THE BRIDGE

タグ Urban Sitter

会員制で24時間以内のベビーシッターニーズに応えてくれる「Urban Sitter」

SHARE:

<ピックアップ> Urban Sitter CEO Lynn Perkins on raising $23M to grow ‘OpenTable for childcare’ 2010年に創業したベビーシッターのマーケットプレイスが、「Urban Sitter」だ。現在、北米の60都市でサービス展開し、計15万人のケアギバー(世話人)が登録している。 地元の学校や両同士の…

<ピックアップ> Urban Sitter CEO Lynn Perkins on raising $23M to grow ‘OpenTable for childcare’

2010年に創業したベビーシッターのマーケットプレイスが、「Urban Sitter」だ。現在、北米の60都市でサービス展開し、計15万人のケアギバー(世話人)が登録している。

地元の学校や両同士のコミュニティの中で高く評価されるベビーシッターを見つけることができる。ベビーシッターの動画や両親からのレビューなどを参照することも可能だ。

類似サービスとUrban Sitterが異なるのは、その利用ケースの4分の1が即時利用(24時間以内)であること。たいがいの家庭がベビーシッター候補は数人常備しているが、予定が合わないこともある。この当日のベビーシッター確保は、これまで両親が頭を抱えてきたことのひとつだ。

Urban Sitterのベビーシッターは、3分以内に反応してくれる。いつでもベビーシッターが見つかるという利便性のために、ユーザは会費を支払う。年間なら99.95ドル、月額課金なら19.95ドル(2016年7月には14.95ドルだったので値上がりした)。

単発利用も可能で、その場合は1ヶ月34.95ドルだ。この他に、ベビーシッターに支払う時給11〜16ドルが発生する。どれだけ頼むかに限らず会費が発生してしまうが、直前にベビーシッターが見つかるという利便性を魅力に感じる両親は多いようだ。

----------[AD]----------