BRIDGE

タグ TransCosmos

マレーシアの決済スタートアップSoft Space、シリーズAでトランスコスモスから500万米ドルを調達——東南アジアに続き、台湾・日本に進出へ

SHARE:

マレーシアの決済スタートアップ Soft Space は、シリーズ A ラウンドで500万米ドルを調達した。 このラウンドに参加したのは、日本の e コマースサービスプロバイダであるトランスコスモスが唯一の投資家であったと、Soft Space のチーフストラテジーオフィサー Chris Leong 氏は昨夜(原文掲載日:5月26日)、Tech in Asia に語った。 両社は CRM ツールで…

Image credit: Soft Space

マレーシアの決済スタートアップ Soft Space は、シリーズ A ラウンドで500万米ドルを調達した。

このラウンドに参加したのは、日本の e コマースサービスプロバイダであるトランスコスモスが唯一の投資家であったと、Soft Space のチーフストラテジーオフィサー Chris Leong 氏は昨夜(原文掲載日:5月26日)、Tech in Asia に語った。

両社は CRM ツールで協業し、トランスコスモスが持つデータアナリティクスの力と Soft Space が持つ決済手段サービスを最大限に活用する。

CRM ツールの機能にはまだ開発中の部分もあるものの、完成すればターゲット広告や顧客優遇プログラムが提供可能になり、事業者が顧客の不満に対応できるチャットボットを構築できるようになる。

Leong 氏は、この機能について例を挙げてくれた。

Soft Space のカードリーダーが設置されソフトウェアと接続されたレストランでは、カードによるさまざまな対面決済に加え、オンライン決済を受け付けることもできる。決済完了後は、レストランオーナーが顧客にアンケートを送信し、店の評価を依頼する。評価が悪い場合は、自動的にチャットが始まり、何が悪かったのかをチャットボットが突き止めようとする。オーナーは顧客にクーポンや割引券を渡すこともできる。チャットボットが問題を解決できない場合、その会話はトランスコスモスのコールセンターのカスタマーケア担当者に転送されるしくみだ。

2012年に設立された Soft Space は、mPOS(モバイル POS)ソリューションを提供する、初期の頃からのプレーヤーの一社だ。自社が持つカードリーダーやモバイルウォレットにより、より多くの事業者がカードやデジタル決済を受け入れられるようにしている。

顧客の多くはマレーシアとタイにいて、その後ろにインドネシアが続く。台湾への進出を開始していて、次に日本市場を狙う。

Soft Space は銀行とも協業しており、同社の事業者ネットワークを活用して銀行がプロモーションを行なっている。Soft Space はアジア全域に18万台のカードリーダーを出荷している。

今回のトランスコスモスによる出資は、Soft Space にとって初の機関投資家が参加した調達ラウンドとなる。それ以前は、Soft Space はエンジェル投資と政府による助成金で経営していた。

我々は既に黒字化している。

Leong 氏はそのように語り、ベンチャーキャピタルから投資を受けてこなかった理由について説明した。

資金がたくさんあったからといって、物事が早く進むとは限らないからだ。

アジアの決済スタートアップによる Square との対抗を分析した記事の中で、Life.Sreda というフィンテック特化 VC を経営する Vladislav Solodkiy 氏は、Soft Space のその倹約ぶりを賞賛している。

マレーシアの Soft Space には、エンジニアからなる最も熱狂的なチームがいる。私が知るすべてのプロジェクトの中で、Soft Space は最もリーンなチームと言える。目標に達するまでに、他のいかなるスタートアップよりも投資を必要としないからだ。

Soft Space のクライアントには、Maybank、Bangkok Bank、CIMB Niaga といった東南アジアの銀行のほか、Air Asia などの企業クライアントもいる。

日本市場への進出を加速すべく、Soft Space は今年初めに三井住友カードと MoU(覚書)を交わしている。これは同社が、日本最大の銀行と協業する機会を既に得ていることを意味している。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ファッション提案O2Oの「STYLER(スタイラー)」がトランスコスモスから資金調達、チャットコマース全盛に備えBPOなどで業務提携

SHARE:

ファッション・アパレル店舗向けのO2O(オフライン・トゥ・オンライン)サービス「STYLER(スタイラー)」を提供するスタイラーは3日、情報サービス大手のトランスコスモス(東証:9715)からシリーズAラウンドで資金調達したと発表した。スタイラーにとっては、2015年6月に実施したシードラウンドでサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)から調達に続くもの。なお、今回のラウンドでの調達金額や出資…

transcosmos-styler_logos

ファッション・アパレル店舗向けのO2O(オフライン・トゥ・オンライン)サービス「STYLER(スタイラー)」を提供するスタイラーは3日、情報サービス大手のトランスコスモス(東証:9715)からシリーズAラウンドで資金調達したと発表した。スタイラーにとっては、2015年6月に実施したシードラウンドでサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)から調達に続くもの。なお、今回のラウンドでの調達金額や出資比率については明らかにされていないが、関係者からの情報によると、規模は数億円程度に上ると見られる。

スタイラーは、ユーザがアパレル店舗のファッション提案を受けられるアプリ「STYLER」を昨年6月にオープンβ版としてローンチ。渋谷・原宿・表参道などを拠点とするファッションブランドのショップ150店舗で導入されている。これらのお店では、店員が営業時間中の接客していない時間帯を活用して、STYLER 上に投稿されたユーザからのファッションに関する質問に回答、コーディネイトを提案することで、自店舗へのレピュテーション向上と来店購買を促すことができる。

styler-ios-app_featuredimage

実際に、STYLER を導入している渋谷区神南のある店舗では、来店客全体の15%が STYLER 経由で来店し、そのうちの72%が商品の購入に至るケースがあったという。同社は以前、STYLER 導入店舗において、全来店客に占める STYLER 経由来店客の割合が平均15%であることを明らかにしており、コンバージョンレートについても、店舗によって大きな開きは無いだろう。

今回のトランスコスモスからの資金調達には、スタイラーが STYLER 上でユーザ〜店舗間のインタラクションを増やしたい思惑が背景にあるようだ。今年5月のメジャーアップデートで、STYLER アプリには ROM(Read-only Member)でも他ユーザ〜店舗のコーディネイト提案を覗き見できるソーシャル機能が追加された。ユーザやインタラクションをさらに増やすこと——すなわち、サービスのスケールを目指す上で、接客の合間に STYLER に参加してくれるショップ店員の労力だけでは、いずれ限界が来ることになる。

styler-diagram

トランスコスモスはその前身である丸栄計算センターの時代から BPO 業務(ビジネスプロセスアウトソーシング)の草分け的存在であり、日本の国内外に40カ所近いコールセンターや BPO 業務の拠点を持つ。スタイラーでは今後、チャットボット機能を STYLER に実装するなど対話型コマースを活性化させていく計画で、今回のトランスコスモスとの提携を通じ、定型的な質問については、トランスコスモスの BPO 要員が対応できるようにするなどしていく考え。店舗が繁忙期や休業時間帯でも、BPO によりコーディネイト提案をスピーディーに回答できるようにすることで、ユーザ満足度の向上を狙う。

トランスコスモスはまた、タイの電子書籍事業サービス「Ookbee」への出資をはじめ世界でスタートアップに出資や買収をしており、Eコマースプロバイダ向けには LINE ビジネスコネクトの運用支援サービスをはじめオムニチャネルサポートを提供している。これらの要素を背景に、スタイラーはトランスコスモスとの協業で自社提供サービスの信頼度を高めることができ、STYLER に参加するファッションブランドやショップの増加につながることを期待していると考えられる。

スタイラーでは今後海外展開を図り、2018年末までに日本の内外をあわせてユーザを500万人規模にまで成長させたいとしている。

トランスコスモスがベトナム最大のデイリーショッピングサイト「HOTDEAL.vn」の株式30%を取得

SHARE:

日本を拠点とするアウトソーシング大手トランスコスモスは、ベトナムのデイリーショッピングサイト HOTDEAL.vn の株式を30%取得した。出資額は明らかにされていない。 トランスコスモスの本日(原文掲載日:8月25日)の発表によれば、この提携を通じて、トランスコスモスのeコマースのノウハウをHotdealに導入するとともに、トランスコスモスが持つ日本の顧客の商品およびサービスをベトナムの消費者に…

hotdeal-vn_featuredimage

日本を拠点とするアウトソーシング大手トランスコスモスは、ベトナムのデイリーショッピングサイト HOTDEAL.vn の株式を30%取得した。出資額は明らかにされていない。

トランスコスモスの本日(原文掲載日:8月25日)の発表によれば、この提携を通じて、トランスコスモスのeコマースのノウハウをHotdealに導入するとともに、トランスコスモスが持つ日本の顧客の商品およびサービスをベトナムの消費者に届けることが可能になるとしている。

今回の取り決めを通じて、HOTDEAL.vn のオペレーションは ASEAN地域 での拡大の目標に沿って、トランスコスモスが持つオペレーションと統合する。

HOTDEAL.vn の設立者 Nguyen Thanh Van An 氏は、次のように述べている。

今回の提携を通じて、HOTDEAL.vn には国際的なブランドが導入され、eコマースにおけるトランスコスモスのノウハウおよび国境を越えたショッピングが可能になり、お客様に優良な商品、素晴らしい買物体験を届けることができます。

300万人の買い物客

HOTDEAL.vn は2010年に設立され、月間ユニークユーザ310万人、登録ユーザ約250万人を誇るベトナム最大のデイリーショッピングサイトを運営している。同社には、Yesgo というトラベルサイトもある。

HOTDEAL.vnは衣類、家電、アクセサリー、玩具、健康・美容製品、書籍、日用品など様々な商品を販売している。また、レストラン、温泉、旅行ツアーその他サービスのバウチャーも販売している。

トランスコスモスのポートフォリオには、これまでフィリピンのデイリーショッピングサイト Metrodeal、タイのeブック企業 Ookbee、シンガポールのコスメティックeコマースショップ Luxola、インドネシアのファッションeコマース Berrybenka があった。今回の HOTDEAL.vn はこれに続くeコマース企業である。

トランスコスモスの主たる業務はアウトソーシングである。同社はインバウンド、アウトバウンド、フルフィルメント、サポートデスク、ウェブインテグレーション、マーケティング調査などを含め、コールセンター、ビジネスプロセスアウトソーシング、デジタルマーケティングサービスを提供している。2014年にはエンドツーエンドのeコマースソリューションを提供することで、eコマース業界に特別に対応するサービスを拡張した。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】