BRIDGE

タグ Uber Eats

Uber Eats、ユーザーが地元レストランを支援できる「2米ドル寄付ボタン」を追加

SHARE:

Uber Eatsは一部の地域で、ユーザのお気に入りの地元レストランをサポートするために2米ドルを寄付するよう呼びかけている。チェックアウト時、配達員へのチップを選択する機能に加え、寄付ボタンが表示されるようになった。 このアナウンスの直前にあたる先週(3月第5週)、YelpとGoFundMeがクラウドファンディングイニシアチブをローンチし物議をかもしたばかりだ。この2社は、Yelpにリストされて…

Uber:レストランへの寄付
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

Uber Eatsは一部の地域で、ユーザのお気に入りの地元レストランをサポートするために2米ドルを寄付するよう呼びかけている。チェックアウト時、配達員へのチップを選択する機能に加え、寄付ボタンが表示されるようになった。

このアナウンスの直前にあたる先週(3月第5週)、YelpとGoFundMeがクラウドファンディングイニシアチブをローンチし物議をかもしたばかりだ。この2社は、Yelpにリストされているビジネスオーナーのための資金調達プログラムを、オーナーの許可なく自動的に作成するために提携した。同意なしにオプトインさせられたことに対し一部の企業がクレームをつけ、Yelpはこれを撤回。再構成されるまで同イニシアチブは一時停止された。今回のUber Eatsの新たな資金調達ツールも目的は同じようなものだが、アプリ内のチェックアウトプロセスに統合されているため、否定的な反応が起こる可能性は低くなりそうだ。

ユーザは料理を選択した後、ボックスにチェックを入れることで2米ドルが請求書に追加され、その全額がレストランに送られる。ユーザがチェックを入れなかった場合、「注文する」ボタンを押すと再度メッセージが表示される。このデフォルトの寄付額は、Uberによる初期テストで同機能を試す間に変更される可能性がある。

Uber Eats: $2寄付しますか?

寄付ボタンは、まずはニューヨークのUber Eatsユーザのみ利用できる。今後数週間で米国内の他の都市や他の国にも拡大する予定。

Uberは最近、全米レストラン協会教育財団(NRAEF)のレストラン従業員救済基金(RERF)の創設パートナーとなったため、この機能はより広範なイニシアチブにも影響する。同組織は、COVID-19の影響を受けた外食産業界の労働者に500米ドルの助成金という形で財政援助を提供しようとしている。 Uberは基金に200万米ドルを寄付し、さらにUber Eatsアプリを通じて行われたすべての寄付から最大300万米ドルを充てることを約束したと語った。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------