THE BRIDGE

タグ Udacity

教育分野で広がるAIの活用——パーソナライズされたサポートで学生のコース選択や入学手続きをスムーズに

SHARE:

<ピックアップ>How AI could help improve the education enrollment process 教育分野でのAIの適用方法については様々な試みと模索が続いているが、AIをベースにしたサービスを通じて学生に適切なコースをアドバイスする、入学手続きをスムーズに行えるようにサポートするといった取り組みも注目を集め始めているようだ。 VentureBeatの記事で紹介…

Photo by Tra Nguyen on Unsplash

<ピックアップ>How AI could help improve the education enrollment process

教育分野でのAIの適用方法については様々な試みと模索が続いているが、AIをベースにしたサービスを通じて学生に適切なコースをアドバイスする、入学手続きをスムーズに行えるようにサポートするといった取り組みも注目を集め始めているようだ。

VentureBeatの記事で紹介されていた例が興味深い。

Udacity:チャットボットスタートアップと提携してコース選択をアドバイス

一つはオンラインコースを提供する人気サイトUdacityの例だ。2012年にローンチしたUdacity は人気とともに提供する授業の数が急増。毎年16万人もの生徒がUdacityのオンラインコースに「入学」しているという。

ユーザーの増加とともにUdacityが直面した新たな問題の一つが、ユーザーが山のようにあるコースの中から、自分のスキルとそれまでの経験値にあったコースを選ぶのが難しくなってしまっている、というものだった。一方で、人的リソースと予算の面でユーザーに対して個々のカウンセリングを提供するのは難しいという状況だった。

そこで、Udacityは最近 Passage AIという会話インターフェースに特化したスタートアップと提携、この課題の解決を試みた。

Passage AIが開発した自然言語処理を用いたチャットボットを通じて、Udacityのサイトを訪問する生徒が適切なコースを見つけ簡単に入学できるようにアシストするというアイデアだ。Udacityのサイト訪問者の5%に当初テストを実施したところ、クリックスルー率が40%上昇したとPassage AI のCEO Ravi Raj氏はいう。

AIで煩雑な入学手続きにつまづいているかどうかを判断、手続きをサポート

もう一つが、AIを通じて大学の入学申し込み手続きを手助けするという事例だ。アメリカの大学の多くでは、入学申請をする際に経済援助の申し込み、高校の成績の提出、学生ローンの申し込み、授業料の支払いなど様々な手続きが必要になり、特に低収入の学生にとっては煩雑な手続きになりがちだ。

こうした問題を抱えていたジョージア州立大学は AIベースのメッセージングプラットフォーム AdmitHub と提携して、新入生候補の人々へのサポートを開始した。

入学許可手続きに必要なタスクの進捗度合いを分析して、そのユーザーが支援が必要かどうか、どこでつまづいているのかを判断。その分析結果に基づいて、Admit Hubが作る会話システム Pounce が、パーソナライズされたテキストメッセージを生成するというもの。

また、自然言語処理・生成を使って、24時間一般的な問い合わせに対してもスムーズに回答できるように。ディープラーニングのアルゴリズムを使っているため、生徒とのやりとりが増えれば増えるほどスマートになっていく。

実際、Pounceによる支援を受けた学生は、入学許可手続きに必要なタスクを完了する、その後入学する確率が高まっているという。入学前という段階から、積極的に候補生に働きかけてサポートを提供するというプロアクティブなアプローチが新しいと注目を集めている。

今回は生徒へのパーソナライズされたサポート提供の事例を紹介したが、教育分野でのテクノロジーの活用は、オンラインコースの提供、学習コンテンツのパーソナライズ化、VRの活用などなど、ポテンシャルが非常に大きく、さまざまな形で学習エクスペリエンスの向上が期待できそうだ。

----------[AD]----------

中国国外のスタートアップと中国テック大手のコラボレーションのケーススタディ〜上海で開催されたイベント「科技創新節」から

SHARE:

中国にいる海外テックスタートアップにとっては、中国の大手テック企業の協力をとりつけることがビジネスの大きな助けになりうる。 以下に挙げる3つの外国企業は、中国大手テック企業の助力をうまく利用してビジネス拡大や中国進出のコスト削減を実現している。 1. Mei.com(魅力恵)と Alibaba(阿里巴巴) ラグジュアリー・ファッション販売ウェブサイトである Mei.com(魅力恵) は、中国の e…

中国にいる海外テックスタートアップにとっては、中国の大手テック企業の協力をとりつけることがビジネスの大きな助けになりうる。

以下に挙げる3つの外国企業は、中国大手テック企業の助力をうまく利用してビジネス拡大や中国進出のコスト削減を実現している。

1. Mei.com(魅力恵)と Alibaba(阿里巴巴)

Co-founder and CEO of Mei.com, Thibault Villet encourages attendees to try out their fashion content through VR headset.
参加者にファッションコンテンツをVRヘッドセットで体験するよう勧める Mei.com(魅力恵)の共同設立者兼CEO、Thibault Villet 氏

ラグジュアリー・ファッション販売ウェブサイトである Mei.com(魅力恵) は、中国の e コマース大手 Alibaba(阿里巴巴)とパートナシップを結んだ。Alibaba は2015年7月に Mei.com に1億米ドル以上の戦略的投資を行い、それ以来両社は従来のファッション業界でテクノロジー主導の変革に取り組んでいる。

Mei.com の共同設立者 Thibault Villet 氏は次のように語っている。

今年から Alibaba はビッグデータ技術で Mei.com を支援しており、顧客の獲得コストがこれまでの数分の1に削減できています。

同社は Alibaba のビッグデータ技術を利用して、顧客体験のパーソナライズ化を実現すべく変化しているところだ。リアルタイムの製品パーソナライズに基づいたおすすめ商品紹介を、向こう3ヶ月で導入する計画である。

(ビッグデータは)当社において常に最優先事項です。このようなパーソナライズによってコンバージョン率が30~50%改善することを見込んでいます。(Villet 氏)

Mei.com の次のステップは、Alibaba のビッグデータインフラを活用した顧客体験のパーソナライズである。

これからは間違いなくパーソナライズの時代です。ソーシャルメディアを通じての顧客エンゲージメントは今後さらにパーソナライズが進むでしょう。(Villet 氏)

VR headset in Mei.com headquarter
Mei.com 本社のVRヘッドセット

Villet 氏はバーチャルリアリティにも可能性を見出しており、顧客を刺激するもう一つの方法だと考えている。Mei.com はファッションショーを VR ヘッドセットにリアルタイム接続するファッションアプリの新しいコンセプトについて触れた。

ファッションショーを開催する際、VR 技術を活用するとショーの鑑賞だけでなく参加さえ可能になるかもしれません。これにより顧客体験はより改善し、(クリエイターの)アイデアをよりよく理解できます。今年の終わりまでにこの最新技術のテストを行う予定です。(Villet 氏)

最近のイベントで、Villet 氏は参加者に同社のファッションコンテンツビデオを VR ヘッドセットで体験するよう勧めていた。同社の VR への進出が高品質 VR コンテンツ提供を狙う Alibaba の Buy+プランの一環であるかについては Villet 氏は説明しなかった。

2. Bowhead Technology(巨鯨網路科技)と Foxconn(鴻海/富士康)

Gululu, smart water bottle for kids
子ども向けのスマートウォーターボトル「Gululu」

Bowhead Technology(巨鯨網路科技)は IoT ボトル「Gululu」のメーカーで、台湾に本拠を置く国際的メーカー Foxconn(鴻海/富士康)とパートナーシップを結び、Kickstarter プロジェクト向けの同社ハードウェアの量産を任せている。このキャンペーンは当初の10万米ドルという目標設定額の2倍以上である20万6,016米ドルを集め、今年7月に終了した。

Bowhead Technology の設立者で CEO の Alvin Chiang(江志強)氏は TechNode(動点科技)に対しこう語っている。

Foxconn は帝国のようなものです。私たちが協業している事業部は多くの工場を所有しており、ごく近いサプライヤーの中には Thermos 向けのボトルを製造した経験がある会社がたまたまありました。Foxconn のベンダーネットワークと供給能力は極めて優れています。

Chiang 氏は中国の SNS サイト Renren(人人)の元 CMO であり、また Alibaba グループの VP だったこともある。このことから、巨大製造業 Foxconn とコンタクトをとることが比較的容易であった。

Founder and CEO of Bowhead Technology Inc, Alvin Chiang (left)
Bowhead Technology(巨鯨網路科技)の設立者兼 CEO Alvin Chiang(江志強)氏(右)

私は台湾人なので台湾のトップ製造業の何社かに紹介されました。ですので Foxconn に紹介してもらうのも比較的簡単なことでした。

Foxconn も幾多のスタートアップの失敗を見てきているためこのプロセスには大変慎重でした。同社はこの製品の潜在能力を独自に検討して判断し、私たちが3回のプレゼンテーションをした後にはこのプロジェクトを実行するのに十分な確信を持ってくれました。(Chiang 氏)

アメリカでは54.5%の子どもが水分不足に陥っているという調査結果に基づき、Gululu のボトルは子どもが水を飲む習慣をゲーム化して、ボトルの中のバーチャルペットの世話をするために子どもが水を飲むようにデザインされている。親はクラウドベースのアプリを通して子どもが水を飲んでいるかを確認できる。FDA 承認済ボトルはファームウェアと水の消費量を記録するセンサーを内蔵しており、たまごっちのようなアニメーションが表示される。

もちろん、これらの機能をつけて製造するのはとても費用がかかります。つまりこれはプレミアムで高品質な製品なのです。中国(企業)でも高品質製品が作れることをどうしても示したかったのです。Foxconn でなければ、このように安全で耐久性のある製品は作れませんでした。(Chiang 氏)

3. Udacity(優達学城)と Didi Chuxing(滴滴出行)

Udacity China website now features a self-driving car course, in cooperation with Didi Chuxing
Udacity China(優達学城)のウェブサイトでは現在Didi Chuxing(滴滴出行)の協力による自動運転車コースを掲げている

シリコンバレーに本拠を置くオンライン教育企業 Udacity(中文名:優達学城)は中国トップのタクシー配車企業 Didi Chuxing(滴滴出行)と提携し、中国市場に進出して共同でコネクテッド自動車のプロフェッショナルを育成しようとしている。

Udacity は水曜(9/14)、Didi Chuxing、メルセデスベンツ、NVIDIA、Otto の各社と提携し、自動運転技術開発のためのエンジニアを育成することを発表した。それ以前に Udacity は Didi Chuxing とタイアップして10万米ドルの賞金を獲得できる機械学習コンテストを5月に開催している。

実社会でのスキルと相応な教育、そして雇用との間にあるギャップを埋めることを目的として、同社は4月に「ナノ学位プログラム」を中国で展開した。ナノ学位プログラムは有料の短期集中型資格取得コースで、参加者はソフトウェア開発者などの技術職に向けてトレーニングを受けることができる。

Adam Century, International Program Manager of Udacity explains Udacity’s expansion in China.
Udacity の中国展開について説明するインターナショナルプログラムマネージャーの Adam Century 氏

火曜日(9/13)に Chinaccelerator(中国加速)により上海で開催された NewCo(科技創新節)というイベントのホストには、Mei.com、Bowhead Technology、Udacity がともに名を連ねた。彼ら企業は参加者を自社内に招待し、ビジネスがどう運営されているかを紹介した。

Image Credit: Mei.com, TechNode

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

FlipkartとUdacityが実現を目指す「就職面接のない社会」とは?

SHARE:

仕事にありつくにあたって面接の代替案があるとしたら、「就職面接のない社会」は、非常に生きやすそうな世の中に思える。これがFlipkartとUdacityが実現しようとしている社会だ。 インドのeコマース大手であるFlipkartは、UdacityのAndroid Developer Nanodegreeプログラムから3人の卒業生を、面接を経ずに採用した。Flipkartによると、この人事決定は応募…

image
Image Credit : Job / jakerust on Flickr

仕事にありつくにあたって面接の代替案があるとしたら、「就職面接のない社会」は、非常に生きやすそうな世の中に思える。これがFlipkartとUdacityが実現しようとしている社会だ。

インドのeコマース大手であるFlipkartは、UdacityのAndroid Developer Nanodegreeプログラムから3人の卒業生を、面接を経ずに採用した。Flipkartによると、この人事決定は応募者のUdacity NanodegreeプロジェクトおよびUdacity上のプロフィールのみによってなされたという。

Udacityはエドテックのスタートアップとしては非常に影響力のある存在であり、RubyやiOS、そしてAndroid開発など多種多様なオンライン講座を提供している。

採用プロセスの簡素化と市場競争に打ち勝つことを望むFlipkartは、将来的に面接を経ない採用を目指すべくUdacityと提携したと語っている。

「Flipkartはマーケットアプローチの方法に関しては最も革新的な企業の一つです」と、Udacityの共同設立者でありCEOのSebastian Thrun氏は語る。「我々の目標は、UdacityのNanodegree修了者を、モバイルやデータ分析、ウェブ解析、機械学習といった今日の求人需要と結びつけることです」。

確かに、最近になって教育と採用の多様性には進歩が見られてきている。2016年1月初め、UdacityはNanodegree Plusプログラムの開講を発表、その学費を月額199米ドルではなく月額299米ドルとした。従来のNanodegreeプログラムとの主な違いは、Nanodegree Plusプログラムでは、受講者がプログラムを修了してから6か月以内の間は職を保証するという点にある。

その他にも、500 Milesといったテック系スタートアップもビッグデータを使い、単なる職だけでなく充実したキャリアを求める人材のサポートを行っている。そしてJob Todayなどの求職ビジネスも、サービス業を狙った即日採用プロセスに重点を置いているところだ。

しかしテック業界では人材が不足することが多く、この溝を埋めるべくFlipkartはUdacityとの提携に至ったのだ。

熟練したキャリアを持つ開発者やずば抜けた面接スキルを持つ開発者が現れるのをじっと待つのではなく、応募者が受講中に見せた潜在能力だけに基づいて人事決定を行っている。ただ、何か不都合があったときに採用側が新入社員を解雇しやすくなるという契約内容には何らかの警鐘を鳴らした方が良いのかもしれないが。

採用の簡素化とはコンピュータ業界において新進気鋭の才を持つ人材をすぐに確保できることに他ならない。

「従来の採用方法では、応募者のある特定の日だけに限ったパフォーマンスだけで採用することになってしまい、これでは応募者の本当の能力や性格をきちんと知ることができません」と話すのは、FlipkartのCTOであるPeeyush Ranjan氏だ。

「そこで、Udacityのようなパートナーが登場するのです。我が社のケースでは、Udacityとは数か月前に出会い、この新しい世界を試してみたいと思いました。Udacityが提供する最終選考者のプロフィールや我が社が受け取った詳細なデータは非常に便利で、応募者の能力をより効率的に査定することができました」。

Internet & Mobile Association of India(IMAI)によると、今日インドには5万人から7万人のモバイル開発者がいるとされており、2020年までに2000万人が必要になると見込まれている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

教育スタートアップ「Udacity」が斬新な新プログラム、半年以内に仕事に就けなければ授業料を全額返金

SHARE:

<Pick Up> This education startup’s promise: We’ll get you a tech job or your money back 教育スタートアップ「 Udacity」が、昔ながらの変換保証サービスを開始しました。Udacityのプログラムを卒業した生徒が、その専門分野の仕事に就けなかった場合に全額が返金されるという…

Udacity-website

<Pick Up> This education startup’s promise: We’ll get you a tech job or your money back

教育スタートアップ「 Udacity」が、昔ながらの変換保証サービスを開始しました。Udacityのプログラムを卒業した生徒が、その専門分野の仕事に就けなかった場合に全額が返金されるというもの。授業を受けた全生徒がそれを活かした仕事に就き、仮に仕事が見つからない場合は無料で授業を受けられることになります。

ただオンラインで教育を受けるだけではなくて、その先のキャリアにも繋がるようにと以前から提供している「Nanodegree」プログラム。授業料は、月額199ドル。コースを最後まで受けて卒業すると授業料の半分が返金される仕組みでした。

今回新たに発表された取り組みはそのさらに上をいく「 Nanodegree Plus」」というプログラムで、月額の授業料は299ドル。もし、卒業後半年経っても仕事が見つからなければ、全額が返金されます。現在展開されるのは、Androidデベロッパー、iOSデベロッパー、マシーンラーニングエンジニア、シニアWebデベロッパーの4職種。

Udacityを立ち上げたのは、Googleの秘密めいたハードウェアラボ「Google X」」でも知られるSebastian Thrun氏。別媒体ですが、以前に同社の事業開発部長に取材したので、併せてご覧ください。

via. Business Insider

----------[AD]----------