THE BRIDGE

タグ Tujia(途家)

中国のTujia(途家)、サイトコントローラ大手SiteMinderと提携——海外の民泊ホスト向けに宿泊者管理のしくみを改善へ

SHARE:

中国の民泊予約プロバイダーである Tujia(途家)が SiteMinder と戦略的合意を結んだことを発表した。SiteMinder はホテル業界向けのグローバルクラウドプラットフォームだ。この新たなパートナーシップは、Tujia の世界進出に向けた取り組みの強化を示すものだ。 この機能は、7月中旬以降、中国の国外でサービスを利用しているすべてのホストファミリーが利用できるようになる予定だ。Tu…

中国の民泊予約プロバイダーである Tujia(途家)SiteMinder と戦略的合意を結んだことを発表した。SiteMinder はホテル業界向けのグローバルクラウドプラットフォームだ。この新たなパートナーシップは、Tujia の世界進出に向けた取り組みの強化を示すものだ。

この機能は、7月中旬以降、中国の国外でサービスを利用しているすべてのホストファミリーが利用できるようになる予定だ。Tujia の発表によれば、このサービスがオンラインになると、毎日5万以上の部屋の空き状況が正確かつリアルタイムに把握できるようになるという。

中国の旅行者では、特に若い世代で、従来からあるホテルよりも Airbnb のような宿泊サービスの利用が増えている。Tujia や Xiaozhu(小猪)のようなサービスはこうしたトレンドに乗って急成長を遂げている。同時に、中国の人々による海外旅行に対する需要は非常に大きく、このトレンドを活かし、国内ホームステイ業者の海外サポート改善に対するニーズが高まっている。国連世界観光機関(UNWTO)によると、中国の観光客が2017年に中国の国境を超えた回数は1億3,100万回を数えた。

Ctrip(旅程)が支援する Tujia は宿泊サービスネットワークを拡大中で、提供地域は中国国内で345以上、海外は1,037以上となった。同ネットワークのオンライン登録件数は120万件あり、アパート、ホームステイ、ヴィラだけでなく、様々な宿泊ニーズに対応する旅行サービスがある。

【原文】

【via Technode】

----------[AD]----------

中国版AirbnbのTujia(途家)、シリーズEラウンドで3億米ドルを調達

SHARE:

Airbnb の中国版最大級民泊サイト Tujia は本日(10月10日)、3億米ドルの資金調達を実施したと発表した。 Tujia のオンラインとオフラインの事業は先日分離されたため、今回獲得した資金は厳密にはオンラインサービス向けのものとなる。 2011年に設立された同社は、資金調達ラウンドを経て2015年には時価総額10億米ドルの企業となった。今回の現金投入により、オンライン部門だけでその価値…

Airbnb の中国版最大級民泊サイト Tujia は本日(10月10日)、3億米ドルの資金調達を実施したと発表した。

Tujia のオンラインとオフラインの事業は先日分離されたため、今回獲得した資金は厳密にはオンラインサービス向けのものとなる。

2011年に設立された同社は、資金調達ラウンドを経て2015年には時価総額10億米ドルの企業となった。今回の現金投入により、オンライン部門だけでその価値は15億米ドルとなる。

オンラインの短期間民泊市場は中国で急成長しており、米国や欧州における宿泊予約の普及率と同程度の水準になると予想しています。

今回 Tuija の投資家として加わった Glade Brook の設立者兼 CIO の Paul Hudson 氏はこう話している。この企業は Airbnb や Uber も支援している。

動きの鈍い Airbnb

中国市場への取り組みに関して言えば、Airbnb の動きは緩慢だ。中国の現地子会社を設立したのもつい最近の2016年だ。シリコンバレー拠点の同社は今年、現地子会社名を中国語で 「愛彼迎(aibiying)」 とした。これは「愛情をもってお互いを歓迎する」という意味だが、ソーシャルメディア上では「おかしな名前」と笑いの種になっている。あるネチズンはその名称について、若いカップルが休憩するために滞在する「いかがわしいラブホテル」を連想させるなどと話していた。

<関連記事>

その結果、Tuija は Airbnb から実質的な競争圧力をほとんど受けることなく成長してきた。同社は現在、国内345と国外1,037の地域で65万を超えるオンライン物件をカバーしていると本日(10月10日)の声明で述べられている。

今回のラウンドをリードしたのは Ctrip(携程)と All-Stars Investment(全明星投資)。これに China Renaissance(華興資本)の New Economy Fund のほか、Glade Brook Capital、G Street Capital(高街資本)も参加した。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国版AirbnbのTujia(途家)、Ctrip(携程)とQunar(去哪)のホームステイビジネスを買収

SHARE:

中国版 Airbnb と言われる Tujia.com(途家)は水曜(10月19日)、バケーションホームレンタルビジネスの併合について中国オンライントラベルサービス2社、Ctrip(携程)および Qunar(去哪)と戦略的合意を交わしたと発表した。今年6月に買収した短期レンタルプラットフォーム Mayi.com(螞蟻) に続く Tujia の新たな動きだ。 同社によると、この買収により Ctrip …

Image Credit: 123RF Stock Photo
Image Credit: 123RF Stock Photo

中国版 Airbnb と言われる Tujia.com(途家)は水曜(10月19日)、バケーションホームレンタルビジネスの併合について中国オンライントラベルサービス2社、Ctrip(携程)および Qunar(去哪)と戦略的合意を交わしたと発表した。今年6月に買収した短期レンタルプラットフォーム Mayi.com(螞蟻) に続く Tujia の新たな動きだ。

同社によると、この買収により Ctrip と Qunar のホームステイチャンネルであるウェブサイト、アプリ、運営チームとビジネス全体が Tujia に統合されるという。取引の成立に伴い、Tujia は在庫、トラフィック、ブランディングや運営サポートを含む Ctrip と Qunar の幅広い恩恵を受けることになる。

同社共同設立者で CEO の Justin Luo 氏は、今後さまざまなオンラインブランドの融合、一括在庫管理、産業チェーン全体の改善に取り組む予定だと話している。今後の併合はすべてエコシステムと産業チェーンを完成させるためのものだと彼は加えた。

5年の開発期間を経て Tujia は中国における宿泊シェアリングプラットフォームの代表格となり、宿泊客、不動産デベロッパーと各ホストに統合的なソリューションを提供している。Tujia は日本、韓国、シンガポールと台湾にも事務所を構え、海外でビジネスを展開してきた。

また、Justin Luo(羅軍)氏は Tujia が今後5年間、継続的なエコシステムの構築と Tujia のオンライン・オフラインビジネスの分離という2つの面で重点的に取り組む計画だと発表した。

オンデマンドや O2O セクター同様、中国の宿泊シェアリング経済が成長段階へと突入し、スタートアップはリスクを嫌う投資環境の中で確固たる地位を維持する必要にかられることから、中国のテックスタートアップシーンでは次々と統合が行われている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国版AirbnbのTujia(途家)が、シリーズA/Bラウンドで4億元(約60億円)を調達

SHARE:

【原文】 中国の余暇物件レンタル・サービス Tujia(途家)は、GGV Capital(紀源資本)、Lightspeed Venture Partners、CDH Fund(鼎暉投資)、Qiming Ventures(啓明創投)、CBC Capital(寛帯資本)、Ctrip(携程)、HomeAway から総額4億人民元(約60億円)を調達した。CEO の Luo Jun(羅軍)氏 のSina …

【原文】

中国の余暇物件レンタル・サービス Tujia(途家)は、GGV Capital(紀源資本)、Lightspeed Venture Partners、CDH Fund(鼎暉投資)、Qiming Ventures(啓明創投)、CBC Capital(寛帯資本)、Ctrip(携程)、HomeAway から総額4億人民元(約60億円)を調達した。CEO の Luo Jun(羅軍)氏 のSina Weibo(新浪微博)への投稿により明らかになった。

Tujia は、住宅ポータル Sina Leju(新浪楽居)の元ゼネラルマネージャーと、Escapia(訳注:アメリカの余暇物件レンタルサービス)のCTO Melissa Wong 氏らの手により、2011年終盤に創業した。2012年5月には、最初のラウンドの資金調達を行っている。同社によれば、今回の新規調達でオペレーションを拡大し、顧客体験を改善するとのことだ。

Mayi.com(螞蟻短租)、Xiaozhu(小猪短租)、Airizu(愛日租)などの同業がレッド・オーシャンで凌ぎを削る中、中国の共有経済の成長に資金を出すVCは神経質になりそうなものだが、前回の資金調達から一年経たないうちに、一度に2つのラウンドで資金調達を成功させたのは、極めてまれな事例だ。

現在、Tujia の従業員数は約1000人で、中国国内65都市と、レイキャビク(アイスランド)、ストックホルム(スウェーデン)、パリ(フランス)、ロンドン(イギリス)、ベルリン(ドイツ)、イスタンブール(トルコ)、ロサンゼルス(アメリカ)、サンフランシスコ(アメリカ)など海外45都市でサービスを展開している。

Snip20130217_2

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------