THE BRIDGE

タグ venture united

バックオフィス・クラウドソーシングの「Gozal(ゴザル)」がCAVなど4社から約1億円を調達、会社運営に必要な諸手続を半自動化できる機能を追加

SHARE:

会社設立や社員の社会保険加入に必要な手続など、バックオフィス業務のクラウドソーシング・サービス「Gozal(ゴザル)」を提供する BEC(ベック)が、サイバーエージェント・ベンチャーズ(以下、CAV と略す)、ベンチャーユナイテッド、セゾン・ベンチャーズ、ウェブマーケティング会社の Speee から約1億円を資金調達したと発表した。BEC にとっては、2014年末に CAV の Seed Gene…

gozal-new-screen_featuredimage

会社設立や社員の社会保険加入に必要な手続など、バックオフィス業務のクラウドソーシング・サービス「Gozal(ゴザル)」を提供する BEC(ベック)が、サイバーエージェント・ベンチャーズ(以下、CAV と略す)、ベンチャーユナイテッド、セゾン・ベンチャーズ、ウェブマーケティング会社の Speee から約1億円を資金調達したと発表した。BEC にとっては、2014年末に CAV の Seed Generator Fund から1,000万円を調達して以来、ほぼ1年ぶりの調達となる。

また、今回の調達とあわせて、BEC は Gozal の機能の大幅アップグレードを実施した。2015年3月に正式ローンチした(βローンチは2014年8月)Gozal は、これまで士業7分野=弁護士(法律事務所)、弁理士(特許事務所)、公認会計士(会計事務所)、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士=に質問や相談ができるクラウドソーシング・プラットフォームとして機能してきたが、今回、会社設立や社員の社会保険加入手続など、企業が必要とする諸手続をテンプレート化し、ユーザが Gozal の指示に従って必要項目を入力し、その内容を士業7分野の専門家にレビューしてもらえる機能を追加した。

gozal-before-after

BEC の創業者で CEO の高谷元悠(たかたに・もとひろ)氏は、標準化可能なワークフローをテンプレート化することでコストを下げる一方、相談やレビューを専門家に依頼できることでサービスの品質を担保できることを強調した。なお、Gozal では、ユーザの希望に応じて、手続作業一切を専門家に〝丸投げ〟で依頼することもできる。

今回アップグレードされた Gozal には、例えば、会社のプロフィール欄で社名を変更すると、自動的に商号登記の変更手続をユーザに促す通知機能が追加されている。ユーザは Gozal のプラットフォーム上で必要な項目さえ入力や変更をすれば、それに応じて必要となる諸手続が Gozal から知らされるしくみだ。この機能により、ユーザはどういった手続が必要かを意識せず Gozal 任せにすることができるようになる。

gozal-new-interface_screenshot1
リニューアルした Gozal では、処理したい手続(タスク)がトップメニューから選べる

興味深いのは、この必要手続を自動的に通知する機能は、予め Gozal 上にプログラムされているのではなく、士業7分野の専門家の提案をもとに Gozal が自動学習していく作りとなっている点だ。通常、この種の機能をリリースする場合、想定されるシナリオをパターン化し、それをもとにシステムを作り上げることになるが、Gozal はパターンを自動学習するため、シナリオの完全なパターン化を待たずに機能をリリースすることが可能になった。ありがちなシナリオの抽出漏れにも対応することができ、ユーザが Gozal を使えば使うほど、かゆいところに手が届くしくみに育っていく。BEC はこの機能と実装方法について、特許を出願中だ。

gozal-new-interface_screenshot2
専門家との相談チャット画面

この分野には、「​会社設立 freee」を展開する freee や、会社運営タスク代行「マキトリ」を展開する Bizer などの競合がいるが、彼らとの差別化について、「タスク(必要手続)を選ぶという行為そのものがハードルが高いため、前述した必要手続の自動通知機能により、Gozal は労務手続などに詳しくない人にも使いやすいものに仕上がっている」と、高谷氏は自信を見せた。

Gozal の想定ユーザは、中小企業やスアートアップなどの企業経営者が中心だが、将来的には、一部情報項目を従業員が自ら入力できようにし、経営者の入力手間を最小限に抑えるような機能も計画しているとのこと。また、セゾン・ベンチャーズの親会社にあたるクレディセゾン(東証:8253)とは、共同で新たなサービスを開発することも視野に入れているとのことだった。

Gozal には約1,000社の企業がユーザとして登録しており、作業を依頼される側の士業7分野の事務所の登録数は200事務所。これまでに300件以上の案件をマッチングさせており、Gozal を経由した手続手数料の流通総額は2015年10月末時点で200万円を突破している。

----------[AD]----------

Boxilのスマートキャンプが、グリーベンチャーズ、ベンチャーユナイテッド、アーキタイプから1.5億円を調達——クラウドサービスの機能比較サイトにピボット

SHARE:

企業の提案資料資料公開とB2Bマッチングのプラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を展開するスマートキャンプは4日、グリーベンチャーズ、ベンチャーユナイテッド、アーキタイプベンチャーズから1.5億円を調達したと発表した。今回の調達とあわせ、スマートキャンプは Boxil をクラウドサービスの機能比較サイトへとピボットを図ることを明らかにしており、新しい UI を公開した。 Boxil の正式ロー…

boxil_screenshot

企業の提案資料資料公開とB2Bマッチングのプラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を展開するスマートキャンプは4日、グリーベンチャーズ、ベンチャーユナイテッド、アーキタイプベンチャーズから1.5億円を調達したと発表した。今回の調達とあわせ、スマートキャンプは Boxil をクラウドサービスの機能比較サイトへとピボットを図ることを明らかにしており、新しい UI を公開した。

Boxil の正式ローンチは今年4月。Incubate Camp 8th への参加などの機会を通じてサービスのブラッシュアップを続け、これまでに200社以上の法人登録があり、1,000件以上の提案資料が公開されている。スマートキャンプ代表の古橋智史氏によれば、この半年間のユーザの動きを分析したところ、Boxil はクラウドサービスの提供企業がサービスを紹介するのに親和性があることを発見したのだという。Boxil では今後、クラウドサービスの機能、ユースケース、料金などを詳細に掲載し、潜在ユーザが類似サービスの中で比較検討する際の参考にしてもらう。

今回のピボットについて、古橋氏は THE BRIDGE に次のように語った。

satoshi-furuhashi_portrait
スマートキャンプ 古橋智史氏

Boxil の目線を、商品を売りたいと思っている人の視点から、商品を買いたいと思っている人の視点に変えることにしました。BI ツールはパッケージソフトから始まり、それがよりコンパクトなパッケージソフトになって機能別に細分化されました。そして、クラウドサービスへと移行してきて価格も安くなりましたが、逆に種類が増えたので、ユーザはどれを選べばいいのかわからなくなった。

一方、総務省のデータによれば、クラウドサービスを導入していない企業はその理由として、情報漏洩の不安、メリットがわからない、ネットワークの安定性への不安を上げているものの、昨年対比では導入企業の数は成長を見せている。つまり、導入を躊躇している企業でさえ、いずれクラウドサービスを導入することになるわけです。ここを伸ばしていきたい。

n5401050
出典:総務省「平成25年通信利用動向調査」

オンプレミスのソリューションやパッケージソフトと異なり、クラウドサービスでは、サプライヤーの営業マンやセールスエンジニアが客先に商品説明に来てくれることは稀だ。一方、クラウドサービスを導入していない企業では、「まずは担当者から説明を聞いてみないとわからない」「ウェブに紹介されている情報だけでは不明瞭」などの不満がある。スマートキャンプでは Boxil とあわせ、複数のクラウドサービス・サプライヤーが自社サービスを紹介する勉強会なども開催し、クラウドサービス未導入企業の担当者とのタッチポイントを増やす計画だ。

boxil-scheme

将来的には、AppDirect のような、複数のクラウドサービスを単一アカウントで渡り歩けるアカウント・インテグレーションの機能、請求書が無いと経費の処理ができない企業のために、クラウドサービスのサプライヤーに代わって請求代行したり、複数のクラウドサービスの料金請求をまとめたりする構想もある。

アメリカの G2Crowd は、クラウドサービスの機能比較で有用な情報を提供しており、ユーザがクラウドサービス導入にあたって参考にすることが多い。クラウドサービスのサプライヤーにとっては G2Crowd での評価が、サービスを成長させる上での登竜門になりつつある。Eコマースビジネスの隆盛に価格比較サイトの存在が大きく関わっているように、クラウドサービスのさらなる浸透において、この種の機能比較サイトは重要な役割を担うことになるだろう。

今回調達した資金を使って、スマートキャンプは大幅に人材面を強化する計画だ。新規開拓および既存顧客のフォロー営業担当者フロントおよびバックエンドエンジニアを募集しているということなので、この分野に興味のある読者は連絡してみてほしい。

----------[AD]----------

販売代理店という魔法の杖は存在しない

編集部注:本稿はベンチャーユナイテッドのチーフベンチャーキャピタリスト、 丸山聡氏が運営するブログ「No Guts, No Growth.」からの転載記事。スタートアップにとって、大きな課題となる「ビジネスを作り出す」上で示唆に富んだアドバイスが簡潔にまとめられていたので、同氏に許可を頂き、こちらに掲載させてもらった。 Image by Flickr インターネットサービスの事業プランにおいて、企…

240105_101666379922895_4508047_o編集部注:本稿はベンチャーユナイテッドのチーフベンチャーキャピタリスト、 丸山聡氏が運営するブログ「No Guts, No Growth.」からの転載記事。スタートアップにとって、大きな課題となる「ビジネスを作り出す」上で示唆に富んだアドバイスが簡潔にまとめられていたので、同氏に許可を頂き、こちらに掲載させてもらった。

image

Image by Flickr

インターネットサービスの事業プランにおいて、企業に対してのサービス提供や企業からの収益を考えているものはたくさんあったりするわけで、私も仕事柄いろいろと起業家や経営者の方などからお伺いすることが多いです。

でも、ここで一番重要なのは、「どう売るのか」という部分や「どう使ってもらうのか」という部分でして、そこをスタートアップですから安くしたり初期を無料にして導入しやすくしますっていうのが多く、その次の段階として販売代理店を活用してとか、ほにゃららに代理店的な動きをしてもらって一気に成長していきますっていうお話になったりするわけで、理論上はなんとなく正しいように感じるんですよね。

でもね。そんな計画で大きく成長した企業ってほとんどないんですよ。我が国ニッポン(英語の公式な表記はJapan)では。

販売代理店を収益を短期間で大きく伸ばすための魔法の杖だと思っていたら、みんながその魔法の杖を使って成功しているハズなんですよ。でも、そんな魔法の杖は存在していない。

じゃ、販売代理店って何のためにいるんだよってことなんですよ。

自社で商材を開発するというところに強みがないけど、営業力(売る力)はすごくあるから、その力を使って成長しようぜっとか、暮らしていこうぜとかって思っているわけです。

でも、彼らだってなんでもかんでも売れるわけではないんですよ。だから、魔法の杖にはなりえないんですよ。

ということで販売代理店をうまく活用するうえでのポイントっていうのをぼんやり考えてみると

商材を作っている人たちが売れない商材は販売代理店も売れない

商材に一番詳しい人たちが営業して売れないものは、いかに営業力がある販売代理店を以てしても売れないし、販売代理店の人も売れてる商材をよりたくさん売った方がより収益が見込めるわけですからなぁ。

売るのに詳細な説明が必要なものは販売代理店は売れない

基本的には営業力を武器にしているので、そこに対して1件1件の営業活動に時間がかかるような商材や、その商材に相当な理解を求められるものは、生産性が低くなるので販売代理店としては売りたくない。俗にいう手離れがいい商材がいいですよね。自分が販売代理店の立場でも。

まー、あとはカスタマイズとかはいろいろと要件を伺ったりとか大変なんでやりたくないっすとかあると思うんですよね。ひとまずパッケージにして手離れいいものにしてくれよと。

単価の低いものよりは高いものを販売代理店は売りたい

販売代理店といえども営業リソースは有限なわけですから、そのリソースを投下するに際しては単価の高いものを選んだ方が収益を最大化できるわけですから、必然的に単価の低いものは扱いたくないし、販売してより収益に直結するものを扱っていきたい。

理想をいえば、年額でそこそこの単価になるもので、一度売ったら毎年継続的にそこそこの販売手数料が入るとか最高ですよね。みたいな。

というあたりではないかなと。なので、販売代理店を使うっていうときには、

商材を作っている人たちでもそこそこ商材が売れていて、説明やカスタマイズがほとんどいらなくて、単価(収益性)の高いもの

っていうのだと喜んで売ってくれるんじゃないかなと思うわけでございます。売る側の気持ちになればそりゃそうだっていう話なんですが。

っていうことで、販売代理店が事業拡大の魔法の杖になりうるためには、自分たちや自分たち生み出した商材が魔法の杖を生かすための高い魔力を持っているかどうかというところを意識しないといけないなと。

【転載元原文: 販売代理店という魔法の杖は存在しない

----------[AD]----------

起業のゴールを見据えろ−−ベンチャーユナイテッド丸山氏が語る「企業価値と投資のポイント」

SHARE:

投資を受けたスタートアップはIPOやM&Aをゴールとして企業を成長させなければいけない。そうしたゴールをしっかりと見据え、それに応じた経営判断というのは大変な困難を伴う場合もある。 ベンチャーユナイテッドの丸山聡氏は、チーフベンチャーキャピタリストとして日本発のメガベンチャー創出のための支援をしている。 同氏がMOVIDA SCHOOLで語った、企業価値と投資のポイントについてまとめた。 …

投資を受けたスタートアップはIPOやM&Aをゴールとして企業を成長させなければいけない。そうしたゴールをしっかりと見据え、それに応じた経営判断というのは大変な困難を伴う場合もある。

ベンチャーユナイテッドの丸山聡氏は、チーフベンチャーキャピタリストとして日本発のメガベンチャー創出のための支援をしている。

同氏がMOVIDA SCHOOLで語った、企業価値と投資のポイントについてまとめた。

IMG_8856_2

企業価値の「評価判断軸」はステージによって違う

上場企業の価値、IPOの企業価値、M&Aの企業価値、ベンチャー投資の企業価値など、それぞれのステージによって価値判断を決める評価軸が変わってくる。それぞれのステージに応じて、投資家と起業家それぞれが見ている視点の違いを理解しよう。

IPO後のイメージを共有する

投資家の多くは、IPOやM&Aなどのゴールを意識しながら投資を実施している。起業家も、自身のサービスのIPOなどのイメージを持ち投資家と共有しておくことで、納得のいくコミュニケーションを図ることができる。

IPOの企業価値は、申請期の税引後当期純利益と類似上場企業の平均PERの掛けあわせで決まってくる。市場環境の変化によって平均PERが変化し企業価値は変化していく。競合他社やベンチマークしている企業の企業価値評価がわかると、ベンチャー投資時の企業価値評価の参考にしやすいので、起業家としてそうした企業を意識しておくことも大切である。

自身のサービスがM&Aとして通じるサービスかどうか

M&Aは、買収直前期の利益と直近の純資産額の算出によって導き出される。買収する側がどのような意識で買収を実施しているか。ポイントは二つある。買収後にバリューアップし利益回収をするか、それとも利益ではない別の価値を買収先に見出すかだ。

前者の場合は、買収金額を何年で回収できるかを買い手は意識して企業価値を試算する。後者の場合は、ユーザベースやデータが、買収企業にとってメリットがあるかを買収のポイントとしている。細やかなユーザ情報やコンテンツに紐づくデータであれば企業価値が高まってくる。価値のあるデータやユーザーベースがあれば、M&Aを見出すことができる。

自身のビジネスがM&Aに適したサービスなのか。M&Aを実施する際は、どこが買い手になるかを意識し、そうした買い手候補が実際にM&Aをしているのかどうかなどの動向を把握しながら事業を展開して欲しい。

事業計画の実現可能性を見据えているか

ベンチャー投資における企業価値の判断は、事業計画が実現することで得られる企業価値と事業計画の実現性を参考にする。サービスが持っているポテンシャルが最大限発現した時に、ユーザやアクティビティがどの程度か、売上規模や利益率がどの程度なのか。これらを基準に、IPOやM&A時に想定される企業価値の最大値を計り、投資採算を考えてベンチャー投資を実施する。

ゴール設定とその目標に対する自身の現在のステージに応じて、投資家はベンチャーの価値を見出していく。山登りで例えると、ゴールとして見据えている市場価値の最大としての山頂の高さがどの程度なのか、そして、山頂と自身の現在の距離がどの程度なのかを見定めることが大事だ。

ベンチャーキャピタルの採算性

投資時の企業価値と、イグジット時の企業価値の差が利益となる。投資先のポートフォリオ全体の中で、利益のパフォーマンスをあげなければいけない。ベンチャー投資の企業価値を高め、日本でFacebookなどのようなメガベンチャーを輩出するには、IPOやM&Aにおける企業価値を高めることが必要だ。

投資のポイントーーサービスのポテンシャルがあるかどうか

ベンチャーユナイテッドの投資の視点は、上記のようなポイントを抑えつつ、5つの評価項目をもとに投資を実施している。

1つは、サービスとしてポテンシャルを感じさせるサービスで、いかに先行者利益を持てるサービスかどうかだ。サービスが持っているポテンシャルが最大限発現した時に、ユーザやアクティビティがどの程度になるのか。どのくらいの売上規模になるのか、利益率がどうなるのかを細かく分析して欲しい。

投資のポイントーユーザに愛されているサービスか

2つ目は、ユーザに愛されているサービスであることだ。ユーザのライフスタイルに溶け込み、日常の中で違和感なく使ってもらえるサービスとならなければいけない。熱量の高いユーザをすでに抱えているかで、その後の伸びが大きく変わってくる。これは、投資において大きなポイントだ。

投資のポイントー成長する経営チームか

3つ目は、その事業をやりきれる経営チームであるかどうかだ。事業目標に向かい、そのために必要な成長を意識できるチームであるか。企業は、経営者の器以上に大きくならないと言われている。器を大きくしていくためには、事業拡大に伴い経営者が成長できるかどうかが大きなポイントだ。

投資のポイントー事業の実現可能性を持ち行動できるか

4つ目は限られた経営資金を最大限に有効活用し、未来のためにすべきアクションができるか。そして最後に、IPOやM&Aなどのゴールを見据えて企業を経営できるかだ。先にも述べたように、イグジットをしっかりイメージしてもらいたい。

こうした5つのポイントをもとに、投資の判断をしている。これらの要素を考えて事業を作り上げてもらいたい。

----------[AD]----------