BRIDGE

タグ 清華大学

中国の清華大学、AIリサーチセンターを開設する計画——アドバイザーにGoogleのAIチーフを指名

SHARE:

本日(6月28日)、北京で開催された Google の AI シンポジウムで、清華大学は人工知能の研究開発センターを中国で開設する計画を明らかにした。関連の発表で、同大学のコンピュータサイエンス諮問委員会に Google の AI チーフ Jeff Dean 氏が就任することも明らかになった。 同大学の発表によれば、中国科学院長の Bo Zhang(張波)博士とチューリング賞受賞の Andrew …

Tsinghua-University
北京で開催された Google の AI シンポジウムで、AI センターの開設を発表する清華大学。
Image Credit: Tsinghua University

本日(6月28日)、北京で開催された Google の AI シンポジウムで、清華大学は人工知能の研究開発センターを中国で開設する計画を明らかにした。関連の発表で、同大学のコンピュータサイエンス諮問委員会に Google の AI チーフ Jeff Dean 氏が就任することも明らかになった。

同大学の発表によれば、中国科学院長の Bo Zhang(張波)博士とチューリング賞受賞の Andrew Chi-Chih Yao(姚期智)博士が率いる清華大学人工知能研究所は、新たなタイプの AI ハードウェアとコアアルゴリズムに特化し、Tencent(騰訊)や Horizontal Robotics(地平線)などのハイテク企業と協業していく予定だという。

また、2017年12月に北京で AI センターを開設した Google とも緊密に協力する予定だ。マウンテンビューを本拠とする Google は既に、北京大学や中国科学技術大学、同地域のその他の研究機関と連携している。

清華大学の Qiu Yong(邱勇)学長は声明で以下のように述べている。

今日の AI 開発はまだ本質的な理論的枠組みを必要としており、理論面の革新なくして発展はありえません。AI 研究の一員として、大学は基礎研究の探究という点で独自のアドバンテージがあります。

清華大学の発表は、中国が AI 研究に多額の投資をしている時流に乗っている。2017年には、中国国務院は2030年までに中国が「世界の主要な AI イノベーションセンター」となることを目指す意欲的な政策の青写真を発表しており、1,500億米ドル相当の規模となりうることが見込まれている。

CB Insights によると、中国における今年の AI 関連の特許出願件数は、2010年から2014年の間の出願件数に比べて3倍に増加しており、過去6年間で AI のスタートアップは45億米ドル超を資金調達している。2018年初頭には、中国のスタートアップ SenseTime(商湯)が6億米ドルを調達している。この資金調達ラウンドをリードした Alibaba(阿里巴巴)は、45億米ドルの潜在価値があると SenseTime を査定している。

最近になって中国政府は21億米ドルを投じて北京に AI テクノロジーパークを建設する計画を発表した。そして、北京から数時間のところに位置する天津市では、AI 開発の支援を目的とする50億米ドルのファンドを開設した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

シンガポールのピアツーピア・カーシェアリングサービス「iCarsclub」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 iCarsclubは、車の所有者が車を使っていない時間帯に、同社のカーシェアリングの仕組みを利用してお金を稼ぐことができる。使っていない時に車を貸し出したいと思うドライバーが利用することができ、近くにいる車が必要な人が借りることができるサービスだ。 このプラットフォームでは、所有者は車を所有するコストを抑え、レンタルする人は車を所有する負担を負うことなしに車を…

【翻訳 by Conyac】【原文】

iCarsclubは、車の所有者が車を使っていない時間帯に、同社のカーシェアリングの仕組みを利用してお金を稼ぐことができる。使っていない時に車を貸し出したいと思うドライバーが利用することができ、近くにいる車が必要な人が借りることができるサービスだ。

このプラットフォームでは、所有者は車を所有するコストを抑え、レンタルする人は車を所有する負担を負うことなしに車を運転する贅沢を味わうことができる。ウィンウィンの状況だ。

キーレスエントリーを可能にする、CarBoxというハードウェアシステムを利用している。車をレンタルする人は、スマートフォンを使って車のキーを開け、運転することができるのだ。キーレスエントリーを採用し、レンタルすることをさらに素晴らしいものにしようと考えている。モバイルの長所を最大限に生かすことで、ユーザは近隣のレンタル可能な車をとても簡単に見つけるができる。共同創設者のJamie Wang氏は次のように説明している。

「当社のドライビングボックスは車内にインストールされ、ロックシステムと統合されます。SMSもしくはGPRS経由でそのドライビングボックスに当社のセントラルサーバーからロック/ロック解除の信号を受け取ることができます。ユーザが自分のスマートフォン上でロック解除ボタンをクリックすると、セントラルサーバーがドライビングボックスにロック解除の信号を送り、ドアを開けることができます。その後、ドライバーは車に乗り、車内に車の鍵を見つけ、車のエンジンをかけることができます。」

それで、iCarsclubのマネタイズ方法は?実質的には、各取引ごとにプラットフォーム内の決済サポートを通じて15%の手数料を取る。また、全取引に保険も提供している。

興味深いのは、誰もがより良いチャンスを求めて中国に注目している一方で、同チームが中国本土出身で中国の一流大学である清華大学の学歴やBaiduの職歴を持つ4人で構成されていることだ。彼らは、まずシンガポールでプロダクトをローンチすることを選んだ。Jamieは次のように説明している。

「シンガポールは私たちのアイディアを試すには最高の場所です。というのは、自家用車の需要が高いことに加えて、人同士の信頼度も高く、窃盗も少なく、事故率も低いので安全だからです。私たちのアイディアがシンガポールでうまく行けば、(私たちは理想的な実行方法が分かっているので)シンガポールに似たその他の都市でこのビジネスを簡単に再現することができます。」

同チームは実際に、シンガポールの後で中国の一級都市である北京上海などにも事業拡大することを目指している。同サービスは多くの点でYongCheやアメリカのZipCarに似ている。共同創設者のEddy Zhang氏は、iCarsclubは個人および企業の車所有者から車を集め、車種の柔軟性を高めると同時に価格を下げるという点でその他のサービスを異なると言う。

iCarsclubサービスを試してみたい人に対し、同チームは現在、同社のサイト経由で利用登録した人にディスカウントやその他のサービスを提供している。同社へのアクセスはiCarsClub.comで。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia