BRIDGE

タグ Touchy

ヒューマンカメラの「TOUCHY(タッチー)」、東京でのパフォーマンスツアーのクラウドファンディングが当初目標額の888,888円を突破

SHARE:

「TOUCHY(タッチー)」は、カメラの形をしたヒューマンカメラガジェットだ。今から6年ほど前に香港出身のアーティスト Eric Siu 氏が創作し、SIGGRAPH Asia や Ars Electronica など世界の有名カンファレンスで高い評価を得てきた。今年オープンした渋谷のゲームチェンジャースタジオ「EDGEof(エッジオブ)」で、ここ数ヶ月 TOUCHY の姿をよく目撃していたのだが…

TOUCHY(タッチー)」は、カメラの形をしたヒューマンカメラガジェットだ。今から6年ほど前に香港出身のアーティスト Eric Siu 氏が創作し、SIGGRAPH Asia や Ars Electronica など世界の有名カンファレンスで高い評価を得てきた。今年オープンした渋谷のゲームチェンジャースタジオ「EDGEof(エッジオブ)」で、ここ数ヶ月 TOUCHY の姿をよく目撃していたのだが、どうやら TOUCHY が EDGEof の Artist in Residence に認められていたようだ。

人と触れることで視界が開け、さらに10秒間のアイコンタクトをすることでスナップ写真が撮れる TOUCHY は、引きこもりや自閉症の子供たちをはじめ、社会のあらゆる人々につながることで得られるコミュニケーションのすべを提供し、笑顔や幸福をもたらしてきた。TOUCHY は1ヶ月前の7月31日から、東京都内各所でパフォーマンスを行うためのクラウドファンディングを CAMPFIRE で展開してきたが、今週28日に当初目標額の888,888円を突破した。クラウドファンディングの期間はあと1週間程度残されているので、100万円の大台に乗りそうな勢いだ。

TOUCHY はクラウドファンディング終了後、渋谷・秋葉原・巣鴨・新橋の駅前でパフォーマンスを実施するほか、パトロンに対してリワードに応じたパフォーマンスリターンを提供する予定。集まった資金を使って活動を記録したドキュメンタリービデオ、報告書を作成するほか、TOUCHY のバージョンアップも実施されるようだ。パトロンには TOUCHY のパフォーマンスに付き添うことで、活動のエンゲージメントを高めるための支援も期待される。

とかく万人に受け入れられるコモディティなアイテムの量産で多くのビジネスが成立している中で、アートがスケーラブルなビジネスに成長するストーリーを考えるのは容易ではない。先月開催されたクラウドファンディングローンチイベントで、Eric Siu 氏と共にパネルディスカッションに登壇した EDGEof 共同代表の小田嶋 Alex 太輔氏は、TOUCHY を EDGEof の Artist in Residence に迎えた理由について、「アートをスケーラブルにし、ビジネス化しようとしている」点と評価していた。

TOUCHY は非常に息の長いガジェットプロジェクトだが、今回のクラウドファンディング成立、東京各所でのパフォーマンスツアーを経て、さらに高みのステージへ突入することになりそうだ。TOUCHY のパフォーマンススケジュールなどについては、オフィシャル Twitter アカウントなどで順次公開される。

----------[AD]----------

東京発、「Touchy」のHuman Cameraで、現実世界のつながりを取り戻す

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 東京に拠点を置くニューメディアアーティストのEric Siu氏が、テクノロジーとパフォーマンスアートを混ぜ合わせたような、実に素晴らしいアイディアを打ち出した。クレイジーなテクノロジーを持つ日本でさえ、これは皆の関心を引くものになるだろう。 「Touchy」の試作品は、人間カメラだ。もっときちんと説明すると、人が10秒間触れると動くシャッター機能のある、目玉の…

【翻訳 by Conyac】【原文】


東京に拠点を置くニューメディアアーティストのEric Siu氏が、テクノロジーとパフォーマンスアートを混ぜ合わせたような、実に素晴らしいアイディアを打ち出した。クレイジーなテクノロジーを持つ日本でさえ、これは皆の関心を引くものになるだろう。

「Touchy」の試作品は、人間カメラだ。もっときちんと説明すると、人が10秒間触れると動くシャッター機能のある、目玉のついたヘルメットのようなカメラを頭にかぶる人間だ。頭の後ろ側にLCDスクリーンがついており、撮影した写真をレビューすることができる。

昨年からパートナーに加わったAsia Skubisz氏と共に、Ericは将来、すでに秋葉原原宿で行ったようなライブパフォーマンスをたくさん計画している。彼らは、特定の状況でソーシャルワーカーが利用するようなソーシャルヒーリングデバイスとしてTouchyを使うことも考えている。2人は、Touchyが新しく楽しい場所に探検に出かけるという、キャラクターにまつわる物語も作っている(Asiaは友達「Margaret Toucha」を演じる)。彼らは、この先をどんどん作りたいと考えており、いつかは漫画になるかもしれない。

全体のコンセプトは、現代社会がテクノロジーによってどんどん孤立化しているという考えが元になっている。スマートフォンでつながっているけれど、どんどんデジタル世界にのめりこんでいく状態をEricはまさに危惧しているのだ。Touchyは、テクノロジーとの関係を考え直した結果の産物であり、オフラインでのコミュニケーションがもたらしてくれる喜びである。

Touchyは、Kickstarterプロジェクトとしてさらに発展する可能性があるが、いつ、どうしていくかはまだ何も決まっていない、と聞いた。明和電機の土佐信道氏がこのプロジェクトのメンターであり、土佐氏もOtamatoneのようなユニークで面白いデバイスに関わっている。

Touchyがどんなものか詳しい情報については、下記のプロモビデオを参照してほしい。これはいいアイディアだと思う。Touchyがさらに日本を探検してまわるのを見続けることが出来ればいいなと思う。これまでの努力あまり上手くいっていないのだから、MOFAのメンバーや観光庁は、観光客へ日本を売り込むために彼に協力をしてもらうべきであろう。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------