タグ UPSIDER

法人向けカード事業のUPSIDER、シリーズCでデット含め150億円を調達——DST Global、WiLなどから

SHARE:

法人カードを提供する UPSIDER がシリーズ C ラウンドで資金調達した。調達金額は、エクイティで約54億円、デットで約100億円となる見込み。今回の調達は約7ヶ月前のシリーズ B ラウンド(B1 および B2)に続くもので、累積調達額は約200億円となる。今回のシリーズ C ラウンドは DST Global と WiL(World Innovation Lab)が共同リードし、Arena H…

創業者で代表取締役の宮城徹氏
Image credit: Upsider

法人カードを提供する UPSIDER がシリーズ C ラウンドで資金調達した。調達金額は、エクイティで約54億円、デットで約100億円となる見込み。今回の調達は約7ヶ月前のシリーズ B ラウンド(B1 および B2)に続くもので、累積調達額は約200億円となる。今回のシリーズ C ラウンドは DST Global と WiL(World Innovation Lab)が共同リードし、Arena Holdings、Tyboune Capital Management、三菱 UFJ キャピタル、セゾン・ベンチャーズ、ANRI、グローバル・ブレインが参加した。

このうち、WiL、ANRI、グローバル・ブレインは、過去のラウンドに続くフォローオンでの参加だ。また、同社の調達には海外ファンドが多く参加しているのが目立つ。DST Global は Facebook、Spotify、Alibaba、Slack へ、Arena Holdings は SmartHR や CADDi へ、Tybourne Capital Management は Paidy や CADDi へ投資実績があることで知られる。前回ラウンドでは、Brex、Robinhood、Stripe といったフィンテックスタートアップへの投資で知られる Greenoaks が参加していた。

UPSIDER は、スタートアップなどこれまで十分に法人カードを利用してこなかった企業に対して、企業のステージや規模に関わらず高い利用限度額を提供。また、カード決済後、即日で管理画面から利用明細を確認できるほか、会計 SaaS などとの連携により、会計処理や支払管理などの財務や業務の課題を包括的に解決できるサービスを提供する。先週には、クレジットカードでは通常支払えない取引先に対し、クレジットカードの与信枠を使って支払ができる新サービス「支払い.com」をクレディセゾン(東証:8253)と立ち上げた。

Image credit: Upsider

創業者で代表取締役の宮城徹氏は、前回調達からの約7月を振り返り、顧客数・取扱高共にが3ヶ月で2倍程度のペースで成長を続けていると語った。以前は、法人カードを使って経費支払を効率化したいユーザは、半ばアーリーアダプター的にスタートアップからの利用が多かったそうだが、機能のアップデートを続けたことで、エンタープライズユーザの利用が増え、取引やユーザ単位の単価も大きくなってきているという。顧客満足度の高さと成長カーブの再現性が強みとなり、海外投資家からの調達につながった。

UPSIDER が追加してきた機能は、会社で経費を取り扱う経理部門の視点から見て、痒いところに手が届くものだ。法人カードは会社の役員や社員に持ってもらい、経費で製品やサービスを購入する際に使ってもらうわけだが、人によって用途が異なるため、それにあわせて決済金額の上限、支払先などに制限をかけ、意図しない経費支払が発生するリスクを下げられるようになっている。また、Web で確認できる支払明細画面では、何を買ったのかのメモの記入、購入時の領収書や明細書の画像データを添付できる機能を備えている。

経費精算の分野は、にわかにレッドオーシャン化しつつある。Visa プリペイドカードを使った経費精算ソリューションを提供するクラウドキャストは、モバイルコンテンツ等大手エムティーアイ(東証:9438)傘下で IPO を目指している。法人カード「paild」を展開する Handii は先月 GMO あおぞらネット銀行と提携し、ネオバンク的な戦略を明らかにした。「経済活動のデジタル化」を標榜する Layer X は法人支出管理に参入、「バクラク」に経費精算機能の追加と法人カードの発行を始めると明らかにした。経費精算などの TOKIUM は先月、35億円の資金調達を発表した

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


UPSIDER:上場を目指すスタートアップ向け法人カードを発行【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。 1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、…

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

UPSIDER

Image credit: Upsider

<事業内容>

UPSIDER は、Web サービスやシステムを手掛けるテクノロジー事業者を中心とした成長企業向けに「法人カード」を提供している。

<推薦者>  池田翔さん(グローバル・ブレイン)

<推薦者コメント>

UPSIDER は国内だけでも300兆円を超える企業間決済をなめらかにする革新的なサービスを提供しています。

決済手段である法人カード単体としてみても非常に優れていますが、UPSIDER は利用企業の財務・会計の様々な業務課題を解決するSaaSとしても素晴らしいプロダクトとなっています。

結果として驚くべきスピードで成長を遂げており、5年後には企業間決済のスタンダードになっていくのだろうと確信しています。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


法人向けカード事業のUPSIDER、シリーズBラウンド全体で38億円を調達

SHARE:

法人カードを提供する UPSIDER がシリーズ B のエクステンションラウンドを実施したことを明らかにした。今年3月に明らかになったシリーズ B1 ラウンドと合わせると、シリーズ B ラウンド全体での調達金額は約38億円、累積調達金額は約43億円となる。なお、シリーズ B ラウンドがこれでクローズしたかどうかは明らかになっていない。 今回のシリーズ B のエクステンションラウンドは WiL(Wo…

Image credit: Upsider

法人カードを提供する UPSIDER がシリーズ B のエクステンションラウンドを実施したことを明らかにした。今年3月に明らかになったシリーズ B1 ラウンドと合わせると、シリーズ B ラウンド全体での調達金額は約38億円、累積調達金額は約43億円となる。なお、シリーズ B ラウンドがこれでクローズしたかどうかは明らかになっていない。

今回のシリーズ B のエクステンションラウンドは WiL(World Innovation Lab)がリードインベスターを務め、Greenoaks Capital が参加。また、シリーズ A ラウンドと シリーズ B1 ラウンドに参加していたグローバル・ブレインは、フォローオンで参加した。

UPSIDER は、スタートアップなどこれまで十分に法人カードを利用してこなかった企業に対して、企業のステージや規模に関わらず高い利用限度額を提供。また、カード決済後、即日で管理画面から利用明細を確認できるほか、会計 SaaS などとの連携により、会計処理や支払管理などの財務や業務の課題を包括的に解決できるサービスを提供する。

UPSIDER は昨年9月以降の決済額が15倍強に達し、シリーズ B1 ラウンド発表以降も月次30%以上の高い成長率と、解約率0.5%以下の高い利用率を維持している。この水準は世界的に見ても高く、海外投資家である Greenoaks が参画する理由となったという。Greenoaks は、Brex、Robinhood、Stripe といったフィンテックスタートアップに出資していることで知られる。

<関連記事>

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


法人向けカード事業のUPSIDER、シリーズBラウンドで10億円を調達

SHARE:

日経や Forbes Japan の報道によると、法人カードを提供する UPSIDER がシリーズ B ラウンドで10億円を調達した模様だ。このラウンドに参加したのは、​DNX Ventures​、​ANRI​、グローバル・ブレイン。同社にとっては、2020年6月(発表は9月)に実施したシリーズ A ラウンドに続くものだ。今回出資の3社はフォローオンでの参加となる。累積調達金額は約15億円。 UP…

Image credit: Upsider

日経Forbes Japan の報道によると、法人カードを提供する UPSIDER がシリーズ B ラウンドで10億円を調達した模様だ。このラウンドに参加したのは、​DNX Ventures​、​ANRI​、グローバル・ブレイン。同社にとっては、2020年6月(発表は9月)に実施したシリーズ A ラウンドに続くものだ。今回出資の3社はフォローオンでの参加となる。累積調達金額は約15億円。

UPSIDER はスタートアップなど、これまで十分に法人カードを利用してこなかった企業に対して、企業のステージや規模に関わらず最大1億円の高い利用限度額を提供。また、カード決済後、即日で管理画面から利用明細を確認できるほか、会計 SaaS などとの連携により、会計処理や支払管理などの財務や業務の課題を包括的に解決できるサービスを提供する。

UPSIDER は昨年9月以降、決済額は月間成長率50%で推移、月間の決済数は数万件以上、利用継続率99%を達成。現在、スタートアップ数百社に利用されている。今回の追加調達により、さらなるサービス進化、採用、ユーザ拡大を行う。また、法人間決済の仕組みそのものをアップデートするため、研究開発や新サービスの拡充を行うとしている。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録