BRIDGE

タグ Travelience

海外観光客が隠れた地方の旅先を検索、旅程の作成も依頼できる「Planetyze(プラネタイズ)」がローンチ

SHARE:

デモデイに出かけると必ずと言っていいほど、海外観光客向けの情報提供サービスを見かけるようになった。Open Network Lab のデモデイでは tsunagu Japan、Pioneers Festival の東京予選では Odigo に出会った。先月には Lifull TraveRing というおもてなしアプリもローンチされている。2020年の東京五輪に向けた海外観光客の増加を見据え、旅のウ…

planetyze_featuredimage

デモデイに出かけると必ずと言っていいほど、海外観光客向けの情報提供サービスを見かけるようになった。Open Network Lab のデモデイでは tsunagu JapanPioneers Festival の東京予選では Odigo に出会った。先月には Lifull TraveRing というおもてなしアプリもローンチされている。2020年の東京五輪に向けた海外観光客の増加を見据え、旅のウェブサービスやアプリは百花繚乱だ。

今週初め、「Planetyze(プラネタイズ)」という新しいサービスがローンチした。以前、THE BRIDGE でも紹介したことのある旅行サイト「Travelience(トラベリエンス)」が姉妹サイトとして提供し、東京・京都だけではない日本のマニアックな旅行先も取り扱うのが最大の売りだ。

運営するトラベリエンスの橋本直明氏は、多くの外国人観光客が東京や京都など有名な旅行先に集中してしまうのは、地方の旅行情報が外国人に十分に届いていないからだと考えた。そこで英字新聞で有名なジャパンタイムズの元出版部長である笠原仁子氏を編集長に迎え、外国人旅行者向けに日本全国を網羅する旅行情報を日・英両語で提供することにした。

Planetyze には旅程表の作成機能があり、Planetyze 上の旅行先を紹介する記事からカレンダーに追加できるほか、通訳案内士に旅程を提案してもらうこともできる。以前からある Travelience では、ユーザは予め内容が用意されたエクスカーションを購入することしかできなかったが、Planetyze では完全にカスタムメイドの旅のコーディネイトを依頼できるようになったわけだ。

今回の Planetyze のローンチにより、トラベリエンスは Travelience、TripleLights とあわせ3つの旅関連サービスを運営することになる。Planetyze は、先の2つのサービスのピボットという見方もできるが、これら3つのサービスが互いにどのようにシナジーを生み出していくのか注目したいところだ。

planetyze_Itinerary

観光客誘致に向けて、Facebookの利用が増える日本

SHARE:

【原文】 先月、日本では Facebook ユーザが 1,800万人を超え、これまで国内でソーシャルネットワークのライバルだった Mixi を、日本で最も好まれる SNS の座から押しやりつつある [1]。その新しい波の上で躍るのは消費者のみではなく、企業も行動を取り始めているようだ。 観光業界も例外ではない。Facebook を国内や海外からの観光客誘致に使おうという動きは少なくない。そんなサー…

【原文】

facebook-in-Japan
写真出典:clutch.ne.jp

先月、日本では Facebook ユーザが 1,800万人を超え、これまで国内でソーシャルネットワークのライバルだった Mixi を、日本で最も好まれる SNS の座から押しやりつつある [1]。その新しい波の上で躍るのは消費者のみではなく、企業も行動を取り始めているようだ。

観光業界も例外ではない。Facebook を国内や海外からの観光客誘致に使おうという動きは少なくない。そんなサービスが一つ、先週ローンチした。

fbjapan-280x210fb Japan 観光案内(fb Japan と略す)は、ホテル、旅館、航空、鉄道など、観光に関連する Facebook ページを集めたウェブサイトだ(現在 324の Facebook ページがある)。東京のソーシャル・ネットワーク・コンサルティング会社 Ainapal が構築したもので、同社自らも日本の美しい旅館など、いくつかの Facebook ページを開設している。観光関連の企業がこのリストに自社の Facebook ページを追加してほしいならば、そのための申込フォームが用意されている。

日本国外へのリーチ

同様に、最近ローンチした Travelience(私が好きな名前ではないが)は、東京のガイドツアーを提供しており、Facebook を活用して観光客を誘致し、日本中の写真を投稿したり、クイズを出したりしている。同社は他社よりも安価なツアーを提供しており、Facebook に露出することで(現在 21,000人のファンが居る)、潜在的なお客がコメントやディスカッションを出来る場となっている。

日本政府の観光団体である JNTO(日本政府観光局)も、ソーシャルネットワークを使った誘致活動に積極的だ。この組織はアメリカ(15.3万人のファン)、シンガポール(14.1万人のファン)、タイ(9.2万人のファン)など、ターゲットとする国別に多くの Facebook ページを運用している。

travelience-280x222もちろん、Facebook を使った、海外に日本を宣伝するこれらの企業の努力も、日本のオタク・サブカルチャーのページで1,100万人以上の Facebook ファンを抱えるスタートアップ Tokyo Otaku Mode と比べると見劣りする [2]。KDDI∞Labo のインキュベータプログラムから生まれた、もう一つの新しいスタートアップ Kawaii Museum JPN も似たような活動をしているが、現時点で 300万人以上の Facebook ファンを有している。

Facebook の力だけでなく、企業や組織はオーディエンスや顧客にリーチするため、これまでにも述べて来た LINE アプリも使っている。アパレルブランドのLIP SERVICE がスマートフォンにより LINE で顧客とつながり、売上を前週比で50%伸ばしたことを、先週取り上げた。首相官邸でさえ、LINE のアカウントを持ち、スマートフォンを持つ市民に最新情報を伝えるようにしている [3]。


  1. チャットアプリは、厳密にはソーシャル・ネットワークではないという人は少なくないが、しかし、おそらく、最近の選ばれしソーシャル・ネットワークは LINE なのだろう。
  2. 最近、勢いの出て来たスタートアップ Tokyo Otaku Mode について知りたければ、先月の我々の記事を読んでみるとよいだろう。
  3. 先週、首相官邸は自前のスマートフォン・アプリをリリースした。