BRIDGE

タグ 国連

国連、6月の創立75周年式典にTencent(騰訊)のビデオ会議ツールを採用へ

SHARE:

国連は、6月26日に国連創立75周年を記念して、テンセントと提携し、同社のビデオ会議やリモートワークのプラットフォームを使って、デジタルな「グローバル対話」を行う。 重要視すべき理由:中国のテック大手が国内外で B2B エンタープライズコラボレーション市場のシェアを獲得する努力を強化している中で、今回の提携は Tencent のエンタープライズソフトウェア分野での世界展開の野望を後押しする可能性が…

f7df7483617db52c123e40a7cff7458c

国連は、6月26日に国連創立75周年を記念して、テンセントと提携し、同社のビデオ会議やリモートワークのプラットフォームを使って、デジタルな「グローバル対話」を行う。

重要視すべき理由:中国のテック大手が国内外で B2B エンタープライズコラボレーション市場のシェアを獲得する努力を強化している中で、今回の提携は Tencent のエンタープライズソフトウェア分野での世界展開の野望を後押しする可能性がある。

  • Alibaba(阿里巴巴)と Tencent が提供するコラボレーションツールや生産性向上ツールは、中国国内で広く利用されている。Bytedance(字節跳動)、Pinduoduo(拼多多)、Ant Financial(螞蟻金融)Baidu(百度)などが新規参入している。
  • 世界的に在宅勤務が一般化しつつあり、何百万人ものユーザが新たに集まることが予想される。

Tencent のテクノロジーとグローバルなアウトリーチは、若い世代と繋がる上でとても重要だ。世界最大のテクノロジー企業の一つとして、国連が75周年を記念して Tencent と提携関係を締結するのは意義深いものになるだろう。(国連事務総長の75周年担当特別顧問を務める Fabrizio Hochshild 氏)

詳細情報:国連のウェブサイトによれば、75周年記念式典には世界中から人が招かれ、25年後の世界の姿をどうしたいか、気候変動や新型コロナウイルス流行のような危機にどう取り組めるかについて議論される予定。

  • Tencent は3月31日、同社運営の「Tencent Voov Meeting(騰訊会議)」、「WeChat Work(企業微信)」、AI 同時通訳ツールの「Tencent Artificial Intelligence Simultaneous Interpretation」を連携したプラットフォームを同式典のために構築したと発表した
  • この提携により、国連が数百万人もの人々にリーチするのに役立つだろう。
  • Tencent のプラットフォームのみが採用されるわけではない。国連は、各国のチームやステイクホルダーに応じて、代替のデジタルプラットフォームを利用可とすることが想定される。
  • このほか、対話に参加するには、ハッシュタグ「#UN75」を使ったソーシャルメディアでの投稿、オンラインとオフラインの非公式チャット、正式なフォーカスグループなどががある。
  • 国連はまた、世界の重要な課題を解決する方法について、人々に意見を求めるオンライン調査を開始した。この調査は、Tencent のソーシャルネットワーク、ゲーム、メディア、動画、広告プラットフォームを通じて拡散・宣伝される。
  • グローバルな対話の結果は、9月に開催される国連の第75回総会で世界のリーダーたちに向けて発表される予定。

グローバルな連携は、人類の幸福と私たちの未来に不可欠な役割を果たすだけでなく、現在の新型コロナウイルスの世界的な流行と戦うための鍵となるだろう。(Tencent 社長 Martin Lau=劉熾平氏)

背景:国連は毎年6月26日に設立記念日を迎え、本部での式典やその他イベントを各地で実施してきた。70周年の際には、世界のランドマークが国連カラーであるブルーにライトアップされた。

  • Tencent の Voov は3月末、国際市場への参入が発表されたばかりだ。これにより Alibaba や Bytedance だけでなく Zoom、マイクロソフト、Google などのアメリカのプレーヤーと対峙することとなる。
  • 中国国内では、中小企業に広く浸透している Alibaba の「DingTalk(釘釘)」が最大の競合となるだろう。しかし、DingTalk は新型コロナウイルスの流行に関連して、中国のユーザから批判に晒されている
  • 1年前には、TikTok を運営する Bytedance(字節跳動)が海外で生産性向上ツールを発表し市場に参入、3月初めには EC 大手の Pinduoduo(拼多多)が独自のアプリを発表した。Baidu(百度)は2020年に独自のエンタープライズコラボレーションツールをリリースすると噂されている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

国連開発計画、500 Startupsと提携し社会企業を育てるアクセラレータ「ImpactAim Indonesia」をローンチ

SHARE:

インドネシアの国連開発計画(UNDP)は、シリコンバレー拠点のシード向けベンチャーキャピタルファンドおよびアクセラレータ500 Startups と提携し、ImpactAim Indonesia をローンチすると発表した。急成長する東南アジアの経済中心地、インドネシアで社会的企業とスタートアップの発展促進を目指す。 今後、ImpactAim Indonesia は全国規模で選考を行い、8〜10社の…

香港で開催された RISE 2019 に参加した ImpactAim Indonesia の運営メンバー
Image credit: ImpactAim Indonesia

インドネシアの国連開発計画(UNDP)は、シリコンバレー拠点のシード向けベンチャーキャピタルファンドおよびアクセラレータ500 Startups と提携し、ImpactAim Indonesia をローンチすると発表した。急成長する東南アジアの経済中心地、インドネシアで社会的企業とスタートアップの発展促進を目指す。

今後、ImpactAim Indonesia は全国規模で選考を行い、8〜10社のスタートアップが選ばれる。なお、「シードラウンド以降で資金調達を行った企業」、「顧客へサービスを提供している企業」、「国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)に向けて尽力する企業」などが応募資格となる。

まず、ImpactAim Indonesia はインパクト評価、ビジネスの調整、およびインパクトの促進支援に関するガイダンスの提供に焦点を当てる。その後、スタートアップを世界中から来る将来のインパクト投資家に紹介する流れとなる。

同プログラムはジャカルタで10週にわたり行われる。参加するスタートアップからは、プログラムにかかる参加料や株式を徴収しない。

500 Startups のマネージングパートナーである Khailee Ng 氏は、以下のように語っている。

テクノロジーを手掛けるユニコーン企業とベンチャー投資家が、互いに SDGs に取り組む世界を想像してみてください。実はもうすでに実現しつつあるのです。インドネシアの UNDP とともに、この取り組みを促進できることを弊社は誇りに思います。

カナダ・アジア太平洋基金が行った調査「2018 Survey of Entrepreneurs and MSMEs in Indonesia」によると、インドネシア国内に存在するビジネスの99%は零細や中小企業で構成されている。零細・中小企業は同国の経済にとって主要な推進力であり、GDP の60%を占めている。

インドネシアの UNDP 代表者である Christophe Bahuet 氏は、この新たな取り組みは、SDGs のイノベーションを支持する UNDP の役割の1つとなると強調した。

このパートナーシップをきっかけにインドネシア、とりわけ同国で最も不利な地域における多くの小規模企業に向けて、扉が開くことを願っています。

ImpactAIM は2017年、アルメニアで初めてローンチされた。同様の取り組みは、アジアおよび東ヨーロッパの複数の国で進められている。なお、UNDP は発展・成熟した企業向けに、SDG インパクト重視のアクセラレータにも取り組んでいる。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

WebSummit 2018がリスボンで開幕、国連事務総長も演説——〝50/50 Moment〟、環境問題、女性参画などをテーマにオープニングを迎える

SHARE:

本稿は、WebSummit 2018 の取材の一部である。 今年もポルトガル・リスボンで WebSummit が開幕した。159カ国からのべ7万人あまりが参加する。女性起業家の数も史上最高の人数を記録したようで、開幕の辞が述べられる前夜イベントにも多数の女性スピーカーが登壇した。場所柄ヨーロッパ勢の参加が多いのは毎年のことだが、今年はドイツから600名近い起業家が参加しているとのことで、これはベル…

WebSummit 2018
Image credit: Masaru Ikeda

本稿は、WebSummit 2018 の取材の一部である。

今年もポルトガル・リスボンで WebSummit が開幕した。159カ国からのべ7万人あまりが参加する。女性起業家の数も史上最高の人数を記録したようで、開幕の辞が述べられる前夜イベントにも多数の女性スピーカーが登壇した。場所柄ヨーロッパ勢の参加が多いのは毎年のことだが、今年はドイツから600名近い起業家が参加しているとのことで、これはベルリンを中心とした、ドイツのスタートアップエコシステムの盛り上がりを反映しているのかもしれない。

<関連記事>

Tim Berners-Lee 氏
Image credit: WebSummit

開幕セッションで最初に登壇したのは Web 発明の父である Tim Berners-Lee 氏。彼は自身が2009年に立ち上げた The Web Foundation が取り組む 50/50 Moment というテーマについて語った。50/50 Moment とは、2019年に世界人口の半分がインターネットにつながる中、まだつながっていない人たちも今後つながればいいというわけではなく、フェイクニュース、データプライバシーなどインターネットの負の側面も問題視される中で、どうつながればいいかを考えるべきという活動だ。

Lisa Jackson 氏
Image credit: WebSummit

Apple の環境担当 VP である Lisa Jackson 氏は、同社がクリーンエネルギーのサプライチェーンの構築を推し進めていることや、最近、中国で3億米ドルのクリーンエネルギーファンドを立ち上げたことなどを紹介した。また、(主にアメリカ国内と思われるが)古くなった Apple 商品を Apple Store に持ち込むか、オンラインストアに送ると、新しい Apple プロダクトの材料に使われる Giveback プログラムも立ち上げたとのこと。

Darren Aronofsky 氏
Image credit: WebSummit

映画「ブラックスワン」の監督で知られる Darren Aronofsky 氏は、VR でストーリーを伝えるというテーマで登壇。彼は今年発表した VR シリーズ「Spheres」で数億ドルを資金調達したことを明らかにしているが、VR が通常の映画を置き換えていくこと、あるいは、通常の映画を部分的にバーチャル表現が置き換えたりしていくことの可能性について語った。

António Guterres 氏
Image credit: WebSummit

国連事務総長の António Guterres 氏は、ポルトガル出身ということもあって、ニューヨークから WebSummit に駆けつけた。ポピュリズムやトライバリズムが台頭する中で、新しい世代のセーフティネットが必要であり、それが国際間の紛争を防ぐことになると強調。政府同士が規制を設けても、この変化が激しい社会においてもあまり意味をなさず、むしろ、各国政府、アカデミア、企業、市民らが一箇所に集まり、サイバースペース、デジタル技術、人工知能などを社会をよくするためにどう使えばいいか、議論することが世界の融和に繋がると語った。

WebSummit 2018 は、現地時間で5日から8日まで開催されている。

Image credit: WebSummit
----------[AD]----------

国連WFPがシリア難民の子どもに食事を届けることのできるアプリ「ShareTheMeal」をローンチ

SHARE:

国連の食料支援機関、国連WFPがシリア難民の子どもに食事を届けることのできるiOS・Android用アプリ「ShareTheMeal」を12日にローンチした。ドネーションを通じて、子どもたちに食事を提供することができる。0.50ドル(60円)のドネーションで、1人の子どもに1日分相当の食事を提供することができ、希望に応じて1週間分、1ヶ月分、3ヶ月分と選択することも可能だ。 アプリには、これまでに…

スクリーンショット 2015-11-12 18.02.02

国連の食料支援機関、国連WFPがシリア難民の子どもに食事を届けることのできるiOS・Android用アプリ「ShareTheMeal」を12日にローンチした。ドネーションを通じて、子どもたちに食事を提供することができる。0.50ドル(60円)のドネーションで、1人の子どもに1日分相当の食事を提供することができ、希望に応じて1週間分、1ヶ月分、3ヶ月分と選択することも可能だ。

アプリには、これまでにシェアされた食事の数や目標についての説明も掲載されている。11月12日現在アプリに表示されている、これでにシェアされた食事の数は192万。今年6月にスタートしたドイツ、オーストリア、スイスにおけるテストローンチの期間では、12万のユーザーが170万食以上を提供したという。

アプリ上には、次のような目標が掲げられている。

目下の目標はヨルダン北部の難民キャンプで生活するシリア人の子どもたち約20,000人に1年間、給食を提供することです。この活動を通じて、難民の子どもたちが空腹に悩まされず、少しでも安心して学業に専念できる環境をつくってあげたいと考えています。

また、これまでの活動の成果として、2015年の夏から秋にかけてレソトの学校給食を支援し、給食180万食を子どもたちに届けることができたと述べられている。

筆者もアプリを使ってみたが、とてもシンプルなUIが印象的だ。決済方法はクレジットカードとPayPalの利用が可能で、スムーズに決済を進めることができた。

ShareTheMealのチーム
ShareTheMealのチーム

ShareTheMealのチームはベルリンを拠点にしている。過去のDie Weltの報道によれば、10名のメンバーは全員国連機関の職員またはボランティアであるという。ShareTheMealは、国連のイノベーションプロジェクトの一環であり、活動資金は立ち上げメンバーとベルリンのビジネスエンジェルで賄われているそうだ。また、ドイツの大手メディアAxel Springerが運営するインキュベータープログラム Plug and Playからも資金が提供されている。

----------[AD]----------

女性の地位向上を目的とする国連組織「UN Women」がUberとのパートナーシップをはねのける

SHARE:

<ピックアップ>UN women’s organization spurns Uber’s employment initiative 3月10日に、Uberが国連とのパートナーシップを機にジェンダー問題の改革に取り組むというニュースが報道されていました。女性がUberを利用する際に安心できないという苦情が慢性的に出ていることに対して、イメージを払拭するためのアクションでしたが、ことは…

uber

<ピックアップ>UN women’s organization spurns Uber’s employment initiative

3月10日に、Uberが国連とのパートナーシップを機にジェンダー問題の改革に取り組むというニュースが報道されていました。女性がUberを利用する際に安心できないという苦情が慢性的に出ていることに対して、イメージを払拭するためのアクションでしたが、ことはそう簡単には運ばないようです。

Uberから提案されたパートナーシップを、ジェンダー平等の達成を目指し活動する国連の中で一番若い機関「UN Women」がはねのけました。UN WomenのエグゼクティブディレクターであるPhumzile Mlambo-Ngcuka氏がコメントしている様子が、YouTubeに公開されています。

UN Womenからははねのけられてしまったものの、Uberは2020年までに女性を100万人雇用するという目標は変わらず掲げ続けるそうです。

via The Next Web

----------[AD]----------

Uberが国連とのパートナーシップを機にジェンダー問題の改革へ、100万人の女性スタッフ雇用を約束

SHARE:

女性への対応については、Uberは数々の罪を抱えている。シリコンバレーの悪名高い低水準に照らし合わせたとしても、だ。 同社創設者のTravis Kalanick氏が、自身の成功によって女性に会うことが多くなったとGQ誌にコメントしている。「そう、私たちはこの状況を(Uberでなく)Boob-erと呼んでいます。」女性がUberを利用する際に安心できないという慢性的な苦情が出ている。インドではUbe…

Image Credit: Uber
Image Credit: Uber

女性への対応については、Uberは数々の罪を抱えている。シリコンバレーの悪名高い低水準に照らし合わせたとしても、だ。

同社創設者のTravis Kalanick氏が、自身の成功によって女性に会うことが多くなったとGQ誌にコメントしている。「そう、私たちはこの状況を(Uberでなく)Boob-erと呼んでいます。」女性がUberを利用する際に安心できないという慢性的な苦情が出ている。インドではUberの運転手によってレイプされた女性がいる。同様に、ボストンではUberの運転手に対してレイプ容疑がかけられている。そしてまた、女性ジャーナリストへの報復としてあら探しをすると警告したUber幹部もいた。

つまりは、そういうことだ。

こういったイメージを払拭しようと、Uberは国連とのパートナーシップを本日発表し、2020年までに女性を100万人雇用するという目標を掲げた(編集部注:原文掲載3月10日)。20年前に北京で国連参加各国によって調印された男女平等宣言についてUberは言及し、新しいキャンペーンの一環として、同宣言と同じ目標を掲げると伝えた。

「北京宣言から20年目の本日、女性に対する経済機会促進という目標に向かって国連女性機関と世界的なパートナーシップに乗り出したことをThe Uber Communityの皆様にご報告いたします」と同社は述べている。

Uberは続けて、「私たちが生活し、働いているローカルコミュニティで長期プログラムに投資する」つもりであると伝えている。

同社は今のところそのプログラムに関する詳細を明らかにしていない。しかし、ケニヤのナイロビでUber運転手として働く女性について感動的なビデオを投稿している。ビデオの中で彼女は、Uberは自分の人生を変えたと言う。

もし仮にUberがシリコンバレーの中でジェンダーエンパワーメント企業として名を馳せることができたら、その時はこれまで同社のジェンダー問題に対してネガティブイメージを持ったたくさんの人を驚かせることになるだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------