BRIDGE

タグ ベトナム

ベトナムのフィットネススタートアップWeFitが破産申請——昨年CACらから100万米ドル調達も、新型コロナ影響で業績低下

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 「ClassPass」のようなサービス「WeFit」を提供するベトナムのライフスタイルプラットフォーム WeWow が、新型コロナウイルスの影響で資金繰りが苦しくなり破産を申請した。…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


「ClassPass」のようなサービス「WeFit」を提供するベトナムのライフスタイルプラットフォーム WeWow が、新型コロナウイルスの影響で資金繰りが苦しくなり破産を申請した。

Image Credit: WeFit

地元メディアが入手した顧客への発表で、WeWow は、WeFit、WeFit Point、WeFit Pago、WeJoy を含むすべてのサービスを閉鎖すると発表した。

当社の運転資金は完全に枯渇している。そのため、事業やプロダクトを維持することができない。(同社声明)

WeWow では、5月10日まで予約が入っていた顧客については、第三者と連携することで対応するとしている。

WeFit は、ハノイとホーチミンシティの1,000以上の場所で、ユーザがフィットネスと美容のパッケージをサブスクリプション購入できるアプリだ。先月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で収入の約95%が影響を受けているとしていた。スタッフの50%以上をレイオフまたは解雇すると発表したアメリカ ClassPass に似ている。

WeFit は昨年1月に資金調達を行ったばかりで、サイバーエージェント・キャピタル(CAC)や東南アジアの VC からのプレシリーズ A ラウンドで100万米ドルを調達した。当時、WeFit は月に約15万件の予約を処理していたという。

昨年5月、ジャカルタ開催の「Monthly Pitch」に登壇した WeFit 創業者兼 CEO Nguyen Khoi 氏
Image credit: Masaru Ikeda

しかし、2019年末から2020年初頭に向けて、WeFit は1回の予約ごとのセッション数を減らす方針変更を理由に、多くのジムやスパから訴えられていた。また、今年初めには同社が借金を積み上げていることも報じられていた

2月には、WeFit の創業者兼 CEO Nguyen Khoi 氏が退任し、CEO 代理 Nguyen Hai Dang 氏が後任に就いた。

WeFit は、新型コロナウイルス影響による業績低下を乗り切れなかった、東南アジアで直近のスタートアップだ。

先週、インドネシアの格安ホテル会社 Airy は、今月いっぱい事業を停止すると発表した。食品物流スタートアップの Stoqo も最近シャットダウンを発表した。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

Ant Financial(螞蟻金融)、ベトナムの決済会社eMonkeyに出資【報道】

SHARE:

中国の EC 大手 Alibaba(阿里巴巴)のフィンテック関連会社 Ant Financial(螞蟻金融)が、夏に交渉した取引でベトナムのデジタル決済会社 eMonkey 株式の重大持分を獲得したと、ロイターが19日に報じた。 重要視すべき理由:Ant Financial は、よりグローバルな機会を獲得するための取り組みを強化している。 同社は先週、Eric Jing(井賢棟)氏に代えて Sim…

Image credit: Ant Financial / M-pay

中国の EC 大手 Alibaba(阿里巴巴)のフィンテック関連会社 Ant Financial(螞蟻金融)が、夏に交渉した取引でベトナムのデジタル決済会社 eMonkey 株式の重大持分を獲得したと、ロイターが19日に報じた。

重要視すべき理由:Ant Financial は、よりグローバルな機会を獲得するための取り組みを強化している。

  • 同社は先週、Eric Jing(井賢棟)氏に代えて Simon Hu(胡曉明)氏を新しい CEO に任命するなど、いくつかのリーダーシップの変更を発表した。
  • 現在、同社の会長を務める Jing 氏は、発表の中で、同社の「将来の市場の可能性」と「グローバル化戦略」により多くの時間を費やす必要があると述べた。

詳細情報:ロイターによると、Ant Financial は eMonkey に対して過半数支配権は持たないものの大きな影響力を持ち、e ウォレットに技術的な専門知識を提供することが期待されている。

  • 夏に交渉されたこの取引は、抵抗を受ける可能性があるため、ベトナムでは公表されていないと伝えられている。ベトナムでは新政府の政策により中国の投資家が特別経済圏を支配するとの懸念から、昨年以来、反中国の感情が醸成されているからだ。
  • Ant Financial の投資は、eMonkey が既にベトナム国立銀行から全ての営業ライセンスを取得しているため、賢明な動きだと言われている。
  • 報道によると、ベトナムには潜在ユーザ約1億人がいる市場で大きな成長機会を示しており、その4分の1は25歳未満だ。
  • Ant Financial のスポークスマンは20日、「市場の噂」についてコメントすることを拒否した。
  • 情報筋は、取引の規模に関する詳細を提供することを拒否した。

背景:Ant Financial は中国の主要なモバイル決済プロバイダであり、他の新興市場、特に東南アジアの市場への拡大を模索している。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

ベトナムのC2Cマーケットプレイス「Sendo」、シリーズCで6,100万米ドルを調達——SBI、BEENOS、SBVA、大和PIパートナーズ、DGなどから

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ベトナムの C2C オンラインマーケットプレイス「Sendo」は、シリーズ C ラウンドで6,100万米ドルを調達したことを明らかにした。これまでで最大金額の調達となる。 声明によれ…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


ベトナムの C2C オンラインマーケットプレイス「Sendo」は、シリーズ C ラウンドで6,100万米ドルを調達したことを明らかにした。これまでで最大金額の調達となる。

声明によれば、シリーズ C ラウンドには SBI グループ、BEENOS、SoftBank Ventures Asia、大和 PI パートナーズ、デジタルガレージといった既存投資家に加え、EV Growth やタイのカシコン銀行などの新規投資家が参加した。

Sendo
Image credit: Sendo

Sendo は調達した資金を使って、販売者と消費者の双方に提供している統合プラットフォームを拡張し、カスタマエクスペリエンスを進化させるべく AI や機械学習に投資すると、Sendo の CEO 兼共同創業者 Tran Hai Linh 氏は語った。

シリーズ C ラウンド以前には、Sendo は2018年8月、日本の金融サービス大手 SBI グループがリードしたシリーズ B ラウンドで5,100万米ドルを調達している。

同社は年間取扱額目標10億米ドルを予想より早く達成したものの、消費者の定着化により、現在も年間取扱額の成長に注力していると Linh 氏は語った。

マーケットプレイス、広告、物流、金融サービスにわたる Sendo の統合エコシステムは、複数の収益源からなるマネタイズ戦略によりうまく機能している。これは、究極的には利益確保に向けた道筋となるよう設計されている。(Linh 氏)

Sendo の CEO Tran Hai Linh 氏
Photo credit: Sendo

Sendo は2012年、ベトナムの大手 IT サービス企業 FPT Corporation の一部として設立された。ハノイやホーチミン市亭加え、7,000万人以上が住む二級都市に特化することで他の Eコマース事業者との差別化を図っている。

Sendo はマーケットシェアで JD.com(京東)から投資を受ける地元競合の Tiki と対峙している。Tiki は昨年のシリーズ C ラウンドで、JD.com をリードインベスターとして5,000万米ドルを調達した。

東南アジアの E コマース大手 Lazada と Shopee もベトナムでサービスを展開している。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

ベトナム発ブロックチェーンゲーム開発のSky Mavis、香港のモバイルゲーム大手Animoca Brandsらから150万米ドルを調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」を開発するベトナムのスタートアップ Sky Mavis は、ゲームデベロッパ・パブリッシャー Animoca Brannds がリ…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」を開発するベトナムのスタートアップ Sky Mavis は、ゲームデベロッパ・パブリッシャー Animoca Brannds がリードしたラウンドで150万米ドルを調達したことを明らかにした。このラウンドには 500 Startups のほか、ブロックチェーン企業として Hashed、Pangea Blockchain Fund、ConsenSys が参加している。

Axie のチーム
Photo credit: Sky Mavis

Sky Mavis は調達した資金を使って、Axie Infinity チームを拡大し、同ゲームの新機能開発を加速する計画。また、投資の一部は、より多くのユーザに向けた実用的なブロックチェーンアプリ開発に使われる予定だ。

同社は、DappRader や Dapp といった分散化アプリのランキングサービスのデータを引用して、Axie Infinity がこれまでにリリースされた中で、最も収益を上げているブロックチェーンゲームの一つになったと述べている。2018年5月のローンチ以来、Sky Mavis は Axie の空間に2つのゲームをリリースした。

同社は、遊んで稼ぐことができ、競争力のある没入型ゲームプレイを取り入れたモバイルアプリのローンチを2020年上半期に目指している。今年初めカナダを拠点とする Dapper Labs は、台湾のブロックチェーンアクセラレータ AppWorks と協業し、ブロックチェーン技術をアジアのゲームや音楽業界にもたらすと発表した。

先月 Andreessen Horowitz の仮想通貨ファンドがリードしたラウンドで1,100万米ドルを調達した DapperLabs は、ブロックチェーンゲーム「CryptoKitties」の開発元だ。同社は、ゲーム、文化、エンターテイメント分野の分散アプリ向けブロックチェーン「Flow」のリリースも発表している。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

コオロギ由来のたんぱく質を生産するベトナムのCricket One、500 StartupsとMasikが率いるラウンドでシード資金を調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 クリケット・プロテイン(コオロギ由来のたんぱく質)を生産するベトナム企業 Cricket One が、500 Startups とシンガポールに拠点を置く Masik Enterpr…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Cricket One が開発する「クリケットパウダー」
Image credit: Cricket One

クリケット・プロテイン(コオロギ由来のたんぱく質)を生産するベトナム企業 Cricket One が、500 Startups とシンガポールに拠点を置く Masik Enterprises が共同リードするシードラウンドで資金を調達した。調達額は公開されていない。

Cricket One の共同設立者である Nam Dang 氏と Bicky Nguyen 氏は2017年に同社を設立した。環境に優しい食料源を東南アジア地域外にも提供し、農業従事者の生活を助けるためだ。

Dang 氏によると、ベトナムではコオロギが自然に成虫になるまでにかかる日数は28日で、餌として有機農業副産物を食べる。Dang 氏は次のように語った。

特別な訓練を受けた地元農家にコオロギの育成を外部委託することで、コスト面で有利になるだけでなく、地元の収益が上がり地域開発にもつながり、またグローバル・サステナビリティも向上します。

Cricket One によると、2 リットルの水と1.5kgの餌があれば、1kgの可食重量を生産できるという。Masik Enterprises のディレクター、Mikhail Zeldovich 氏 は次のように語った。

実際のところ、1ヘクタールあたり年間250トン以上の純たんぱく質を生産できるので、かの有名な Impossible Burger 用に大豆を生産するのと比べて50倍近くの生産性を達成できます。

Dang 氏によると Cricket One は、事業の農家側に関してはすでに生産チェーン全体を確立したという。新たに獲得した資金を研究開発に投資し、コオロギのたんぱく質構造の研究をさらに進める予定だ。

同社によると、現在月間2,500万匹以上のコオロギを扱っているという。60%から70%のたんぱく質と7%の食物繊維で構成される主力商品のクリケット・パウダーは、アメリカやヨーロッパの製パン所や半導体メーカーに販売されている。また現在、ベトナム、ロシア、韓国で、クリケット・プロテインやオイルを含むソーセージやマヨネーズ、それに可溶性のクリケット・パウダーで作られたプロテイン飲料など、新しい商品も試験中だ。

マレーシアに拠点を置くフードテックスタートアップの Ento もまた、コオロギで作られた代替タンパク質商品で Impossible Foods に挑む。様々な種類のコオロギの丸焼きを販売する同社は現在、クリケット・パウダーを使った新たな商品ラインを開発中だ。今月初めには、シンガポールを拠点とする Rapzo Capital から非公開額を資金調達している

シンガポールの Nutrition Technologies もまたこの地域の同業者だ。Cricket One や Ento とは異なり、アメリカミズアブの幼虫をサステナブルな代替源とし、たんぱく質を生産している。

Nutrition Technologies は今年初め、Openspace Ventures と Seeds Capital がリードするシリーズ A ラウンドで非公開額の資金調達を受けている。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

O2OヘルステックスタートアップのMed247、KK Fundリードのラウンドでシード資金を調達——ベトナムの基本医療への需要拡大に対応

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ベトナムの O2O(オンライン・ツー・オフライン)ヘルステックスタートアップ Med247 は、シンガポールの KK Fund から資金を調達した(金額非公開)。KK Fund は東…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


ベトナムの O2O(オンライン・ツー・オフライン)ヘルステックスタートアップ Med247 は、シンガポールの KK Fund から資金を調達した(金額非公開)。KK Fund は東南アジア、香港、台湾でシードステージにあるインターネット・モバイルスタートアップを支援するベンチャーキャピタル企業だ。

シンガポールの Parkway Healthcare Group の元シニアエグゼクティブ Jin Hian Goh 氏もこのラウンドに参加している。

Image credit: Med247

Med247はベトナム国内で診療所を運営するとともに、予約やオンライン相談、医療記録や検査結果の確認、電子処方箋の取得(予定)を行えるモバイルアプリを患者に提供している。

CEO 兼共同設立者の Tuan Truong 氏は次のように述べた。

1つの施設で4つの診療科目を受診できる私たちの診療所に来てもらえれば、不安も払拭されます。

同社はコストカットと効率性向上に向けて保険会社とも連携していくという。

Image credit: KPMG

Truong 氏が Med247 を設立しようと思いたったのは、ベトナムにおける基本医療への需要の高まりがきっかけとなっている。KPMG のレポートによると、ベトナム全体の医療費は2017年には161億米ドルだったが、2020年には約200億米ドルにまで増加すると見込まれている(上図)。しかし、2016年の世界銀行のレポートによると、10万人あたりの医者の数がシンガポールでは230人いるのに対して、ベトナムには72人しかいない。

Truong 氏は次のように述べた。

今まさに変化の時代に突入しています。O2O 型の医療サービスは、今後2~5年のうちに世界中で当たり前のものになるでしょう。そしてベトナムはこうした流れの中でメリットを得られるポジションにいます。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

ベトナムのモバイル決済会社VTC Pay、NTTドコモのデジマケ&決済子会社DOCOMO Digitalと提携

SHARE:

ベトナムのモバイルウォレット、また決済代行事業者である VTC Pay は、同国のモバイルコマースエコシステムの規模拡大のため、DOCOMO Digital との提携を発表した。 DOCOMO Digital のプラットフォームは、海外加盟店と各種決済会社間を単一 API フレームワークでつなげる。この提携は、DOCOMO Digital の海外加盟店パートナーをベトナムの VTC ユーザにも提供…

Image credit: VTCPay

ベトナムのモバイルウォレット、また決済代行事業者である VTC Pay は、同国のモバイルコマースエコシステムの規模拡大のため、DOCOMO Digital との提携を発表した。

DOCOMO Digital のプラットフォームは、海外加盟店と各種決済会社間を単一 API フレームワークでつなげる。この提携は、DOCOMO Digital の海外加盟店パートナーをベトナムの VTC ユーザにも提供するものとなる。

VTC Pay によれば、電子マネー決済は、18〜34歳が統計の大半を占める300万人以上の消費者によって使用されており、毎日100万を超える取引が記録されているという。

VTC Pay Electronic Payment Center の取締役 Tran Quang Viet 氏は次のように述べている。

VTC Pay は、セキュリティと決済速度の最適化をユーザにもたらすために向上することに重点を置いています。

ベトナムは急速にデジタル化しており、6.7%の成長が見込まれている。

DOCOMO Digital の決済ビジネス部門ディレクター Dheeraj Soni 氏は次のように語った。

VTC の提携は、特に新興国市場における、デジタルまたはモバイルウォレットの統合という弊社のビジョンの大きな表れです。今回の提携により、弊社は、特にデジタルコンテンツ消費者の最大部分をなす若年層間で、最もよく使われる決済方法で、ベトナムでの拡大を目指す海外加盟店をサポートすることができます。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

ベトナムで急成長中のWisepass、あらゆるライフスタイルに合わせたサブスクリプションサービスを提供

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 サブスクリプションは持論のようなものだ。最近では誰でも1つ、もしくは5つほど持っている。Deloitte の報告によれば、2018年末時点で成人の50%はオンラインのみのメディアのサ…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


サブスクリプションは持論のようなものだ。最近では誰でも1つ、もしくは5つほど持っている。Deloitte の報告によれば、2018年末時点で成人の50%はオンラインのみのメディアのサブスクリプションを少なくとも2つ利用しており、2020年までにその数は倍になると予想されている。

このトレンドはデジタルメディアだけではない。Forbes によれば、アメリカではオンラインショッピングの買い物客の15%は、化粧品や食料品の詰め合わせからポップカルチャーの雑貨や日本のカワイイ小物まで、幅広い実物の商品を定期的に受け取るために少なくとも1つのサブスクリプションに登録している。

だが、もし昼食からお酒まですべてをカバーする包括的なサブスクリプションがあるとしたら?

その2つはベトナムに拠点を置くスタートアップ Wisepass がサブスクリプション利用者に提供している商品のうちの2つにすぎない。月に32米ドルという安さで、食事や酒類だけではなく、コーヒーや映画のチケット、他にも多くのものがサブスクリプションで手に入るのだ。

ユーザは提携加盟店に行き、カウンターで QR コードをスキャンし、有効な商品を選択してその場で受け取るだけでいい。現時点で Wisepass はホーチミンシティ、ハノイ、バンコク、マニラの4都市300か所以上で利用が可能だ。

しかしながら、1日に受け取ることができる商品の数には限りがある。Wisepass のメンバーシップにはさまざまな価格帯とそれに応じた特典がある。最低価格の月に75万ベトナムドン(約3,500円)では、サブスクリプション利用者はコーヒー、映画のチケット、VIPな食事、コワーキングスペースへのアクセスといった「スタンダードアイテム」を1日に1つ受け取ることができる。

月に1,500万ベトナムドン(約69,000円)の高価格帯のプレミアムメンバーシップでは、1日に2つの「スタンダードアイテム」か、1日に1つの「プレミアムアイテム」を受け取ることができる。プレミアムアイテムの例としては、高級酒や高級料理といったものが挙げられる。

そして、月に4,000米ドルという最高級プランもあり、そこでは25年もののウイスキーのような、さらに高級な商品を受け取ることができる。

始まりの話

Wisepass のアイデアが始まったのは2016年8月、同社のCEO兼共同設立者 Tran Lam 氏がホーチミンシティの地元のバーで飲んでいた時だった。Tran 氏は回想する。

ウイスキーのボトルを頼んだのですが、200米ドル以上だったのを覚えています。それは無茶なので、代わりにビールを注文しました。

その後、私は Jack Daniels を販売している友達を呼び、彼が売っている Jack Daniels を私が全部買ってバーに送ると言いました。私たちはいくつかのバーやレストランと契約を結びました。お客が来たら QR コードをスキャンし、Jack Daniels のボトルを無料で得ることができると、彼らに話しました。

客足が増え、また客は一杯だけでは終わらないために、バーやレストランはこのアイデアに乗り気だった。

顧客にとっては、月ごとのメンバーシップに登録して毎晩無料で Jack Daniels が飲めるというのは大きな魅力だった。ウイスキーから始まり、その後 Wisepass はウォッカ、ジン、ラム、そしてワインと、あらゆる夜遊びの必需品を提供し始めた。実際、そもそも Wisepass は一時期は夜遊びのアプリで、「今夜はどうする?」という宣伝文句を掲げていた。

しかしながら、酒類の提供だけでは十分ではなかった。世界的な酒類市場は巨大であっても、ベトナムの当該市場はまだ発展途上だ。そのため、同社はサブスクリプション利用者にどういったサービスを求めているのかを尋ねた。

その結果、現在 Wisepass は無料の食事、映画のチケット、コーヒー、葉巻、さらには高級別荘への宿泊まで提供している。

Image credit: Wisepass

サブスクリプション利用者にとっては、Wisepass の潜在的なメリットは明らかだ。金額相応の価値を別にしても、Wisepass のサブスクリプションには新たな提供品が継続的に追加されるため、新たに行きたいと思う場所や欲しいと思うものを見つけることに関して、潜在的な利便性が高い。しかし飲食業界の方はどうだろう? 同社のサービスから何を得ているのだろうか?

Tran 氏の説明によれば、Wisepass は2つのビジネスモデルを実行している。酒類に関しては、Wisepass は仲介業者として Jack Daniels、Absolut Vodka、Chivas Regal のようなブランドをバーやクラブ、レストランに届けている。それ以外の、映画のチケットや食事のようなものに関しては、Wisepass は消費された商品の全額を支払っている。

ですので、弊社は割引アプリだとは考えていません。(Tran 氏)

同氏は指摘する。粗利益の観点からは、サブスクリプションのメンバーシップから上がる利益の40~60%となっている。

ヒートアップする競争

利益の面では、Wisepass は2017年から2018年にかけて前年比500%の増加を報告しており、そのうちの20~25%が同期間内の販売とマーケティングに含まれるとしている。

2019年は、同社は再び3桁の成長率に達しそうな順調なペースで進んでいる。

受け取ることができる商品に関しては、Wisepassは現在のところ1ヶ月に2,000件となっているが、Tran 氏は2019年末までに1ヶ月2万件に届く見込みだとしている。

しかしながら、Tran 氏は年間解約率についての話は拒否した。

Wisepass にすでにお金をつぎ込んでいる投資家に向けた内容なので、その情報を明かすことはできません。それに最近はあまり解約には焦点を当てておらず、新しい金融モデルを用いて商品の数に注力しています。

2017年、Wisepass はシードラウンドで Expara Ventures と VIISA を含む投資家から40万米ドルを調達した。

同社には競合がいる。現在市場で最も近い位置にいるのは、アメリカと香港でサービス展開している Hooch であると Tran 氏は述べている。Wisepass と同様に、Hooch はサブスクリプションをベースとしたアプリで、毎日無料でカクテルがもらえるというものだ。シンガポールを拠点とするChugも似ていて、週ごとまたは月ごとのサブスクリプションで利用者に無料ドリンクが与えられる「ナイトライフ・ドリンク・パス」を提供している。

Wisepass の強みは同社が構築してきたサプライチェーンのネットワークにあると Tran 氏は考えている。Absolut、Gibson’s、Beefeater、Chivas Regal、Ballantine’s のような有名なお酒のブランド以外にも、Starbucks、California Fitness & Yoga、CGV Cinemas のようなブランドともパートナーシップを結んでいる。こういったパートナーシップを結ぶことで、新しいスタートアップが一から同じことを始めるのが困難になっていると同氏は述べている。

新しいスタートアップがこういったネットワークを同じような規模で築き上げることは、不可能ではありませんが、非常に困難です。

もちろん、こういったコネクションを持つ複合企業が Wisepass の模倣をしようとするかもしれないという可能性はあるが、それはあらゆるスタートアップが直面する問題だ。

初めのつまずき

無料の食事や飲み物に基づいたスタートアップは成功すると考えがちだが、常にそうであるわけではない。事実、Tran 氏が明かすように、Wisepass の最初期のバージョンは主にビジネスユーザに注力したものだった。

一例として Coca-Cola を見てみよう。Tran 氏はこう説明する。Lazada や Tiki のような e コマースのプラットフォームはユーザに関する多くのデータ(誰が何をどこで買い、いくら使っているか)を持っているが、Coca-Cola のような企業はさまざまなチャネルを通じて世界中に製品を広めているので、常にそのような余裕があるわけではないという。

そこで Coca-Cola のようなブランドが、顧客が受け取る商品を通じて投資に対するリターンをオフラインで追跡できるようにし、それによってリソースをどこにつぎ込めばよいのかを明確にする役に立つ、というのが Wisepass の当初の考えだった。

Image credit: Wisepass

机上の計算ではすべてが上手くいくはずだった。パートナーブランドのみに限ればだが。Tran 氏は回想する。

最初の2年間はひどい失敗でした。エンドユーザのことを忘れた美麗なコンセプトに魅了されていたためです。

追跡されるためにアプリをダウンロードする人が、一体どこにいるでしょうか?エンドユーザにはまったく意味がないものだったのです。セールス要因の方法論などエンドユーザは気にしません。彼らが気にするのは、アプリから何を得ることができるのかということだけです。

今日の Wisepass は、チームが基本に立ち返り、消費者側から全体のエクスペリエンスをリデザインした結果である。

将来の計画に関しては、Wisepass はこの先の18ヶ月でマレーシア、インドネシア、そしてシンガポールの市場に進出するつもりであるとTran 氏は明らかにした。またヘルスケア(例えば整体や歯科検診など)、航空チケット、そして地上の交通機関についても検討している。資金調達の面では、Wisepass は100万米ドルのシリーズ A ラウンドをクローズしている最中だ。

究極的には、Wisepass はアクセシビリティアプリだ。ユーザと、ユーザが最も欲しいと思うものを結びつけるのだ。

今後数ヶ月で利益を出せるようになります。

弊社の仕事は、ユーザの旅路のすべてを Wisepass でカバーすることです。そうすれば10億ドルや1兆ドルのビジネスに成長できると思っています。(Tran 氏)

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

ベトナムで物流版Uberを展開するLOGIVAN、アジアのエンジェル投資家やVCから550万米ドルを調達

SHARE:

ベトナムを本拠とする物流スタートアップの LOGIVAN が、アジアのエンジェル投資家とベンチャーキャピタル企業から550万米ドルを調達したことを発表した。Matrix Partners China(経緯中国)の創業マネージングパートナー David Su(徐伝升)氏がファミリーオフィスを通して出資したほか、インドネシア・ジャカルタを本拠とする Alpha JWC Ventures もこれに参加し…

香港で開催された RISE 2018 でピッチする、LOGIVAN 創業者で CEO の Linh Pham 氏
Image credit: LOGIVAN

ベトナムを本拠とする物流スタートアップの LOGIVAN が、アジアのエンジェル投資家とベンチャーキャピタル企業から550万米ドルを調達したことを発表した。Matrix Partners China(経緯中国)の創業マネージングパートナー David Su(徐伝升)氏がファミリーオフィスを通して出資したほか、インドネシア・ジャカルタを本拠とする Alpha JWC Ventures もこれに参加した。

報道発表の中で同社は、これまでで最も多い金額を調達したラウンドだったとコメントした。LOGIVAN は昨年、2つの資金調達ラウンドをクローズした。4月に Insignia Ventures Partners から60万米ドルを調達。そして Ethos Partners、Vinacapital Ventures、Insignia から175万米ドルを調達した。今回のラウンドによって、時価総額は非開示ながら総額790万米ドルを調達したことになる。

David Su 氏は出資理由を次のように語っている。

成長が続く東南アジアにあって、ベトナムは新たな希望の星です。過去数年に中国で目にしてきたのと同じような成長が期待できるところです。ベトナムの物流業界はきわめて分断されており、物流コストが GDP に占める割合は23%と高いほか、国内にあるトラックの90%を保有しているのは個人事業主です。Manbang(満幇)が成功を収めたことからすると、LOGIVAN もそれに倣える可能性があります。

<関連記事>

新たな資金を獲得した LOGIVAN は、データアナリシスやプラットフォーム間の統合に投資し、サプライチェーンの効率性向上、ユーザ体験の最適化を目指す計画だ。他にも人工知能(AI)アプリ、トラックのマッチング、(復路を空荷で走行するトラックの利用を最適化するための)運賃アルゴリズム、人材にも投資していく。

LOGIVAN は2017年11月、ケンブリッジ大学を卒業した Linh Pham 氏がベトナム南北間の州で貨物輸送サービスを提供するために設立された。また、2018年、2万2,000を超える配送パートナーと「あらゆる種類の商用トラック」をつないだことを明らかにした。1万社もの荷主が同社のシステムに登録している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

ドレミングアジア、デジタルウォレットで給与が受け取れるサービスをベトナムで開始

SHARE:

ドレミングアジアは、会社が月の給与の締め日を迎えていなくても、リアルタイムでその時点までの労働者の給料を計算できるペイロールのしくみを開発している。同社は先週から、ベトナム国内でリエンベト郵便銀行が提供するデジタルウォレットアプリ「ViViet(ビベト)」上で給与支払サービスを開始したことを明らかにした。ドレミングアジアが提供する日額給与計算の算出機能により、従業員は日額での給与のみならず月次給与…

Viviet
Image credit: Doreming Asia

ドレミングアジアは、会社が月の給与の締め日を迎えていなくても、リアルタイムでその時点までの労働者の給料を計算できるペイロールのしくみを開発している。同社は先週から、ベトナム国内でリエンベト郵便銀行が提供するデジタルウォレットアプリ「ViViet(ビベト)」上で給与支払サービスを開始したことを明らかにした。ドレミングアジアが提供する日額給与計算の算出機能により、従業員は日額での給与のみならず月次給与の支払・受取も可能となる。

発展途上国では金融サービスが充実しておらず、信用度の低い低所得者がローンでお金を借りる場合、貸し倒れ率が高くなる関係上、年利が100%、300%、なかには、1,600%など高利なサービスに選択肢が限られる。ドレミングアジアでは、月の給与の締め日を迎えていなくても、労働者が日額で給料を受け取れるようにすることで、不必要な借り入れを防ぎ健全な家計管理を支援する。

ドレミングアジアは2017年9月、リエンベト郵便銀行、三井情報と覚書に調印。2017年9月から12月に渡り、ドレミングのフィンテックサービス「Doreming」の実証実験をベトナム国内で実施した。本サービス開始に向け2018年5月に基本契約を締結し、今回の本サービスの開始に至った。ベトナムでは今日、旧正月(テト)の元日を迎えており、1月29日から2月12日がテト休暇に設定されている。物入りとなる旧正月を前に本サービスの開始に漕ぎ着けた格好だ。

via Doreming Asia

----------[AD]----------