BRIDGE

タグ trip

自分が見つけた地域の魅力を観光商品として出品できるオンラインプラットフォーム「TRIP」

SHARE:

株式会社TRIPが全国各地に埋もれていた地域の魅力や資源を観光商品として売買できるオンラインプラットフォーム「TRIP(トリップ)」の提供を本日より開始した。TRIPはウェブサイトの企画・制作を行う株式会社LIGの100%出資子会社だ。 「TRIP」は観光商品を提供したい個人または中小の事業者と、ユニークな旅の体験がしたい旅行者をオンラインでつなぐ、観光商品の売買プラットフォーム。このプラットフォ…

trip top

株式会社TRIPが全国各地に埋もれていた地域の魅力や資源を観光商品として売買できるオンラインプラットフォーム「TRIP(トリップ)」の提供を本日より開始した。TRIPはウェブサイトの企画・制作を行う株式会社LIGの100%出資子会社だ。

「TRIP」は観光商品を提供したい個人または中小の事業者と、ユニークな旅の体験がしたい旅行者をオンラインでつなぐ、観光商品の売買プラットフォーム。このプラットフォームでは、誰でも観光商品を出品することが可能になり、購入する側はこれまでには見つけられなかった新たな地域の魅力を発見しやすくなる。

trip pkans

商品を販売するとシステム利用料として販売代金の10%と補償料として販売代金の3%が引かれるようになっている。購入する場合は、サービス利用料として購入代金の5%、任意の補償料として500円を支払う。

「TRIP」は、2014年の3月に国内15県2府道計60以上の自治体とネットワークを持つ株式会社観光販売システムズと業務提携している。今後、このネットワークを活用して登録エリアの拡大を行いながら、サービスの拡充を図る。他の企業との提携なども進めながら、年度内に47都道府県をすべてカバーし、登録商品数1万件、登録者数10万人という数値目標を掲げている。

観光雑誌や観光ツアーには含まれていないが、魅力的な場所は日本各地に存在している。「TRIP」はこうした地域の魅力を再発掘し、地域資源においてロングテールの現象を起こすことができるサービスだと考えられる。今後、登場するであろうまだ見ぬ観光商品に期待したい。

----------[AD]----------

バンガロール拠点の旅行企画スタートアップ「Mygola」がシリーズAラウンドで150万米ドルを調達

SHARE:

バンガロールに拠点を置く旅行プランニングスタートアップのMygolaは、バンガロールのVC、Helion Ventures主導のラウンドで、150万米ドル調達したことを発表した。今回のラウンドにはBlumberg Capitalも参加していた。 ユーザは、The New York Timesのような刊行物から厳選され、アーカイブされた旅行記を見ながら旅行の計画を立てることができる。同スタートアップ…

ScreenshotGomalaFour-720x342

バンガロールに拠点を置く旅行プランニングスタートアップのMygolaは、バンガロールのVC、Helion Ventures主導のラウンドで、150万米ドル調達したことを発表した。今回のラウンドにはBlumberg Capitalも参加していた。

ユーザは、The New York Timesのような刊行物から厳選され、アーカイブされた旅行記を見ながら旅行の計画を立てることができる。同スタートアップの開発した独自のアルゴリズムによって該当する情報が抜粋され、読みやすい旅行計画書に集約される仕組みだ。以下の左のようなデータを見てほしい。

Screen-Shot-2013-10-16-at-7.20.01-PM-720x285

これが右のような旅行計画書に変わってしまうのだ。

MygoloScreenshotThree-720x342

ユーザは、気に入った旅行記を選ぶと旅行専用のページで自分好みの計画表になるまでさらにカスタマイズすることができる。

VC Circleブログによると、Mygolaはシリコンバレーでプレゼンスを構築するために資金を使う予定だそうだ。ただし、メリーランドにオフィスが既にあるので、今回初めてアメリカに進出するというわけではない。同社は2011年12月に500 Startupsから100万米ドルの資金を調達している。

綺麗なインターフェースで、親切なキュレーションサービスを提供しているMygolaに私たちは興味を惹かれた。新聞や雑誌に書かれている旅行の記事はたいてい手が届かない夢のようなバケーションに関してばかりなので、Mygolaは、専門家が認めた旅行記の必要ない部分を間引きながら、旅行の幻想的な部分を現実性のあるものにうまく組み立て替えている。また、旅心をくすぐるような旅先の美しい写真も掲載している。

現在ウェブサイトはアメリカやヨーロッパにしっかり根付いているようだ。台北(筆者の拠点)で検索してみると結果はゼロだった。一方、同スタートアップの本拠地であるバンガロールで検索すると、結果は1件だった。

もちろん、旅行プランニング業界は競争が激しく、この業界に参入しようとするスタートアップはMygolaの他にバンガロールだけでも最低3つある。今年の初め、目的地で項目ごとに順番に選択していく方法で旅行計画書を作成するTrip Ternを取り上げた。また、あまり効率的ではないが、旅行の計画が立てられるTraverikも取り上げた

現在、資金調達の詳細コメントを得るためMygolaにコンタクトをとってみている。

【原文】

----------[AD]----------

東南アジアに拡大しているAirbnbを利用して、フィリピンへの楽しい旅を

SHARE:

【原文】 Airbnbは東南アジアでのサービス展開に注力し、フィリピン、タイ、インドネシア、マレーシアにサービスを拡大している。 フィリピンが行う最新の観光事業キャペーンでは、「フィリピンはもっと楽しい」と謳っている。遠く離れた常夏の島に行こうが、クラブのパーティーに出かけようが、あるいは、歴史的な場所を訪れようが、旅行するには素晴らしい国だ。特に、現地の人は心温かく、価格も手頃だ。だが、時には宿…

【原文】

Airbnb-Philippines-e1356513281724

Airbnbは東南アジアでのサービス展開に注力し、フィリピン、タイ、インドネシア、マレーシアにサービスを拡大している。

フィリピンが行う最新の観光事業キャペーンでは、「フィリピンはもっと楽しい」と謳っている。遠く離れた常夏の島に行こうが、クラブのパーティーに出かけようが、あるいは、歴史的な場所を訪れようが、旅行するには素晴らしい国だ。特に、現地の人は心温かく、価格も手頃だ。だが、時には宿泊料金がそんなに手頃でないこともある。高級ホテルやリゾートにいく時には特にそうだ。

Airbnbは、不動産の持ち主にどんなタイプの建物でもレンタルできるようにして、この問題を解決しようとしている。Airbnbはフィリピン国内のすべての人を対象に既にサービスを提供しているが、今回、さらにターゲットを絞ったサービスをローンチした。

「マニラは旅行先として人気が高まっていますし、フィリピンの人は前よりも頻繁に海外旅行にでかけています。ですから、成長し続けている当社にとってフィリピンは重要な市場になると確信しています。」とAirbnbの共同設立者でCTOのNathan Blecharczyk氏は語り、フィリピンでの不動産短期レンタルサービスの需要が高まっていることを強調した。

事実、Airbnbは同社のフィリピン市場の実績で2012年末に前年対比345%増を記録している。このほかにいくつかの統計を紹介しておこう。

  • ・Airbnbを利用してフィリピン旅行に来た人は世界67ヶ国に及ぶ。
  • ・Airbnbを通じてフィリピンのホテルに予約された宿泊総日数は2012年だけで345%アップした。
  • ・フィリピン人がAirbnbでホテルを予約した宿泊総日数は2012年に263%増加。最も人気のある旅行先は、香港、ニューヨーク、パリ、シンガポール、マニラ、ローマ、ソウル、バルセロナ、フィレンツェ、ロンドン。
  • ・Airbnbはフィリピン国内で975件以上の物件を紹介し、そのうち530件はマニラの物件。

実際には、Airbnbは現在、東南アジアの3つの国にターゲットを絞っていて、その前はマレーシア、タイ、インドネシアに力を入れていた。同社は東南アジア地区の事業責任者として新たにOle Ruch氏を起用した。

同サービスは、別荘・一戸建て・城・アパートなど、ほとんどどんなタイプの物件でも提供していて、パソコンそしてモバイル機器でも利用ができる。同スタートアップは世界192ヶ国30,000都市でサービスを提供し、不動産物件の持ち主が余っているスペースで副収入を手にすることができ、それらの物件を世界の人に紹介することのできる簡単なツールだと評価されている。

【via e27】 @E27sg

----------[AD]----------

現地ガイドに地元を案内してもらえる海外旅行サービス「Meetrip」がアジア12都市に対応してアンドロイドアプリをリリース

SHARE:

現地を案内してくれる地元の人が見つかる海外旅行サービス「Meetrip」が、サービスを展開している都市ごとにアンドロイドアプリを計12個、一挙同時にリリースした。海外からの旅行者と出会いたいという現地サイドの強いニーズに応え、より多くの旅行者にMeetripを利用してもらうべく、今回のリリースに踏み切ったという。 Meetripは、今年の9月18日に東京と台北でβ版開始。11月8日にはアジア12都…

meetrip

現地を案内してくれる地元の人が見つかる海外旅行サービス「Meetrip」が、サービスを展開している都市ごとにアンドロイドアプリを計12個、一挙同時にリリースした。海外からの旅行者と出会いたいという現地サイドの強いニーズに応え、より多くの旅行者にMeetripを利用してもらうべく、今回のリリースに踏み切ったという。

Meetripは、今年の9月18日に東京と台北でβ版開始。11月8日にはアジア12都市へとその規模を拡大して展開した。「現地の人との出会い」というコンセプトが大きな反響を呼び、登録数はオープンから2ヶ月後に1000件を超えβ版の提供開始から三ヶ月で今回のアンドロイドアプリのリリースと順調にその規模を拡大している。

Meetripを運営するダックダイブ社CEOの貴山敬氏は今回のリリースについて、以下のように語ってくれた。

9月18日東京・台北を対象にβ版オープン、および11月8日アジア10都市拡大展開以降、現地ガイドは短い期間で1000人を集める事ができました。各都市のユーザ登録状況を見ていると、自分の街を外国人旅行者に教えてあげたい、というニーズは各都市ごとにかなりの違いがあることがわかりました。

簡単に説明すると、所得水準が低い国のガイドほど、案内役の指名を受けることにより真剣になる傾向があります。例えば、20米ドルの価格でも、発展途上国の場合は、とても良い収入になるわけです。実際には所得水準だけでなく、英語の普及度合い、観光産業への依存度、国民性など、いろいろな要因があります。

今後、各国ごとに使われ方が大きく変わってくる可能性があります。グローバルなC2Cマーケットプレイスとして、様子を見ながらFacebook 広告、SEM、現地イベント等、マーケティング方法を国ごとに柔軟に対応していく必要があると感じています。

Meetripは1000都市での展開を目指しており、今回のアンドロイドアプリの同時リリースはそのパイロットケースとして位置づけられているという。この勢いで成長していくと、Meetripを使って現地を案内してもらうことが世界中の都市で可能になるかもしれない。Meetripのサービス詳細はこちらからどうぞ。

----------[AD]----------