BRIDGE

タグ The One

タブレットと連携、ゲーム感覚で演奏を学べるスマートピアノ「The One」

SHARE:

スマートフォン、タブレットと連携してピアノを弾くレッスンができる、スマートピアノ「The One」がIndieGoGoに登場し、人気を集めている。すでに目標額の2万5,000ドルを大きく上回る18万ドル以上の資金調達に成功した。 使用時は、専用のアプリ(iOS/Android対応)をスマートフォンやタブレットにインストールして接続、連携させる。練習したい曲を選ぶと、画面に楽譜が表示され、押さえるべ…

The One

スマートフォン、タブレットと連携してピアノを弾くレッスンができる、スマートピアノ「The One」がIndieGoGoに登場し、人気を集めている。すでに目標額の2万5,000ドルを大きく上回る18万ドル以上の資金調達に成功した。

The One

使用時は、専用のアプリ(iOS/Android対応)をスマートフォンやタブレットにインストールして接続、連携させる。練習したい曲を選ぶと、画面に楽譜が表示され、押さえるべきキーが赤と青のLEDで光って指示がなされる。正しいキーを押さえると次のキーが光るようになっており、遊びながらピアノ演奏を学んでいくことができるという。

The One

光るキーを追いかけるだけでなく、動画でインストラクターがレッスンしてくれるモードもあり、正しい演奏を確認しながら学んでいけるようだ。

The One
また、いわゆる「音ゲー」の様に、上から降ってくる楽譜の指示に合わせてキーを押さえて練習する、ゲームスタイルのレッスンも収録されている。

収録曲もモーツァルト、ベートーヴェン、ビートルズからマドンナまでと幅広く収録されており、数千曲に及び、練習曲には困らなそうだ。

ラインナップ

開発されているのは、「The One Smart Piano」、「The One Light Keyboard」の2タイプ。

The One
The One Smart Piano」は88鍵で3ペダルのピアノタイプ。

The ONe
「マットブラック」と「クラシックホワイト」の二色展開で、市販予定価格は1,500ドル。

The One
The One Light keyboard」は61鍵でスピーカー内蔵の電子キーボードタイプ。

The One

こちらは「オニキスブラック」、「ホワイトゴールド」の二色展開で、市販予定価格は299ドル。

IndieGoGoのキャンペーンでは、「The One Smart Piano」は1台799ドルから、「The One Light keyboard」は1台199ドルの支援から手に入れることができた。北米以外への発送は別途送料がかかる。配送開始は2015年9月が予定されている。

「The One」を使えば、自宅で気軽に好きなときにレッスンができるため、ピアノ教室などに通って練習するよりはコストが抑えられそうだ。また、はじめてピアノの演奏を習得する、という場合にも楽しくとりかかれるだろう。

鍵盤が光って曲を練習できるキーボードはこれまでにもあったが、スマートフォン・タブレットと連携した楽譜の表示、動画レッスンなどで、より効率的なレッスンが期待できそうだ。