タグ アメリカ

イスラエル発AI書き起こしスタートアップのVerbit、シリーズDで1億5,700万米ドル調達しユニコーンに

SHARE:

Verbit は8日、1億5,700万米ドルのシリーズ D ラウンドの完了を発表した。CEO の Tom Livne 氏は、今回の資金調達により、ポストマネーの時価総額が10億米ドル以上になったことを指摘し、この資金は、Verbit が IPO に向けて準備を進める上で、地理的な拡大をサポートするものであると述べている。 音声・音声認識技術の市場は、銀行、医療、自動車などの業界における新たなアプリ…

Image credit: Verbit

Verbit は8日、1億5,700万米ドルのシリーズ D ラウンドの完了を発表した。CEO の Tom Livne 氏は、今回の資金調達により、ポストマネーの時価総額が10億米ドル以上になったことを指摘し、この資金は、Verbit が IPO に向けて準備を進める上で、地理的な拡大をサポートするものであると述べている。

音声・音声認識技術の市場は、銀行、医療、自動車などの業界における新たなアプリケーションが牽引し、2025年には318億2,000万米ドルの規模になると予想されている。実際、アメリカでは5人に1人が日常的にスマートスピーカーを利用していると言われており、最近では Google 検索で音声による検索を行う割合が30%を超えたと言われている。

2017年に Eric Shellef 氏、Kobi Ben Tzvi 氏とともに Verbit.ai を共同設立した Livne 氏は、ニューヨークを拠点とするこのスタートアップが、音声書き起こし分野の盛り上がりに大きく貢献すると断言している。

Livne 氏は、プレスリリースの中で次のように述べている。

書き起こし市場は、イノベーションの機が熟している。それが私が Verbit を設立した最初の理由だ。パンデミックに伴うリモートワークへの移行とデジタル化の加速が大きなきっかけとなり、Verbit はすでに急速な発展を遂げている。

今回の新たな資金調達は、当社が上場企業に近づくための新たなマイルストーンであり、戦略的な買収や投資を通じた当社の拡大をさらに後押しするものだ。

AI を活用したテクノロジー

Nuance、Cisco、Otter、Voicera、Microsoft、Amazon、Google などの老舗企業が、Microsoft 365 などの企業向けプラットフォームを含めて、何年も前から対抗製品を提供している中で、Verbit のアダプティブ音声書き起こしキャプションサービスは目新しいものではない。しかし、Verbit のアダプティブ音声認識技術は、99.9%以上の精度で書き起こしができるという。

Verbit の顧客は、まず音声や動画のファイルをダッシュボードにアップロードし、AI による処理を行う。その後、120カ国以上にいる33,000人以上のフリーランサーが、顧客から提供されたメモやガイドラインを考慮しながら、素材の編集とレビューを行う。完成した Verbit の書き起こしは、Blackboard、Vimeo、YouTube、Canvas、BrightCode などにエクスポートできる。Web フロントエンドにはジョブの進捗状況が表示され、ユーザはファイルの編集や共有、各ファイルへのアクセス権限の設定、インラインコメントの追加、レビューの依頼、利用レポートの閲覧などが可能だ。

顧客は最低1万米ドルのコミットメントをしなければならないが、この価格設定は明らかに配当をもたらしている。Livne 氏によると、パンデミック関連の逆風にもかかわらず、年間の経常収益は2020年から6倍に成長し、現在は1億米ドル近くになっているという。

急成長

Image credit: Verbit

Verbit の商品群は、ハーバード大学、NCAA(全米大学スポーツ協会)、ロンドンビジネススクール、スタンフォード大学など、400を超える教育機関や商業顧客(2019年1月時点では70だった)の健全な顧客基盤を獲得している。最近、キャプションプロバイダーである VITAC を買収した Verbitは、法律、メディア、教育、政府、企業などの分野で1,500社以上の顧客をサポートしており、プロフェッショナル書き起こし・キャプション市場において「No.1プレーヤー」であると主張している。顧客には、CNBC、CNN、Fox などがある。

Verbit は今後、新たに200人のビジネスおよび製品担当者を追加し、保険、金融、メディア、医療などの分野を開拓していく予定だ。そのために、最近、メディア企業向けに、わずか数秒の遅延で済む「Human in the Loop(訳注:人間参加型。人工知能などによって自動化・自律化が進んだ機械やシステムにおいて、一部の判断や制御にあえて人間を介在させること。)」の書き起こしサービスを開始した。また、非営利団体である Speech to Text Institute と合意し、法廷報告や法律関連の書き起こし技術への投資を開始した。

Verbit のシリーズ C ラウンドは Sapphire Ventures がリードし、Stripes、Vertex Ventures、HV Capital、Oryzn Capital、CalTech といった既存の投資家に加えて、Third Point、More Capital、Lion Investment Partners、ICON fund が参加していた。2020年11月に6,000万米ドルを調達したシリーズ C ラウンドに続き、今回の調達で設立4年目の同社の調達資金総額は2億5,000万米ドルを超えた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

米フードデリバリ大手DoorDash、日本でサービスを開始——まずは仙台から

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 アメリカのフードデリバリプラットフォーム大手 DoorDash は、日本での正式なサービス開始を発表した。これは、アジアでの初の市場拡大であり、オーストラリア、カナダに続く3番目の海…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


アメリカのフードデリバリプラットフォーム大手 DoorDash は、日本での正式なサービス開始を発表した。これは、アジアでの初の市場拡大であり、オーストラリア、カナダに続く3番目の海外進出となる。

Image credit: DoorDash

まずは仙台でサービスを開始し、ユーザは地元のレストランに加え、KFC やピザハットなどの国際的なチェーン店からも注文できるようになる。また、DoorDash は、仙台市内の加盟店に対し、テイクアウトやデリバリの注文をレストランに直接行うことができるオンライン注文システム「Storefront」を提供している。

日本でのサービス開始に伴い、Storefront の手数料は年末まで無料となり、加盟店の負担は決済手数料のみとなる。DoorDash は、このサービスを加盟店のウェブサイトと統合することで、既存の顧客層へのアプローチを強化することができると述べている。

当社の戦略は常に、地域経済の活性化、特に歴史的にサービスが行き届いておらず、加盟店と顧客のつながりを求める声が高い郊外の市場の活性化にある。(DoorDash CEO 兼共同創業者 Tony Xu 氏)

Statista のデータによると、日本のオンラインフードデリバリ市場は、今年の売上高が34億米ドルに達し、2022年には7.1%の成長が見込まれている。日本では、DoorDash は、仙台をはじめ、東京、札幌、広島などですでに展開している海外企業の Wolt と対決することになる。

2013年に設立された DoorDash は、ローカルコマースのためのラストワンマイルの物流インフラを提供している。同社によると、現在、同社が運営するすべての市場の4,000以上の都市で展開しているという。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

LA発使い捨てカメラ風写真SNS「Dispo」、セレブ多数からシリーズA調達——日本社員1号で、日テレの元ディレクターが参画

SHARE:

ロサンゼルスに本拠を置く Dispo は9日、シリーズ A ラウンドで資金を調達したことを明らかにした。Crunchbase によれば、このラウンドに参加したのは、Sofia Vergara 氏、Raven B. Varona 氏、アスリートの Kevin Durant 氏、Cara Delevingne 氏、著名写真家の Annie Leibovitz 氏らセレブリティ多数。調達金額は明らかにな…

Dispo のチーム。中央のセクション最後列中央が CEO の Daniel Liss 氏。左セクション中央が日本採用第一号となる米永圭佑氏
Image credit: Jaimar Viray

ロサンゼルスに本拠を置く Dispo は9日、シリーズ A ラウンドで資金を調達したことを明らかにした。Crunchbase によれば、このラウンドに参加したのは、Sofia Vergara 氏、Raven B. Varona 氏、アスリートの Kevin Durant 氏、Cara Delevingne 氏、著名写真家の Annie Leibovitz 氏らセレブリティ多数。調達金額は明らかになっていない。

Dispo は今年2月に Spark Capital のリードでシリーズ A ラウンド(2,000万米ドル)を調達していたが、共同創業者である David Dobrik 氏が率いる YouTubeチーム「VlogSquad」の元メンバーによる性的暴行疑惑が明るみになり、Spark Capital は Dispo との関係を断つと発表し、Dobrik 氏は Dispo の役員を辞任していた。

なお、Dispo は5月1日付けで、日本市場における代表(コミュニティマネージャー)に米永圭佑氏が就任したことも明らかにした。Dispo 初の海外拠点における現地採用第一号となる。米永氏は Dispo に参画する前、日本テレビで「クラッシュパーク」「有吉ゼミ」「有吉の壁」など有名人気番組のディレクターを務めていた人物だ。

Dispo
Image credit: Dispo

Dispo は今年2月の再ローンチ以降、2月と3月にはアメリカのアプリストア「写真/ビデオカテゴリ」でトップ10入り、4月には日本・ドイツ・ブラジルでオーガニック流入だけでトップ10入りを果たした。これまでに、全世界でダウンロード件数が500万件超、アプリ内写真撮影が1億枚を突破している。

Dispo CEO の Daniel Liss 氏は、これまでに複数回来日経験があり、焼酎マイスターの資格を持つなど日本への造詣が深い。BRIDGE の取材に対し、Liss 氏はユーザが増え続ける日本市場の期待に応えるべく、「日本市場に賭けたい」とその意気込みを語った。今回の調達発表および日本市場進出を機に、これまで招待制だった Dispo は、アプリをダウンロードするだけで誰でも利用可能になる。

<参考文献>

営業トークをAI音声解析するCRM「Gong.io」、シリーズEで2.5億米ドルを調達——時価総額は72.5億米ドルに

SHARE:

エンタープライズ向けセールスイネーブルメントプラットフォーム「Gong.io」運営は3日、シリーズ E ラウンドで2億5,000万米ドルを調達し、同社の時価総額は前回の時価総額(22億ドル)の3倍以上となる72億5,000万米ドルに達した。CEO 兼共同創業者 Amit Bendov 氏によると、今回の資金調達により Gong の累積調達額は5億8,400万米ドルとなり、調達した資金は製品開発、雇…

Image credit: Gong

エンタープライズ向けセールスイネーブルメントプラットフォーム「Gong.io」運営は3日、シリーズ E ラウンドで2億5,000万米ドルを調達し、同社の時価総額は前回の時価総額(22億ドル)の3倍以上となる72億5,000万米ドルに達した。CEO 兼共同創業者 Amit Bendov 氏によると、今回の資金調達により Gong の累積調達額は5億8,400万米ドルとなり、調達した資金は製品開発、雇用、顧客獲得などに充てられるとのことだ。

企業間取引(B2B)の営業担当者の46%が、リードの量と質を最重要課題として挙げている。そのため、ガートナーは、2025年までに B2B の営業組織の60%が、経験や直感に基づく販売からデータドリブンの販売へと移行し、販売プロセス、販売アプリケーション、販売データ、販売分析を単一の業務慣行に統合すると予測している。最適でないリードや遅れたリードは、壊滅的な影響を及ぼす可能性があることを考えると、賭けは大きい。Harvard Business Review 誌の調査によると、担当者が対応するまでの時間が5分を超えると、リードの質が10倍に低下し、10分以内に対応した場合と5分以内に対応した場合では、400%の低下が見られる。

Gong のソリューションは、販売データのパターンを明らかにして、売上の増加、解約の減少、市場シェアの拡大につながる洞察を得ることを目的としている。このソリューションは、電話、ビデオ、電子メール、対面での顧客とのやりとりを記録し、これを顧客関係管理データと統合して、潜在的に関連性のある会話の話題や競争相手の情報をメッセージングする。Gong を使えば、担当者やマネージャーは、データ分析のパイプラインを監査し、部門ごとにダッシュボードをカスタマイズして、他のチームの生産性を支える予測の信頼性を高めることができる。

Image credit: Gong

Gong は、営業担当者がどのような質問をしているか、どのように価格について話しているか、「話を聞く」割合など、営業担当者が個々にどのようなパフォーマンスをしているかを明らかにする。また、会話の中のすべての単語を収集し、インデックス化することで、会話の内容を見つけやすくしている。ユーザーは、プラットフォームが自動的に適切なデータ権限を設定することで、特定のキーワードが取引で出てきたときにアラートをプログラムすることができる。

Gong は、すべてのオフィススイートやビデオ通話システム、ほとんどのクラウドテレフォニーシステムとすぐに統合できるほか、拡張可能なAPIを備えているため、オンプレミスやレガシーのあらゆるシステムと併用することができる。このプロセスは、G Suite または Outlook 365 のカレンダーを連携し、営業担当者のカレンダーに予定されている営業会議、電話、デモをスキャンすることから始まる。ボットは、予定されている各通話にバーチャルミーティングの参加者として参加し、セッションの音声と映像を録音し、暗号化して Amazon Web Services のサーバにアップロードする。各通話は自動的に音声からテキストに変換され(85%~90%の精度)、通話が終了すると、機械学習を用いて個人レベルおよび全体レベルの分析が行われる。

Bendov 氏は、VentureBeat にメールで次のように述べた。

Gong では、音声認識、自然言語理解、予測、成功分析など、20種類以上のモデルを使用している。データは、電子メールや電話など5億件の顧客とのやり取りの中で学習されている。Gong の最も一般的な使用例は、オンボーディング、コーチング、取引の実行、戦略的イニシアチブの測定などだ。当社のお客様は非常に革新的で、Gong の新しい使い方を頻繁に発見しており、それが私たちを日々刺激し、モチベーションを高めてくれている。

継続的な成長

VB Summit 2018 に登壇した Gong CMO の Udi Ledergor 氏
Image credit: VentureBeat

パンデミックの影響で、Gongのテクノロジーに対する需要は高まっている。世界中の組織でリモートワークやハイブリッドワークが増え続ける中、Gong のプラットフォームは、分散したチーム間でも、意見ではなくデータに基づいて収益チームが共同で意思決定を行うのに役立つ。

パンデミックは終わりつつあるが、リモートワークはこれからも続く。多くの企業がハイブリッドワークモデルを導入し、多くの人々がサンフランシスコやニューヨークなどの大規模なビジネス拠点を離れて、より手頃な価格の地域に移っている。(Bendov 氏)

Bendov 氏によると、Gong は84,000人以上の有料ユーザを抱え、2020年8月の1,300人から2,000人以上の顧客を獲得している。年間の経常収益は2020年第1四半期から2021年第1四半期の間に2.3倍に増加し、同社のグローバルな従業員は550人以上に増加した。

今回の資金調達により、当社のレベニュー・インテリジェンス・プラットフォームへの需要が高まる中、Gong は製品開発とイノベーションを加速することができる。(Bendov 氏)

カリフォルニア州パロアルトを拠点とする Gong の最新の資金調達は、Franklin Templeton がリードインベスターを務め、既存の投資家である Coatue、Salesforce Ventures、Sequoia、Thrive Capital、Tiger Global が参加した。前回ラウンド以降、Gong は、イスラエルを拠点とする営業チーム向けデータ分析専門スタートアップ Vayo を買収し、リモートワーク向けの営業コーチングソリューションや、Microsoft 365 Dynamics、Zoom、Slack との連携を開始した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

マイクロソフト、ナデラCEOが披露したスピード重視の開発ツールの数々〜Microsoft Build 2021から

SHARE:

マイクロソフトが今週開催したカンファレンス「Build」では、同社 CEO Satya Nadella 氏は「スピード」に焦点を当てた。彼は、「開発者がより早くアイデアをソフトウェアに変化させることが出来るツールやサービスを増やし、開発者の速度に貢献する」と表明した。 毎年恒例のこのイベントは、従来の開発者だけでなく、表計算ソフトやその他の「ローコード」ツールを使用する新しい開発者にも楽しんでいた…

マイクロソフトが今週開催したカンファレンス「Build」では、同社 CEO Satya Nadella 氏は「スピード」に焦点を当てた。彼は、「開発者がより早くアイデアをソフトウェアに変化させることが出来るツールやサービスを増やし、開発者の速度に貢献する」と表明した。

毎年恒例のこのイベントは、従来の開発者だけでなく、表計算ソフトやその他の「ローコード」ツールを使用する新しい開発者にも楽しんでいただける内容となっている。今週発表された主な内容は、ローコードプログラミング言語「Microsoft Power FX」と AI 技術の連携、「Cosmos DB」の機能強化などだ。

データをダッシュボードに

Microsoft Power Platform は、技術者ではないユーザが自らデータを作成、自動化、分析することを可能にし、開発者がアプリケーションやプロセスを構築してくれるのを待つ必要がない。Power BI は、複雑なデータをレポートやインタラクティブなダッシュボードに変換するローコードやノーコードのツールの集合体だ。アナリストは、Power Apps を使用してデータ・アプリケーションやプロセスを構築することができる。

Power FX に AI を連携することで、PowerApps で開発する際に、自然言語入力や「Programming by example」の技術を利用しやすくなる。Power FX が Microsoft Excel 上に構築された数式ベースのツールであることは、人々が従来のプログラミング言語を学ぶことなく、カスタムコードを書くことができることを意味している。

Power FX は「誰もが使えるローコードのプログラミング言語」であると、マイクロソフト社のプログラムマネージャー Greg Lindhorst 氏は述べている。

このアプローチには多くの利点があるが、世の中のコーディング量には限界がある。手の込んだインタラクティブなスプレッドシートを作成できる Excel 愛好家は、より精巧なダッシュボードを起動できる、さらに複雑な関数を書けることに大喜びするだろう。しかし、カジュアルなスプレッドシートのユーザは、複雑な構文を理解するのに苦労したり、初心者を夢中にさせるような問題に遭遇したりして、まだまだ学習の余地があると感じるだろう。

結局のところ、ローコードであってノーコードではないのだ。

ビデオチャット機能だけじゃない「Microsoft Teams」

Power Apps は、Microsoft Teams(Office 365)、ビジネスアプリ(Dynamics 365)、開発者クラウド(Azure)など、Microsoft のすべてのクラウド製品にネイティブに連携されている。アプリスタジオが組み込まれた Teams は、メールやビデオチャットをするだけの場所ではない。Microsoft Build では、このリモートコラボレーションツールを、アプリを配信するための完全にカスタマイズ可能なプラットフォームとして位置づけようとしている。

この連携により、組織内のカスタムコードの量が増加する可能性がある。一般的なユーザにとってはあまり意味のない機能だが、チームメイトがチャットだけでなくコードを作成できるようになることは素晴らしいことだ。パワーユーザーは、自分のコードを Teams で共有し、他のユーザがそれを拡張することができるようになる。

いくつかの巧妙なハックによって、何百万時間もの作業を削減することができる。

Cosmos DB の強化

Cosmos DB は、Azure におけるマイクロソフトの主要なツールの1つであり、開発者がデータを保存するための最もシンプルで柔軟な方法の1つであり続けている。マイクロソフトは、Cosmos DB のコスト抑制とサーバーレスのオプションを強調した。

最大のオプションは、カスタマイズされたキャッシュかもしれない。これまで Azure ユーザは、Redis のバージョンを挿入することで、同様のトラフィックのバーストに対応していた。新しいキャッシュは、Cosmos DB に最適化されている。

キャッシュの価格は、そのコンピュートパワーと RAM のサイズ(キャッシュするデータ量を決める最も重要なパラメータ)に基づいて、通常のインスタンスとして計算される。キャッシュがヒットした場合、Cosmos DB にはコストが発生しない。これは、無限にあるかのように見えるデータベースのクエリと、キャッシュマシンの毎月の固定コストを効果的に交換するものだ。

キャッシングは、集中した大きなアクティビティによる高負荷時に役立つ。また、Cosmos DB チームは、断続的なアプリケーションやテスト中のアプリケーションにサーバーレスロードを導入する機会を重視している。サーバーレス版は、Microsoft Build で一般公開された。

Cosmos DB のユーザは、Power BI プラットフォームで作業するパワースプレッドシートユーザーよりも、より本格的な課題を持つ開発者が多い傾向にある。今回の新機能は、開発者が Cosmos DB へのデータ保存をより簡単かつ迅速に開始できるようにするとともに、コストの抑制(あるいは削減)にも貢献することを目的としている。

すべての人にソフトウェア開発を

基調演説するマイクロソフト CEO Satya Nadella 氏
Image credit: Microsoft

Nadella 氏は、ソフトウェア開発を世界の隅々まで押し広げることを目標としている。そのためには、ローコードツールが理想的な環境であると指摘する。

彼は基調演説で次のように語った。

自動車業界では、昨年1年間で機械系エンジニアよりもソフトウェア系エンジニアの方が多く採用されました。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ダイエットアプリ「Noom」、IPOを前にシリーズFで5.4億米ドルを調達——時価総額は37億米ドルに

SHARE:

<ピックアップ> Weight-Loss App Noom Gets $540 Million in Silver Lake-Led Round ヘルスケアアプリ「Noom コーチ」を提供する Noom は今週、シリーズ F ラウンドで5億4,000万米ドルを調達したと発表した。このラウンドは Silver Lake がリードし、Oak HC/FT、Temasek、Novo Holdings、Se…

Noom 創業者の Saeju Jeong 氏と Artem Petakov 氏
Photographer: Bob Scott

<ピックアップ> Weight-Loss App Noom Gets $540 Million in Silver Lake-Led Round

ヘルスケアアプリ「Noom コーチ」を提供する Noom は今週、シリーズ F ラウンドで5億4,000万米ドルを調達したと発表した。このラウンドは Silver Lake がリードし、Oak HC/FT、Temasek、Novo Holdings、Sequoia Capital、RRE、Samsung Ventures などが参加した。今回の調達を受けて、Noom の累積調達額は6億5,730万米ドルに達した。Noom は昨年、シリーズ E ラウンドで5,800万米ドルを調達した時点でユニコーンクラブ入りしており、今回ラウンドで時価総額は37億米ドルに達した。

Noom は食事や運動などの日常習慣を変化させることにより、健康的な生活を送れるようにすることを狙ったプラットフォーム。その結果として減量が可能であることから、「ダイエットアプリ」として親しまれている。特にアメリカでは、新型コロナウイルスの感染拡大によるロックダウンの影響などから、アメリカ人の61%が体重が増加したと回答し、実際に成人平均で約7キロ(15ポンド)体重が増加した。このことからダイエットアプリに対する需要が急増、Noom は2020年、前年比2倍の4億米ドルの収益を計上した。

Seju Jeong 氏によって設立された Noom は今回の調達を受け、今回ラウンドの投資家である Silver Lake のマネージングディレクター Adam Karol 氏と、TaskRabbit 元 CEO の Stacy Brown-Philpot 氏の2名を役員として迎え入れたことを発表した。Noom アプリはこれまでに100ヵ国で4,500万回ダウンロードされている。Bloomberg によれば、同社は今年末や来年頭に IPO を計画しており、その際の時価総額は100億米ドルに上ると見られる。

<これまでの軌跡>

via Bloomberg

「ニューノーマルへの準備はOK」——Airbnb、100を超える新機能追加へ

SHARE:

  ニュースサマリー:Airbnbは24日、コロナ後の新時代に向けた旅のあり方にそったAirbnbの新しいサービス機能とアップグレードを公開した。新しい予約システムやチェックアウトプロセスなど、全部で100個を超える新サービスを公開している。 話題のポイント:2020年12月の Airbnb 上場後、最初の大型なリリースです。新しいURLに集約して公開されていることからも伝わるように、A…

 

ニュースサマリー:Airbnbは24日、コロナ後の新時代に向けた旅のあり方にそったAirbnbの新しいサービス機能とアップグレードを公開した。新しい予約システムやチェックアウトプロセスなど、全部で100個を超える新サービスを公開している。

話題のポイント:2020年12月の Airbnb 上場後、最初の大型なリリースです。新しいURLに集約して公開されていることからも伝わるように、Airbnbにとってターニングポイントとして認識しているリリースだと思います。

生まれ変わったAirbnbには「Flexible」という単語が多く使われています。その中でも特に取り上げているのは「Flexible Dates」「Flexible Matching」「Flexible Destinations」の3大機能。

  • Flexible Dates:今までのAirbnbや一般的なホテル予約OTAでは、宿泊日を1日単位で指定しないといけませんでした。Airbnbの新機能では、旅に出る月のみ指定し、あとはウィークエンドのバケーションステイなのか、週・月単位の宿泊なのかだけ指定すれば仮予約できるようになっています。
  • Flexible Matching:検索フィルター機能の改善です。ユーザーの設定したフィルターのコンテキストを適切に読み取り、条件外でも表示させるような設計を取ります。
  • Flexible Destinations:体験から見つける旅先の機能です。ステイするホストで体験できる雰囲気とストーリーから旅先を選択することが出来ます。Airbnbのリリース内では、日本の旅館なども一例として挙げられていました。

これらは主にゲスト視点でのアップデートでしたが、もちろんホスト視点でも大きなアップデートが公開されています。例えば新しく導入されたディープラーニングによる機能は、ホストごとに最適な施設のアピールポイントやタイトルなどを提案し、ホストの負担とコンバージョン率向上に寄与してくれます。また、施設の写真を最適な形でクライアントに表示させるモデルにもなっており、オペレーション面での自動化が向上したと言えるでしょう。

その他のゲストとホストに向けた主なアップデートは以下のようにまとめられています。

ゲスト

  • チェックアウトプロセスの簡略化:新規予約の際に必要だった諸コストを減らし予約までのシームレスさが向上
  • アライバルガイド:チェックインの前から必要な情報を得られる仕組みの設計(WiFiやドアのコードなど)
  • レビュー:ネガティブなレビューからポジティブなレビューまで、多角的に可能な仕組みの導入
  • 分かりやすいキャンセルポリシー:ゲスト・ホスト双方に透明性のある新しい設計

ホスト

  • Todayタブの刷新:予約管理システムの刷新。予約リクエストやスケジュール、ホストツールへのリンクなどがUI・UXよく集約されている。
  • Welcomeページの刷新:新しくホストになるユーザーへ向けて、近隣ホストの宿泊料金や稼働率などから潜在的な収益を見積もることが出来るオンボーディング性の向上
  • Inboxの刷新:ゲストからよく聞かれる質問などへ、ワンタップで、かつパーソナルし返信できる仕組みの導入や、チェックアウトプロセスなどのリマインドを自動配信する仕組みの導入
  • Superhostへのサポート体制強化:Superhostが快適にAirbnbからサポートを受けられるようなホストサポートの仕組み改善

もちろん上記は一部で、細かな新機能などは airbnb.com/2021 に100件以上まとめられているので是非チェックしてみてください。

次回の記事では、Airbnb創業者であるBrian Cheskyがこのリリースにこめた想いと今後のトラベル市場について見ていきます。ちなみに一言表現すれば、以下の通りです。かっこいいですね!

 

Google、オープンソースキット「Flutter」のバージョン2.2を公開——SquareやTikTokなども採用へ

SHARE:

Googleはオープンソースの開発キットFlutterのバージョン2.2を公開した。開発者向けカンファレンスI/Oで今回のアップグレードは公開され、アプリ内購入やアダプティブ公告による収益化を支援するための他のGoogleプロダクトの有効活用フローなどを新規公開した。 Googleは2017年のGoogle I/OにてFlutterを発表し、翌年から実用化が進んだ。Flutterの最大の特徴は同じ…

Google は、Flutter の各種プラットフォーム対応を推進。
Image credit: Google

Googleはオープンソースの開発キットFlutterのバージョン2.2を公開した。開発者向けカンファレンスI/Oで今回のアップグレードは公開され、アプリ内購入やアダプティブ公告による収益化を支援するための他のGoogleプロダクトの有効活用フローなどを新規公開した。

Googleは2017年のGoogle I/OにてFlutterを発表し、翌年から実用化が進んだ。Flutterの最大の特徴は同じコードベースでクロスプラットフォームのソフトウェアを開発可能とする点。AndroidやiOSを始め、デスクトップ、Linux、Windows、MacOS、IoTなどの組み込みデバイスにも対応している。

今回の新機能発表は、今年3月に正式リリースしたFlutter 2.0をベースに捉えたもの。前回のアップデートでは、ウェブベースに正式に対応しWindowsやMacOS、Linuxの開発はStableリリースチャンネルへと開発が進んでいる状況だった。今回は、サービスワーカーによるウェブアプリケーションのバックグラウンドキャッシングや、アンドロイドアプリ用のDeferredコンポーネントなど幾つかのパフォーマンス向上が行われた。また、Flutter2.2ではWindows 10のUniversal Windows PLatform(UWP)をα版にてサポートしている点。これは、折り畳み式デバイスへの対応とみられ、MicrosoftによるFlutterのサポーティング体制は整っているように思える。

Flutter 2.2

FlutterはOSSなものの、Googleが中心となって開発を進めていることに変わりはない。そのため、Flutter2.2では、Googleエコシステムとのタッチポイントによる機能強化が多く垣間見れた。例えばGoogle Payチームと共同で決済プラグインを導入、アプリ内における支払いフローを簡潔化させた。もちろんGoogle PayはAndroid向けなものの、iOSにはApple Payとして対応させている。既にサードパーティー製でプラグインは存在していたが、今回の発表にてオフィシャルGoogle Payプラグインがオープンソースからのコミット協力を得て誕生したことになる。

また、Flutter向けにβ版が用意あれているGoogle Mobile AdsのSDKが、各デバイスに合わせて自動的に最適化されるアダプティブバナーをサポートした。同SDKはnull safetyにも対応している。

加えてFlutterの言語Dartはバージョン2.13となり、Github ActionsやDocker Imageが正式にサポートされた。Googleプロダクトの中では、既にGoogle Play、Google Analytics、Google Ads、Google Shopping、Google Nest Hub、StadiaなどがFlutter製。加えてFlutterをベースにプロダクト開発を進めるエンタープレイズも増えており、SquareやTiktok(ByteDance)、TencentやSonosが採用を決めている。

Google によれば現段階でFlutterを用いたアプリケーションはストア上にリスティングされているだけでも20万個存在し、今年初めの15万個から増加していることを公開している。また、過去1か月における新規アプリの8つに1つはFlutterをベースに実装されているという。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

〝ネクストSoFi〟——ブロックチェーン活用の住宅担保ローン「Figure」が2億米ドルを調達

SHARE:

<ピックアップ> Cagney’s Figure Values at 3.2 billion in latest funding round ニュースサマリー:Figureは20日、シリーズDラウンドで2億ドルの資金調達を実施したと発表した。このラウンドは10T HoldingsとMorgan Creek Digital がリードし、DST GlobalやDigital Currenc…

<ピックアップ> Cagney’s Figure Values at 3.2 billion in latest funding round

ニュースサマリー:Figureは20日、シリーズDラウンドで2億ドルの資金調達を実施したと発表した。このラウンドは10T HoldingsとMorgan Creek Digital がリードし、DST GlobalやDigital Currency Groupも同ラウンドに参加している。

同社はオンラインで不動産担保ローンを提供するスタートアップ。住宅ローンのレンディング事業を運営し、さらに金融機関向けにアセットマネジメントサービスを提供するなどFintech領域で包括的な事業展開を進めている。

話題のポイント:Figureはソーシャルレンディング「SoFi」創業者であるMike Cagney氏が新たに始めたスタートアップ。SoFiが成功を収めた要因としてよく指摘されるのが、初期マーケットの選定方法。

比較的高学歴な大学生へのファイナンス市場を一気に収めることで、将来的に経済力が豊かになるファイナンスの入り口を抑えたという仕組みづくりがありました。

SoFiは現在ローン以外にもクレジットカード決済事業、投資事業やVCビジネスアイデアへの投資(ローン)事業も運営しており同社が初期に抑えたマーケット層のファイナンスの中心にいることが分かります。

<関連記事>

Figureは住宅ローンという観点では、SoFiとバッティングしている点もありますが、あえてFigureでは学生などの「入り口」層にターゲティングしていません。どちらかと言えば、中間所得者の中高齢者を対象としている印象を受け、不動産を担保にローンの貸し出しを完全オンラインで提供しています。

また、大きな特徴にはProvenanceのブロックチェーンを用いてローンの取引実行や支払いなどの諸処理を実行しているという点が挙げられます。これにより、手数料の削減と透明性の確保を持つことでユースケース事例を増やそうという戦略でしょう。

同社の住宅担保型ローンは最大で25万ドルをAPR最小で3%から、最短5日で審査から入金までを実行する素早さを持っているとのこと。オンライン完結型でこのスピード感は中々今まで無かったプロダクトと言えるでしょう。クライアント・住宅のクレジット・価値評価には独自のAutomated Valuation Model (AVM)が採用されており、これによりリアルタイム性が向上しているようです。

SoFiは既に大学生のファイナンス中心部にそびえたっていますが、Figureも新しい層のそうしたファイナンスの中心プラットフォームとなる可能性は高いと思います。

via Bloomberg

米Big Time Studios、NFT活用のアクションRPG開発で2,100万米ドル調達(3/3)

SHARE:

(前編からの続き) 仕組み プレイヤーはボスを倒した時などに、価値の高いアイテムを獲得することが出来る。同社は現在のところ独自暗号通貨トークンは発行したいとしている。背景としては、他社が同社技術を利用する際に競合しないためだとしている。また、Pay to Win (勝つために必要なNFT)は導入予定が無いという。 「多くのマルチプレイヤーゲームでは、コスメティックスアイテムやスキンが経済を動かす要…

前編からの続き

仕組み

SF 旅行ゲームを開発する Big Time Studios
Image Credit: Big Time Studios

プレイヤーはボスを倒した時などに、価値の高いアイテムを獲得することが出来る。同社は現在のところ独自暗号通貨トークンは発行したいとしている。背景としては、他社が同社技術を利用する際に競合しないためだとしている。また、Pay to Win (勝つために必要なNFT)は導入予定が無いという。

「多くのマルチプレイヤーゲームでは、コスメティックスアイテムやスキンが経済を動かす要因となっています。希少性があるアイテムを交換できるようになれば、アイテム獲得への需要を増やすことが可能です。だからこそ、私達のゲームには課金要素のないゲームに取り組んでいるのです。アイテムは単なる装備品であり、資本によって左右されるものでないのです。」

同社技術はイーサリアム上に構築されており、スマートコントラクトとセキュリティーの強さが特徴。アイテム購入や制作時の記録はすべて独自のデータベースに保存され、自動的にブロックチェーンにNFTをミンティングする仕組みは取らないという。これは、イーサリアムのガス代やコンピューティングコストを考慮してのことだ。

ユーザーはイーサリアムに多くの資金を持っているが、NFTの最大の売りはゲーム外に持ち出して利用したり売却したりすることが出来ることだ。NFTは分割することで、購入価格を安く設定することも出来る。プレイヤー自体は、ゲーム内でNFTを利用すれば手数料が発生することはない。プレイヤーはオフチェーンカストディアンシステムにアイテムを保有することが出来、これは同社が特許を取得している技術である。NFTと通常のアイテムが共存できるプライベートデータベースともいえるだろう。

「この仕組みにより、ユーザーはホストされたウォレットを利用することが出来るようになります。この体験自体はごく普通のRPGと変わりません。ユーザーは自分のタイミングで資産をオフチェーンからオンチェーンに移動させることが出来ます。」

VaultはMicrosoftのPlayfabのような一般的インターフェースでバックエンドに接続する。同氏は「簡単に統合できる仕組みで、バックエンドに依存しないよう構築しています」と述べている。また、アイテムをプラットフォーム外で販売・送金する場合はガス代を含むミンティングを通す必要がある。

「ゲーム開発者であれば、誰でもバックエンドと統合することが出来ます。ガス代自体も先払いでなく、アイテムをミンティングする際のみに発生するので最適な方法です。資産の保管と保有自体は我々が行っています。Decentralandで発生した課題として、数千ドルもの資金を投じたアイテムの秘密が気を紛失したケースがありましたが、これはそうした事例に対するソリューションです。」

Big Time Studiosはアイテムのセキュリティー管理については信頼を置いて欲しいと述べる。イーサリアムのエナジーコストに反対する意見もあるだろうが、相殺するためのカーボンクレジット機能を導入するなども考えているという。イーサリアムは将来的にPoWからPoSへの移行を表明している。

まだまだこれから

Big Time Studios の現在の従業員は25人。
Image Credit: Big Time Studios

Meilich氏は、Decentralandのように同プラットフォームをDAO化する可能性は少なくとも初期の時点には無いとの考えを明らかにしている。それは、多くのガバナンスが必要なことが想定されるからだ。

長期的には、需要が顕在化することでプレイヤーが資産を引き出し、他のブロックチェーンへ移動させる仕組みを考えていることを明かしている。しかし、「現時点で需要があるとは言えない」との考えもあ表明し、将来的な実装構想のようだ。

同社は初期ターゲットに北米とヨーロッパ地域を選出。「私たちは様々なプラットフォームや販売チャンネルとパートナーシップを最大限に生かすことが出来るアプローチを模索しています。」と述べている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】