タグ THE BRIDGE

ものづくり系特化ニュースサイト「make.thebridge.jp」をスタートします

SHARE:

いつもTHE BRIDGEを読んでいただいているみなさま、どうもこんにちは。日本語版編集長のkigoyamaです。 突然ですが今日から、THE BRIDGEでは新しくものづくり系テーマに特化したサイト「make.thebridge.jp」を開始します! ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up …

DMM_3Dプリント_×_THE_BRIDGE

いつもTHE BRIDGEを読んでいただいているみなさま、どうもこんにちは。日本語版編集長のkigoyamaです。

突然ですが今日から、THE BRIDGEでは新しくものづくり系テーマに特化したサイト「make.thebridge.jp」を開始します!

実は少し前から準備をしていて、THE BRIDGEではガジェットカテゴリの中で展開をしておりました。StartupDatingの時代から、私たちはものづくり系スタートアップやその広い世界観が大好きで、イベントや取材などを通じて時おりその状況をお伝えしておりました。

そして本当にここ最近になって、GoogleによるNest買収、ウェアラブル端末の進化、国内にもただのガジェットメーカーにとどまらない新しいビジネスモデルに挑戦しようとするプレーヤーが生まれてくるなど、インターネットがまたおもしろい方向にいくんじゃないかという話題も多くなってきました。

今回立ち上げる新サイト「make.thebridge.jp」は、DMM 3Dプリントさんと、ものづくり関連の支援事業を展開するnomadさんのご協力で実現しました。

世界にちらばるものづくり系テーマのアイデア、事例、ビジネスモデルをはじめ、もちろん国内でがんばるスタートアップにも焦点を当てた執筆、取材記事をお届けしたいと思います。

最後になりましたが、現在、カイ士伝Junya Moriを中心にライター数名で編集、執筆体制を作っておりますが、あと若干名のメンバーを募集しております。この分野に興味ある方いらっしゃいましたら、こちらからコンタクトしてみてください。

では、THE BRIDGEの新しい取り組みにご期待くださいませ!

リニューアルしたTHE BRIDGEの記事を楽しむための3つのポイント

SHARE:

本日、THE BRIDGEがリニューアルしました。データベースの機能の追加などがメインとなっています。そのあたりについては平野さんの記事を御覧ください。 THE BRIDGE新機能追加とスタートアップデータベース登録開始のお知らせ メインはデータベースとはいえ、ニュースサイト側もリニューアルを行っております。今回は、2014年もTHE BRIDGEを楽しんで読んでいただくために、リニューアルしたT…

本日、THE BRIDGEがリニューアルしました。データベースの機能の追加などがメインとなっています。そのあたりについては平野さんの記事を御覧ください。

メインはデータベースとはいえ、ニュースサイト側もリニューアルを行っております。今回は、2014年もTHE BRIDGEを楽しんで読んでいただくために、リニューアルしたTHE BRIDGEの見どころをご紹介します。

記事のスコアがより見やすく!

news top

前回、THE BRIDGEへと変更した際に新しく導入された記事のスコア。これまでは記事ページでしかスコアが確認できなかったところを、ニュースの一覧ページでも、右サイドバーの新着記事、人気記事からもスコアが確認できるようになりました。

これでどの記事がよく読まれているのか、話題になった記事はどれなのかが一目瞭然です!ちなみに、最も高いスコアの記事は三橋ゆか里さんが執筆したこちらの記事。

スコアはなんと10922。すごい。

記事がハイスコアごとにソートできる!

score sort

記事スコアがいろんなところで確認できるようになっただけではなく、ニュースページのトップなどからハイスコアの記事をソートして表示できるようになりました(画像上)。

このハイスコア記事のソートは、ニュースのトップだけではなく、各カテゴリごとにソートすることが可能となっています。

新たなカテゴリが登場

さて、THE BRIDGEは2013年まで「News」というカテゴリで、ひたすらニュース記事をお届けしてきました。2014年からは新たなカテゴリを設け、情報を充実させていきます!

新たに設けられたカテゴリは、

の4つ!「Interview」は、これまでにも実施してきた投資家と起業家の対談や、投資家や起業家へのインタビューの記事をまとめたカテゴリです。

「Gadget」は、M2M、Internet of thingsの流れや3Dプリンターやレーザーカッターなどの新しいデバイスの普及によるモノづくりやハードウェアにおける変化をしっかり追いかけていくために設けたカテゴリです。今後、THE BRIDGEではハードウェアやガジェットなどの情報も積極的に発信していきます。

「Woman」は三橋ゆか里さんが担当されるカテゴリ。様々な挑戦をしている女性の方々を取材し、そこから得られるエッセンスなどを紹介していく予定です。「Local」はその名の通り、日本における地方における起業の現状を伝えていく記事が集まるカテゴリとなっています。江口さんが日本のあちこちに飛びます。これらの領域についても、今後取材を進めていく予定です。

それでは、2014年もTHE BRIDGEをどうぞよろしくお願い致します。取材のご依頼や改善点のご指摘はいつでもお待ちしております

THE BRIDGEの人気記事で振り返る2013年のアジアテックシーン

SHARE:

本日で2013年も終わり。明日からは新しい年がスタートする。 THE BRIDGEでは今年も数多くのアジア圏のテック系の記事を掲載してきた。その中から、よく読まれた記事をピックアップしつつ、簡単に今年の振り返りをしてみたいと思う。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 中国 中国語の学習に便…

asia map

本日で2013年も終わり。明日からは新しい年がスタートする。

THE BRIDGEでは今年も数多くのアジア圏のテック系の記事を掲載してきた。その中から、よく読まれた記事をピックアップしつつ、簡単に今年の振り返りをしてみたいと思う。

中国

ひとつは今年掲載された記事ではないが、根強い人気を誇る記事だ。もう一方は、中国という市場の大きさをわかりやすく私たちに教えてくれる記事として話題になった。

韓国

今年の後半、韓国本国で人気の出会い系アプリ「Hey」が、アジア圏に向けて進出した。日本も例外ではなく、日本にも上陸している。来年以降、広がりを見せるのかが気になるところだ。また、韓国においてゲーム市場の伸びが目立ち、その様子がわかる記事もピックアップした。

シンガポール

シンガポールにおいて、保護者向けに行ったリサーチ結果を紹介した記事が反響を呼んだ。「起業家」という項目がこれほどの数字を記録することが、多くの人にとって驚きだったようだ。

インドネシア

インドネシアからはコマース系サービスのニュースがよく届いた。上で紹介している記事は、インドネシアにおけるメジャーなショッピングサイトたちだ。

タイ

タイの記事は比較的少ないのだが、この記事はよく読まれた。スタートアップでキャリアを積んだ人が、その後アジアで何かを始める場合、人の関心をひくようだ。また、東京にも上陸したように、Uberはその他の国にも進出している。そのことを示す記事もピックアップ。

ベトナム

今年は、各国におけるLINEの勢いのすごさが記憶に残る年となった。ベトナムにおいてもLINEはユーザ数を伸ばした。もちろん、その他の国でも大きくユーザ数を伸ばした。それと同時に、その国発のメッセージアプリとの競争も思い出される。ベトナムにおいては、Zaloというメッセージアプリがユーザ数を伸ばしていた。

フィリピン

フィリピンはオンライン英会話や語学留学でおなじみとなった。そのためか、そのことについて紹介した記事はよく読まれた。また、フィリピンで人気のコマースサイトを紹介した記事も人気だった。

2014年もTHE BRIDGEでは引き続きアジア圏のテクノロジーニュースをお伝えしていく。来年はさらにみなさんの記憶に残るようなニュースをお伝えできればと思う。

THE BRIDGEとCNET JapanがStartup Awardを開催、最優秀賞はTokyo Otaku Modeに決定

SHARE:

英語による記事はコチラ。 THE BRIDGE と CNET Japan を運営する朝日インタラクティブは今日、Japan Startup Award を受賞者を発表した。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up この賞には、THE BRIDGE と CNET Japan がこれまでに取り上げ…

英語による記事はコチラ

THE BRIDGE と CNET Japan を運営する朝日インタラクティブは今日、Japan Startup Award を受賞者を発表した。

この賞には、THE BRIDGE と CNET Japan がこれまでに取り上げたスタートアップの中から、過去5年以内に創業していて、今後年率50%以上の成長が期待できるスタートアップ20社がノミネートされた。ノミネートされたスタートアップの一部は、THE BRIDGE でも連載で取り上げている。読者からの約1万票の投票により、各賞は以下の3社に決定した。

最優秀賞(賞金50万円)

tom mini logo

Tokyo Otaku Mode (過去の関連記事

Tokyo Otaku Mode は、日本のオタク・カルチャーのコンテンツを収集し、世界のオタクファンに情報を紹介している。現在、同社の Facebook ファンページの Like 数は、1,400万件を超えている。

 

CNET Japan 賞(賞金30万円)

rettyRetty過去の関連記事

Rettyはソーシャルメディアの特性を生かし、信頼出来る「人」を軸とした新しいお店探しを提案するグルメサービスです。2011年6月にサービス開始後、様々なメディアにも取り上げられ、現在はユーザー数100万人を突破も果たした人気急上昇中のサービスです。

THE BRIDGE 賞(賞金30万円)

MONOCO過去の関連記事

MONOCOはデザイン雑貨の招待制ショッピングサイト。国外約550名、国内約100名のデザイナーと提携し、時間限定のフラッシュ・セールス形式をとっている。現在、Monoco には、ロンドン、バリ、ニューヨークにそれぞれ1人、世界全体で計7人の商品担当者が居る。

cjsa_awardpresenting_monoco
写真提供:MONOCO CTO Ari Awan 氏

Japan Startup Award は CNET Japan のイベント「CNET Japan Live 2013」の中で発表され、NTTドコモベンチャーズKDDIの協賛、バリュープレスの協力を得て実現した。

スタートアップのノミネートにあたっては、以下のベンチャーキャピタルやインキュベータが協力した(五十音順)。

ANRI、Beenos、KDDI、KLab Ventures、MOVIDA JAPAN、Skyland Ventures、YJキャピタル、アイ・マーキュリーキャピタル、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、インフィニティ・ベンチャーズLLP、グリーベンチャーズ、グローバル・ブレイン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、経営共創基盤、サイバーエージェント・ベンチャーズ、サイバーエージェント投資事業本部、サムライインキュベート、ベンチャーユナイテッド、リード・キャピタル・マネージメント。

THE BRIDGEにリニューアルしましたーー新体制のお知らせ

SHARE:

先日のお知らせの通り、本日よりSD Japan(株式会社スタートアップ・デイティング)はTHE BRIDGEにリニューアルいたします。関連していくつかお知らせをさせて頂きます。 会社名を「株式会社THE BRIDGE」に変更、日本語版編集長の新設 リニューアルに合わせ、会社名も同じく株式会社THE BRIDGEに変更し、代表取締役は平野武士が務めさせて頂きます。 ニュースレターの購読 注目すべき記…

BigLens

先日のお知らせの通り、本日よりSD Japan(株式会社スタートアップ・デイティング)はTHE BRIDGEにリニューアルいたします。関連していくつかお知らせをさせて頂きます。

会社名を「株式会社THE BRIDGE」に変更、日本語版編集長の新設

リニューアルに合わせ、会社名も同じく株式会社THE BRIDGEに変更し、代表取締役は平野武士が務めさせて頂きます。

また、これまで日本語版には編集長という役割をおいてませんでしたが、新たに設置の上こちらも私が担当し、英語版編集長のリック・マーティンと一緒にこのTHE BRIDGEの運営を実施いたします。

ソーシャルアカウントの移行について

現在、Twitterとfacebookに旧SD Japanのアカウントを設置しておりましたが、どうしても奇麗に移行ができず、下記のような運用とさせて頂きます。しばらく混乱もあるかもしれませんが、温かい目でご協力頂ければ幸いです。

Twitterアカウント
こちらはそのままアカウント名を新しいものに順次変更させて頂きます。

facebookページ
現在、日本語、英語でそれぞれfacebookページを運用していますが、ページ名称の変更がもうできないため、新しく新設し、徐々に移行を実施していきます。

旧facebookページ:https://www.facebook.com/SdJapanese
新facebookページ:https://www.facebook.com/thebridgejp

お手数ですが、新設ページに移行頂けると幸いです。

以上、今後ともTHE BRIDGEをどうぞよろしくお願いいたします。

THE BRIDGE編集部メンバー一同/共同創業者兼ブロガー・kigoyama