BRIDGE

タグ VCNC

韓国の配車サービス「Tada(타다)」、タクシー業界からの苦情を受けて現地検察が起訴——ソウル中央裁は聴聞会を開く事態に

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ソウル中央裁判所が2日、韓国の配車サービス「Tada(타다)」に対し、韓国の交通法に違反しているという申し立てについて、聴聞会を開く予定であると、Bloomberg が聯合ニュースの…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


ソウル中央裁判所が2日、韓国の配車サービス「Tada(타다)」に対し、韓国の交通法に違反しているという申し立てについて、聴聞会を開く予定であると、Bloomberg が聯合ニュースの記事を引用する形で報じた

Image credit: Tada

Tada はアプリを使ったサービスで、主に大容量のバンで人々に移動手段を提供する。昨年 Tada を買収したカーシェアリングアプリ「Socar(쏘카)」の子会社 VCNC が運営している。

2019年10月、検察は VCNC の最高経営責任者であるパク・ジェウク(박재욱)氏と Socar CEO のイ・ジェウン(이재웅)氏を、バンによる配車サービスが韓国の旅客輸送サービス法に違反しているという疑いで起訴した。法律は、11〜15席のレンタルバンを除き、企業がレンタカーで有料の乗車サービスを運営することを禁止している。ただし、パク氏とイ氏は起訴も逮捕もされていない。

今回の起訴は、Tada のサービスが韓国のタクシー業界に害を及ぼすという、従来型タクシー会社からの苦情を受けてのものだ。

イ氏は Facebookの投稿で、約130万人のユーザと9,000人のドライバーが Tada の恩恵を受けており、バン配車アプリは AI 技術を最も活用しているモビリティ企業の1つであると主張している。

このサービスは法律で許可されている。警察は法律に違反しないと判断し、国土交通部(日本の国土交通省に相当)は、サービスが開始されてから1年以上にわたり停止を命令することは無かった。(イ氏の Facebook 投稿)

<関連記事>

VCNC は2018年10月に Tada をローンチ。以来、配車サービス大手の Grab や Uber がリーダーシップを得られず苦労していた韓国で人気を博している。

SoCar は、韓国最大の配車サービスオペレータの一つだ。今年初め、Altos Ventures、KB Investment、Stonebridge Ventures、SoftBank Ventures から4,400万米ドルの資金を調達した

SoCar は Tada に加え、「Elecle(일레클)」のオペレータ Nine2One(나인투원) に出資した後(出資額非開示)、e バイクのシェアリングにも進出している。Elecle は e バイク350台で正式サービスを開始、2019年末までに2,000台に拡大する計画だ。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

「Between」開発のVCNCが手がける韓国の総合モビリティサービス「Tada(타다)」、βローンチから1ヶ月でダウンロード10万件を突破

SHARE:

VCNC の総合モビリティープラットホーム「Tada(타다)」が、オープンβサービス開始から1ヶ月でダウンロード数10万件を突破したと明らかにした。 カーシェアリングプラットフォーム「Socar(쏘카)」の子会社 VCNC が開発した Tada は、レンタカー(11人乗り以上のバン)と代行運転(ドライバー)を組み合わせたサービスで、これまでのタクシーの不便さを大幅に改善した。タクシー業界団体は T…

VCNC の総合モビリティープラットホーム「Tada(타다)」が、オープンβサービス開始から1ヶ月でダウンロード数10万件を突破したと明らかにした。

カーシェアリングプラットフォーム「Socar(쏘카)」の子会社 VCNC が開発した Tada は、レンタカー(11人乗り以上のバン)と代行運転(ドライバー)を組み合わせたサービスで、これまでのタクシーの不便さを大幅に改善した。タクシー業界団体は Tada を類似タクシー営業とみなし、不法サービスだとしてサービス中止を要請している最中だけに、今回のダウンロード数10万件は意味が大きい。

顧客は迅速な配車システム、フレンドリーなドライバ、標準化された乗車サービス、快適で便利な空間の利用が、最大のメリットとして Tada は明らかにしている。Tada はタクシーよりも約10〜30%以上の金額が高いが、その程度の金額を出してでも、基本と安全が保たれたサービスを受けることができるということに、大きく満足しているというユーザレビューが残されている。

Tada をユーザが初利用後にリピートする割合は、サービス開始から2週間で50%を超え、この値はさらに継続的に伸びつつあり最大で80%を記録するなど、新規流入顧客とリピート顧客が増え、激しい成長につながっていると VCNC は説明した。

VCNC 代表のパク・ジェウク(박재욱)氏は、次のように語っている。

Tada の顧客とドライバーの反応には驚いていて、心から感謝している。ローンチからの1ヶ月は、プラットフォームとしての Tada の可能性を確認できるものとなった。今後 Tada は、プラットフォームとして、ユーザ、ドライバ、さまざまな移動サービスをつなぐことで、需要と供給の最適化に焦点を当てる予定だ。これらの要素を積極的に連絡をとりながら協力モデルを作っていく。

アプリ分析プロバイダの Wiseapp(와이즈앱)によると、10万ダウンロードのうち、Google Play からのダウンロード数は約56,000件で、残りは iOS AppStore からダウンロードされたものと類推できる。VCNC は詳細な数値を明らかにできないが、Android の件数がやや高いものの、Android と iOS はともに、ダウンロード数と利用件数で似たような値となっているとした。

Tada を開発した VCNC は、カップルアプリ「Between(비트윈)」の開発会社で、2018年7月にカーシェアリングプラットフォームの Socar に買収された

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国カーシェアリングスタートアップのSoCar、カップルアプリ「Between」運営のVCNCを買収

SHARE:

韓国のカーシェアリングスタートアップ SoCar(쏘카)は16日、カップルアプリ「Between(비트윈)」を運営する VCNC (브이씨엔씨)を完全買収したと発表した。買収金額は明らかにされていないが、Sedally(ソウル経済=서울경제)は、Softbank Ventures が VCNC に総額155億ウォン(約15.4億円)を投資したことを理由に買収額を200億ウォン(約19.9億円)と推…

SoCar / VCNC
Image credit: SoCar / VCNC

韓国のカーシェアリングスタートアップ SoCar(쏘카)は16日、カップルアプリ「Between(비트윈)」を運営する VCNC (브이씨엔씨)を完全買収したと発表した。買収金額は明らかにされていないが、Sedally(ソウル経済=서울경제)は、Softbank Ventures が VCNC に総額155億ウォン(約15.4億円)を投資したことを理由に買収額を200億ウォン(約19.9億円)と推定、また、Money Today(머니투데이)は業界関係者の話として、累積調達額を根拠に買収額を100億ウォン(約9.9億円)前後と伝えている。スタートアップメディア Platum(플래텀)のインタビューに答えた VCNC は、後者の金額について事実ではないと否定している

Between はこれまでに世界で2,600万件以上ダウンロードされ、デイリーアクティブユーザは100万人以上、累積でメッセージ920億件以上、写真24億枚以上がやりとりされた。韓国国外では現在、日本、シンガポール、台湾、タイにオフィスを置いている。

一方、SoCar は2012年にサービスを開始し、今年、会員数が390万人、登録自動車数が1万台を突破した。売上高は増加傾向にあるものの、後発の競合各社の加勢や広告費用が経営を圧迫しており、赤字が続いている。この状況を脱却すべく、SoCar は今年4月 Daum(다음)を創業したイ・ジェウン(이재웅)氏を CEO に迎えた(イ氏は2014年、Daum を Kakao=카카오に売却し、Daum Kakao=다음 카카오となった)。イ氏は事業の立て直しから、SoCar をデータベース総合モビリティ企業に進化させるという目標を掲げ、事業買収を積極化させる方針を明らかにしていた。

SoCar は、VCNC が持つ大容量データの処理やセキュリティ技術に着目しており、両社間での人材交流とあわせ、SoCar に VCNC が持つ技術の適用を進めるとしている。ただし、VCNC は買収後も SoCar から独立した経営組織体制を維持し、Between については VCNC 創業者の パク・ジェウク(박재욱)氏のリーダーシップのもとサービスが継続提供される模様だ。

事業買収により、さまざまなモバイルサービスで網羅しようとする企業としては Yello(옐로)がある。同社はユーザ獲得コストが高いとの理由から日本市場には進出していないが、韓国市場以外にも、台湾やタイなど東南アジアでの進出に積極的だ。ゲームを除くあらゆるモバイルサービスで、消費者の可処分時間を自社傘下サービスでとり囲もうという戦略は、これまでのところ市場から評価されているようだ。

SoCar による事業買収は今回の VCNC が第一号案件となるが、Yello と同じような道程を歩もうとしているのかどうか、今後の動向が注目される。

<関連記事>

----------[AD]----------

カップルアプリのBetweenがバージョン3.0に大幅アップデート、デートスポットの閲覧や写真振り返り機能を追加

SHARE:

韓国に本拠を置き、日本を含むアジア数カ国でカップルアプリ Between を展開する VCNC は、Between のバージョン3.0 をリリースすると19日発表した。バージョン3.0 は、本稿が公開された20日11時から iTunes AppStore でダウンロードできる。 大幅なバージョンアップは約2年ぶりとなり、画面インターフェイスが改められ、いくつかの機能が追加されている。VCNC の日…

between3.0_featuredimage

韓国に本拠を置き、日本を含むアジア数カ国でカップルアプリ Between を展開する VCNC は、Between のバージョン3.0 をリリースすると19日発表した。バージョン3.0 は、本稿が公開された20日11時から iTunes AppStore でダウンロードできる。

大幅なバージョンアップは約2年ぶりとなり、画面インターフェイスが改められ、いくつかの機能が追加されている。VCNC の日本代表を務める平野賢氏によれば、今回の大幅アップデートでは、新機能を含め分散していた複数の機能をホーム画面に集約し、すべての情報をこのホーム画面からアクセスできるようにしたのが最大の特徴とのことだ。

新たに追加されたデートスポット情報の閲覧機能は、Between のユーザがこれまでに投稿したスポット情報を集約し、カップルが今後のデートの予定を立てやすいようになっている。カレンダー機能はスクロールにより1ヶ月以上先の予定が見やすくなったほか、写真を保管するアルバム機能については、これまでの時系列だけでなくイベントごとのフォルダ整理が可能に、また「タイムマシーン」機能では思い出写真を振り返ることができる。

between3.0_Snapshots
クリックして拡大

しばらくニュースが少なかった感のある Between だが、この半年ほどは、テーマの親和性が高いと考えられる Ameba やゼクシィと組んでユーザの相互送客を実施したり、結婚式場紹介サイトとイベントの共催を計画したりするなど、地道なユーザ獲得に精を出していたようだ。ローンチから3年以上が経過しマネタイズにも注力が求められる時期だが、アプリ内でのスタンプ販売に加え、「イベントボックス」というアプリ内広告欄のクリック率が非常に高く、広告主からの反応がよいのだそうだ。

英文チェッカーアプリではない方の)チャット分析アプリ Ginger は、韓国では、Between 上で交わされる男女間のメッセージ内容を分析し、関係を維持するためのアドバイスをしてくれるサービスを提供している。これを応用すれば、危険信号が灯ったカップルに、フラワーデリバリや関係を維持するための O2O ビジネスなどが展開できるだろう。Ginger の開発元である Scatter Lab は日本語対応を急いでおり、Between の日本語版でも韓国語版と同様に関係維持アドバイス機能の提供に期待したいところだ。

Between はこれまでに、アジアを中心に世界で1,400万ダウンロードを達成。韓国をはじめ、日本、台湾、タイ、シンガポールでサービスを展開しており、今後は良い人材が見つかり次第、香港にも進出したいとしている。

----------[AD]----------

カップルアプリ「Between」とコンドーム・ブランド「上出来のアイデア」、韓国で共同キャンペーンを展開

SHARE:

性に対する閉鎖的な認識を転換し、健康で正しい習慣を定着させるためのキャンペーンが展開される。 世界1,000万人のユーザが利用する韓国国内1位のカップルアプリ「Between」を開発する VCNC と、韓国のコンドーム・ブランド「パルン・センガック(바른생각、日本語に訳すと〝上出来のアイデア〟)」を製造販売する Convenience(컨비니언스)は、適切なコンドーム装着を拡散するキャンペーンを展…

damngoodidea-between_featuredimage

性に対する閉鎖的な認識を転換し、健康で正しい習慣を定着させるためのキャンペーンが展開される。

世界1,000万人のユーザが利用する韓国国内1位のカップルアプリ「Between」を開発する VCNC と、韓国のコンドーム・ブランド「パルン・センガック(바른생각、日本語に訳すと〝上出来のアイデア〟)」を製造販売する Convenience(컨비니언스)は、適切なコンドーム装着を拡散するキャンペーンを展開すると発表した。

両社はキャンペーンの第一弾として、Between 上でクイズイベントを8日まで実施する。Between ユーザがクイズを解くことができれば、「パルン・センガック」のコンドームが、また、イベント参加者中350人には「パルン・センガック」のギフトセットが申請される。

両社によれば、韓国ではシングルマザーや人工中絶の問題が深刻な水準にあり、OECD加盟国の中で堕胎率は1位、年間の人工中絶件数は30万件と推定されている。その背景として、青少年に対する性教育が不足しており、避妊についての正しい情報が提供されていないことが挙げられる。望まない妊娠や性感染症を防ぐコンドームの使用率は、現在、先進国の半分にも満たない。韓国におけるコンドームの使用率は、OECD 加盟国中で最下位となっている。

Convenience の代表を務めるパク・キョンジン(박경진)氏は、次のようにコメントしている。

ゆがんだ性意識と性をタブー視する社会において、韓国の堕胎率がOECD加盟国で1位を記録している。今回のキャンペーンを通じ、若者が正しい性意識を確立し、健康的な男女関係を考えるきっかけにしてほしい。

VCNC 代表のパク・ジェウク(박재욱)氏は、次のようにコメントしている。

社内でも、どうすべきか議論を呼んだ提携だった。しかし、正しい習慣の意識を育てるという「パルン・センガック」の目標に共感した。今回のキャンペーンを通じ、Between のユーザだけでなく、多くのカップルが性を正しく認識し、互いに愛し合うことを願っている。

Convenience は、100%環境に優しいラテックスで作られた良質コンドーム「パルン・センガック」を専門に製造・販売、コンドームの販売収益からシングルマザーや孤児施設に寄付活動を行っている。Between は2011年にサービスを開始したカップルアプリで、これまでの累積ダウンロード数は1,000万件超、このうち、500万件は韓国国外でのダウンロードである。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

カップルアプリBetweenがDeNAから戦略的資金調達に成功

SHARE:

カップルアプリ「Between」の開発会社 VCNC は10日、日本の DeNA(東証:2432)から戦略的提携を伴う資金調達に成功したと発表した。 今回の資金調達は、Between をグローバルなプラットフォームに拡張させ、マネタイズ可能なモデルにするための戦略的なものであり、調達金額は開示されていない。 DeNA の代表取締役を務める守安功氏は、出資の理由を次のように明らかにした。 一般的なソ…

dena-between_logos

カップルアプリ「Between」の開発会社 VCNC は10日、日本の DeNA(東証:2432)から戦略的提携を伴う資金調達に成功したと発表した。

今回の資金調達は、Between をグローバルなプラットフォームに拡張させ、マネタイズ可能なモデルにするための戦略的なものであり、調達金額は開示されていない。

DeNA の代表取締役を務める守安功氏は、出資の理由を次のように明らかにした。

一般的なソーシャル・ネットワーク・サービスに続いて、Between のようなバーティカルなツールの利用が増加傾向にある。DeNA は Between がグローバルに普及する可能性を持った、モバイルインターネット・サービスと見ている。

これに対し、VCNC の代表取締役パク・ジェウク(박재욱)氏は、次のように述べた。

日本だけでなく世界的なインターネット企業である DeNA が VCNC の戦略的な投資元になってくれたことをうれしく思う。今後、DeNA との協業を通じて、Between は世界中のカップルのニーズが満たせるプラットフォームになれるよう努力したい。

Between は2013年12月20日、正式版ローンチから1年8ヶ月ぶりに大幅なリニューアルを図り、バージョン2.0を公開した。500万ダウンロードの突破に加え、デイリーアクティブユーザの6割が海外からの流入となり、海外での成長が目立っている。韓国国内での成長が加速する中、海外ユーザが大きな割合を占めているのは、Between がグローバルなプラットフォームとしての地位を隔離しつつある証拠だと評価を受けている。

パク氏は次のように抱負を語っている。

Between はグローバルなサービスであり、我々のターゲットは世界中のすべてのカップルだ。現在のグローバル成長に加え、DeNA の協力を得て、Between が世界中のお客様により早く近づけるよう努力したい。

<Between の主な沿革>

2012/8/7 Startup Dating Salon にて。
左から:パク・ジェウク氏、チャン・エリン氏

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

カップルアプリの「Between」が、日本のAppStoreソーシャルネットワーキング部門で首位にランク入り

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 梶谷恵翼(けいすけ)氏は、韓国を拠点とするスタートアップ VCNC の日本のゼネラルマネージャーを務めており、ここ日本でカップルアプリ Between のプロモーション活動を牽引している。12月に Between のバージョン2.0 がリリースしたが、今週の水曜以降、iOS アプリのソーシャル・ネットワーキング部門で…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

梶谷恵翼(けいすけ)氏は、韓国を拠点とするスタートアップ VCNC の日本のゼネラルマネージャーを務めており、ここ日本でカップルアプリ Between のプロモーション活動を牽引している。12月に Between のバージョン2.0 がリリースしたが、今週の水曜以降、iOS アプリのソーシャル・ネットワーキング部門で1位にランクインしている日本を含め、世界中で成長の勢いを伸ばしているようだ。

梶谷氏によれば、バージョン2.0 へのアップデート以降、VCNC は1ヶ月を経ずに60万件の新たなダウンロードを獲得している。Between は94カ国の AppStore でおすすめバナーの座を与えられ、このことが世界での露出向上に大きく貢献している。

Between のユーザは先月500万人を突破し、その大部分に当たる約60%は韓国市場から、そのほか、日本と中国からのユーザがそれぞれ10%を占めている。

露出が増えたことに加え、プロダクトの改良により、ユーザのアクティブ率も格段に向上しました。現在のユーザの平均滞在時間は一日あたり17分間で、昨年同時期の10分間から大きく伸びました。

クリスマス期間中、Between はクリスマスのテーマ(以下の写真中央)で飾られ、多くのユーザがホームスクリーンのスクリーンショットとしてシェアすることとなり、そのユーザの友人達にアプリを広く知ってもらうことにうまく作用した。

photo2-620x429

日本では、LINE に代表される総合メッセージアプリなどに加え、NTT ドコモベンチャーズがバックアップするスタートアップ Timers が開発した日本のカップルアプリ Pairy などとも競争を強いられている。Timers は NTT ドコモベンチャーズを含む多数の日本の投資会社から約1億円を調達している

Between のユーザはその多くがまだ韓国国内に大きく偏在しているが、VCNC は海外展開を強化すべく、昨年1月に280万ドルを資金調達している。

以下で、新しいデモビデオをチェックすることができる。

----------[AD]----------

韓国のカップル・アプリ「Between」が30億ウォン(約2.5億円)を調達

SHARE:

【原文】 カップルのためのアプリ Between を開発した VCNC(代表:パク・ジェウク=박재욱)が先頃、30億ウォン(約2.5億円)の資金調達を完了した。資金調達先と出資額の内訳は次の通りだ。 ストーン・ブリッジ・キャピタル(스톤브릿지캐피탈) … 10億ウォン KTBネットワーク(KTB 네트워크) … 10億ウォン キャップストーン・パートナーズ(캡스톤파트너스) … 5億ウォン ソフト…

【原文】

カップルのためのアプリ Between を開発した VCNC(代表:パク・ジェウク=박재욱)が先頃、30億ウォン(約2.5億円)の資金調達を完了した。資金調達先と出資額の内訳は次の通りだ。

vcnc_logo

パク・ジェウク代表はこの調達の背景として、BeSuccess とのインタビューの中で、「海外市場に進出できる体力をつけ、現在のビジネスモデルからの収益化を急がず、より大きなプランを描くためのもので、調達した資金を現行システムには費やさず、より優れた技術者を高待遇で採用するために使う」とし、長期的な戦略と優秀な開発者の必要性を説明した。

投資家らが出資を決めた理由として、「彼らはVCNCに対して確信があり、VCNCの開発チームはサービスを世界レベルにまで引き上げるだけの能力を持ち、デザイナーはグローバルなコンセプトを実現でき、他のチームメンバーも情熱があると感じて、2013年と2014年の計画達成の実現可能性を信じてくれたからだ」とパク代表は説明した。

今後、VCNCは2013年内に日本市場を韓国市場と同じ水準にまで引き上げることを目標としている。VCNCのアプリ「Between」の昨日現在のダウンロード数は、世界で235万件、韓国で160万件となっている。

Capture-1024x536

<関連記事>

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

Betweenが海外で相次いで高評価、Startup Rally 2012、GMIC 2012ファイナリストに選出

SHARE:

【原文】 Betweenは、カップルのためのモバイル・コミュニケーション・アプリで、VCNCが開発した。このアプリは 先月4月27日、世界のIT専門メディア The Next Web が主催する Startup Rally 2012で、ベストモバイルアプリに選ばれた。VCNCによると、1日に写真が約30万件、チャットが430万件、ユーザー間でやり取りされているとのことだ。1日平均10分以上利用され…

【原文】

Betweenは、カップルのためのモバイル・コミュニケーション・アプリで、VCNCが開発した。このアプリは 先月4月27日、世界のIT専門メディア The Next Web が主催する Startup Rally 2012で、ベストモバイルアプリに選ばれた。VCNCによると、1日に写真が約30万件、チャットが430万件、ユーザー間でやり取りされているとのことだ。1日平均10分以上利用されるケースもあり、カップル間では毎日使っているアプリだということがわかる。

Betweenは4月、アジアの企業として唯一、19のチームだけに与えられる The Next Web のファイナリストに選ばれた。また、本カンファレンスのモバイルアプリ部門で堂々の1位になり、韓国オリジナルのスタートアップの位置づけを世界に示した。イベント参加者によると、発表直後にシリコンバレーの有名ベンチャー・インキュ ベーターであるY Combinatorのアンバサダーから高い評価を受けるなど、アムステルダムに集まった多くのIT業界の注目を集めたという。

VCNC代表取締役のパク・ジェウク(박재욱)氏は次のように述べている。

ソーシャル・ネットワーク・サービスが脚光を浴び、オープンにしていこうという話が多かったが、プライバシー保護の観点から閉鎖的(クローズ)な需要があると考えた。モバイル業界の流行をいち早く予測し、このアプリをリリースしたことが成功につながった。ユーザの要望にしっかりと対応した結果だ。

また、海外向けに機能をバージョンアップさせたとのことだ。今年下半期から日本、中国、インドネシアなど海外市場に本格的に進出していく予定だとしている。

アプリ「Between」は、北京で5月10日〜11日に開催されるGMIC(Global Mobile Internet Conference) 2012のファイナリストに選ばれ、来週には(原文掲載日5月3日)中国でBetweenの戦略ビジョンを紹介する予定だ。

Betweenは、すべてのセッションに参加可能な、韓国唯一のスタートアップとして Early-Seed Stage Competitionへ参加する。ユーザの要望に応えるVCNCのサービスが、中国でも通じることを期待している。

The Next Web 2012 での Between 発表映像

 

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【Startup Dating 編集部注】先日、北京で会った美人広報のホン・ドンヒ(홍동희)女史によれば、日本では某社(非公開)とのパートナーシップのもと、6月にもBetweenのサービスをローンチするとのことだ。代表も含め、たびたび来日しているということなので、近いうちに Startup Dating Salon にも招いてピッチをお願いしてみたいと思う。

----------[AD]----------