BRIDGE

タグ Tiki.vn

パンデミックにより利用者が急増したベトナムeコマース事情と4大プラットフォーム

ピックアップ:Vietnam targets e-commerce turnover reaching $35 billion by 2025 ニュースサマリ:ベトナムは2020年始め、毎年25%ずつの成長を目指す国家電子商取引開発計画を発表している。同国によれば、2025年までに国内約9,600万人に当たる50%以上のeコマース利用者を目指し、350億ドル規模の市場創出を目指す戦略としている。新…

ピックアップ:Vietnam targets e-commerce turnover reaching $35 billion by 2025

詳細な情報:新型コロナウイルスの流行によりロックダウンなどの行動制限が課せられた多くの国で、キャッシュレス決済とeコマースの普及が進むといわれている。中でも顕著だったのがベトナムで、特に生鮮食品のオンライン販売のトラフィックは2020年前半に42%も増加した。同国内では東南アジア諸国でサービスを展開するShopeeLazada、ベトナム国内企業のTikiSendoが4大eコマースプラットフォームとなっている。各プラットフォーマーの特徴は下記の通り。

  • Shopee:シンガポール拠点でマレーシア、タイ、台湾、インドネシア、ベトナム、フィリピン、ブラジルでサービスを展開している。東南アジアで最も人気のあるeコマースプラットフォームといわれ、ベトナムでも2019年から現在まで訪問者数トップを誇る。
  • Lazada:シンガポール拠点でインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムでサービスを展開している。東南アジア各国でShopeeと人気を二分しており、現在はAlibaba(阿里馬場)傘下。ベトナム国内での人気はShopeeの方が優勢で、2019年から現在までLazadaの訪問者数は3位~5位を位置している
  • Sendo:2014年にサービスを開始したベトナムのソフトウェアコングロマリットFPT Corporationの子会社が運営するプラットフォーム。SBIグループや大和PIパートナーズなどがこれまでに資金提供を行っている。訪問者数は2019年第3四半期にShopeeに次ぐ2位となった。
  • Tiki:12のカテゴリ30万アイテム以上の商品を扱うB2Cプラットフォーム。サイバーエージェント・キャピタルや住友商事、中国のJD.com(京東商城)がこれまでに資金提供を行っている。2020年前半期の訪問者数第3位

ロックダウン中の利用者に生鮮食品の需要が高いことが判明している。そのため、4月中旬ごろにLazadaは注文から2時間以内に生鮮食品を配達するサービスを開始し、その1カ月後にはTikiも3時間以内での食料品配達サービスを開始した。ユーザーの需要に素早く対応できたことが周辺他国より利用者が急増した理由の一つと考えられる。

これらB2C向けプラットフォームに加え、小売業者の市場参入を支援する国内スタートアップ企業が以前から徐々に成長を続けていることで、ベトナム独自の大きなコマース・エコシステムが築かれつつある。

  • KiotViet:在庫・売り上げ管理、マーケティングツールやモバイルPOSなどクラウドベースのソフトウェアをレストラン、食料品店、ドラッグストア、スーパーマーケットなどに提供し、中小企業のデジタル化を支援する。ベトナム国内63省7万を超える中小企業に利用されている。
  • Buy2Sell:輸入製品のサプライチェーンで、12万以上のベトナムの卸売業者と小売業者に輸入製品を提供する物流プラットフォームを運営している。
  • Loship:2017年、ベトナムに設立されたLoshipはフードデリバリーや生鮮食品・医薬品の配達や配車サービスを4都市約150万人の顧客に提供している。今後はeウォレットの開発なども予定しており、東南アジアのGrabやインドネシアのGojekのような企業を目指している。これらの企業とLoshipが異なる点は、Lo-supplyというB2B向けの小売サプライチェーンも行っているところにある。ラストマイル配送に力を入れ5万人を超えるドライバーを抱えており、2019年にLo-supply加盟店は9万店を超え、Loshipの純利益の30%をLo-supplyの収益が占めるまでとなり、本事業が同社の中核をなしている。

背景:こういったB2B業者の存在が小規模小売業者のオンライン市場への参入ハードルを下げることで、ベトナムのB2Cコマース市場は今後さらに活況となっていく事が予想される。iPrice Groupと分析会社App Annieによるレポートによると、ベトナムでのショッピングアプリへの総訪問数は、第2四半期で過去最大の127億人に達し、成長率は43%、多くの東南アジア諸国を上回る数字となっている。

執筆:椛澤かおり/編集:岩切絹代・増渕大志

ベトナムのECプラットフォーム「Tiki」運営、Northstar Groupのリードで1億3,000万米ドルを調達【報道】——競合「Sendo」とは合併協議中か

SHARE:

ベトナムの e コマーススタートアップ Tiki は、シンガポールに本社を置く PE 企業 Northstar Group がリードした新ラウンドで1億3,000万米ドルを資金調達したと報じられた。 e27 はこのニュースについて Tiki に連絡を取ったが、担当者はコメントを拒否した。 DealStreetAsia によると、このラウンドは最大で1億5,000万米ドルまで調達が続く可能性があると…

Image credit: Tiki

ベトナムの e コマーススタートアップ Tiki は、シンガポールに本社を置く PE 企業 Northstar Group がリードした新ラウンドで1億3,000万米ドルを資金調達したと報じられた。

e27 はこのニュースについて Tiki に連絡を取ったが、担当者はコメントを拒否した。

DealStreetAsia によると、このラウンドは最大で1億5,000万米ドルまで調達が続く可能性があるという。

Tiki のキャップテーブル(資本政策表)には、ベトナムのユニコーン VNG、日本のサイバーエージェント・キャピタルと住友商事、中国の小売業者 JD(京東)、シンガポールの EDBI、韓国のファンド SparkLabs Ventures、Korea Investment Partners、STIC Investments などが既存投資家として名を連ねている。

Tiki は2010年に書籍販売プラットフォームとして設立された後、オンラインマーケットプレイス、フルフィルメントセンター、物流ネットワークからなる1つの e コマースプラットフォームへと成長した。

同社が2018年にシリーズ C ラウンドを発表した際には、中国のオンライン小売企業 JD が最大の株主の一つと言われていた。JD の Tiki への出資は、JD がインドネシアとタイでのプレゼンスを確保した後、有利な東南アジア市場への参入を目指す戦略の一環である。

<関連記事>

2019年には、バーティカル(取扱品目)を拡大し、ワンストッププラットフォームになるための取り組みの一環として、Tiki はイベント発券スタートアップの Ticketbox を未公開額で買収した

Tiki は最近、地元の競合 Sendo と経営統合を試みたと報じられている。DealStreetAsia は、Tiki と Sendo が合併について合意に達したと報じたが、この取引がベトナム商工省の全国競争委員会によって承認されたかどうかについての最新情報はない。

<関連記事>

【via e27】 @e27co

【原文】

中国Eコマース大手JD(京東)、ベトナムTiki.vnに4,400万米ドルを出資——東南アジアで事業拡大するAlibaba(阿里巴巴)傘下Lazadaに対抗

SHARE:

ベトナムの e コマースサイト Tiki.vn が、中国のインターネット業界大手 JD.com(京東)から4,400万米ドルの資金を調達した。これは、ベトナムのテックエコシステムにおいて過去最大級の取引額である。 この金額は、昨年ベトナムのインターネット企業 VNG に Tiki 株式の38%を売却して調達した1,700万米ドルの2倍にあたる。 同国のニュースサイト Nhipcaudautu によ…

Image Credit: Tiki

ベトナムの e コマースサイト Tiki.vn が、中国のインターネット業界大手 JD.com(京東)から4,400万米ドルの資金を調達した。これは、ベトナムのテックエコシステムにおいて過去最大級の取引額である。

この金額は、昨年ベトナムのインターネット企業 VNG に Tiki 株式の38%を売却して調達した1,700万米ドルの2倍にあたる。

同国のニュースサイト Nhipcaudautu によると、新たに調達した資金は研修の充実化、配送やロジスティクスの最適化、そして同社の速達便サービス TikiNow の市場化に充てられるという。

2010年に設立された Tiki は当初、電子書籍のみを販売していたが、その後多角化により、玩具、デジタル機器、日用品、化粧品など幅広い商品を扱うようになり、巨大マーケットプレイスへと成長した。現在同サイトでは30万種類以上の商品を揃えている。

また、Tiki は e コマースサイトでの個人向け傷害保険の販売を実現すべく、保険会社 FWD Life Insurance と昨年契約を締結。オンライン上で顧客10万人に保険商品を無料で提供し、2社間のパートナーシップ強化に弾みをつけた。

最近の JD.com の動きは、東南アジアにおける中国 Alibaba の影響力に対抗するものとみられる。Alibaba は過去2年間、同地域で多額の投資を複数回行っている。

先月、JD.com は2つの e コマース・フィンテック関連プロジェクトの立ち上げのために、タイに5億米ドルを出資した。Alibaba から支援を受けている電子決済会社 Ascend の TrueMoney と競合する姿勢を見せている。

一方、Alibaba はベトナムの e コマース部門で強い存在感を見せる Rocket Internet の Lazada の株式を取得し、経営権を獲得している。

SimilarWeb のレポートによると、Lazada.vn はアクセス数ランキングで Tiki.vn より23ランク上(訳注:Lazada.vn 16位、Tiki.vn 39位)である。Dream Incubator が行った調査では、Lazada.vn のマーケットシェアは36%と、ベトナム国内において最大のシェアを占めていることが明らかになっている。

また、JD.com と Tiki は Lazada だけでなく、ニューヨーク証券取引所に上場している Sea元 Garena)の所有会社、Shopee という強力なライバルとも競合しなければならない。加えて、Sendo.vn など地元の e コマース会社とも熾烈な争いを繰り広げることになるだろう。

【via e27】 @E27co

【原文】

サイバーエージェントベンチャーズがベトナム投資を強化、オンラインブックサービスに投資

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 日本のサイバーエージェントの子会社であるサイバーエージェントベンチャーズは今日(本文掲載3月2日)、ベトナムへの最近の投資について発表した。同社は、2010年に設立されホーチミンに拠点を持つ、オンライン書店の運営会社ティキ・コーポレーションに投資するという。 サイバーエージェントは、ベトナムのeコマース市場の急速な成長とそれに伴うティキの強力な成長を指し示し…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

日本のサイバーエージェントの子会社であるサイバーエージェントベンチャーズは今日(本文掲載3月2日)、ベトナムへの最近の投資について発表した。同社は、2010年に設立されホーチミンに拠点を持つ、オンライン書店の運営会社ティキ・コーポレーションに投資するという。

サイバーエージェントは、ベトナムのeコマース市場の急速な成長とそれに伴うティキの強力な成長を指し示し、この投資が有望である理由とした。「この企業は、ベトナムのeコマース市場でトップになる可能性を秘めていると信じている」とコメントしている。

これまでにサイバーエージェントは、NCTコーポレーション(音楽ウェブサイトのnhaccuatui.comを運営する)への約1ヶ月前の投資を含む、いくつかのベトナム企業への投資を実施している。

ベトナムのインターネット人口は約3000万人で、モバイル普及率はほぼ100%である。そのため、多くの会社が同国をインターネット&モバイル業界におけるビッグチャンスと考えている。このような初期投資を行うことで、サイバーエージェントはベトナムにいち早く参入した企業の1つだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia