掃車に激突して大破したTesla車

この動画は、事故の瞬間まで自動操縦が機能していたという証拠が家族側になかったため、事故当時は公開にいたらなかった。同電気自動車は金属スクラップ処理されており、自動操縦機能が事故当時作動していたかどうかを判断するための記録も失われていた。

悲嘆に暮れた Gao Yaning 氏の父親は、5年以上の運転経験を持ち兵役中は大型トラックの運転を完璧にこなした実績もある息子が、10秒以上も完全に視界にあった車両に、ブレーキをかけたり避けたりする試みすらなく追突したとはどうしても信じることができないでいる。

2016-09-15-6
ドライバーには何年も軍事用トラックを運転した実績があった

Gao 氏の父親はさまざまな専門家や Tesla 車ドライバーたちに意見を求めたが、皆一様に車は走行制御モードにあったとみている。映像は、Gao 氏の車が9分間、路上線から一定の距離を保ちつつ一定のスピードで走行したことを示している。

追突の1分前、Gao 氏はある歌を鼻歌で数節歌っている。Gao Yaning 氏の父親は、彼は Tesla 車のドライバー支援型自動運転機能に夢中になっていたと語り、自動操縦機能で車を走らせる息子を撮った動画を携帯電話で見せた。

亡くなった Gao 氏の家族は、ドライバーに誤解を与えたとして Tesla ディーラーを告発しており、賠償金として1万元(1,500米ドル)を要求している。家族の弁護士は適切な額であるとは言えないとしつつも、家族はこのことが自動操縦機能はまだ不完全な技術であり慎重に試す必要があると世の中へ忠告するきっかけになることを願っている、としている。

Gao 氏の弁護士を務める Wang Beibei 氏はこう語った。

私たちは Tesla に、マーケティング時にはもっと慎重に言葉を選ぶよう再認識し、また若いドライバーに対する魅力的なセールスポイントとして自動操縦機能をあげることをやめてほしいのです。Tesla は、ドライバーに対して自動操縦機能を信用する必要性を繰り返し印象付けようとしますが、その一方でマニュアルの細則ではハンドルから手を放さないようにとしています。これは自己矛盾です。

自動運転機能に関連した中国国内初の事故を受け、Tesla は先月8月2日、中国における公式ウェブサイト上で「自動操縦」機能という表現を「自動操縦ドライバー支援型自動運転システム」へと変更した。

Tesla は、自動操縦機能は航空機の自動操縦機能同様、一定の条件下でドライバーの運転を支援するために機能するとしている。しかし、ドライバーはハンドルを両手で握り、常に車両をコントロールしなくてはならない。Tesla の中国サイトの自動操縦機能の説明にこのことは記載されていない。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------