BRIDGE

タグ Ucommune/URWork(優客工場)

中国の新興バーティカルから誕生したユニコーン・スタートアップ5選

SHARE:

「ユニコーン」という言葉は2013年、Cowboy Ventures の Aileen Lee 氏が生み出したもので、当時、プライベート、パブリックを問わず市場で時価総額10億米ドル以上のスタートアップを指すとされた。ユニコーンとは存在が希少で、神話的な生物にちなんだ企業のことだ。しかし、この言葉はそれ以降、中国で公平な分け前を提供してくれる企業へと急速に広まった。以下、中国の新興セクターで誕生し…

Image credit: DanDan_520 / 123RF

「ユニコーン」という言葉は2013年、Cowboy Ventures の Aileen Lee 氏が生み出したもので、当時、プライベート、パブリックを問わず市場で時価総額10億米ドル以上のスタートアップを指すとされた。ユニコーンとは存在が希少で、神話的な生物にちなんだ企業のことだ。しかし、この言葉はそれ以降、中国で公平な分け前を提供してくれる企業へと急速に広まった。以下、中国の新興セクターで誕生したユニコーンスタートアップを紹介しよう。

<関連記事>

URWork(優客工場)——コワーキング

URWork(優客工場)
Image credit: URWork(優客工場)
  • 時価総額:10億2,000万米ドル
  • ユニコーンになった日:2017年1月18日

中国でブームとなっているコワーキングスペースの業界リーダーとして、URWork は今年1月、時価総額70億人民元(10.2億米ドル)で4億人民元(5,800万米ドル)をシリーズBラウンドで調達し、このセクターで初のユニコーンとなった。

同社は2015年4月、中国の不動産コングロマリット (万科集団)前副社長の Mao Daqing(毛大慶)氏によって設立された。このコワーキング企業はただ物理的なスペースを提供するだけでなく、金融アシスタントプラットフォーム、人的資源サービス、スタートアップアクセラレーションプログラム、スペースデザインなど、あらゆるサポートサービスに関わるエコシステムを積極的に構築している。

不動産サービス JLL のデータによると、中国のコワーキングスペース数は2016年に急増し、前年にはごくわずかだったのが、今や上海と北京だけで500を超えているという。このセクターにおける大手には、Soho 3Q、naked Hub(裸心社)People Squared(連合創業弁公社)SandboxSimplyWork(思微) などがいる。

<関連記事>

Zhihu(知乎)——ナレッジシェアリング

Image credit: Zhihu(知乎)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2017年1月12日

中国は、無料のナレッジから有料のナレッジへと変化しており、この動きは同セクターで初のユニコーンを生み出した。それは、中国のQ&Aプラットフォーム Zhihu だ。

Zhihu はユーザがさまざまな分野で専門家の見解を求めることができる。今月、時価総額10億米ドルで1億米ドルのシリーズDラウンドを終えた

同社は最近中国でトレンドとなっているナレッジシェアリングの資本化を成功させている企業の1社だ。競合には、科学ネットワーキングプラットフォームの Guokr により開発されたナレッジシェアリングサービス Fenda(奮達)Baidu Zhidao(百度知道) などがある。

<関連記事>

iCarbonX(碳雲智能)——バイオテクノロジー

Image credit: iCarbonX(碳雲智能)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2016年4月12日

巨大な市場と政府からの支援のおかげで、中国のバイオテクノロジー市場はブーム最高潮を迎えている。バイオテクノロジースタートアップの iCarbonX は昨年4月、時価総額10億米ドルで10億人民元(約1億5,400万米ドル)をシリーズAラウンドで調達した。

同社は、遺伝子データやスマートハードウェアデバイス由来のデータなどさまざまな健康関連データを処理できる、ビッグデータ主導の健康プラットフォームの構築を進めている。

<関連記事>

UBTECH Robotics(優必選)——ロボティクス

Image credit: UBTECH Robotics(優必選)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2016年7月26日

2012年に設立されたUBTECH Roboticsは、教育とエンターテイメント分野向けにヒューマノイドロボットの研究、開発、商業化に取り組んでいる。

二足歩行のエンターテイメントロボット Alpha 2 を開発したスタートアップとして、中国で旧正月に行われる非常に人気の年越しカウントダウン番組 CCTV(中国中央電視台)の「Gala(春節聯歓晩会)」に昨年出演し、「同時に踊るロボットの数で最多記録」を達成し世界ギネス記録に登録されて以降、大量の無料広告を獲得した。

Guazi(瓜子)——中古車取引

Image credit: Guazi(瓜子)
  • 時価総額:10億米ドル
  • ユニコーンになった日:2016年3月12日

Guazi.com は、後に競合のオンライン広告サイト 58.com(58同城)と合併した Ganji.com(赶集、Craigslistに対抗するとして設立)によって設立された。この中古車取引プラットフォームはその後同コンソーシアムからスピンオフし、さらなる急成長を実現した。昨年、時価総額10億米ドルで2億米ドルの資金調達を完了している。

中古車取引は、中国のネット企業がディスラプトしようとしている伝統的な業界の1つだ。この成長著しい市場には、Cheyipai(車易拍)Youxinpai(優信拍)Renrenche(人人車) など多くのプレーヤーがいる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国のURWork(優客工場)、5,800万米ドルのシリーズBラウンドを終えてコワーキングスペース界のユニコーンに

SHARE:

中国でコワーキングオフィススペースを展開する URWork(優客工場) は、少なくとも時価総額でアメリカの同業 WeWork に追いつくための一歩を踏み出した。URWork  は本日(原文掲載日:1月18日)、シリーズ B ラウンドで時価総額70億人民元(10.2億米ドル)で4億人民元(5,800万米ドル)の資金を調達したと姉妹サイトの TechNode(動点科技)中国版が伝えている。 この時価総…

URWork(優客工場)
Image credit: URWork(優客工場)

中国でコワーキングオフィススペースを展開する URWork(優客工場) は、少なくとも時価総額でアメリカの同業 WeWork に追いつくための一歩を踏み出した。URWork  は本日(原文掲載日:1月18日)、シリーズ B ラウンドで時価総額70億人民元(10.2億米ドル)で4億人民元(5,800万米ドル)の資金を調達したと姉妹サイトの TechNode(動点科技)中国版が伝えている。

この時価総額は、160億米ドルもの価値を持つ WeWork とは比較にならないかもしれないが、 URWork はこれで中国コワーキング業界初のユニコーンになった。

このラウンドに投資したのは、Alibaba(阿里巴巴)傘下 Ant Financial(螞蟻金融)関連の資金管理会社 Tianhong Asset Management(天弘基金管理)のほか、Junfa Group(俊発集団)、有名ビジネススクールの卒業生からなる Shanghai Chuanghehui(上海創合匯基金)、Tianming Shuangchuang Technology(天明双創科技)、Dahong Group(大宏集団)である。他にも、Sequoia Capital China(紅杉中国)、ZhenFund(真格基金)、Sinovation Ventures(創新工場)といった名立たるベンチャーキャピタル、一流どころの投資家も参加した。

現時点で、同社は6回の資金調達ラウンドを終え、調達資金総額は12億人民元(1億7,500万米ドル)を超えた。

URWork は2015年4月、中国の不動産コングロマリットVanke Co., Ltd(万科集団)前副社長の Mao Daqing(毛大慶)氏により設立された。共有オフィススペースのスタートアップである同社は、実スペースを提供する以外にも、金融アシスタントプラットフォーム、人材サービス、スタートアップアクセラレーションプログラム、スペースデザインといったあらゆるサポートサービスに関わるエコシステムを積極的に構築している。

中国の12都市でサービスを展開しており、ユーザ数1万5,000人の同社は、2016年下半期にシンガポール、ロンドン、ニューヨーク、台湾で開始した国外展開に向けた準備を進めている。

同社声明によると、今回獲得した資金は国内および国外でのスペース開設、メンバー企業との事業協力推進、サポートサービスの改善と標準化、スペース内でのモバイルおよびスマートハードウェア採用のために活用されるという。

ミレニアル世代の労働参加や政府からの支援のおかげで中国では近年、コワーキングスペースの一大ブームが起きている。マーケットのブームを資本化するために、このセクターに資本が流入している。後続のコワーキングスタートアップ nakedHub(裸心社)は昨年末、国外展開に向けた新たな資金を獲得した

中国のコワーキングスタートアップがグローバル化に向けた計画を立てている一方で、外国の同業他社は中国進出に向けた動きを進めている。WeWork は昨年、アジアでの事業拡張を加速するために、4億3,000万米ドルをかけて上海に初のコワーキングスペースをローンチした。オーストラリア最大のスタートアップハブであるFishburners も中国に進出している

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------