タグ Tubatu(土巴兎)

中国の内装・インテリアプラットフォーム「Tubatu(土巴兎)」、深圳証取上場で最大119億円調達へ

SHARE:

中国の内装・インテリアプラットフォーム「Tubatu(土巴兎)」は、先月末、深圳証券取引所のテクノロジーに特化した Growth Enterprise Market(GEM、創業板)に新規株式公開を申請した。 重要視すべき理由:Tubatu は、顧客、装飾会社、デザイナー、建築資材業者をつなぐオンラインマーケットプレイスを運営している。中国の国内株式市場は、アメリカでの上場に対する審査が厳しくなる…

「Tubatu(土巴兎)」
Image credit: Tubatu(土巴兎)

中国の内装・インテリアプラットフォーム「Tubatu(土巴兎)」は、先月末、深圳証券取引所のテクノロジーに特化した Growth Enterprise Market(GEM、創業板)に新規株式公開を申請した。

重要視すべき理由:Tubatu は、顧客、装飾会社、デザイナー、建築資材業者をつなぐオンラインマーケットプレイスを運営している。中国の国内株式市場は、アメリカでの上場に対する審査が厳しくなる中、中国のテック企業の間で人気を集めている。

  • 深圳の創業板や上海証券取引所の科創板などのテック特化市場は、小規模な垂直市場のリーダーであることが多い中規模のテック企業にとって人気のある上場先だ。

詳細:Tubatu が6月30日に提出した目論見書によると、最大6,000万株の株式を発行し、7億人民元(約119億円)を調達する予定だ。

  • Tubatu は、今回の資金調達は、技術力の向上、情報システムのアップグレード、地域カバレッジの拡大などに使用されると述べている。
  • 同社の売上は、2018年から2019年にかけて5億8,300万人民元(99.3億円)から6億8,000万人民元(約116億円)に増加したが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2020年には6億1,500万人民元(約105億円)に減少した。
  • 同社の純利益は、2018年から2020年にかけて2倍以上に増加し、8,660万人民元(約14.8億円)に達した。
    Tubatu は現在、約11万4,000社のリフォーム会社、9,000社の材料サプライヤーにサービスを提供しているとしている。
  • IPO の規模から、中国メディアは同社の市場評価額が30億人民元程度(約511億円)になると予想しており、これは Hurun (胡潤)が発表した「2020年グローバル・ユニコーン・インデックス(全球独角兽榜)」で引用されている評価額100億人民元(約1,700億円)よりもはるかに低い。
  • Tubatu の市場評価が低いのは、土地所有者と装飾会社のマッチングなど、オンラインサービスの収益に過度に依存しているためだ。オンラインサービスからの収益は、収益性の低い家の装飾サービスを廃止した後の2019年の96.34%から、2020年には99.94%を占めている。

背景:アパートには、ペンキや食器棚、床材などの仕上げが施されていないことが多い中国では、ホームファニッシングは大きな市場だ。調査会社 iiMedia(艾媒集団)のデータによると、中国のオンライン住宅装飾市場は、2020年には4,000億人民元(約6.8兆円)に達した。

  • また、同社は施工監理サービスや、顧客が満足のいくリフォームを行った後にのみ支払を行うことができる決済アプリ「Zhuangxiubao(装修宝)」を提供している。
  • 2008年に設立された Tubatu は、インテリジェンスデータベース「Crunchbase」によると、3回のラウンドで合計2億1,650万米ドルの資金を調達している。最後のラウンドは2015年のシリーズ C ラウンドで、Sequoia Capital、Matrix China(経緯中国)、58.com(58同城)から2億米ドルを調達している。
  • Tubatu の競合 Qeeka Home(斉屹)は、2018年に香港で上場して以来、株価が半分以上になっている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録