THE BRIDGE

タグ 東急アクセラレートプログラム

東急電鉄のアクセラレータが第4期デモデイを開催、スタートアップ7チームが東急グループ各社との共創事業を提案ピッチ

SHARE:

東急電鉄(東証:9005)は20日、都内で同社のスタートアップアクセラレータ「東急アクセラレートプログラム」第4期の最終審査会を開催し、東急グループとの事業共創検討に至った4社、サービス内容が秀逸と評価された7社がライトニングトークに登壇した。 東急アクセラレートプログラムは、東急グループのリソースを活用し、スタートアップにテストマーケティングの機会を提供するのが特徴。今回のバッチからは締切を設け…

東急電鉄(東証:9005)は20日、都内で同社のスタートアップアクセラレータ「東急アクセラレートプログラム」第4期の最終審査会を開催し、東急グループとの事業共創検討に至った4社、サービス内容が秀逸と評価された7社がライトニングトークに登壇した。

東急アクセラレートプログラムは、東急グループのリソースを活用し、スタートアップにテストマーケティングの機会を提供するのが特徴。今回のバッチからは締切を設けない通年募集、毎月審査、適宜、共創検討という体制が取られ、スタートアップ153社からエントリがあり、うち39社がプレゼン審査を通過、最終的に7社が共創検討対象(今回の登壇者)に残った(3月19日現在)。

今期からは対象となる領域は5領域増えて、交通/不動産・百貨店・スーパー/広告/ヘルスケア/ツーリズム/エンタテイメント/スマートホーム/デジタルマーケ/スポーツ/ホテル・ホステル/物流・倉庫/建設/カード・ポイント/教育・カルチャーの15領域。また、これまで東急電鉄、Connected Design 、東急エージェンシー、東急メディアコミュニケーションズ、東急レクリエーション、東急スポーツシステム、東急総合研究所が事務局を運営していたが、次期の第5期からは新たに東急不動産ホールディングスが参加する。

新規性、親和性、成長性、実現可能性の4つの観点で審査される。今回の最終審査会で審査員を務めたのは以下の方々

  • グローバル IoT テクノロジーベンチャーズ 代表 安達俊久氏(ゲスト審査員)
  • トーマツベンチャーサポート 事業統括本部長 斎藤祐馬氏(ゲスト審査員)
  • 東京急行電鉄 代表取締役社長 髙橋和夫氏(審査委員長)
  • 東京急行電鉄 取締役事業開発室長 市来利之氏(内部審査員)
  • 東京急行電鉄 取締役経営企画室長 藤原裕久氏(内部審査員)

【最優秀賞】アスラボ ✖️ 東急百貨店

副賞:ASCII Startup「Japan Innovation Day 2019」セッション登壇・記事掲載権、パーソルキャリアのメディア「eiicon lab」 インタビュー記事作成・掲載権

アスラボは、さまざまな料理人の起業支援・経営支援サービスを提供。開業後3年以内廃業率66%という飲食業界で、さまざまなツールを使うことで、飲食店の継続的な経営を支援する。起業に必要な情報管理を「ITASAN」、経営継続に必要な運用管理を「OKAMISAN」というモバイルアプリで一元化し、料理人が実務に専念しやすくする。

未使用店舗空間をリノベーションして、複数飲食店が入居する横丁型スペースとして再生。料理人は20万円の権利だけで参加でき、厨房・客席・ホール係などを6〜10軒の飲食店が共有することで1軒あたりのコストを圧縮できる。これまでに4年間で、甲府グルメ横丁、天文館かごしま横丁、宮崎ニシタチ横丁、おおいた元気横丁、徳島 阿波横丁を手がけており、今後全国100拠点で1,000人の料理人の支援を目指す。

これらの横丁から4人の料理人を招き、小規模生産であったり、こだわりが強過ぎて流通に乗らな買ったりする希少食材を扱った食品フェアを、5月から6月にかけ渋谷ヒカリエ ShinQs で開催予定。SINQ の既存店舗にもメニューを開発してもらい、フロア全体でフェアを盛り上げ、期間中のべ45,000人の来店を狙う。将来は日本全国の希少食材を掘り起こし、消費者投票で人気が高かったものについて販売する計画を持っている。

【優秀賞】OKIPPA by Yper ✖️ Connected Design

副賞:パーソルキャリアのメディア「eiicon lab」 インタビュー記事作成・掲載権

Yper は、ユーザの自宅不在時に、配送業者が玄関先に手荷物を置いていってくれる〝置き配〟のためのソリューション「OKIPPA(オキッパ)」を提供。荷物管理をするためのアプリと、玄関先で荷物を置き配してもらうためのバッグで構成されている。アプリは、主要運送会社の配送システムと連携しており、EC サイト連携で荷物の配送状況をトラッキングすることができる。ユーザは頼んだ荷物の配送状況に応じて、事前の配送日時変更や置き配指定、再配達の依頼などを効率的に行える。

昨年12月には、日本郵便との共同実験を東京都杉並区の1,000世帯を対象に実施。1ヶ月間で約6,000個の荷物が配送され、平均不在率51%のうち、再配達を61%減らすことに成功した。ユーザの8割、配達員の94%が OKIPPA を評価し継続利用を希望しているという。

ケーブルテレビのイッツコム、ISP のニフティ、東急電鉄の JV である Connected Design は、IoT 開発やスマートロックを集合住宅に実装する事業を展開している。ただ、同社がスマートロックを導入する物件の8割には宅配ボックスが無いため、スマートロックと OKIPPA を組み合わせたサービス提案を行っていくという。また、OKIPPA が導入されることで、集合住宅における入退去(転入・転出)が把握できるため、ケーブルテレビの営業活動にも応用できるとしている。

<関連記事>

【審査員特別賞】ClipLine ✖️ 東急建設

副賞:東急のシェアオフィスネットワーク「NewWork」利用権1年分

動画を双方向にやり取りすることで、仕事のノウハウや手順の共有を支援する ClipLine。現在6,000店舗で11万人に利用されていて、掲載されている動画の合計再生数は1,000万回を超えているという。仕事現場で指導者が動画を作成し配信、新人はそれを見て自分の動きを動画撮影、指導者からコメントやレビューで指導を受ける。OJT を行う上で時間や場所の制約が排除され、一人の指導者が複数の新人を効率的に指導できるメリットがある。

CLipLine を導入したことで、新人の離職率が3分の1に低下、教育に要する時間が4分の1に減ったとの報告もある。東急建設では今春から、生コン受入検査や足場組みなどの教育コンテンツ作成に ClipLine を利用する予定。コンテンツ検証と現場での活用効果の確認を繰り返し、将来的には両社で建設業界全体への横展開を目指す。言葉に依存しないコンテンツも作成できることから、ゼネコンの海外展開での活用も期待している。

ClipLine の関連記事

【審査員特別賞】Kimakuri by BloomScheme ✖️ SHIBUYA 109 エンタテイメント

副賞:東急のシェアオフィスネットワーク「NewWork」利用権1年分

BloomScheme が開発する Kimakuri は、ユーザが簡単に気に入った洋服をオンライン上で試着体験できる仮想サービス。ユーザは予め、Kimakuri 上に自分の顔写真をアップロードし体型を入力しておく。顔写真は 3D モデル化され、ユーザが気に入った洋服の「試着」ボタンを押すと、自分の顔で体型にフィットした形での試着イメージが360°表示される。毎日30種類のコーディネートが提案され2分程度で確認できるので、店舗や E コマースでの試着に比べ、短時間で多くのコーディネートを試せるのが特徴だ。

同社では3月7日に Kimakuri の体験版をリリース。今後、あらゆるファッション EC サイトに試着のための QR コードをつけ、そこからユーザが購入前にバーチャル試着できる体験を提供するのが目標。「あの店舗に行けば似合う服がある」という確信をユーザに届け、O2O によるリアル店舗への誘導にも効果が期待できるとしている。SHIBUYA 109 の IMADA MARKET と2019年夏に実証実験を予定。

BloomScheme はリクルートの TECH LAB PAAK 第12期、毎日みらい創造ラボのシードアクセラレータ第2期から輩出された。

【オーディエンス賞】超十代 ✖️ SHIBUYA 109 エンタテイメント

副賞:東急のシェアオフィスネットワーク「NewWork」利用権1年分

プレゼンター希望により、事業内容や協業内容について非開示。

RoomCo AR by LIVING STYLE ✖️ 東急百貨店

LIVING STYLE が開発する RoomCo AR は、〝インテリアの試着と提案〟を可能にする AR アプリだ。洋服などに比べ、家具は購買頻度が低いため、どのようなものを買えばいいのかわからないと悩む人も多い。RoomCo AR では、ユーザが自分の部屋の写真や間取り図を送ると、一週間以内に LIVING STYLE のネットワークしたプロのインテリアコーディネータから、配置図や立体イメージとともに家具の提案が届く仕組みだ。インテリアブランド17社の協力を得、送客により売上を確保する。

単位面積あたりの売上効率を追求する観点から東急百貨店では家具売場が年々縮小されていく課題があり、一方で RoomCo AR にとってはユーザがリアル店舗で商品確認する機会が無いという課題がある。これらの問題を解決する糸口を見つけるべく、LIVING STYLE と東急百貨店では、東急百貨店吉祥寺店で今夏に実証実験を予定している。東急沿線にはインテリア店舗が軒を連ねる目黒通りがあり、東急電鉄は「住まいと暮らしのコンシェルジュ」という駅前コンシェルジュサービスを展開していることから、さまざまな協業の可能性が期待される。

LIVING STYLE は、KDDI∞Labo 第10期から輩出された。

STANDING OVASION ✖️ 東急百貨店

STANDING OVASION は、手持ちの洋服の情報をデジタル化し、AI がコーディネート例が提案するモバイルアプリ「XZ(クローゼット)」を提供。これまでに、80万件がダウンロードされ、900万件のユーザ所有のファッションアイテムが登録されている。同社は渋谷ヒカリエ ShinQs のショップと連携し、販売しているファッションアイテムを XZ に取り込めるようにする。

販売アイテムとユーザの手持ちアイテムで良いコーディネートが出来上がるとユーザに提案、それを契機にユーザを店舗に誘導する O2O サービスとして機能させる。店頭では店員がタブレットを使った接客補助ツールを操作することで、ユーザに目の前の商品とユーザ手持ち商品との組み合わせコーディネートを提案できるようにする。

STANDING OVASION の関連記事

----------[AD]----------

習慣化支援アプリ「みんチャレ」開発のエーテンラボ、東急電鉄と沿線オフピーク通勤・通学推進の期間限定プロジェクトを実施

SHARE:

習慣化支援アプリ「みんチャレ」を開発する A10 Lab(エーテンラボ)は29日、東急電鉄と共同で東急線沿線のオフピーク通勤・通学を推進する期間限定プロジェクトを実施すると発表した。実施期間は2018年4月1日〜6月30日の3ヶ月間。ユーザは、早起きしてオフピーク通勤・通学に参加することでアプリ内で利用可能なコインを収集でき、公益財団法人チャンス・フォー・チルドレンを通じて子供の教育支援に寄付する…

5人1組のチームで励まし合って早起きしてオフピーク通勤を習慣化
Image credit: A10 Lab

習慣化支援アプリ「みんチャレ」を開発する A10 Lab(エーテンラボ)は29日、東急電鉄と共同で東急線沿線のオフピーク通勤・通学を推進する期間限定プロジェクトを実施すると発表した。実施期間は2018年4月1日〜6月30日の3ヶ月間。ユーザは、早起きしてオフピーク通勤・通学に参加することでアプリ内で利用可能なコインを収集でき、公益財団法人チャンス・フォー・チルドレンを通じて子供の教育支援に寄付することができる。

みんチャレは、ダイエット、早起き、筋トレなど、三日坊主で続かない自己研鑽のための課題を、人が介在するとスケールできないコーチングではなく、同じ課題を持つ人同士が匿名で応援しあえるアプリだ。チームチャット、課題を達成したことを示す証拠写真をシェア、励ましあうことで課題の習慣化を促す。みんチャレを使った場合の習慣成功率は69%と、一人で課題に挑戦する場合に比べ成功率は約8倍の高さ、また、ユーザのアプリ継続利用率は、アプリ利用開始から半年経っても46%という高い値を示している。

2017年10月、「東急アクセラレートプログラム」の第3期デモデイでピッチするA10 Lab(エーテンラボ)代表の長坂剛氏
Image credit: Masaru Ikeda

A10 Lab は、昨年実施された「東急アクセラレートプログラム」の第3期に参加しており、デモデイでは渋谷賞を受賞している。今回の東急電鉄とのプロジェクト協業は、このプログラムへの参加が契機になったと考えられる。

同社は、2017年2月にソニーが運営する「Seed Acceleration Program(SAP)」から輩出され、シードラウンドでソニー、第一勧業信用組合、フューチャーベンチャーキャピタル、グローブアドバイザーズ、吉田行宏氏から6,600万円を調達した。東京都の青山スタートアップアクセラレーションセンター(ASAC)のアクセラレーションプログラム第4期、野村ホールディングスのアクセラレータプログラム「VOYAGER」の第1期Incubate Camp 10th に採択されている。

----------[AD]----------

東急電鉄のアクセラレータが第3期デモデイを開催、スタートアップ6チームが東急グループ各社との共創事業を提案ピッチ

SHARE:

東急電鉄(東証:9005)は16日、都内で同社のスタートアップアクセラレータ「東急アクセラレートプログラム」第3期の最終審査会を開催し、最終プレゼンテーションに残ったファイナリスト6社、ファイナリストには残らなかったものの、サービス内容が秀逸と評価された6社がライトニングトークに登壇した。 東急アクセラレートプログラムは、東急グループのリソースを活用し、スタートアップにテストマーケティングの機会を…

東急電鉄(東証:9005)は16日、都内で同社のスタートアップアクセラレータ「東急アクセラレートプログラム」第3期の最終審査会を開催し、最終プレゼンテーションに残ったファイナリスト6社、ファイナリストには残らなかったものの、サービス内容が秀逸と評価された6社がライトニングトークに登壇した。

東急アクセラレートプログラムは、東急グループのリソースを活用し、スタートアップにテストマーケティングの機会を提供するのが特徴。昨年実施された第2期では、東急電鉄、Spiral Ventures(旧 IMJ Investment Partners)、Connected Design 、東急エージェンシーが事務局を運営していたが、第3期から新たに東急メディアコミュニケーションズと、東急レクリエーション、東急スポーツシステム、東急総合研究所が参加。交通/都市開発/生活サービス/広告・プロモーション/IoTスマートホーム/インバウンド・トラベル/エンターテイメント/スポーツ/ヘルスケア/ダイレクトマーケティングの合計10領域で募集された。今回のバッチには、スタートアップ138社からのエントリがあり、うち28社が面談プロセスを通過、最終的に6社がファイナリストに残った。

ファイナリスト6社は、4月の第2期キックオフから約5ヶ月間にわたってプログラムに参加、この日の最終審査会を迎えた。彼らは2016年いっぱいをサービスのブラッシュアップに費やし、2017年の年明けから東急グループの支援を得て、本格的なマーケティング活動を開始する予定だ。

新規性、親和性、成長性、実現可能性の4つの観点で審査される。今回の最終審査会で審査員を務めたのは…

  • 日本ベンチャーキャピタル協会 特別顧問 安達俊久氏
  • トーマツベンチャーサポート 事業統括本部長 斎藤祐馬氏
  • Spiral Ventures 代表取締役 兼 代表パートナー 堀口雄二氏
  • 東急電鉄 取締役執行役員 生活サービス事業部 事業部長 市来利之氏
  • 東急電鉄 取締役専務執行役員 渡邊功氏(審査員長)

…以上の方々。

【東急賞】WAmazing by WAmazing

賞金:109万円

WAmazing は、訪日外国人に無料SIMカードを配布して情報を提供するサービス。B Dash Camp 2017 Spring in Fukuoka で優勝

現在 WAmazing は、新東京国際空港(成田空港)・中部国際空港(セントレア)・関西空港に SIM カードを提供するマシンを設置。来月には、東急グループが運営委託されている仙台空港にも設置される予定。リーチ先の市場としては香港・台湾から着手しており、来年には中国本土に進出する計画だ。この10月に SIM カードは5万インストールを超え、年度末(2018年3月)には15万インストールを超える見込み。

同社は、東急の定期券を持っている利用者を、東急沿線で移動・買い物・住まいで関与している「沿線住民」と定義。この定期券に代えて、東急グループとの提携により、Wamazing の SIM カードを持っている訪日外国人観光客を、空からやってくる「新たな沿線住民」にしたいとした。

<関連記事>

【渋谷賞】みんチャレ by エーテンラボ

賞金:42万8,000円

エーテンラボは、さまざまな活動に参加しながらも脱落する傾向にある人々を動機づけるソフトウェア「みんチャレ」を提供している。ダイエット、早起き、筋トレなど、三日坊主で続かない自己研鑽のための課題を、人が介在するとスケールできないコーチングではなく、同じ課題を持つ人同士が匿名で応援しあえるアプリだ。チームチャット、課題を達成したことを示す証拠写真をシェア、励ましあうことで課題の習慣化を促す。

みんチャレを使った場合の習慣成功率は69%と、一人で課題に挑戦する場合に比べ成功率は約8倍の高さ、また、ユーザのアプリ継続利用率は、アプリ利用開始から半年経っても46%という高い値を示している。送客広告、習慣化支援(公式チャレンジの販売)による B2B 課金、機能開放・プレミアム機能による B2C 課金でマネタイズする。

2017年2月にソニーが運営する「Seed Acceleration Program(SAP)」から輩出され、シードラウンドでソニー、第一勧業信用組合、フューチャーベンチャーキャピタル、グローブアドバイザーズ、吉田行宏氏から6,600万円を調達した。東京都の青山スタートアップアクセラレーションセンター(ASAC)のアクセラレーションプログラム第4期、野村ホールディングスのアクセラレータプログラム「VOYAGER」の第1期Incubate Camp 10th に採択されている。

【NewWork 賞】Player! by ookami

副賞:東急のシェアオフィスネットワーク「NewWork」の、1社4名まで使い放題の権利

ookami の「Player!」は、オンライン上にてコミュニティを形成してスポーツエンターテイメントを盛り上げるサービス。本デモデイで披露されたサービス内容詳細については、ステルス指定のため非公開。

<関連記事>

【NewWork 賞】ecbo cloak by ecbo

副賞:東急のシェアオフィスネットワーク「NewWork」の、1社4名まで使い放題の権利

ecbo は第3期には参加しておらず、ライトニングトーク登壇であったため、サービス内容などについては省略。

<関連記事>

Silent Log Analytics by レイ・フロンティア

レイ・フロンティアが提供する Silent Log Analytics は、顧客の位置情報をAIで分析し、今までになかった行動分析を可能にするマーケティングサービスだ。企業は顧客を知りたい、消費者は事業者に自分のことを知ってもらい最適な提案をしてほしい、と思っているが、現実にはオフラインで買い物したのと同じものを、オンラインでレコメンドされるというような問題が生じる。

Silent Log Analytics はこのような問題を解決すべく、ユーザの同意を得た上で1日約37,000人の行動データを取得している。スマートフォンに備わった GPS だけでなくセンサーを活用して、使用者の状態や社会属性を特定。1日3%の電力消費で情報収集を可能にし、レイ・フロンティアでは分析されたナレッジを保有している。これらにより、遊んでいる時には仕事の情報が届かない、仕事しているときには遊びの情報は届かない、など顧客通知やレコメンドの最適化を目指す。

東急カードとの共創では、Silent Log Analytics が持つ自動日記機能を提供することで、行動とカード利用(お金の消費)の関係を分析できるしくみが作れると提案。また、東急電鉄との共創では、利用者の現在位置や行動から推定した行き先の状況を事前通知し、最適な行動を促すことができるとしている。また、東急バスとの共創では、「バスも!」の利用者を共同で分析し、環境が似ている候補者への啓蒙と効果測定を行いたいとしている。

【二子玉川賞】Full Dive Novel by My Dearest

賞金:25万円

Full Dive Novel は、小説を VR 空間内で読むことで、読者が小説の主人公になれる体験を提供するサービス。とかくゲームなどストーリー性の乏しいコンテンツが多い VR のカテゴリにおいて、My Dearest は編集者やクリエイターを多数集めることで、VR 小説や VR 動画といったストーリー性豊かなコンテンツの制作に強みを持つ。当初は自社コンテンツを制作・販売するが、今後、ユーザが VR コンテンツを自ら作れる開発汎用キットを制作し、ユーザがコンテンツを自由に売買できるプラットフォームの構築を目指す。

まだまだ VR ハードウェアの普及率が低い日本において、My Dearest は東急レクリエーションとの共創によりロケーション VR の展開を提案。特に、女性オタク向けのロケーション VR の提供を標榜し、109 シネマズでのテストマーケティングを通じて、女性に喜ばれるコンテンツ内容のや体験可能時間の検討を実施したいとした。東急グループ各社との提携により、東急周辺をテーマにした VR 作品を制作できる可能性もあるとしている。

スイッチオフィス by ヒトカラメディア

ヒトカラメディアがの提供するスイッチオフィスは、、オフィスの「入居者」「退去者」に対して、居抜きオフィス移転をマッチング・サポートするサービスだ。これにより、オフィス入退去時の原状回復費や内装構築費を大幅に削減できる「居抜き」でのオフィス移転サポートを強化する。居抜きでの退去を希望する企業は、現在入居しているオフィスの情報をスイッチオフィスにエントリーする。入居を希望する企業は、審査を経てスイッチオフィスに掲載されたオフィス情報を、閲覧、問合せ、内見が可能になる。

同社が今回提案したのは、東急電鉄との共創による職住近接の実現。都市居住部である三軒茶屋や武蔵小杉にオフィスを設置できれば、企業にとっても従業員にとっても東急電鉄にとってもさまざまなメリットが享受できる。東急沿線沿いの不動産アセットと、ヒトカラメディアが持つスタートアップ向けのオフィスプロデュースリーシング企画を披露した。大学のある駅前物件のリーシングによる、企業にとってインターンが獲得しやすいオフィス環境の提供などが期待できる。

<関連記事>

----------[AD]----------

東急電鉄のアクセラレータが第3期の参加スタートアップを募集開始、対象のバーティカルをエンタメ・スポーツ・ヘルスケアなど10領域に拡大

SHARE:

18日、東急電鉄は都内で説明会を開催し、同社のスタートアップアクセラレータ「東急アクセラレートプログラム」第3期の募集開始を発表した。第1期では交通/都市開発/生活サービス、第2期では広告・プロモーション/IoTスマートホーム/インバウンド・トラベルと、回を経るごとに対象となるバーティカル(事業領域)を拡大してきた同プログラムだが、第3期からは、エンターテイメント/スポーツ/ヘルスケア/ダイレクト…

18日、東急電鉄は都内で説明会を開催し、同社のスタートアップアクセラレータ「東急アクセラレートプログラム」第3期の募集開始を発表した。第1期では交通/都市開発/生活サービス、第2期では広告・プロモーション/IoTスマートホーム/インバウンド・トラベルと、回を経るごとに対象となるバーティカル(事業領域)を拡大してきた同プログラムだが、第3期からは、エンターテイメント/スポーツ/ヘルスケア/ダイレクトマーケティングが追加され、合計10領域での募集となる。

東急電鉄はこれまでに2回のプログラムを展開しており、累積で212件のエントリがあり、うちテストマーケティングが仕込まれたものが42件、テストマーケティングの実施に至ったものが11件、業務提携や出資に至ったものが3件に上っていることを明らかにした。

IROYA、リノべる、Tangerine といったスタートアップが、それぞれ、東急百貨店、東急電鉄の都市開発事業、東急エージェンシーと資本業務提携に至っており、オープンイノベーションを前提とした協業活動に取り組んでいる。また、同プログラムのデモデイで入賞したスタートアップでは、ABEJA、アクアビットスパイラルズ、MAMORIO、HUBER. などが東急電鉄グループ各社とサービス導入に向けた PoC を実施している。

<関連記事>

説明会の冒頭で挨拶する、東急電鉄 都市創造本部 戦略事業部 事業統括部 統括部長の高木克典氏
Image credit: Masaru Ikeda

東急電鉄グループの傘下には現在、合計で218社8法人が存在するが、これまでの2回のバッチの成果を受けて、「東急アクセラレートプログラム」への参加に積極的なグループ傘下企業が増えたことも、今回からバーティカルが増えることの一因と言えるだろう。

第3期の募集は本日から5月31日まで受付され、そのうち30社程度が一次審査を通過する見込み。二次審査やプレゼンテーションに磨きをかけるメンタリングやサポートが提供された後、今年10月にデモデイ(最終審査会)が開催される予定だ。

デモデイでの入賞チームには、東急賞(1位)109万円、渋谷賞(2位)42.8万円、二子玉川賞(3位)25万円が副賞として進呈される。また、通常のアクセラレータとやや異なる点だが、デモデイの実施後に、スタートアップには東急電鉄グループ企業とのテストマーケティングの機会が提供される。

----------[AD]----------

東急電鉄のアクセラレータが第2期デモデイを開催、鎌倉を拠点に訪日旅行者とガイドのマッチングを提供する「Huber.」が優勝

SHARE:

東急電鉄(東証:9005)は20日、都内で同社のスタートアップアクセラレータ「東急アクセラレートプログラム」第2期の最終審査会を開催し、最終プレゼンテーションに残ったファイナリスト6社、ファイナリストには残らなかったものの、サービス内容が秀逸と評価された6社がライトニングトークに登壇した。 東急アクセラレートプログラムは、東急グループのリソースを活用し、スタートアップにテストマーケティングの機会を…

tokyu-accelerate-2nd-demoday-award-winning-teams

東急電鉄(東証:9005)は20日、都内で同社のスタートアップアクセラレータ「東急アクセラレートプログラム」第2期の最終審査会を開催し、最終プレゼンテーションに残ったファイナリスト6社、ファイナリストには残らなかったものの、サービス内容が秀逸と評価された6社がライトニングトークに登壇した。

東急アクセラレートプログラムは、東急グループのリソースを活用し、スタートアップにテストマーケティングの機会を提供するのが特徴。昨年実施された第1期では、東急電鉄と IMJ Investment Partners のみが事務局を運営していたが、第2期から新たに Connected Design と東急エージェンシーが参加。募集領域についても、第1期からの「交通」「都市開発」「生活サービス」に加え、「広告・プロモーション」「インバウンドトラベル」「IoT・スマートホーム」の3領域が新たに追加となった。今回のバッチには、スタートアップ95社からのエントリがあり、うち34社が面談プロセスを通過、最終的に6社がファイナリストに残った。

ファイナリスト6社は、4月の第2期キックオフから約5ヶ月間にわたってプログラムに参加、この日の最終審査会を迎えた。彼らは2016年いっぱいをサービスのブラッシュアップに費やし、2017年の年明けから東急グループの支援を得て、本格的なマーケティング活動を開始する予定だ。

今回の最終審査会で審査員を務めたのは…

  • 日本ベンチャーキャピタル協会 特別顧問 安達俊久氏
  • トーマツベンチャーサポート 事業統括本部長 斎藤祐馬氏
  • IMJ Investment Partners 代表取締役 兼 代表パートナー 堀口雄二氏
  • 東急電鉄 取締役専務執行役員 都市創造本部 本部長 渡邊功氏
  • 東急電鉄 取締役執行役員 生活創造本部 本部長 市来利之氏

…以上の方々。

なお、ファイナリスト6社のうち1社についてはステルス・モードであるため、本稿では触れていない。

【東急賞】Huber. by Huber.

賞金:109万円

tokyu-accelerate-2nd-demoday-huber-winner

Huber. は、訪日外国人と国際交流したい日本人(主に大学生)をマッチングするプラットフォームを運営する。訪日外国人と日本人がプラットフォームを通じて事前に旅程を相談し、居酒屋体験やローカルツアーなど共に参加ができる旅の体験を企画。Huber. は、そのプログラムの料金の30%を手数料として徴収する。

Huber. は鎌倉を拠点とするスタートアップだが、鎌倉に来訪する訪日旅行者のうち、鶴岡八幡宮と鎌倉大仏だけを見て帰ってしまう人が多いことに気づき、このサービスのローンチ。知識や経験よりも、体験を共にシェアすることでユーザの高い満足度が得られることがわかった。大手エアラインとの提携が決定しているほか、別府市とは観光 DMO(Destination Marketing Organization)を進める上で手を組む予定。

tokyu-accelerate-2nd-demoday-huber-1

Huber. は東急グループと組むことで、特に沿線に大学が多いことから、国際交流したい日本人のユーザ獲得に有利に働くと判断。一方、このエリアの観光資源が十分に可視化されていないことから、東急沿線に100件のツアーを企画することを計画だ。ツアーを、2人1組の日本人ユーザがコーディネイトすることにより、訪日外国人ユーザに満足度を与えられる点が、類似サービスとの差別化要素の一つとなっている。

【渋谷賞】State of Mind

賞金:42万8,000円

tokyu-accelerate-2nd-demoday-nutte-1

State of Mind が展開する「nutte(ヌッテ)」は、縫製を中心とした職人と連携し、デザインから縫製までを受注生産するマッチングサービスだ。日本には数万人の縫製職人がいるが、彼らは業界の中で紹介以外の方法で出会うことはまずなく、収入も決して高くはない。nutte では、一点ものやアパレルの小ロットの縫製需要を受注し、それを縫製職人に仲介する。ユーザは作りたい服のデザイン案やイメージを持って入れば、縫製職人にオリジナルの洋服やバッグなどを作ってもらうことができる。

nutte には約1,000人の縫製職人が登録しているが、1日に20〜30件程度のオーダーが来ており、需給バランスでは製造能力の方が上回っているので、現在のところはオーダーが入ってくると、すぐにも縫製職人が仕事を持って行ってくれる状態なのだそうだ。

tokyu-accelerate-2nd-demoday-nutte-2

東急グループとは、SHIBUYA109 のショップ店員・読モ達から選抜された 109 ライターが書いた記事をもとに、彼らのアイデアを nutte 登録の縫製職人がアイテムを形にするような企画を実施したいとのこと。また、109 のショップ店員がリメイクの提案をできるようにし、それを nutte の縫製職人が形にすることで、顧客の再来店のサイクルを作り出せるのではないか、との考えを披露した。

<関連記事>

【二子玉川賞】Nextremer

賞金:25万円

tokyu-accelerate-2nd-demoday-nextreamer-1

人工知能を用いたマルチモーダルの対話エンジンを開発する Nextremer は、今年の Slush Asia でアパホテルの元谷芙美子社長を模した人工知能ボットを展示し、話題を呼んだスタートアップだ。

同社では、東急電鉄との取り組みについて、駅に乗降客の問い合わせ対応ができる端末を配置し、セントラルオペレーションによる応答対応のしくみを提案。このしくみでは、乗降客の問い合わせには、まず人工知能ベースのボットが対応し、それが破綻したときは、オペレータによるチャット遠隔対応を行い、それでも対応が難しい場合は、ビデオ付きのオペレータによる対応を行う。対話ログが蓄積されることで、人工知能が学習を続けてゆく。駅での対話ログで集まったデータを活用することで、東急電鉄はさらなるサービス改善や開発につなげることができる。

プレゼンテーションでは、人工知能エンジンの実際のデモが試みられたが、ネットワーク接続の問題からビデオでの説明に差し替えられた。以下はその説明の模様の動画である。

【NewWork 賞】16Lab

副賞:東急のシェアオフィスネットワーク「NewWork」の、1社4名まで使い放題の権利

tokyu-accelerate-2nd-demoday-16lab-1

16Lab(ジュウロクラボ)には、指輪型のウエアラブルデバイス「OZON(オズオン)」を開発している。16Lab では、OZON をディスプレイを必要としない情報入力インターフェースであり、ジェスチャーコントローラであり、認証デバイスでもあると定義。トヨタ、アルプス電気、ヤマハ、ソニーなどテクノロジーを持つ企業と提携することで、高度なスキルを求められる開発プロセスを加速させている。開発中の OZON も、現在準備中の資金調達の完了後半年ほどで本格出荷が可能になるとのことだ。

特に同社が開発した「OZON Blue Match」というセンサーモジュールは、3次元の動きを3次元解析できる上、極めて電力消費の少なく、最近、インテルから発表された同種の製品と比べても半分のサイズとなっている。

東急グループとは、OZON の機能を活かした次世代オフィスや次世代決済、見守りサービスの実証実験、建物の中での位置測定、生産性測定などを提案した。同グループは、東急沿線を中心にスマートシティ開発に取り組んでいるため、スマートシティ内のオフィスでの導入が期待される。

<関連記事>

【NewWork 賞】Vacan

副賞:東急のシェアオフィスネットワーク「NewWork」の、1社4名まで使い放題の権利

tokyu-accelerate-2nd-demoday-vacan-2

Vacan はファイナリストではなかったが、プログラム第2期の二次選考をパスした34社の中から、興味深いスタートアップとして選ばれライトニングトークに登壇した。同社は、トイレが使用中かどうかや小売店舗の混雑情報など、ありとあらゆるリアルタイム空席情報を収集し提供するスタートアップだ。

tokyu-accelerate-2nd-demoday-vacan-1

マニュアル入力、センサー、さらに人工知能を組み合わせることで空席情報を取得。ウェブブラウザはもとより、街中のデジタルサイネージ、開発中のネイティブアプリなどで情報提供する。現在は空席検索プラットフォーム「Vacan」と、トイレ空席検索アプリ「Throne」を開発中。

Crowd Realty

tokyu-accelerate-2nd-demoday-crowdreality-1

Crowd Realty はファイナリストには選ばれたものの、入賞には至らなかった。同社は不動産の幅広い資金需要に対応できる、投資型(エクイティ型)クラウドファンディング・プラットフォームを運営。金融における資産運用、投資銀行、証券取引所に相当する機能を、公募型 REIT の分野で一気通貫で提供することを目指している。

提案された東急グループとの共創内容では、東急沿線の不動産プロジェクトへのクラウドファンディング導入により、沿線住民のシビックプライド(教授うちに誇りや愛着)の醸成や、沿線資産の流動化に貢献できるとしている。クラウドファンディングでは、通常の REIT では規模が小さ過ぎて対象とならない40億円以下の案件も扱えることから、東急グループが持つ東急リアル・エステート投資法人などとも補完関係が築けるのだそうだ。

tokyu-accelerate-2nd-demoday-crowdreality-2

具体的には、今年11月開業予定の「中目黒駅高架下」開発プロジェクトへの適用や、再開発のためのたね地の証券化などが提案された。

<関連記事>

ライトニングトークに登壇したスタートアップ

ライトニングトークには6社が登壇した。うち、Vacan は NewWork 賞に入賞したので前述済。それ以外の5社については、以下の通り。

  • Hurray3……テンプレートを活用し、シナリオ動画を簡単に作成できる「1ROLL」を提供
  • 小児科オンライン……小児の疾患について、LINE・電話・Skype で医師に相談できるサービスを提供。事前に問診しておき、医師に15分間相談できる。Open Network Lab 第12期から輩出。<関連記事
  • Bornrex……子供がいる起業家も安心してビジネスできるように、スタートアップ向けの保育園事業を展開。
  • Samurai International……民泊オーナー向け運用管理クラウド「Air Profits」を開発。現在は Airbnb の運用一元管理に対応しており、今後、HomeAway など他社民泊サービスにも対応予定。
  • Flickfit……靴のバーチャルフィッター。店頭でのレコメンド 仮想試着し、自分に合う靴トップ20を探せる。TECH LAB PAAK 第4期から輩出。
----------[AD]----------