THE BRIDGE

タグ イギリス・スタートアップ・シーン2015

学術都市からスタートアップを生み続けるエンジン、ケンブリッジ大学の「Accelerate Cambridge」を訪ねる

SHARE:

本稿は「イギリス・スタートアップ・シーン2015」の取材の一部。 ロンドンからケンブリッジまでは、ロンドンのターミナル駅の一つ St. Pancras から特急列車で約1時間。シリコンバレーで仕事したことのあるイギリス人は「サンフランシスコからサンノゼくらいの距離」と教えてくれたが、東京に住む筆者に言わせれば、東京〜鎌倉くらいの感覚だ。大き過ぎない街の作り、首都圏への適度の距離感、雑踏や喧騒に邪魔…

cambridge-judge-business-school-entrance-1

本稿は「イギリス・スタートアップ・シーン2015」の取材の一部。

ロンドンからケンブリッジまでは、ロンドンのターミナル駅の一つ St. Pancras から特急列車で約1時間。シリコンバレーで仕事したことのあるイギリス人は「サンフランシスコからサンノゼくらいの距離」と教えてくれたが、東京に住む筆者に言わせれば、東京〜鎌倉くらいの感覚だ。大き過ぎない街の作り、首都圏への適度の距離感、雑踏や喧騒に邪魔される心配がないという点で、ケンブリッジはカマコンバレーのある鎌倉あたりに似ているかもしれない。

かねてからケンブリッジには、ロンドンのスタートアップ・ハブ「TechCity」とは一味違ったエコシステムが形成されていると聞いていたので、今回の訪英に際しケンブリッジを訪問してみることにした。

cambridge-judge-business-school-interior

ケンブリッジのスタートアップ・エコシステムで、コア的な存在になっているのはケンブリッジ大学に他ならないが、同大学の中でも起業家の養成に特に力を入れている組織体が Judge Business School のプログラム「Accelerate Cambridge」だ。同プログラムのディレクターで、イギリス王室アンドリュー王子が年に2回セント・ジェームズ宮殿で開催するイベント「Pitch@Palace」のディレクターも務めている Hanadi Jabado 氏に話を聞くことができた。

近くに大都市がある場合、近隣の郊外の街はその経済圏に飲み込まれてしまうことが多い。しかし、ケンブリッジのスタートアップはインキュベーション・バッチが終わったり、資金調達のラウンドが次のフェーズに移ったりしても、ロンドンに拠点を移さず、ケンブリッジに居続けるケースが多いのだという。

ケンブリッジに多くのスタートアップが居続けるのは、ハイクオリティな人材プールと最先端のツールにアクセスできるからだ。

それに一般的な大学と違って、ケンブリッジ大学の中で起業家が生み出した知的所有権については、オプトアウト条項(opt-out clause)によって、起業家自らのものにすることが許されている。

また、これまでに成功した起業家が後進の起業家を助けることで、ユニークなエコシステムが形成されている。(Jabado 氏)

cambridge-hanadi-jabado
「Accelerate Cambridge」のディレクター Hanadi Jabado 氏と筆者

当初の筆者の理解では、ケンブリッジにはロンドンとは趣の異なるアクセラレータが多数あるというものだったが、実際のところ、Jabado 氏の説明によれば、ケンブリッジにはアクセラレータは存在しないのだそうだ。Springboard(現在の Techstar London)、Startupbootcamp、Seedcamp、Wayra(スペインの通信キャリア Telefonica 系のアクセラレータ)など、ヨーロッパで有名どころのアクセラレータはいずれもイギリスではロンドンに拠点を置いていて、ケンブリッジには姿を見せていない。

VC系のファンドは一般的に償還期限などの理由から、投資先のスタートアップに短期での成果を求めることが多い。結果的にこの分野は、ウェブサービスやモバイルアプリを生業とする〝デジタルなスタートアップ〟が主流となる。一方、ケンブリッジのスタートアップには、バイオ、サイエンス、エンジニアリングなど技術に特化したスタートアップが多い。日本では最近「リアルテック」と呼ばれる分野だが、R&D に時間がかかるので結果を出すまでに長年の苦労が必要になる点では、〝デジタルなスタートアップ〟とは対照的な存在だ。

Siri のテクノロジーの基礎になっていて、先ごろ Apple に買収された VocalIQ も、そして、Raspberry Pi も、ケンブリッジから生まれたスタートアップだ。皆、スタートアップの名前は有名だが、ケンブリッジ出身ということは意外に知られていない。VocalIQ に至っては、Apple に買収された後も本社をケンブリッジに起き続けている。それはやはり、優秀な人材プールへのアクセスがあるから。(Jabado 氏)

cambridge-accelerate-cambridge-office
Accelerate Cambridge のオフィス。Jabado 氏をはじめとするスタッフは、ここを拠点に活動している。

VC やアクセラレータが少ないにもかかわらず、ケンブリッジのスタートアップ・エコシステムが潤い続けているのは、エンジェル投資家たちの存在だ。税制面の優遇措置や各種の政府補助金が功を奏して、成功した起業家は次々とエンジェル投資家へと転身、彼らは日夜ケンブリッジの随所で開かれるミートアップに顔を出して、パッションあふれる起業家のメンタリングに精を出している。

Judge Business School では毎週木曜日がメンタリングデーに設定されていて、筆者が訪問した木曜日には、キャンパスビルのオープンスペースでの随所で、起業家がメンターとディスカッションしていた。ここには、シリコンバレーとも、ロンドンとも違った、グローバルなスタートアップを育てる独自のエコシステムが形成されているようだ。

cambridge-thursday-mentoring
Judge Business School キャンパスのオープンスペースでは、毎週木曜日恒例のメンタリングが行われていた。
----------[AD]----------

ロンドンの2つのスタートアップ・ハブを訪ねて——Digital Catapult CentreとImpact Hub Islington

SHARE:

本稿は「イギリス・スタートアップ・シーン2015」の取材の一部。 ロンドンのスタートアップ・ハブと言えば、最も有名なのは Old Street を中心とする Tech City と呼ばれる地域あるいはコミュニティだ。3年ほど前に Tech City を訪れたときのことはここに記録してあるが、その後、Google Campus London に入居していた地元アクセラレータ Spring Board…

euston-road-1
Digital Catapult Centre 前の Euston Road。右側に Digital Catapult Centre が入っているビル、左側に大英図書館、左奥に St. Pancras 駅。

本稿は「イギリス・スタートアップ・シーン2015」の取材の一部。

ロンドンのスタートアップ・ハブと言えば、最も有名なのは Old Street を中心とする Tech City と呼ばれる地域あるいはコミュニティだ。3年ほど前に Tech City を訪れたときのことはここに記録してあるが、その後、Google Campus London に入居していた地元アクセラレータ Spring Board はアメリカの Techstars に統合され IoT に特化した Techstars London となり、フィンテック特化型の Barclays Accelerator や各種事業分野特化型の Startupbootcamp などが生まれた(Startupbootcamp のシンガポール拠点である Startupbootcamp FinTech は今月、東京でファストトラック・セッションを開催した)。

Innovate 2015 への参加目的で訪れた今回は、ロンドンの市内ではあるが、Tech City とは違うスタートアップ・ハブを2カ所訪ねてみた。Digital Catapult Centre と Impact Hub Islington だ。

<関連記事>

データサイエンス分野に特化し、業界横断のビジネス開発を支援する「Digital Catapult Centre」

digital-catapult-centre-reception

Catapult Centre はイギリスに9カ所存在し、それぞれの施設は細胞医療、交通、医療技術、未来都市、洋上再生可能エネルギー、衛星利用、高価値製造業、エネルギーシステム、デジタルの9つの分野において、イギリスの中小企業やスタートアップの事業開発を支援している。11月には10カ所目となる予防医療に特化した Catapult Centre がオープンした。

ロンドン中心部 St. Pancras 駅の前にある Digital Catapult Centre は、その名の通り、前出の合計10分野のうち、デジタルを担当する Catapult Centre だ。具体的には、クローズドデータ、IoT、データ・セキュリティ、データ・インターオペラビリティ(相互接続性)、パーソナル・データに特化したビジネスを扱う。

応対してくれた Digital Catapult Centre の Chief Commercial Officer を務める Andrew Carr 氏によれば、イギリスで組織などから生み出されるあらゆるデータのうち、約20%はオープンデータとして公開されているのだそうだ。パブリックセクター(公的機関)のみならず、投資家、アカデミア(大学などの学術機関)、起業家、データ・サイエンティストなどにコラボッレーションを促し、オープンデータをもとに新しいビジネスやサービスが生まれるよう支援しているという。

digital-catapult-centre-andreww-carr
Digital Catapult Centre CCO の Andreww Carr 氏

Catapult Centre は、イギリス政府の起業支援組織 Innovate UK の配下に所属しているが、直接は政府から支配を受けておらず、起業経験者など民間からの人材が中心になって運営されている。アクセラレータでもなければ VC でもない NPO の立場だが、どのような KPI をもって Catapult Centre の活動が成功したと定義されるのか聞いてみると、Carr 氏は次のように答えてくれた。

大きな狙いは3つある。経済的なインパクト、生産性の向上、そして、イノベーションのインパクトだ。

この〝インパクト〟という言葉は、ヨーロッパのスタートアップ・シーンでは、特に頻繁に耳にするキーワードだ。短期的かつ金銭的な利益を追求するのではなく、世界や人々の生活向上に貢献できるものを作り出すことで、長期的な展望で、その発明者や起業家に利益が還元される、という考えに基づいたものだ。

digital-catapult-centre-office

digital-catapult-centre-meeting-room
ミーティングルームは、植物に囲まれている。

インパクトを与えるサービスやプロダクトの開発を促進するために、Digital Catapult Centre は The Copyright Hub というスキームを持っている。このスキームに参加する組織や企業から提供された知的所有権や著作権については、オンライン・プラットフォーム上で簡単な申請をするだけで、起業家やスタートアップが、特に費用を求められず、著作権侵害の心配もなく、自社のサービスやプロダクト開発に利用できるというものだ。

Digital Catapult Centre がロンドンのこの場所に作られたのには、3つ理由がある。まずは、何よりもこの眺め。そして、2つ目にロケーション。ロンドンだけでなく、イギリス全土を支援しているので、St. Pancras の駅の目の前にあるのは、我々が出かけるにも、センターへの来訪者にとっても大変便利だ。

さらに、道路を一つ隔てて国立大英図書館があり、その後ろには、バイオ医療研究の要である Crick(The Francis Crick Institute)がある。Google のオフィスもこの近くにあるなど、数多くのナレッジ集積地を周辺に擁し、この地域がデータサイエンスのハブになっていくからだ。(Andrew Carr 氏)

居心地のよさを重視して設計された Digital Catapult Centre には、昨年の設立からの1年間で1.7万人以上の来訪者があり、RiR (Research in Residence)という、ここを拠点とした企業や学術機関などのコラボレーションが26件生まれている。大学などで生まれた素晴らしい技術が、民間企業の力により商品化された例のいくつかが所狭しと施設内の随所に展示されていた。

digital-catapult-centre-showcase
センサーが埋め込まれた靴底に敷くインソール「Path Feel」や「Path Finder」が展示されていた。動脈硬化、糖尿病、パーキンソン病、高齢などにより、足裏の感触が鈍くなって歩行中にケガすることを防ぐ目的で使用され、歩行姿勢をセンサーで読み取り着用者に伝え、歩行バランスの改善を促す。
digital-catapult-centre-musical-keyboard
鍵盤に触れた部分が検知できる、インターネットに接続可能な音楽キーボード

ソーシャル・アントレプレナーシップ発祥の地「Impact Hub Islington」

impact-hub-islington-entrance

世界に80以上の拠点を数えるまでになった Impact Hub だが、その最初の産声をあげたのが、アンティークショップが数多く並ぶことで知られる、ロンドン Angel 駅近くの Impact Hub Islington だ。当時学生だった、Jonathan Robinson、Katy Marks、Etty Flanagan、Mark Hodge の4人が、写真の撮影スタジオだった場所をリノベーションしてコワーキング・スペースを作ったのは2004年のことだ。ちなみに、ロンドンには、ここ Islington のほかにも、以前にも紹介した Westminster など合計4カ所の Impact Hub が存在する。

impact-hub-islington-inside-broaderview

応対してくれた Head of Partnerships の Debbie So 女史によれば、Impact Hub の経営形態は拠点によって異なるが、Impact Hub Islington の場合は、コワーキングスペースのデスクスペース使用料やメンバーシップ料、イベントスペースの貸出などから得られる収入でまかなっているとのこと。Impact Hub Islington が自らスタートアップに投資することはないが、Yes for Europe(European Confederation of Young Entrepreneurs)Plastic Fantastic ChallengeEnviu などといった、ヨーロッパの社会起業を支援する組織と連携して、入居スタートアップを investment readiness(投資を受け入れることが可能な状態)にまで引き上げることに尽力している。

Impact Hub の場合、いわゆるインキュベーションなどとは違って、成果ベースではなく活動ベースによるもの。入居しているスタートアップの多くも、M&A や IPO など典型的なイグジットを狙っているわけではない。

しかし、(社会起業系の)ソーシャル・スタートアップにとっても資金調達の方法はあって、ソーシャル・インパクト・ボンド、グラント(政府補助金)、ドネーション(寄付金)といった形で受け入れることができる。ロンドンでは、エンジェル投資家のネットワークも非常に大きい。(Debbie So 女史)

リラクゼーション・ルームでは、週に一度、ヨガレッスンも行われているとのこと。
リラクゼーション・ルームでは、週に一度、ヨガレッスンも行われているとのこと。

社会起業を支援するスキームが多いこともイギリスの特徴の一つだ。ICRF(Investment and Contract Readiness Fund)といったファンドや、ソーシャルグッドな活動に募金を募ることができる Nesta に代表されるプラットフォーム。さらには、あるスタートアップにエンジェル投資家が投資するとき、イギリス政府の SEIS(Seed Enterprise Investment Scheme)というスキームが適用されることで、投資金額に応じた税金が免除され実質的な投資負担額が抑えられる。このスキームでは、仮に投資先のスタートアップが事業に失敗しても、エンジェル投資家の負う金銭的ダメージを最小化できるので、スタートアップ・エコシステムに必要とされる〝失敗に寛容なマインドセット〟を作り出し、エンジェル投資と社会起業家の資金調達の活性化に一役買っているようだ。

休眠口座に眠る資金の有効活用を狙ったイギリスの Big Society Capital にヒントを得て、日本でも同じような構想が動き始めているのよ、と So 女史は教えてくれた。イギリスのレベルに達するまでには、まだ少し時間を要することになるだろうが、日本の社会起業の環境にも、多彩な支援策や選択肢が生まれることを期待したい。

impact-hub-islington-building
Impact HUB Islington が入居するビル
----------[AD]----------

イギリスの新進気鋭スタートアップが結集する年次イベント「Innovate 2015」から

SHARE:

本稿は「イギリス・スタートアップ・シーン2015」の取材の一部。 先週、イギリス政府らが主催するスタートアップの年次カンファレンス・イベント「Innovate 2015」がロンドン市内で開催された。イギリス内外の起業家、投資家、政府関係者らが2日間にわたり一同に会し、スタートアップの業界別トレンド、オープン・イノベーションの可能性、投資動向などについて積極的な議論が交わされた。今年の入場者数はまだ…

uk-innovate-2015-title-board

本稿は「イギリス・スタートアップ・シーン2015」の取材の一部。

先週、イギリス政府らが主催するスタートアップの年次カンファレンス・イベント「Innovate 2015」がロンドン市内で開催された。イギリス内外の起業家、投資家、政府関係者らが2日間にわたり一同に会し、スタートアップの業界別トレンド、オープン・イノベーションの可能性、投資動向などについて積極的な議論が交わされた。今年の入場者数はまだ発表されていないが、ここ数年の Innovate は毎年3,000人を超える人々が来場しており、会場入口へと続く長蛇の列や会場内の混雑などから推測する限り、入場者数はまた記録を塗り替えることになるだろう。

uk-innovate-2015-street-queue
会場入口につながる長蛇の列(Lower Thames Street)

イギリスではビジネスの投資や誘致を促す貿易投資総省(UKTI=UK Trade and Investment)に加え、スタートアップをはじめとする起業を促す専門政府機関として、2009年からビジネス・イノベーション・技能省(BIS=Department for Business, Innovation and Skills)が設置されている。Innovate 2015 の冒頭では、BIS で長官を務める Sajid Javid 卿が基調講演し、イギリスのスタートアップ環境や起業文化の優位性を強調した。

uk-innovate-2015-secretary-sajid-javid-speaks
基調講演するビジネス・イノベーション・技能省長官の Sajid Javid 卿

イギリスのスタートアップ・シーンでは、同国の歴史的な産業構造なども影響し、フィンテック、IoT、リアルテック、データサイエンスなどを手がけるスタートアップが多いのが特徴的だ。なかでも、数多くの IoT がインターネットとの接続に 2G 回線を利用していたのは興味深かった。IoT にありがちな BLE でスマートフォン経由で接続するのと違い、デバイス単独でインターネットに接続できるので柔軟性がある。スマートフォンや PC などのトラフィックは 3G や 4G (LTE) にシフトしているので、2G は回線帯域が空いており、通信キャリアはこの〝使われていない資産〟をデータ量が少なくて済む IoT デベロッパ向けに安価で提供しているようだ。デベロッパにとっては、イギリス以外のヨーロッパ諸国に進出する際にも、仕様に大きな変更を加えずに展開できるメリットがあり、2G は回線速度が遅いためバッテリの消費も抑えられる。SigFox などが本格的に普及するまで、2G は IoT 分野で有効に活用されるだろう(ちなみに日本ではすべての 2G サービスが2012年に終了しているため、IoT 向けに回線を提供する SORACOM などは、3G / 4G 回線を利用している)。

会場内に展示ブースを構えていたスタートアップの中で、面白そうなスタートアップを5つほどをピックアップしてみた。

uk-innovate-2015-inside-the-venue-1

Sherlock

ヨーロッパでは毎年300万台の自転車が盗まれるという。チェーンや鍵をかけていても、それを壊されて盗まれることは少なくない。Sherlock は自転車に装着可能な GPS トラッキングシステムで、自転車が盗まれたときに、持ち主は自転車の現在地を特定することができる。直径2センチ、長さ4.5センチと非常に小型で、ハンドル部など自転車フレームの中に完全に隠れてしまい、デザインに影響しない点が売りだ。盗まれたときには、トラッキングした現在地情報を含む自転車のデータが警察に共有され、警察が自転車の奪還を支援してくれる。

sherlock_screenshot

Good Night Lamp

Good Night Lamp は、大きなランプと小さなランプがセットになっており、Wi-Fi 経由で互いのスイッチが連携するようになっている。こうすることで、たとえ家族が地球上の離れ々々の場所にいても、相手が起きているか寝ているかなどを、直感的に捉えることができるというものだ。相手が起きている時間であれば、Skype コールをして話をすることができる。Kickstarter 上でのクラウドファンディングは失敗に終わったものの、支援者が多くいたことに勇気付けられ、量販体制の整備に取組んでいるとのこと。

uk-innovate-2015-good-night-lamp

Space Cot

Space Cot は、ESA(欧州宇宙機関)も採用している技術を使った、簡単に持ち運びや収納ができる幼児用の小型ベッド。Oxford Space Structures が開発している。ESA のインキュベータから5万ユーロの出資を受け、F1エンジニアらがチームにジョインしたことにより、ESA が持つ、打ち上げ時に折りたたまれた人工衛星を宇宙で開く技術の提供を受けて、このプロダクトが実現した。ロンドンと蘇州にオフィスがあり、デザインはオランダ、生産は中国というグローバル体制。赤ちゃんのベッドを部屋の中に置いたままにできないような、家屋の狭い人口過密地域の市場に営業展開したいとしている。今年4月からは中国で販売しており、今後は日本の幼児用品店舗などと連携して、日本の消費者に販売していきたいとのことだ。

CapTag

CapTag は、RFID を埋め込んだラベルをワインやリキュールなどのボトルに貼ることで、商品のトラッキングができるようにするサービス。コンテナ単位、ロット単位ではなく、ボトル単位での管理が可能になる。バーコードのように一つずつスキャンする必要はなく、離れた位置からでも複数の RFID をまとめて読み取れるため、いろんな種類のボトルが混じり合っていても、その商品のフードトレース、トラッキング、在庫管理などが可能になる。

captag_screenshot

RepKnight

RepKnight はサイバーインテリジェンスを手がける会社で、Twitter をはじめソーシャルメディアなどから得られた情報をビッグデータ解析。今後起き得る危険を事前に察知し、それに基づいてユーザに警告を発することができるサービスを提供する。具体的なユースケースは、要人警護にあたってのリスク分析、どの時間にどの街角でデモが起きるか、といった予測情報だ。プロダクトの内容が内容だけに、ユーザはパブリックセクター(公的機関)が多く、具体的な名前は教えてもらえなかったが、警察や警備会社、インテリジェンスなどがクライアントということだった。インテリジェンスというのは、断定できないが、例えば、MI6 として知られる Secret Intelligence Service のような組織を指すのだろう。

Repknight_Occupy
図は、2011年Occupy(ウォール街を占拠せよ)のデモについて、RepKnight でソーシャルメディアのトレンドを捕捉したダッシュボード。

Innovate の会場では、筆者もアジアのスタートアップ・コミュニティをロンドンに紹介するパネル・ディスカッションに参加することができた。話を聞きに来てくれた起業家や出展者の話を聞いてみると、イギリスのスタートアップが海外展開を考えるときには、アメリカだけでなく、アジアやヨーロッパへの進出を選択肢に入れるケースが少なくないようだ。

イギリスのスタートアップにとってのアメリカ進出は、言語障壁が無いがゆえに、アメリカのスタートアップと完全に同じ土俵の上で互角に戦う必要があり、コストがかかる割には、イギリスのアドバンテージを十分に活用できないことが大きな理由だ。意外にも、カルチャーの面では比較的近い他のヨーロッパ諸国や日本、市場成長力が高い中国やアジアへの進出可能性を検討しているスタートアップが少なくなかった。

今回の Innovate 参加とあわせ、ロンドン市内と近郊のスタートアップ・ハブをいくつか訪問する機会を得たので、近日中に改めてお伝えしたい。

uk-innovate-2015-inside-the-venue-2

----------[AD]----------