THE BRIDGE

タグ Umitron

水産養殖技術のウミトロン、チチカカ湖でAI給餌機「UMITRON CELL」の設置を開始——サーモントラウト養殖の効率化で地域経済活性化を狙う

SHARE:

シンガポールと日本を拠点に、水産養殖技術を開発するウミトロンは30日、ペルーの養殖業者 Piscifactorias de los Andes(Piscis)が所有するチチカカ湖の養殖場で、AI 搭載のスマート給餌機「UMITRON CELL」の設置を開始したことを明らかにした。同社は昨年12月、米州開発銀行(IDB)グループの IDB Lab から総額200万米ドルを調達、チチカカ湖でのサーモン…

チチカカ湖に実装された「UMITRON CELL」
Image credit: Umitron

シンガポールと日本を拠点に、水産養殖技術を開発するウミトロンは30日、ペルーの養殖業者 Piscifactorias de los Andes(Piscis)が所有するチチカカ湖の養殖場で、AI 搭載のスマート給餌機「UMITRON CELL」の設置を開始したことを明らかにした。同社は昨年12月、米州開発銀行(IDB)グループの IDB Lab から総額200万米ドルを調達、チチカカ湖でのサーモントラウト養殖の効率化プロジェクトを受託していた。今回の UMITRON CELL 設置はその第一歩となる。

チチカカ湖は、ペルーでサーモントラウト生産地として発展してきた。UMITRON CELL 設置先の Piscis は今回のプロジェクトのパートナーであり、チチカカ湖に生産拠点を要するペルー最大のサーモントラウト養殖生産者の一つで、サーモントラウトの生産およびアジア・北米・欧州市場への輸出事業を展開。チチカカ湖で他の生産者への養殖技術の共有にも取り組んでおり、ウミトロンの技術をトラウトサーモン養殖に付加することで、地域全体の生産性向上と高付加価値化に繋がるとしている。

UMITRON CELL を使うと魚の食欲解析→給餌が自動化され、養殖経営においてコストの70%を占めるとされる給餌作業を自動化を実現する。日本国内では、愛媛県愛南町の水産養殖現場に導入、遠隔での餌やりなどの機能を提供してきた。これまで UMITRON のデバイスが実装されるのは、海洋の近海養殖施設が多かったが、湖という淡水環境での実装は今回が初めてとなる。

チチカカ湖に実装された「UMITRON CELL」
Image credit: Umitron

チチカカ湖での UMITRON CELL が意味するところを、ウミトロンの共同創業者でマネージングディレクターの山田雅彦氏に聞いた。

地理的に標高3800m、琵琶湖の13倍の湖に実装したというのが新しい点になります。チチカカ湖は淡水ですが広大な湖のため、リモートコントロールの需要が高い。酸素濃度が薄いので、魚の酸欠を防ぐためにきめ細やかな給餌の必要性と、湖という閉空間での無駄餌をなくすことでの環境負荷を減らす。

また、標高の関係から、生産者の溺死も発生する地域での現場作業を減らすことで、養殖労働環境の安全性の改善などを目指しています。こういった持続可能性の高い技術提供が評価されて IDBLab から問い合わせを頂いたのがプロジェクト始動の背景にあります。

チチカカ湖に設置された UMITRON CELL は、最大400kg の飼料を搭載できる。ソーラーパネルとバッテリーで自律的に発電・蓄電ができ、コンピュータ、カメラ、モーターを持続的に洋上で稼働させることが可能だ。インターネットと接続しているため、魚の状態はスマートフォンや PC などで遠隔環境で確認でき、必要に応じて養殖魚への給餌量も遠隔で調整できる。

ウミトロンは昨年、産業革新機構、D4V、藤代真一氏、松岡剛志氏、未来創生ファンドなどから総額12.2億円を調達している。

----------[AD]----------

水産養殖技術を開発するウミトロン、魚群食欲解析アルゴリズム「UMITRON FAI」を開発し既存顧客への実装を開始

SHARE:

シンガポールと日本を拠点に、水産養殖技術を開発するウミトロンは14日、機械学習により、魚群の餌食い状況から食欲を解析するアルゴリズム「UMITRON FAI(Fish Appetite Index)」を開発し、既存顧客への実装を開始したことを明らかにした。海上自律型のスマート給餌機「UMITRON CELL」と連携することで、食欲解析→給餌の自動化が可能になる。養殖経営においてコストの70%を占め…

「UMITRON FAI」
Image credit: Umitron

シンガポールと日本を拠点に、水産養殖技術を開発するウミトロンは14日、機械学習により、魚群の餌食い状況から食欲を解析するアルゴリズム「UMITRON FAI(Fish Appetite Index)」を開発し、既存顧客への実装を開始したことを明らかにした。海上自律型のスマート給餌機「UMITRON CELL」と連携することで、食欲解析→給餌の自動化が可能になる。養殖経営においてコストの70%を占めるとされる給餌作業を自動化を実現する。

「UMITRON FAI」
Image credit: Umitron

ウミトロンはこれまでに、生け簀に設置することで魚の遊泳行動を記録・監視・解析できる IoT デバイス「UmiGarden」を開発。モバイル環境が不安定な海上環境を考慮してエッジコンピューティングの機能も搭載し、魚群データ解析により給餌コストの最適化を目指してきた。

今年初頭には UMITRON CELL を愛媛県愛南町の水産養殖現場に導入、遠隔での餌やりなどの機能を提供してきた。今回の UMITRON FAI の開発完了により、ハードウェア・ソフトウェア両面での養殖自動化の素地が整ったことになる。

モバイルを使った遠隔でのモニタリングと給餌。
Image credit: Umitron

ウミトロンでは8月20〜22日、ノルウェー・トロンハイムで開催される水産養殖技術展示会「Aqua Nor」に参加の予定(ブース出展は無し)。また、8月21〜23日、東京ビッグサイトで開催される「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」に出展の予定だ。ウミトロン では、UMITRON FAI と給餌船などの大型システムとの連携に向けて、システム連携パートナーを募集している。

via PR TIMES

----------[AD]----------

ウミトロン、未来創生ファンドから3億円を調達——IoTと衛星データを活用、水産養殖保険のためのデータサービスを開始

SHARE:

シンガポールと日本を拠点に、水産養殖技術を開発するウミトロンは11日、スパークス・グループが運営する未来創生ファンドから3億円を調達したと発表した。これは同社が6月に発表した調達ラウンドの追加となるもので、このラウンドにおける同社の調達金額は総額12.2億円となる。 ウミトロンでは、生け簀に設置することで魚の遊泳行動をリアルタイムでモニタリングできる IoT デバイス「UmiGarden」を使った…

umitron-1
UmiGarden
Image credit: Umitron

シンガポールと日本を拠点に、水産養殖技術を開発するウミトロンは11日、スパークス・グループが運営する未来創生ファンドから3億円を調達したと発表した。これは同社が6月に発表した調達ラウンドの追加となるもので、このラウンドにおける同社の調達金額は総額12.2億円となる。

ウミトロンでは、生け簀に設置することで魚の遊泳行動をリアルタイムでモニタリングできる IoT デバイス「UmiGarden」を使った水産養殖向けの効率のよい事業運営支援に加え、8月からは赤潮等の環境リスクの極小化を目的に、IoT を活用した水産養殖保険のためのデータサービスの実証を開始している。同社では、今回の資金調達を受けて、水産養殖保険サービスを共同で進めるパートナー(生産者、保険会社等)を、日本内外で積極的に募集していくとしている。

ウミトロンは先ごろ、大分県と進める「平成30年度おおいた IoT プロジェクト推進事業」で、ぶり養殖における動産(養殖魚の在庫価値)の準リアルタイム評価・把握に向けた取り組みを発表しており、大分県内の養殖生産者と連携し、AI・IoT技術を活用して洋上の各生簀での動産評価を自動化することで、経営へ役立てるための実証実験を開始している。

via PR TIMES

----------[AD]----------

水産養殖技術を開発するウミトロン、産業革新機構やD4Vらから9.2億円を調達——日本や東南アジアで養殖業の生産性・事業継続性向上に注力

SHARE:

シンガポールと日本を拠点に、水産養殖技術を開発するウミトロンは22日、産業革新機構、D4V、藤代真一氏、松岡剛志氏から9.2億円を調達したと発表した(複数ラウンドにまたがる総額と推定される 単一ラウンドにおける調達金額とのこと)。調達した資金を使って、同社は既存サービスの事業基盤と研究開発を強化するとしている。 ウミトロンは、水産養殖を可能な限りコンピュータ化することによって、効率のよい事業運営を…

UmiGarden
Image credit: Umitron

シンガポールと日本を拠点に、水産養殖技術を開発するウミトロンは22日、産業革新機構、D4V、藤代真一氏、松岡剛志氏から9.2億円を調達したと発表した(複数ラウンドにまたがる総額と推定される 単一ラウンドにおける調達金額とのこと)。調達した資金を使って、同社は既存サービスの事業基盤と研究開発を強化するとしている。

ウミトロンは、水産養殖を可能な限りコンピュータ化することによって、効率のよい事業運営を支援する技術を開発している。上の写真にもある UmiGarden という IoT デバイス(白い筐体)は、生け簀に設置することで魚の遊泳行動をリアルタイムでストリーミングすることができる。

UmiGarden には、設置場所のモバイル環境が不安定であることも考慮してエッジコンピューティングの機能も搭載しており、魚群データ解析により給餌コストの最適化を実現する。水産養殖においては、事業運営に占めるコストの70%が給餌に関するものとされており、給餌コストを最適化することで利益改善につながる可能性が高い。

UmiGarden
Image credit: Umitron

ウミトロンでは真鯛のほか、これから養殖が盛んになると言われるマグロやスズキなど、大量のエサが必要となる魚種の水産養殖にフォーカスし、魚が空腹時に限り給餌するしくみを開発。オーバーフィーディングの削減により、給餌コストの圧縮だけでなく、エサ資源のムダや水質悪化の防止にも貢献したいとしている。

ウミトロンが水産国家である日本だけでなく、シンガポールにも拠点を置いているのは、水産養殖において東南アジアの市場ポテンシャルが高く、世界的な水産養殖メジャー各社のアジア太平洋地域本部が概ねシンガポールにあるからなのだそうだ。事実、ウミトロンはシンガポール農産物・家畜庁(AVA)から支援を受けているほか、インドネシア海洋水産省(MMAF)などからも案件依頼を受けているという。

中国やインドに代表される人口大国が豊かになっていく中で、GDP の伸びとあわせて水産物の消費量が増加しているとのデータがある。事実、水産業界の世界市場規模は、人口増加率の2倍のスピードで伸びつつあり、将来性が高いと評価できるだろう。ウミトロンでは今後、水産養殖メジャーを通じてのパートナーセールスのほか、大型生産者にはダイレクトセールスで、開発したソリューションの販売と実装を展開していくとしている。

ウミトロンのチームメンバー
Image credit: Umitron

<参考文献>

----------[AD]----------