BRIDGE

タグ wanpick

女性向けソーシャルニュースランキング「Wanpick」はスマホ時代のオリコンを目指す

SHARE:

ニュース・キュレーションにはまだ可能性が残されているのだろうか? そんなことを考えさせてくれるアプリが今日開催されるiMEDIA SUMMITの壇上でお披露目される。スマートフォン向けの動画広告ソリューションを提供するオープンエイトは今日、新ニュースキュレーションアプリの「Wanpick(ウォンピック)」を発表する。 同社代表取締役の高松雄康氏が本誌に教えてくれたもので、アプリの正式な公開は5月中…

wanpic

ニュース・キュレーションにはまだ可能性が残されているのだろうか?

そんなことを考えさせてくれるアプリが今日開催されるiMEDIA SUMMITの壇上でお披露目される。スマートフォン向けの動画広告ソリューションを提供するオープンエイトは今日、新ニュースキュレーションアプリの「Wanpick(ウォンピック)」を発表する。

同社代表取締役の高松雄康氏が本誌に教えてくれたもので、アプリの正式な公開は5月中で、対応OSはiOSとなっている。

私はそのリリース前のβ版をしばらく試用させてもらっていた。なおオープンエイトについては以前取材したこの記事を参照頂きたい。

参考記事:女性向けスマホ動画広告配信「OPEN8」アイスタイル、エキサイト、インキュベイト3社が設立 #bdash

さてこのアプリ、感想を一言でいうと「カジュアルな印象のニュースランキング」といったところだろうか。

短い時間だがレビューした内容をお伝えしよう。

IMG_1385IMG_1388

Wanpickはソーシャル上での話題を元にニュースをキュレーションしてくれるアプリ。高松氏によれば、キュレーションエンジンは主にエンゲージメントなどの定量情報を元にスコアリングしたものだそうで、集めてくるニュース情報の傾向はGunosyのマイニュースタブやNuzzelのそれと近く、SmartNewsの前身となるCrowsnestの印象にも近かった。いわゆるソーシャルニュース・リーダーだ。

自分に関連性のある、もしくはつながりのある人たちの話題がふんわりと集まっているようなチューニングになっており、アプリを開いてすぐに表示される「ソーシャルニュースランキング」はこのアプリのコンセプトをよく感じられる内容になっている。

またニュースをランキング形式で1位から順にナンバリングをしており、さらに一時間毎の更新を明示している点も特徴的だといえる。アイデアひとつかもしれないが、高松氏の言葉を借りれば「ニュース情報のオリコン」のような軽いタッチの印象を強く受ける。

仕訳についても一部「?」がつく内容が紛れ込むこともあるものの、精度は高い。高松氏によればこのエンジンの開発には相応に時間をかけてきたということだった。

アプリのインターフェースは今や一般的となった横スクロールによるカテゴリスイッチ、縦方向に時系列でニュースが並ぶパターンで、コメントを付けたりすることもなく、アプリの中でなにかユーザーにアクションを促そうという意図はあまり感じられない。

導線もリンクのみで、ユーザーによるアプリ内のブックマーク保存はできるが、基本はそのままニュースサイトをそのまま表示させる。いわゆるブラウザだ。

スマホ時代の「オリコンランキング」というブランド

IMG_1387IMG_1386

私が高松氏に投げた質問は大きく二つ。後発であることは否めないので、どこにポジションを求めるのか、それとどうやってユーザーを獲得するのかというものだ。

高松氏はオープンエイトがアイスタイルから派生したメディア思想が強いマーケティング会社であるという前提で、このアプリを開発したことを強調してこうコメントをくれた。

「RSSリーダーやヤフトピのような各メディアの誘導エンジンになるのを前提とした、ソーシャル軸のニュース配信プラットフォームとしてポジションをつくりたいと考えています。本アプリの最大の特徴はランキングと速報性です。1時間毎に更新されるランキングというわかりやすい指標はニュースアプリの敷居を下げてくれるので、働くF1層の女性をメインにして広げていきたいと考えています」(高松氏)。

高松氏との会話で何度も出てきたのが女性重視の姿勢だ。現在のニュースアプリがやや男性中心で情報感度も高めの層を狙う傾向があるのに対して、女性向けの「ニュース」アプリという絞り込みはあまり聞かない。

高松氏によれば、このアプリは企画から開発までを主に女性のチームが担当し、自分たちが欲しいと思うアプリを開発したのだそうだ。彼女たちは普段ニュースをfacebookやTwitterといったソーシャルメディア上でチェックすることも多いという。

「ニュースアプリがいっぱいいっぱいだ、と考えているのはこの業界だけかと思います。1億2千万人いてアクティブユーザーが100万や200万って、と。もちろんLINEとYahoo!というメジャーがあるのでそこに偏ることはあるかと思います。でも別にメジャーじゃなくてもソーシャルニュースランキングでは500万アクティブユーザーくらいは市場として築けるかなと」(高松氏)。

ニュースアプリを作る、というより女性が気軽にチェックできる「オリコンランキング」のような存在、それが彼らの目指すWanpickのイメージのように感じた。ユーザーの獲得については、広告投下に頼るというよりは、ゆるやかにファン層を集めて初期のトラクションを確認し、ある程度数字が乗ってくることがあれば追加の投下をかける、というごく自然な方法を取るということだった。

この辺りについてはオープンエイトがそもそも動画広告の提供会社であり、Wanpickはあくまでサブ・プロジェクトであることも大きく影響しているだろう。

ただ、アドテクの会社がメディアの切り口を持つことは勿論大きな意味がある。つまり、Gunosyのようなスタイルだ。(この件についてはこちらのインタビューを参照頂きたい)まだ両方とも立ち上がったばかりのプロダクトでもあるので、連携についてはおいおい実例が出てくる頃にまた話を聞きたいと思う。

----------[AD]----------