タグ VentureBeat

スペイン発、Web3技術で安全安心のファイル共有サービスを開発するInternxt——時価総額が4,000万米ドルに

SHARE:

Web2 が誕生し、20年以上にわたって指数関数的に成長したように、新しい Web3(メタバース、仮想通貨、ブロックチェーン、多くの拡張現実やその他の 3D 機能を含む)は同様に進化すると予測されている。Web2 が Yahoo、Google、Firefox、Amazon、 Microsoft、Apple、Facebook やその他多くの企業で見たように、Web3 は多くの人々が信頼できる基本的な…

Internxt のチームメンバー。後列右から2人目が CEO の Fran Villalba Segarra 氏。
Image credit: Internxt

Web2 が誕生し、20年以上にわたって指数関数的に成長したように、新しい Web3(メタバース、仮想通貨、ブロックチェーン、多くの拡張現実やその他の 3D 機能を含む)は同様に進化すると予測されている。Web2 が Yahoo、Google、Firefox、Amazon、 Microsoft、Apple、Facebook やその他多くの企業で見たように、Web3 は多くの人々が信頼できる基本的なアンカー・プラットフォームを持つ必要がある。

ちなみに、Web3 とは、分散化とユーザーオーナーシップに焦点を当てた、次のバージョンのインターネットを指す。

2020年に誕生した Internxt は先週末、評価額が4,000万米ドルの評価額を獲得したと発表した。同社はホットな製品を持ち、新しい Web のアンカー企業の1つになりたいと言う。スペインのバレンシアに拠点を置くこのスタートアップは、Google、Microsoft、Amazon が現在提供しているサービスに対抗するために、分散型インターネットサービスを構築している。Internxt のサービスはすべて Web3 向けに設計されており、ブロックチェーンとエンドツーエンドの暗号化を導入しユーザのプライバシーを保護していると、創業者でCEO の Fran Villalba Segarra 氏は VentureBeat に語った。

Web3 アプリケーションは、ここ数年の間に徐々に評価され、一般に公開されるようになった。インターネットユーザは、現在のサービスでは個人データの安全性が確保されていないことを認識しつつある。そのため、Brave、Signal、DuckDuckGo、Ethereum、Internxt といったプロジェクトが人気と支持を集めている、と Segarra 氏は言う。

何百万人ものユーザが、Facebook や Google のような、ユーザの個人情報を採取して利益のために位置づけるプラットフォームに代わるものを求め、ユーザのプライバシーとデータ主権を重視する技術で構築されたサービスに乗り換えつつあると、Segarra 氏は述べた。このようなゼロ知識(相手に秘密情報そのものを知らせないまま、自分が秘密情報を知っていることを相手に知らせる方法)プラットフォームを構築する企業は、業界の次の大きな勝者への投機を期待する投資家を惹きつけていると、同氏は述べている。

個人情報を保護するプラットフォーム

Image credit: Internxt

この新しいインターネットモデルを促進するために、Internxt は、この新しい保護された個人データやファイルすべてのホームとしての地位を確立したいと考えている。これは、ユーザのプライバシー権を擁護する、安全でセキュアで GDPR に準拠したデジタルストレージを提供する、オープンソースのブロックチェーンベースのクラウドストレージサービスだと、Segarra 氏は述べた。

誰も理解していない Web3 企業がたくさんあるため、我々は常に何をもたらさなければならないかを知っていた。だから、我々は、人々が実際に使いたいと思うものを作ろうとしているのだ。そして、Web3 では、すでにそれを実現している。

今、Web3 には多くの宣伝効果があり、誰もがそれについて話している。というのも、我々は2年前にサービスを開始したのだが、そのときはまだ Web3 は形になっていたからだ。そして今、我々は Web3 のための Google の代替手段として、とても良い位置にいる。(Segarra 氏)

しかし、これはまったくユニークなビジネスモデルだ。Internxt は、Google Drive の代替サービスという位置づけで、100万人のアクティブユーザを持つフリーミアム SaaS(Software as a Service)だ。ベーシックレベルのユーザは、Internxt のクラウド上で10GBの無料ストレージサービスを利用でき、個人またはビジネスファイルを完全なプライバシー下で暗号化、保存、共有できると Segarra 氏は言う。追加のストレージは、20GBからテラバイトまで、月額80セントから9ドルの価格で利用できるという。

Google Drive に代わるサービス

Image credit: Internxt

2021年の間だけで、Internxt の収益とユーザベースは1,000%以上成長したと Segarra 氏は述べ、今年も同様の成長率を出すと確信しているという。

Web ブラウザ上でそれ(Internxt)を使用することができる。スマートフォンで使用することができる、アプリストアであれ、何であれ、それを得ることができる。そして、Internet Explorer や他のブラウザで使用することができる。Google Photo や Google Drive のようにそれを使用することができる。MacOS でも同じだ。我々のサービスはどこでも利用でき無料だ。(Segarra 氏)

スペイン人投資家 Balaji S. Srinivasan 氏やメディア企業 Telefonica などを含む投資家から400万ユーロ(約5.5億円)のベンチャーキャピタル資金を調達して満たされ、現在 Internxt は羨ましい財務状況にあると Segarra 氏は述べている。

我々が効率的に稼いでいるかって? 我々の粗利益率は90%だ。今年、450万米ドル(約5.7億円)の売上から400万ユーロ(約5.5億円)の利益を生み出した。この現金はすべて、収益から直接得ている。このキャッシュをすべて、持続的な成長のために使っている。キャッシュポジションにはとても満足している。

リードインベスターの Srinivasan 氏は、Andreessen Horowitz(a16z)の元ジェネラルパートナーで、テックスタートアップでは知らぬ人はいない存在である。彼は、Earn.com(Coinbase が買収)、Counsyl(Myriad が買収)、Teleport(Topia が買収)、Coin Center の共同設立者である。2019年まで Coinbase の CTO を務めた後、Alchemy、Chainlink、Clubhouse などに初期から出資し、テックと Web3 における最も著名なエンジェル投資家の1人となった。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


Web3におけるユーザデータ保護を目指すPrivy、Sequoia Capitalらから800万米ドルをシード調達

SHARE:

Web3 スタートアップの Privy は29日、Sequoia Capital と BlueYard Capital がリードしたシードラウンドで830万米ドルを調達したと発表した。 Privy は、開発者が Web3 でユーザデータを個人的に管理するためのシンプルな API を構築している。Privy を使用すると、フロントエンドから直接ユーザデータを取り込み、それをユーザのオンチェーンアドレ…

Privy の共同創業者。左から:Asta Li 氏、Henri Stern 氏。
Image credit: Privy

Web3 スタートアップの Privy は29日、Sequoia CapitalBlueYard Capital がリードしたシードラウンドで830万米ドルを調達したと発表した。

Privy は、開発者が Web3 でユーザデータを個人的に管理するためのシンプルな API を構築している。Privy を使用すると、フロントエンドから直接ユーザデータを取り込み、それをユーザのオンチェーンアドレスに関連付けることができる。データはエンドツーエンドで暗号化され、開発者のスタックを経由するため、ユーザ情報の保護に役立つ。

CEO 兼創業者の Henri Stern氏 はVentureBeatに対し、今回の資金調達について次のように語った。

チームの成長、API の拡張、パートナーシップの構築により、この分野の開発者がユーザのためにより良い、よりプライベートな製品を構築できるよう支援する。

今日の個人データは、規制のオーバーヘッド、頻繁な違反、ユーザとの深いズレを伴っており、ほとんどの開発者はそれに近づきたがらない。しかし、ユーザデータがなければ、我々は盲目となり、人ではなくウォレットのために構築することを余儀なくされ、チェーン上で見る利用の背後にいる、ユーザに対する本当の洞察が得られない。

ブロックチェーンはもともと透明なものだ。ユーザデータを暗号化しても、時間が経てば暗号は壊れてしまうので、これらの問題を解決することはできない。では、開発者はユーザの個人情報をどのように扱えばよいのだろうか。Privy は、現実世界(オフチェーン)のユーザデータとオンチェーン(公開、検証可能)の世界とのギャップを埋めるために存在する。

人々を魅了する仮想通貨

現在、3億人以上の人が仮想通貨を利用しており、その数は増加の一途をたどっている。この次世代セクターは、インターネット、金融、そして私たちの文化の多くを作り変える可能性があるため、仮想通貨の普及により、Web3 でアプリケーションを構築する開発者は困難な立場に立たされることになる。ユーザが増えるということは、データ量が増えるということだ。データが増えるということは、個人情報を扱う企業にとって問題が増えるということであり、これらすべてが開発者をますます脆弱な立場に置くことになる。

Web3 ではユーザデータが不足しているため、現代の Web に慣れたユーザにとって、ひどいユーザ体験になっている。例えば、清算されそうなときにメールを受け取れなかったり、ウォレット間のアクティビティを確認するために Dapps にサインインし続けなければならなかったりする。素晴らしい製品を出荷するために、ユーザのデータをマイニングしたり、ユーザを危険にさらしたりする必要はないはずだ。(Stern 氏)

Privy の API の仕組み

Privy は、アプリのフロントエンドから直接ユーザデータを暗号化し、データをオンチェーンアドレスに非公開で関連付けることを可能にする。これにより、開発者は以下のことを実現できる。

  • ユーザの個人情報を直接扱うことなく、テキストや電子メールを送信する。
  • 財務データやコンプライアンスデータをスタックに保存することなく利用することができる。
  • ユーザをドキシングすることなく、ウォレットやチェーン間で統一された UI を表示する。

ドキシングとは、ユーザの匿名化を解除することで、ユーザが誰であるか、どこに住んでいるかなど、ユーザの意思に反して個人情報を明らかにすることだ。Privy は、開発者がユーザデータを保護し、ユーザの管理下に置くことができるデータ保管庫を提供すると Stern 氏は述べている。

これはまだ始まりに過ぎない。次世代のデータツールは、ユーザが Web 上で自分のデータをコントロールできるようにする必要がある。Web3 が成熟するにつれ、過去30年間に失敗したデータパラダイムを再発明し、ユーザがオンラインで自分のデータをコントロールできるようにするチャンスだと考えている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


アジアから世界のゲーム内決済を担うCoda Payments、6.9億米ドルを調達——代替アプリストア事業強化へ

SHARE:

Coda Payments は、ゲームやその他のデジタル製品の越境決済や、代替アプリストアを実現するため、6億9,000万米ドルを資金調達した。この資金調達額は素晴らしいものだが、既存の長年の株主が新しい投資家に株式売却するため、Coda Payments にお金が入るわけではない。 Smash Capital、Insight Partners、GIC は、シンガポールを拠点とする同社がより多くの…

Coda Payments は、ゲームやその他のデジタル製品の越境決済や、代替アプリストアを実現するため、6億9,000万米ドルを資金調達した。この資金調達額は素晴らしいものだが、既存の長年の株主が新しい投資家に株式売却するため、Coda Payments にお金が入るわけではない。

Smash Capital、Insight Partners、GIC は、シンガポールを拠点とする同社がより多くの地域に進出するのに伴い、少数株主の株式を取得するために資金を投入した。Bloomberg は、同社の評価額は25億米ドルだと報じている。そして、これは二次的な資本増強ではあるが、投資家が Coda Payments が大きくなるにつれ、まだ信頼を寄せていることを示している。

Apis Partners をはじめとする既存株主は、今後も Coda への出資を継続する。

Coda Payments の共同設立者 Neil Davidson 氏は、GamesBeat のインタビューに応じ、次のように答えた。

我々は、次の成長段階において会社をサポートするために、専門知識を持つ新しい投資家を迎え入れたいと考えていた。我々は、会社として興味深い旅をしてきた。創業以来、比較的早い時期に黒字を達成した。その結果、18ヶ月毎に新たな資金調達を発表し、新たな投資家が参入するようなサイクルにはまだなっていないのだ。ここ数年、我々の志は飛躍的に高まっており、企業をグロースステージへと導く経験を持つ新たな投資家を迎えたいと考えていた。それで、新しい投資家を探すことにしたんだ。

Codashop は、世界中の50以上の地域の何百万人もの消費者のために、ゲーム内通貨やその他のプレミアムコンテンツの信頼できる供給元であると自称している。また、グローバルに展開する唯一の独立系コンテンツ・マーケットプレイスであるとも述べている。

Codashop を通じて、デベロッパとパブリッシャーは、300以上の便利な決済手段を選択できるようにすることで、顧客が愛するコンテンツに簡単にアクセスできるようにする。また、Coda は、パブリッシャーが自社のウェブサイトで Codashop と同じ決済手段を利用できる Codapay と、顧客にロイヤリティリワードを提供するクローズドループ電子ウォレット「Codacash」を運営している。

Codashop の最初の市場はインドネシアだった。現在では、東南アジアを皮切りに、南アジア、中東、中南米、そして9月からはヨーロッパと、約50の市場で事業を展開している。その多くが新興国市場だ。

Codashop で購入するには、ゲームのプレイヤー ID を送信する。その後、購入したい仮想通貨の額面を選択すると、即座にアプリ内に追加される。ショップはゲームの API に直接接続されているので、即時配信が可能だ。従来のアプリストアのように30%の手数料を取るのではなく、Codashop は15%の手数料を取る。

購入代金は、Venmo や Cash App など、300種類の代替決済システムで支払うことができる。現在、iOSでは、Codashop は、すでに App Store にあるアプリを販売することはできないようになっている。しかし、さまざまなアプリストアで自分のアカウントに割り当てることができる仮想通貨を販売することはできる。そして、人々は、モバイル会社の決済システムで支払える利便性から、あるいは特別なマーケティング情報を入手するために、進んでこれを行うのだと Davidson 氏は述べた。

我々の焦点は、歴史的にも、少なくとも短期的には、現在の環境下で利用可能な機会を活用し続けることだ。我々は、アプリの配信ではなく、バリューチェーンの収益化に重点を置いている。(Davidson 氏)

Coda Payments エグゼクティブ・チェアマンの Neil Davidson 氏
Image credit: Coda Payments

Epic Games 対 Apple の反トラスト法(独禁法)訴訟に対する連邦裁判官の判決により、代替ストアはゲーム会社にとってより魅力的なものとなってきている。Epic は主張の大部分で敗訴したが(この訴訟は控訴中)、判事は、Apple は iOS App Store の開発者がストア外で取引を促進することを禁止できないとし、Fortnite 開発者に有利な裁定を下した。その結果、モバイル端末における代替アプリストアの見通しが立った。

出版社や開発者は Coda を利用して、新たな収益を生み出し、マネタイズコストを削減し、新たな有料視聴者にリーチすることができる。Codashop は、安全で信頼性の高い決済インフラに支えられ、シームレスなユーザー体験を提供しており、顧客は幅広い一般的な支払い方法から選択し、限定的な取引を楽しむことができる。

Coda はまた、パブリッシャーにとって信頼できる市場参入パートナーとして、現地の規制や税制を遵守し、市場洞察やカスタマイズされたマーケティングサポートを提供し、24時間365日体制のカスタマーケアを提供している。Coda のビジョンは、人生のデジタル体験をより豊かなものにするために選ばれるプラットフォームとなることだ。

Apple への判決は、代替アプリストアという選択肢で注目を集めたが、判決による命令がさらなる訴訟まで延期されたため、Apple にはまだ何も変化はない。世界中の一部の規制当局は、Epic 対 Apple の訴訟におけるアメリカ反トラスト法控訴裁判所の判決より先を競っているようで、それはつまり、規則を遵守するために世界中で複雑化する可能性があるということかもしれない。

顧客は、サイト上で自分の好みの決済手段を見つける可能性が非常に高い。これは大きな推進力だ。もうひとつは、ユーザエクスペリエンスだ。その結果、アプリ内課金がうまく機能する人にとっては、素晴らしい選択肢であることがわかった。しかし、Codashop の多くの顧客にとって、アプリ内課金のユーザエクスペリエンスには、メールアドレスに紐づくユーザー名とパスワードを覚えておくなど、不便な点がある。(Davidson 氏)

同社は500人以上の従業員を抱えている。Davidson 氏は、モバイルゲーム業界は非常に熾烈になっているため、Codashop はストアを通じてパブリッシャーと新規ユーザの双方がゲームを発見できるようにしたい、と語った。ゲーム会社は、ターゲット広告をめぐる Apple のプライバシー保護への動きに対処するため、この種の発見がより重要になる。

我々は、本当に大きなチャンスを持っている。それは今後数年の間に展開されるだろう。そして、彼らはその物語の中でそれに参加したかったのだ。そして、その検証は、私たちの実績から来るものだと思う。この数年、我々は信じられないほどのスピードで成長してきた。そのことが、新しい投資家たちに、我々がこの地域の本当のトレンドに乗ったという自信を与えたのだと思う。(Davidson 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


Axie Infinityのサイドチェーンネットワーク「Ronin」がハッキング被害、計6.2億米ドル相当の資金が盗まれる

SHARE:

(本稿は速報体制で記述されているため、一部内容に重複した記述があります。ご了承ください。) Sky Mavis は、同社のゲーム「Axie Infinity」ゲームを支える Ronin Network がハッキングされ、イーサリアム17万3,600ETH(5億9,460万米ドル相当)と米ドル2,550万米ドル、合計6億2,000万米ドルが盗まれたと報告した。 ブロックチェーンゲーム Axie In…

Axie Infinity では、プレーヤーが Axie キャラクタと戦うことができる。
Image Credit: Axie Infinity

(本稿は速報体制で記述されているため、一部内容に重複した記述があります。ご了承ください。)

Sky Mavis は、同社のゲーム「Axie Infinity」ゲームを支える Ronin Network がハッキングされ、イーサリアム17万3,600ETH(5億9,460万米ドル相当)と米ドル2,550万米ドル、合計6億2,000万米ドルが盗まれたと報告した。

ブロックチェーンゲーム Axie Infinity のメーカーである Sky Mavis が資金を回収できないとすれば、それは同社の財政全体に大きな打撃を与え、ブロックチェーンベースのセキュリティにとって黒星となる。ゲームをブロックチェーン上に置く上での要であることのポイント(この場合 Layer 2ネットワークの「Ronin Network」に、より優れたセキュリティを求められるからだ。

Ronin Bridge と Katana Dex の取引は停止された。今のところ、ネットワーク上に資金を蓄えているプレイヤーは、その資金に今すぐアクセスできないことを意味する。盗まれた資金は、Sky Mavis とそ Axie Infinity 分散型自律組織(DAO)の保有する資産の一部に過ぎない。

我々は、法執行当局、フォレンジック暗号解読者、投資家と協力して、すべての資金が回収または払い戻されるように努めている。Ronin の AXS、RON、SLP のすべては今、安全だ。(Sky Mavis の声明

今回のハッキングは、少なくとも Comparitech のデータによれば、仮想通貨史上最大のハッキングの1つとみなされる可能性が高いだろう。

同社によると、Ronin Network 自体にセキュリティ侵害があったとのことだ。29日未明、同社は3月23日に Sky Mavis の Ronin バリデータノードと Axie DAO バリデータノードが侵入を受け、2つの取引で Ronin Bridge から17万3,600ETH(現時点では5億9,460万ドルに相当)と2,550万ドルが流出したことを発見した。

今のところ、盗まれた仮想通貨は攻撃を行ったアカウントから送金されていないとのことだ。

バリデータノードは、ブロックチェーンの情報が正確であることを確認するために、ブロックチェーンの情報を検証し、互いのメモを比較する外部エンティティだ。ブロックチェーンとは、安全で透明性の高いデジタル台帳である(と考えられている)もので、イーサリアムはこの技術に基づく最大のネットワークの1つである。イーサリアムは、ブロックチェーンのプロトコルであると同時に、そのプロトコルに基づく仮想通貨の名前でもある。

Sky Mavis は、ブロックチェーンを利用して、NFT(非代替性トークン)の一意性を検証し、Axie Infinity で使用する Axie Creature などのデジタルアイテムを一意に認証することができる。NFT は昨年爆発的な人気を博し、 ky Mavis が10月に30億米ドルの評価額で1億5,200万米ドルを調達することを可能にした。しかし、ブロックチェーンゲームは、ねずみ講や rug pull(DeFi におけるプール持ち逃げ詐欺)、その他の種類の反消費者詐欺に満ちているという批判があり、現在、業界の火種にもなっている。

イーサリアムには欠点もある。イーサリアム上での取引は、検証作業に世界中の多くのコンピュータを使うため、速度が遅く、多くのエネルギーを消費するからだ。それを緩和するために、 Sky Mavis のような企業は、Ronin Network のようなレイヤー2 ソリューションを作った。このネットワークは、イーサリアム自体で取引を行うよりもはるかに速く、安価に、そして環境への影響を小さくして取引を実行することができる。

しかし、このオフチェーン処理には Sky Mavis が学んだようにリスクが伴う。Sky Mavis は Ronin Network で取引を検証するためにコンピューティングノードのネットワークを設置したが、ハッカーがそのネットワークを51%支配することができれば、偽の取引を作成し、ネットワークに保存されている資金を盗むことができる。

Sky Mavis によると、攻撃者は偽の引き出しを偽造するために、ハッキングされた秘密鍵を使用したという。Sky Mavis は、29日朝、Ronin Bridge から5,000ETHを引き出せないというユーザからの報告を受けて、この攻撃を発見したと述べている。

攻撃についての詳細

Above: Axie Infinity では、ゲーム特典を現金に換金することができる。
Image Credit: Sky Mavis

Sky Mavis の Ronin チェーンは、現在9つのバリデータノードで構成されている。入金イベントや出金イベントを認識するためには、9つのバリデータのうち5つの署名が必要だ。攻撃者は、Sky Mavis の4つの Ronin バリデータと Axie DAO が運営するサードパーティバリデータの制御を得ることに成功したのだ。

バリデータ鍵方式は分散型に設定されているため、今回と同様に攻撃のベクトルが制限されるが、攻撃者は Sky Mavis のガス抜き RPC ノードからバックドアを見つけ、それを使って Axie DAO バリデータ用の署名を入手した。

これは2021年11月、Sky Mavis が膨大なユーザ負荷のため、Axie DAO に無料トランザクションの配布の協力を要請したことにさかのぼる。Axie DAO は、上場している Sky Mavis に様々なトランザクションの署名を代行させた。これは2021年12月に中止されたが、許可リストのアクセスは取り消されまなかった。

攻撃者が Sky Mavis のシステムにアクセスすると、Axie DAO のバリデータからガス抜き RPC を使用して署名を取得することができた。悪意のある引き出しの署名が、疑いのある5つのバリデータと一致することを確認した。(Sky Mavis)

実施された措置

Axie Infinity のデイリーユーザは200万人。
Image credit: Sky Mavis

Sky Mavis は、この事件が判明した時点で迅速に対応し、今後の攻撃に対する防御策を積極的に講じていると述べている。短期的な被害を防ぐため、同社はバリデーターの基準値を5から8に引き上げた。

我々は主要な取引所のセキュリティチームと連絡を取り合っており、今後数日のうちにすべての取引所に連絡を取る予定だ。我々は、古いインフラから完全に分離されたノードを移行している最中だ。(Sky Mavis)

同社はまた、これ以上の攻撃ベクトルが残っていないことを確認するために、Ronin Bridge を一時的に停止した。Binance(幣安)はまた、Ronin との間のブリッジを無効にし、慎重を期している。このブリッジは、これ以上資金が流出しないことが確認されれば、後日開放される予定だ。

Sky Mavis も、裁定取引と Ronin Network へのより多くの資金の預け入れができないため、Katana DEX を一時的に無効にしている。そして、ブロックチェーン上のトランザクションを追跡することができるため、盗まれた資金を監視するために Chainalysis と連携している。

次のステップ

Axie Infinity では、アイテムの販売や再販による売上高ら20億米ドルに上る。
Image credit: Sky Mavis

同社は、犯罪者が裁かれるように、さまざまな政府機関と直接連携しているという。

Axie Infinity / Sky Mavis の関係者と、どのように前進するのが最善で、ユーザの資金が失われないようにするかについて話し合っている最中だ。(Sky Mavis)

もともとSky Mavisは、一部のノードがチェーンに追いつかなかったり、同期状態で止まってしまったりすることから、バリデーターの基準値を9のうちの5に設定していた。今後は、9のうちの8を基準値とする予定だ。同社は、時間をかけて、迅速なスケジュールでバリデータ・セットを拡大していく予定だ。

ハッキングされた資金の大半は、まだハッカーとされる人物のウォレットにある。

https://etherscan.io/address/0x098b716b8aaf21512996dc57eb0615e2383e2f96

更新:グローバルな仮想通貨インテリジェンス・コンプライアンス企業  Blockchain Intelligence Group は現在、資金は別の場所に移動され、それを追跡していると述べている。以下はその詳細だ。

取引所に送られた資金
FTX(取引所):1,219.982731106253ETH
Crypto(取引所):1ETH
Huobi(取引所):3,750 ETH
これまでに4,970ETH(169億3,167万2,478米ドル相当)がすでに取引所に移動している。4つのアドレスの未使用資金も同様に移動する可能性がある。そして、これらのアドレスの未使用額の合計は177,192.66ETH。

Sky Mavis は、なぜこのようなことが起こったのかを正確に把握している。

この攻撃により、セキュリティを優先し、警戒を怠らず、すべての脅威を軽減することの重要性が強化された。我々は信頼を得る必要があることを理解しており、今後の攻撃を防ぐために、最も高度なセキュリティ対策とプロセスを展開するために、自由に使えるすべてのリソースを使用している。(Sky Mavis)

同社によると、Ronin の ETH と USDC の預金は、ブリッジ契約から流出したという。Sky Mavis は、法執行機関、フォレンジック暗号解読者、投資家と協力し、ユーザ資金の損失がないことを確認していると述べた。Ronin 上の AXS、RON、SLP のすべては今、安全であるという。

今現在、ユーザはRonin Networkに資金を引き出したり、入金したりすることができない。Sky Mavis は、流出した資金がすべて回収されるか、払い戻されるように努めている。(Sky Mavis)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


2021年のNFTゲーム売上は51.7億米ドル、「Axie Infinity」の奨学金システムが健闘か【Nonfungible.com報告書】

SHARE:

NFT(非代替トークン)は2021年に離陸し、Nonfungible.com は、NFTゲームの売上が1年間で51億7,000万米ドルに達したと報告した。L’Atelier BNP Paribas と NonFungible.com は NFT 市場全体に関する報告書を発表し、ゲームに限定しない NFT 全体の売上は2021年に176億米ドルに達し、2020年の8,200万米ドルから2…

Nonfungible.com は、NFT ゲームをはじめ、NFT 関連売上を計測している。
Image Credit: Nonfungible.com

NFT(非代替トークン)は2021年に離陸し、Nonfungible.com は、NFTゲームの売上が1年間で51億7,000万米ドルに達したと報告した。L’Atelier BNP Paribas と NonFungible.com は NFT 市場全体に関する報告書を発表し、ゲームに限定しない NFT 全体の売上は2021年に176億米ドルに達し、2020年の8,200万米ドルから200倍に増加したと発表した。

つまり、ブロックチェーンというデジタル台帳の透明性と安全性を利用して、ユニークなデジタルアイテムを認証する NFT は、次の大きな流れになると多くの人が信じたということだ。しかし、おそらく同じ数の人が、NFT は詐欺、風説の流布、マネーロンダリングなど、消費者にとって都合の悪いことばかりだと考えているのではないだろうか。

ブロックチェーンは透明性が高いので、この種の会計をするのは難しいことではない。L’Atelier BNP Paribas と NonFungible.com は、NFT を保有または取引するデジタルウォレットが250万以上あり、前年のわずか8万9,000ウォレットから増加していることを確認した。これらのウォレットの全てが昨年 NFT の購入に参加していたとすると、1年間の1ウォレットあたりの NFT 平均購入額は7,040米ドルだったことになる。NFT 購入者の実数は、2020年の75,000人から、2021年には230万人に増加した。

NonFungible.com の CEO Dan Kelly 氏は、次のように述べている。

2021年 は信じられない年だった。多くの人にとって、コレクティブルセグメントを取り囲んだ爆発は「バブル」と考えられている。

それどころか、今日、2021年に作られたすべてのコミュニティは、デジタルアイデンティティを持っていると考えている。全く新しい Web3 産業の構築を始めるにあたり、強いコミュニティによって担われる強い価値観が不可欠なのだ。

2021年のすべてのセグメントで非常に心強い数字が出たとしても、2022年には全体的に活動の減少が予想されるが、それはより成熟したものになることは間違いない。

私はこれが、2021年に NFT がトレンドとなる中で NFT 購入が好きな、ごく一部の仮想通貨ファンがいたことを表していると思う。2021年3月に6,900万米ドルで NFT アートワークを販売したアーティスト Beeple などの話だ。どんな理由であれ、NFT を買うことは、ビットコインを買うのと同じように2021年に大流行したのだ。しかし、市場は上がったものは下がることもあることを示唆し、HODLing、つまり「命をかけて持ちこたえる」ことは、気の弱い人には向かないことだった。

報告書によると、2021年の間に、NFT プロジェクトは単純な取引可能な収集品から、メタバースに向けたより洗練された仮想資産へと進化したとのことだ。

Quantum Tech Partners の別の報告書では、ブロックチェーンゲーム企業は2021年に33億米ドル以上を調達し、前年はほぼゼロだったのが、今年は増加した。

NFT を購入または転売する際には、総利益54億米ドル以上が発生し、473のウォレットが2021年中にそれぞれ100万ドル以上の利益を生み出した。

NFT の中で最も人気のあるカテゴリはコレクターズアイテムで、84億米ドル相当の売上を記録した。これには、 CryptoPunks や Bored Apes などのコレクションが含まれる。

NonFungible.com による4回目の年次調査は、市場が主流に向かう中、新しい資産クラスの急成長を追跡した。

NFT は仮想通貨とは異なり、完全にユニークで他の資産と交換不可能なデジタルブロックチェーン連動資産だ。例えば、プログラマブルアート、物理的資産の所有権記録、メタバース的プラットフォームにおける仮想土地のプロットなど、さまざまなものがある。それぞれの NFT はユニークで複製が不可能なため、仮想経済と物理経済のギャップを埋めることができ、拡大縮小、収集、取引が可能な価値あるデジタル商品の巨大市場の可能性を提供すると、Nonfungible.com は述べている。

市場の成長

The Sandbox

この報告書は、ERC-721トークン標準を使用したイーサリアムブロックチェーン、および他の主要な NFT ブロックチェーンである Flow、Ronin、Starkware のすべてのオンチェーン取引を追跡し、独自の技術で収集したものである。

この手法では、真の市場をより正確に把握するため、洗浄取引、ボット、特定のプロジェクトに関連付けられない取引量、および正当な NFT 活動とは見なされないブロックチェーン上の追加ノイズは、年間の総売上高に含まれないことが保証されている。

市場活動も大幅に増加した。7,100万を超えるアクティブなイーサリアムアドレスのうち、NFT の取引(ブロックチェーンアプリケーションでの売買、保有、使用を含む)を行うアクティブウォレットの総数は、2020年の8万9,061から2021年には250万以上(257万4,302)と、1,822%の増加となっている。

セグメント別 NFT 市場

Spatial では、バーチャルギャラリーで NFT アートを鑑賞できる。

NFT にはさまざまなユースケースがある。報告書によると、コレクターズアイテムが84億7,000万米ドルの売上で最大カテゴリとなり、このクラスの資産に対する過剰投機と、CryptoPunks や Bored Ape Yacht Club といった少数の大型 Profile Pictures コレクションにより、極めて高い売上高に牽引されたことがわかる。最も大きな成功を収めたのは、Dapper Labs と NBA のコラボレーションでバスケットボールの試合のハイライトを収めた「NBA Top Shot」だった。

次にゲームが51億7,000万米ドルの売上を記録したが、これは主に NFT のアイテム販売でプレイヤーが収入を得られるブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」のパフォーマンスによるものだ。このセグメントでは、アクティブなウォレットの量が印象的で、おそらく Axie Infinity の〝奨学金 〟システム(他のプレイヤーに自分のゲームアカウントへのアクセスを与え、発生した収入を共有できる)によるものだと、Nonfungible.com は述べている。

NFT の美術品売上は27億9,000万米ドルを突破した。このカテゴリは、コレクターズアイテムやゲームに比べると小さいように見えるが、NFT アセットクラスの中核をなしており、Beeple や Pak などのデジタルアーティストが有名になるにつれ、このカテゴリはエコシステムの中で最も安定した部分の1つとなっている。

メタバースカテゴリは、5億1,380万ドルの売上を記録した。このカテゴリは2021年の最終四半期に最も成長し、Facebook が Meta にブランド変更することを決定した時期と重なる。このセグメントは、例えばナイキが RTFKT を買収したように、消費者ブランドがメタバースプロジェクトへの投資を強化することで、今後数年間成長すると予想される。

そして、ユーティリティは2021年に5億3,080万米ドルの売上を記録した。これは、金融、チケット販売、保険、そしてマックスウェル・トライベッカのような新しいソーシャルクラブなど、アクセスに NFT の「パスポート」を必要とするコミュニティなど、多様なユースケースからなる市場セグメントだ。この分野は、おそらく市場で最も複雑かつ有望なものの一つだろう。

2021年の夏には市場がフィーバーし、8月には1週間で4億米ドル近い NFT が取引されピークを迎えた。2021年末には、NFT はメインストリームに到達し、NFT は Collins Dictionary の「Word of The Year(今年の言葉)」に選ばれ、NFT アーティストの Beeple は「The Tonight Show」と「Joe Rogan Experience」にゲストとして登場した。

L’Atelier BNP Paribas の最高執行責任者である Nadya Ivanova 氏は次のように語っている。

2021年は、取引の量と金額、主流ブランドの関心、新しいデジタルコミュニティの出現、プロジェクトに投入された数百億米ドルの資金という点で、NFT にとって飛躍の年だった。しかし、その資金が実際の製品やユーザーにとっての具体的な価値にどれだけ結びついているかは、まだ見えていない。

2022年、NFT 市場は引き続き不安定だが、優れたプロジェクトは技術的、社会的、商業的に成熟し始めると思う。

現在、NFT は人気のある収集品として注目されるだけでなく、この新興市場や資産クラス向けに、金融やリスク管理商品などのインフラや公益サービスを構築する真のニーズと機会が存在している。NFT 市場は、その基礎となる技術の境界をほとんど押し広げていないのだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


シンガポール、国まるごとデジタルツインを完成——担当測量士が語る地図づくりとの違い、広がる可能性と課題

SHARE:

最近、シンガポールは世界初の国まるごとデジタルツイン化する作業を完了した。Bentley Systems のツールは、生の GIS データ、LiDAR データ、画像データを、国の現実的なメッシュ、建物、交通機関のモデルに変換するプロセスを加速させた。 シンガポール国土庁(SLA)の上級主席測量士である Hui Ying Teo 氏は、VentureBeat に次のように語った。 我々は、これらの構…

Image credit: Singapore Land Authority

最近、シンガポールは世界初の国まるごとデジタルツイン化する作業を完了した。Bentley Systems のツールは、生の GIS データ、LiDAR データ、画像データを、国の現実的なメッシュ、建物、交通機関のモデルに変換するプロセスを加速させた。

シンガポール国土庁(SLA)の上級主席測量士である Hui Ying Teo 氏は、VentureBeat に次のように語った。

我々は、これらの構成要素が、3D マッピングやデジタルツインに始まるメタバース構築の一部となることを想定している。

彼は、デジタルツインを、強力なデジタイゼーションとデジタライゼーションによる現実世界の複製と考えているそうだ。それらは、持続可能で弾力性のある、スマートな開発に不可欠なものだ。彼のチームは、世界のさまざまな側面やユースケースを反映した複数のデジタルツインにわたって、単一の真実のソースを可能にするフレームワークを開発している。

シンガポールは島国であり、海面上昇も大きな懸念事項だ。統合されたデジタルツインのインフラは、すでにシンガポールが気候変動の影響などさまざまな課題に対応するのに役立っている。正確で信頼性が高く、一貫性のある単一の地形モデルは、国の水資源機関の資源管理、計画、沿岸保護の取り組みをサポートしている。

また、デジタルツインの取り組みは、再生可能エネルギーの展開にも役立っている。2030年までに2ギガワット・ピーク(GWp)の太陽光発電を導入するという政府の公約を達成するため、統合された建物モデルデータのソースが太陽光発電ロードマップの作成に役立っている。

地図づくりからデジタルツインへ

デジタルツインと地図の大きな違いは、デジタルツインは新しいデータに応じて常に更新されることだ。異なるプロセスで収集されたデータを更新し、別々でありながらリンクした都市のデジタルツインを表現するためには、高度なデータ管理プラットフォームが必要だ。

デジタルツインは、物理的な空間だけでなく、法的な空間(不動産権利の地籍図)やデザイン空間(BIM=ビルディングインフォメーションモデリングなどの計画モデル)も表現する必要がある。(Teo 氏)

市や国の政府は、個々の地理、インフラ、所有権の記録データのサイロを、統一されたデジタルツインに変換するためのさまざまな戦略を模索している。データの取得方法、使用するファイル形式、基盤となるデータの品質や精度には大きな違いがあるため、これは簡単な作業ではない。さらに、政府は、市民のプライバシー、企業データ IP の機密性、基礎となるデータのセキュリティを尊重した方法でこれらのマップを作成する必要がある。

たとえば、地籍調査などのデータソースは、不動産、鉱物、土地の使用領域にわたる所有権の境界を反映している。これらの記録に悪意や偶発的な変更が加えられると、プライバシーや競争上の優位性、所有権が損なわれる可能性がある。

シンガポールは世界で2番目に人口密度の高い国であり、垂直方向の建物やインフラの整備が盛んに行われている。従来の地図作成は、2次元の地形に重点を置いていた。2011年の大洪水で国土が破壊された後、政府はラピッドキャプチャ技術を使用して国土全体をマッピングする意欲的な3Dマッピングプログラムを開始し、2014年に最初の3Dマップを作成するに至りた。この地図は、様々な政府機関が政策形成、計画、運営、リスク管理を改善するのに役立ちた。

しかし、この地図は次第に古くなっていくる。そこでSLAは2019年、経年変化を検出し、国のダイナミックな都市開発を反映するために精度を向上させたオリジナルマップを更新する2回目の取り組みを開始した。このプロジェクトでは、国土全体の航空写真と、シンガポールのすべての公道を対象としたモバイルストリートマッピングを組み合わせた。

一度キャプチャすれば、多くの人が利用できる

従来は、計画策定の判断材料として、各官庁が独自に地形調査を行っていた。

開発スケジュールが異なるため、二度手間になることも少なくなかった。(Teo 氏)

Bentley とのパートナーシップは、SLA が「一度キャプチャしたら、多くの人に使ってもらう」という戦略を実行するのに役立った。この戦略により、政府機関、当局、コンサルタントの間で行われるプロジェクトで、オープンソースの 3D 国家地図として利用できるようになり、地図へのアクセス性が最大化された。最終的には、この3Dマップを拡張し、経年変化を把握するための 4D をサポートしたいと考えている。

LiDAR と自動撮影技術を組み合わせ、高速に全国地図を作成する。新しい高速キャプチャプロセスにより、コストを3,500万シンガポールドル(約30億円)から600万シンガポールドル(約5億円)に、時間を2年からわずか8ヶ月に削減することができた。

SLA では、41日間で16万枚以上の高解像度航空写真を撮影した。Bentley の ContextCapture ツールは、これらを0.1メートル精度の全国的な 3D リアリティメッシュに変換した。また、Bentley の Orbit 3DM ツールを使用して、25テラバイトを超えるシンガポールの道路データをデジタルツインに変換した。

チームは、データのさまざまな側面について、2つのファイル形式を標準化した。点群データには LAS と LAZ が使用されている。GeoTIFF は、画像と物理的な空間との位置合わせに使用される。CityGML は、ベクターモデルとサーフェースモデルのサポートに使用される。

オープン性とセキュリティのバランス

オープンデータとセキュリティの適切なバランスをとることが重要だと、Teo 氏は言う。オープンデータであれば、ユーザは用途に関係なく、組織のニーズに合わせて適切なツールを採用することができる。しかし、このオープン性は、セキュリティやプライバシーへの配慮とバランスをとる必要があった。生データを安全に処理し、適切なプライバシー保護措置を講じた上で、組織、企業、市民が利用できるようにする必要があったのだ。

チームメンバー全員がセキュリティスクリーニングを受け、データは安全に管理された環境で処理された。さらに、機密保持のため、さまざまな匿名化技術が適用された。これにより、計画、リスク管理、運用、政策に関わる機関全体で、誰のデータ権限にも影響を与えることなく、より広くデータを共有することができた。

データ処理は管理された環境で行われた。つまり、ネットワークにアクセスすることなく、外部から隔離された環境である。そのため、問題が発生したときに技術サポートを受けるなど、いくつかのプロセスに支障をきたした。

しかし、このような国家的規模のマッピングには、時間とセキュリティのバランスを取る必要がある。(Teo 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


ゲームパブリッシャーCarry1st、2,000万米ドルを調達——Googleやa16zがアフリカでWeb3ゲーム投資を強化(2/2)

SHARE:

(前編に続く) スタートダッシュ Carry1st は2018年以降、これまでに2,950万米ドルを調達している。 Carry1st は2019年にゲーム「Carry1st Trivia」をローンチし、この作品はケニアとナイジェリアで Android のNo.1 タイトルとなった。しかし彼らは、人々がゲームを発見するための別の方法を見つけることから、自分たちの専門性が(ゲームを作るよりも)ゲームの…

前編に続く)

スタートダッシュ

Carry1st の Cordell Robbin-Coker  氏(左)、Lucy Hoffman 氏(中央)、Tinotenda Mundangepfupfu 氏(右)は、Carry1st を2018年に創業した。
Image credit: Carry1st

Carry1st は2018年以降、これまでに2,950万米ドルを調達している。

Carry1st は2019年にゲーム「Carry1st Trivia」をローンチし、この作品はケニアとナイジェリアで Android のNo.1 タイトルとなった。しかし彼らは、人々がゲームを発見するための別の方法を見つけることから、自分たちの専門性が(ゲームを作るよりも)ゲームのマーケティングにあることに気づいた。彼らはインフルエンサーマーケティングの仕組みを研究し、現地の決済ソリューションがいかに重要であるかを学んた。アフリカでは、スマートフォン所有者の多くが、Google Play や Apple のA pp Store で使えるクレジットカードを持っていないのだ。

2020年初頭、同社はシードラウンドで資金調達し、現在、ユーザが現地の支払方法を使って支払うことを可能にする決済プラットフォームを構築している。それは、Krafton や Garena が東南アジアで行っている戦術と似ている。

同社は、Rovio、Socialpoint、Ubisoft、Wargaming 出身のモバイルゲームのベテランを含む、18カ国で37人をチームに擁している。

Andreessen Horowitz のジェネラルパートナー David Haber 氏は、次のように語っている。

アフリカを拠点とする企業への初の投資として、次世代モバイルゲームとフィンテックのプラットフォームである Carry1st に投資できることを嬉しく思う。

我々は、インド、中国、東南アジアなどの市場で見てきた優れた成功を、Carry1st が反映する絶好の機会だと考えている。創業者の Cordel、Lucy、Tino、そして Carry1st チームの「アフリカ版 Garena を作る」というミッションに協力できることを、これ以上ないほどうれしく思っている。

Carry1stの戦略

Carry1st の作品「Sponge Bob: Krusty Cook-Off」は、アフリカでヒットした。
Image Credit: Carry1st

Carry1stは 、パートナーのためにユーザ獲得、ライブオペレーション、コミュニティ管理、マネタイズを扱うフルスタック・パブリッシング・ソリューションを提供している。同社は、組み込み型の決済ソリューションとバーチャルグッズのオンラインマーケットプレイスを通じて、この地域での収益化を強化しており、銀行口座を持たない顧客も好みの方法でコンテンツに対する支払いができるようになっている。

前回の資金調達ラウンド以降、Carry1st はバーチャルグッズのオンラインマーケットプレイスを立ち上げている。また、「Sponge Bob: Krusty Cook-Off」を Tilting Point と共同開発した。

現在、彼らのゲームタイトルの最大の市場は、ナイジェリア、南アフリカ、エジプトである。ゲーム「Mine Rescue」は、グローバル市場で好調に推移している。このゲームは、カジュアルとパズルのハイブリッドゲームだ。収益の約半分は広告、半分はアプリ内課金によるものだ。

Carry1st は、自社がパブリッシング元となる共同開発ビジネスの構築も視野に入れており、アフリカの市場のギャップを自社ゲームで埋めることができるようになる。Carry1st は多言語に対応しているが、アフリカでは英語とフランス語で約9億人を相手にすることができる。

同社は最近、オンライン決済のパイオニアである PayPal や Chipper Cash と提携し、アフリカの人々が Carry1st Shop で Tinder の利用権、モバイルデータ、ゲーム通貨などのバーチャルグッズを簡単かつ安全に購入できるようにした。消費者は、仮想通貨、モバイルマネー、銀行送金など、現地のさまざまな支払方法を利用して支払うことができる。

Carry1st は、ニコロデオンの「SpongeBob: Krusty Cook-Off」のパブリッシャーである Tilting Point を含む多数の大手スタジオから7つのゲームのパブリッシング契約を締結している。「SpongeBob: Krusty Cook-Off」は最近、アフリカでローンチした。

その他のゲームパートナーには、世界有数のカジュアルおよびハイパーカジュアルモバイルゲームの開発およびパブリッシャーである CrazyLabs や、ポートフォリオ全体で1億2,000万ダウンロードを超えるスウェーデンの Raketspel などがいる。

Google のアフリカ担当マネージングディレクタ Nitin Gajria 氏は次のように語っている。

アフリカのモバイルゲーム業界を活性化するために Carry1st と提携し、初めてオンラインに接続する数億人の消費者に向けてソリューションを拡大するチームを支援できることをうれしく思う。

「Sponge Bob: Krusty Cook-Off」は、Tilting Point からライセンスを受けている。
Image Credit: Carry1st

Robbin-Coker  氏によると、同社は新しいビジネスの可能性として、NFT(非代替トークン)、仮想通貨、Web 3を研究しているとのことdだ。しかし、それ以外の課題としては、他国をまたぐ流通の拡大や現地でのパートナーシップの構築などがある。同社は、仮想通貨を市場に取り入れることに取り組んでいる。

この機会に、非常に興奮している。(Robbin-Coker  氏)

人気のあるタイトルをアフリカで成功させることは、Carry1st の戦略の大きな部分を占めるとRobbin-Coker 氏は言う。

トップクラスのゲームすべてがアフリカでうまくいくとは思っていない。しかし、文化的に適切なマーケティングと流通を行うことで、この地域で成功できると信じているゲームがたくさんある。

また、ゲーム内の資産を購入することができるマネタイズエンジンもある。 我々は、世界の主要なゲーム会社からより多くのタイトルと契約することを推進している。(Robbin-Coker  氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


ゲームパブリッシャーCarry1st、2,000万米ドルを調達——Googleやa16zがアフリカでWeb3ゲーム投資を強化(1/2)

SHARE:

Carry1st は、アフリカ市場の需要喚起を目的としたモバイルゲームパブリッシングプラットフォームのために、著名な投資家から2,000万米ドルを資金調達した。 Web の先駆者である Marc Andreessen 氏と Ben Horowitz 氏が設立した Andreessen Horowitz(a16z)、Avenir、 Google が参加した。このラウンドは、a16z にとってアフリカ…

Carry1st 創業者の3人。左から、Tinotenda Mundangepfupfu. 氏、Lucy Hoffman 氏、Cordel Robbin-Coker 氏
Image Credit: Carry1st

Carry1st は、アフリカ市場の需要喚起を目的としたモバイルゲームパブリッシングプラットフォームのために、著名な投資家から2,000万米ドルを資金調達した。

Web の先駆者である Marc Andreessen 氏と Ben Horowitz 氏が設立した Andreessen Horowitz(a16z)、Avenir、 Google が参加した。このラウンドは、a16z にとってアフリカに本社を置く企業への初の投資となり、パートナーの David Haber 氏(フィンテック担当)と Jonathan Lai 氏(ゲーム担当)はオブザーバーとして Carry1st の取締役会に参加する予定だ。

このラウンドには、グラミー賞受賞者で有名な仮想通貨投資家 Nas や、Chipper Cash、Sky Mavis、Yield Guild Games の創業者ら、著名なエンジェル投資家が参加した。さらに、Riot Games、Konvoy Ventures、Raine Ventures、TTV Capital など、Carry1st の2021年5月のラウンドに参加した投資家もフォローオン参加した。

アフリカの急成長

成長スピードの速いモバイルゲーム市場上位6つのうち4つがアフリカの国々だ。
Image credit: App Annie

アフリカには約11億人のミレニアル世代と Z 世代がいて、、彼らは大きなテクノロジーアダプターだ。モバイルインサイト企業 App Annie によると、アフリカはモバイルゲームのダウンロード数が最も伸びている地域だ。そのため、ゲーム VC ブームがアフリカに到来しようとしているのだ。

Newzoo と Carry1st が2021年に発表したレポートによると、サハラ以南のアフリカのゲーマー数は10年間で275%増加し、728%の収益増につながるとされている。Carry1st は、国内外のモバイルゲーム会社がこれらの消費者に利益をもたらすためのパイプ役になると自らを位置づけている。

Carry1st の共同創業者兼 CEO Cordell Robbin-Coker 氏は、次のように述べている。

アフリカのゲームエコシステム、特に無料プレイゲームの成長に満足している。そのため、アフリカを訪れる VC や戦略的投資家が増えている。中東に大規模な投資をしたら、最後のフロンティアはアフリカだ。そして、アフリカではすでにフィンテックの領域で爆発的な成長が見られる。

国際および地域のゲームスタジオは、流通やデジタル決済のエコシステムが断片的で未解決であるため、アフリカで収益を上げるのは難しいと感じることが多いようだ。筆者は、モバイルゲームの普及と収益化に関して、アフリカが最終的に中国やインドのような大きな地域の足跡をたどることができるのか、いつも不思議に思っていたので、Carry1stを注意深く観察してきた。

Carry1st は、月間96%の収益成長率を背景に、追加調達した資金をコンテンツポートフォリオの拡大、プロダクト、エンジニアリング、成長チームの拡大、数千万人の新規ユーザ獲得に充てる予定だ。特に、Carry1st は、ゲームの共同開発を拡大し、大手ゲームスタジオと協力してオリジナルコンセプトを開発し、Play-to-earn のゲームをサポートするためのインフラを開発している。

Robbin-Coker 氏は GamesBeat のインタビューで、次のように語った。

調達した資金でで一番やりたいことは、コンテンツのポートフォリオを拡大することだ。現在、7つのゲームのライセンスを取得している。我々は、無料プレイで世界的に成功したタイトルをさらに調達することに、本当に積極的になりたいと考えている。

後編に続く)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


香港のブロックチェーンゲーム・ユニコーンAnimoca Brands、時価総額50億米ドルで3.6億米ドルを調達

SHARE:

Animoca Brands は、5月以来4回目となる新たな資金調達を行い、今回は50億米ドルのプレマネー評価額で3億5,888万米ドルをすくい上げた。これは、ブロックチェーンゲームとオープンメタバースを生み出そうとする同社の試みに、またしてもお墨付きを与えたことになる。 Liberty City Ventures がこのラウンドをリードし、他の投資家 は10T Holdings、C Ventur…

Animoca Brands のチーム
Image Credit: Animoca Brands

Animoca Brands は、5月以来4回目となる新たな資金調達を行い、今回は50億米ドルのプレマネー評価額で3億5,888万米ドルをすくい上げた。これは、ブロックチェーンゲームとオープンメタバースを生み出そうとする同社の試みに、またしてもお墨付きを与えたことになる。

Liberty City Ventures がこのラウンドをリードし、他の投資家 は10T Holdings、C Ventures、Delta Fund、Gemini Frontier Fund、Gobi Partners Greater Bay Area、Kingsway、L2 Capital、Mirae Asset、Pacific Century Group、ParaFi Capital、Provident、Senator Investment Group、Sequoia China、Smile Group、Stable Asset Management、Soros Fund Management、Wildcat Capital Management、Winklevoss Capital など。

新しく調達した資金は、戦略的買収や投資、商品開発、人気知的財産のライセンス供与などの資金を継続的に調達するために使用される予定だ。

Animoca Brandsは、ブロックチェーンと NFT の利用により、オンラインユーザーにデジタル財産権をもたらすことでオープンメタバースの構築に取り組んでいる。これらの技術は、ユーザーの仮想資産とデータの真のデジタル所有権を可能にし、さまざまな分散型金融(DeFi)と GameFi(Play-to-earn など)、資産の相互運用性、すべての参加者にとってより公平に導くことができるオープンなフレームワークを実現している。

Animoca Brands の会長 Yat Siu 氏は、声明で次のように述べている。

Yat Siu 氏
Image Credit: Animoca Brands

真のデジタル財産権を提供し、オープンなメタバースを構築するという Animoca Brands の使命に対し、影響力のある戦略的投資家から継続的かつ増大する支援を得られたことを嬉しく思う。我々は、オープンな Web3 を構築し、金融包摂を拡大するオープンメタバースを促進するという野心的な目標を掲げている。

2021年、我々はこの分野で驚異的な成長を遂げ、Animoca Brands はこの業界の発展における最前線のリーダーの一人となった。我々は、まだ新しいインターネット革命の初期段階にあり、2022年以降にとてつもないチャンスが待っていると信じている。

市場調査会社 Newzoo によると、2021年の世界のビデオゲーム市場の売上高は推定1803億米ドル。一方、市場調査会社 Emergen Research は、メタバース市場規模が2028年までに約8,290億米ドルに成長すると推定している。

Animoca Brands は2021年を通して、デジタル財産権とオープンなメタバースのビジョンを推進するために2億1,628万ドルを調達し、子会社の The Sandbox は11月に9,300万米ドルの増資を完了した。

Animoca Brands は、The Sandbox の開発元 Pixowl を487.5万米ドルで買収した。
Image Credit: Animoca Brands

Animoca Brands と子会社は、集中型と分散型、ブランド型とオリジナル型のゲーム製品の幅広いポートフォリオを提供しており、モバイルデバイス、ゲームコンソール、PC、ウェブ、ブロックチェーンなどほとんどの主要プラットフォームでカバーしている。商品には、ハイパーカジュアルからハードコアまで幅広いゲームに加え、コレクターズアイテム、ユーティリティトークン、e スポーツタイトルなどがある。

同社の主なブロックチェーンゲームプロジェクトには、The Sandbox とその関連ユーティリティ・トークン「SAND」、近日公開予定のトリプル A ブロックチェーン・サードパーソン・シューター「Phantom Galaxies」、トークンエコシステム「REVV」(REVV Racing、F1 Delta Time、MotoGPfIgnition、Formula E: High Voltage)、プラットフォーム「Arc8」とそのユーティリティトークン「Gamee」などが含まれる。

Animoca Brands は、製品開発と出版事業に加え、OpenSea、Dapper Labs、Yield Guild Games、Star Atlas、Axie Infinity、Thetan Arena など、世界で最も有意義な NFT およびメタバース関連企業150社以上への積極投資を行っている。

Liberty City Ventures のマネージングパートナー Murtaza Akbar 氏は次のように述べている。

先駆的な Animoca Brands は、Web3 とオープンメタバースのゲームを変える特性を世界に示している。Animoca Brands は、誰もが自分のデジタル製品を所有し、そこから利益を得ることができる、より分散化された、オープンな、より公平な、そしてより包括的な未来を支持している。我々は、資産の所有と管理の未来を構築するために、Yat と彼の世界クラスのチームと協力することを非常に誇りに思う。

Animoca Brands の今回の調達前には、Forte の7億2,500万米ドルの調達など、他の大きなブロックチェーンゲームの資金調達があった。Concept Art House は2,500万米ドルを調達し、Galaxy Interactive はブロックチェーンゲームに投資するために3億2,500万米ドルのファンドを調達した。 Bitkraft は7,500万米ドルのトークンファンドを調達した。Sky Mavis は1億5,200万米ドル、Dapper Labs は2億5,000万米ドル、Mythical は7,500万米ドル、そして最大の Sorare は6億8,000万米ドルを調達した。

Above: Animoca Brands の NFT ゲーム「F1 Delta Time」
Image Credit: Animoca Brands

BGA(Blockchain Game Alliance)メンバーの BlockchainGamer.biz によると、2021年のブロックチェーンゲームへの投資額は推定40億米ドルとされている。資金調達額の上位5社は、Forte(9億米ドル)、Sorare (7億8,300万米ドル)、Dapper Labs(6億700万米ドル)、神話ゲーム(2億7000万米ドル)、Animoca Brands(2億2100万米ドル)だった。

Animoca Brands は、ブロークチェーンゲームのrリーダーになりたいと考えている。
Image Credit: Animoca Brands

Animoca Brands は、2018年にいち早くブロックチェーンゲーム戦略を採用した企業の1つで、NFT がゲームに採用されるとの信念からスタートした。今ではその予測は的中しているが、ブロックチェーンゲームはまだメインストリームへの採用、使いやすさ、環境への影響懸念(真実もあれば時代遅れのものもある)、詐欺への恐れなど、大きなハードルに直面している。多くのハードコアゲーマーが NFT を嫌いだと言っている。

一方、Ubisoft、韓国の Com2Us、スクウェア・エニックス、Zynga などのブランドは、ゲームにおける NFT の支持を表明している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


CES 2022: John Deere、自動運転トラクターを年内実用化へ——乗用車技術が通用しない業務特化車分野に強み

SHARE:

John Deere は、今年の CES で4万ポンド(約630万円)の自動運転トラクターを発表、2022年末までに実用化するとしている。 このシステムは、6対のステレオカメラと GPS ガイダンスを使って、チゼルプラウ(土壌を爪でひっかくように耕起する構造)と他の機器を牽引する機能を備えたトラクター「Deere 8R」を動作させる。農家は、スマートフォンのアプリをスワイプするだけでトラクターに作…

Image credit: John Deere

John Deere は、今年の CES で4万ポンド(約630万円)の自動運転トラクターを発表、2022年末までに実用化するとしている。

このシステムは、6対のステレオカメラと GPS ガイダンスを使って、チゼルプラウ(土壌を爪でひっかくように耕起する構造)と他の機器を牽引する機能を備えたトラクター「Deere 8R」を動作させる。農家は、スマートフォンのアプリをスワイプするだけでトラクターに作業させ、その後は、家族と過ごしたり、他の仕事をしたりするために、現場を立ち去ることができる。アプリを使ってトラクターが畑を耕したり他の作業をしたりしている様子をモニターし、ソフトウェアが処理できないような異常があればアラートを受信することができる。トラクターは、作業中に畑の作物の状態、土壌の状態、水分量などのデータを収集することもできる。

Deere & Company の CTO Jahmy J. Hindman 氏は、この発表を農場の生産性向上のための画期的な出来事として祝った。

最近まで農業は、馬力、投入物、農地の広さ、作業、全ての面でより多くすることを常に目指してきた。この10年間は、より少ない手間でより多くのことを行い、より多くの情報に基づいた意思決定を行うための追加のツールを農家に提供することだった。

上の写真。CES で紹介された自動運転トラクターと、John Deere 傘下 Blue River Technology のWilly Pell氏。
Image credit: David Carr

ここ数年、CES では自動運転車が定番となっており、今年も自動運転や運転支援システム用の LiDAR(光検出・測距)センサーなどの部品を提供する出展社がいた。しかし、Deere のトラクターは LiDAR を使用していない。同社の技術者は、自動運転車の世界からハードウェアやソフトウェアをアプリケーションに移植することはできなかった。トラクターは、振動や温度、埃など、自動車とは根本的に異なるコンピューティング環境である。そのため、例えばステレオカメラは Deere 独自の設計になっているという。

Hindman 氏によると、Deere は既製のコンポーネントから始めることができるが、必ず用途に合わせてカスタマイズしなければならないそうだ。例えば、Deere 8R には Nvidia Jetson Xavier GPU が使われているが、従来のコンピュータファンが実用的でない埃っぽい環境でのパッシブ冷却のため、カスタムアセンブリされている。

ソフトウエアの面では、すべて我々が開発したもので、まったく新しいものだ。(Hindman 氏)

農業への AI の応用を模索する立場に立つため、Deere は2017年に3億500万ドルを投じて Blue River Technology を買収した。

Blue River は、Deere の除草剤散布技術「See and Spray」の元になる技術を提供。畑に散布する化学物質の量を約80%削減し、農家のコスト削減とより持続可能な農業の推進に貢献するとしている。また、See and Spray は、ステレオカメラによるコンピュータビジョンをベースに、噴霧器が植物と雑草の上を通過する際に、雑草にのみ薬剤を散布するよう識別している。

Deere のアプリケーションはカスタムメイドだが、ディープニューラルネットワークの一般的なアーキテクチャなど、AI に関するより一般的な技術の進歩を活用していることは確かだ。(Blue River 自動運転および新規事業担当バイスプレジデント Willy Pell 氏)

Deere の子会社となった Blue River の人員は現在約30人だそうだ。

Deere の技術者は、自動運転トラクターのプロジェクトで、試作したトラクターにさまざまなセンサーを搭載し、畑を走らせてデータを記録し、どのセンサーが最も有用な情報を提供するかを調べた。我々は、LiDAR を使うと思っていたので、直感的に分かりにくかったのだが、ステレオカメラにたどり着いた。(Pell 氏)

LiDAR は、前方を走る他の車両との距離や方向、速度などを検出するのに適しているが、広大な農地を進むトラクターにはあまり適していない。

Deere のソフトウエアは、画像を複数のビューに分割することができる。つまり、ライブ画像、深度マップ、画像の各部分を画素ごとに分類し、地面と空、作物と畑に落ちている異物を区別することができるのだ。

トラクターは、圃場を横切る動物を回避するような一般的な事象に対処するようにプログラムされているが、予期せぬ事態に対処するための異常検知システムも搭載している。例えば、学習データにはない物体を検出した場合、停止して農家の判断を仰ぐ。

Deere は、この機械が自律的に、かつ安全に動作するように配慮していることを強調した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録