THE BRIDGE

タグ Vook

映像クリエイター向けプラットフォーム「Vook」運営のアドワールが総額1億円の資金調達を実施、対象クリエイターの幅を広げる

SHARE:

映像クリエイターのための情報プラットフォーム「Vook(ヴック)」を運営するアドワールは10月30日、みずほキャピタルおよび大和企業投資に対する第三者割当増資を実施した。調達した資金はみずほ銀行および日本政策金融公庫からの借入を含めて総額1億円。株式と借入の金額や株式比率、払込日などの詳細は非公開だ。 2016年2月にβ版をリリースしたVookは映像に関わるクリエイターが知識や情報を共有するナレッ…

集合写真2 (1).png
アドワールのメンバー、左下が代表の岡本俊太郎氏/同社提供

映像クリエイターのための情報プラットフォーム「Vook(ヴック)」を運営するアドワールは10月30日、みずほキャピタルおよび大和企業投資に対する第三者割当増資を実施した。調達した資金はみずほ銀行および日本政策金融公庫からの借入を含めて総額1億円。株式と借入の金額や株式比率、払込日などの詳細は非公開だ。

2016年2月にβ版をリリースしたVookは映像に関わるクリエイターが知識や情報を共有するナレッジシェアプラットフォーム。技術情報をシェアする「Vook note」と招待制のポートフォリオ「Vook port」の2つのサービスが提供されている。またWeb上だけでなく、全国でユーザーイベントや合宿などを開催し、クリエイターのコミュニティ化を促進する。

ユーザー数は数万人規模で特に実写やアニメーション、CG、VRなどの映像に関わるクリエイターの利用が多いのが特徴。ナレッジ共有のほか、ポートフォリオによるユーザーマッチングなどにも活用されている。

今後同サービスはカメラや映像の編集だけでなくCGや音楽、俳優などにも幅を広げて動画制作に関わるクリエイターを支援していく。また調達した資金はサービス拡充のためのシステム構築やコンテンツ制作などに充当し、プラットフォーム開発やイベントの開催などを実施する予定だ。

----------[AD]----------

映像クリエイター向けプラットフォームVookを運営するアドワール、コンコードから資金調達

SHARE:

映像クリエイター向けプラットフォームVookを運営するアドワールが、コンコードエグゼクティブグループから第三者割当増資を実施した。金額は非公開。 コンコードは、次世代リーダーのキャリア支援で実績を持つ人材紹介会社。同社は、社会起業家への出資を通じてスタートアップを支援している。 同社は、過去に楽天にイグジットした外国人旅行者向けCtoCサービスを運営するVoyaginに出資実績がある。 楽天がアク…

アドワールのメンバー、左から2番めが代表の岡本俊太郎氏
アドワールのメンバー、左から2番めが代表の岡本俊太郎氏

映像クリエイター向けプラットフォームVookを運営するアドワールが、コンコードエグゼクティブグループから第三者割当増資を実施した。金額は非公開。

コンコードは、次世代リーダーのキャリア支援で実績を持つ人材紹介会社。同社は、社会起業家への出資を通じてスタートアップを支援している。

同社は、過去に楽天にイグジットした外国人旅行者向けCtoCサービスを運営するVoyaginに出資実績がある。

楽天がアクティビティ予約のVoyagin(ボヤジン)を買収

アドワールは、2016年はじめ、映像クリエイター向け制作ノート「Vook」をリリース。その後、制作ノート数を増やし、クリエイターのハブとして、イベント開催など活動の幅を広げている。

動画クリエイターが制作ノートを通じてナレッジをシェアするサービス「Vook」β版がリリース

映像クリエイティブの領域も、VRやアニメーション、ウェブ上での表現など、可能性が拡大している。コンコードは、映像クリエイターの成長を支えるアドワールに出資することで、自社のキャリア支援事業ともシナジーを生む狙いだ。

岡本氏は今回の資金調達について、「今回の資金調達は、サービスを大きく伸ばしていくための一歩」と語る。

「サービスをリリースしてから、映像クリエイターの反響が徐々に増えてきました。私たちにしかわからない、映像クリエイターのニーズや困りごとをしっかりと理解できたと思っています。資金調達を行い、キャリア支援を行うコンコードのナレッジも生かして、クリエイターの人材支援も視野に入れながら事業を展開したいと考えています」

アドワールは今後、開発体制の増強してサービスの改善スピードの向上させ、バックオフィス面の整備等による組織力の強化を図る。「Vook」は9月にクリエイターがポートフォリオを登録できる機能の公開を予定しているという。

----------[AD]----------

動画クリエイターが制作ノートを通じてナレッジをシェアするサービス「Vook」β版がリリース

SHARE:

渋谷に拠点を置く動画ベンチャーのアドワールが、動画クリエイターが自身の経験や知識を制作ノートという形で共有するサービス「Vook」をリリースした。 Vookは、動画クリエイターが普段の制作現場で得た知識や経験を、制作ノートとしてクリエイター同士で共有するサービス。今回リリースされたのはβ版となっており、利用できる動画クリエイターは限定されているが、将来的に一般公開していく予定だという。 アドワール…

Vook

渋谷に拠点を置く動画ベンチャーのアドワールが、動画クリエイターが自身の経験や知識を制作ノートという形で共有するサービス「Vook」をリリースした。

Vookは、動画クリエイターが普段の制作現場で得た知識や経験を、制作ノートとしてクリエイター同士で共有するサービス。今回リリースされたのはβ版となっており、利用できる動画クリエイターは限定されているが、将来的に一般公開していく予定だという。

アドワールは、日本をテーマにしたCMコンテスト「my Japan Award」や、地域を動画で伝えるサマーキャンプ「Creative Summer Camp」などを立ち上げ、運営してきた岡本俊太郎氏と阿部剛平氏の2人が立ち上げた動画ベンチャー。

彼らは、Web動画やVRなど様々なシーンで動画の活用が高まっている一方で、動画制作に関する知識や経験はクリエイター達の間でも偏っていることが多いことに疑問を感じ、動画クリエイターたちのナレッジを体系化・集積化していくために「Vook」を立ち上げた。アドワール代表取締役の岡本氏は、Vookについてこのように語る。

岡本氏「動画系スタートアップはたくさんありますが、これまで動画クリエイターに密着したサービスはありませんでした。

私たちは、日本をテーマにしたCMコンテスト「my Japan Award」や、地域を動画で伝えるサマーキャンプ「Creative Summer Camp」などを運営した経験から、動画の制作現場には様々な課題があることに気づきました。

「動画元年」と呼ばれるように、動画需要の急速な高まりも相まって、クリエイターが集中して制作に向き合える環境づくりが何よりも大切と考えています。動画は、世界の共有言語であり、ネットではすぐに世界中の人に伝えられる面白さがあります。

これから日本の動画クリエイターの制作環境をより良くし、 クリエイティブで面白いコンテンツやコミュニケーションが日本からたくさん世界に出て行くようにしたい、そんな想いでこのVookを運営しています」

動画が活躍する場面は広がっている一方で、動画コンテンツを作るクリエイター側は増えていない。彼らが始めた「Vook」は将来的に動画クリエイター向けの教育サービスや、クリエイターのネットワークとしても展開できる。クリエイターに対して、共有するインセンティブをうまく設計していくことができれば、面白いことになりそうだ。

----------[AD]----------