BRIDGE

タグ Warburg Pincus

シンガポールのMVNOスタートアップCircles.Life、ユニコーンクラブ入り間近か——世界的PE企業Warburg Pincusから資金調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 シンガポール拠点の MVNO である Circles.Life は、世界的プライベートエクイティ企業 Warburg Pincus から相当額の出資を受けたと述べた。この出資を受けて…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


シンガポール拠点の MVNO である Circles.Life は、世界的プライベートエクイティ企業 Warburg Pincus から相当額の出資を受けたと述べた。この出資を受けて、Circles.Lfe はユニコーンの地位に近づいていると、この件に詳しい情報筋が Tech in Asia に語った。Circles.Life は、本ラウンドの正確な調達規模の開示を拒否した。

Circles.Life 共同創業者 Rameez Ansar 氏
Photo credit: Circles.Life

声明によると、Circles.Life は、以前のラウンドで Sequoia、EDBI、Founders Fund などの投資家から調達した資金に加え、今回調達した新しい資金を使用して、成長と新市場への拡大をさらに加速する予定。同社は現在、シンガポール、台湾、オーストラリアで事業を展開している。

2016年に設立された Circles.Life は、簡素化されたデータ通信特化の料金メニュー、シームレスなオンボーディングプロセス、使いやすいアプリなど、パーソナライズされたクラウドベースのデジタルテレコミュニケーションサービスを顧客に提供している。Circles.Life のウェブサイトによると、同社のソリューションは、製品を顧客に即座に展開するためにゼロから構築された独自のソフトウェアプラットフォーム「Circles X」に支えられている。

<関連記事>

Circles.Life は、特にアジア太平洋地域の急速にデジタル化されるモバイル市場において、大きな成長の機会を見込んでいる。この業界は、この新しい時代に顧客にシームレスな体験を提供するのに十分な速さで適応しておらず、技術が実現する挑戦者のために大きな空白を作り出している。(Warburg Pinncus のマネジングディレクター Saurabh Agarwal 氏)

Circles.Life は創業以来、シンガポールで5%以上の市場シェアを獲得したと主張している。シンガポールの他の MVNO には、redOne、Zero1、MyRepublic Mobile などがいる。Circles.Life は2019年6月に台湾でサービスを開始、その際には、少なくとも5つの新市場参入のために2億5,000万シンガポールドル以上を費やす予定だと述べてた。その後、同年9月には、地元通信会社 Optus との戦略的提携を通じてオーストラリアに進出した。

Circles.Life は最近、シンガポールに本拠を置くチケッティング企業 Sistic との別の提携を発表し、非電話サービスを拡大した。この提携により、ユーザ は Circles.Life のアプリでイベントを直接予約し、Circles.Life のアカウントに登録されているクレジットカードを使用して支払うことができる。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

Go-Jekへの出資で知られる米ファンドWarburg Pincus、中国と東南アジア向けに42.5億米ドルの新ファンドを設立

SHARE:

世界的なプライベートエクイティ企業大手で、グロース投資に特化している Warburg Pincus は、東南アジアと中国を対象とした2つ目のファンドの設立を完了した。 42.5億米ドルのコンパニオン・ファンド「Warburg Pincus China-SEA II」では、2018年終盤にクローズされた148億米ドル規模、グロースに特化した世界的なプライベートエクイティファンド「Warburg Pi…

Image credit: kojinaka / 123RF

世界的なプライベートエクイティ企業大手で、グロース投資に特化している Warburg Pincus は、東南アジアと中国を対象とした2つ目のファンドの設立を完了した。

42.5億米ドルのコンパニオン・ファンド「Warburg Pincus China-SEA II」では、2018年終盤にクローズされた148億米ドル規模、グロースに特化した世界的なプライベートエクイティファンド「Warburg Pincus Global Growth」と共に、この地域のポートフォリオ企業に投資していく。

Warburg Pincus China-SEA II は、2016年12月にクローズされた22億米ドル規模のコンパニオン・ファンド Warburg Pincus China に続くものだ。中国では、Warburg Pincus は Hua Ping(華平)として知られている。

Warburg Pincus China-SEA II ファンドがローンチされたのは2019年1月だった。目標とするファンド規模は35億米ドルだったが、42.5億米ドルを上回るコミットメントが得られた。

Warburg Pincus China-Southeast Asia のリミテッドパートナーには、現行ファンド Warburg Pincus の既存投資家以外に新たな投資家も加わった。多様な投資家の中には、パブリックおよびプライベートの大手年金基金のほか、政府系ファンド、保険会社、寄付、財団、ファンド・オブ・ファンズ、ファミリーオフィス、個人富裕層などが含まれる。

最新ファンドは中国および東南アジアにおいて、命題主導型のセクターに特化したアプローチでグロース投資を実施する。一定の規模と持続可能な価値を持つ企業を作るために、起業家や経営陣と提携していく。投資は、消費者およびサービス、ヘルスケア、不動産、金融サービス、テクノロジー・メディア・通信(TMT)の5セクターに特化する。

Warburg Pincus の CEO を共同で務める Charles R. Kaye 氏と Joseph P. Landy 氏は、声明の中で次のように述べた。

当社ではすでに、110億米ドルの資金を中国および東南アジアの120社以上の企業に投資しており、投資家に対して相当の収益還元を行っています。Warburg Pincus China-Southeast Asia II に対する堅調な需要は、当社の確固たる取引記録、有能な投資チーム、リミテッドパートナーが中国と東南アジアでのグロース投資に好機を見出していることの表れです。

中国および東南アジアで Warburg Pincus が現在投資している企業には、Amcare、ANE Logistics、Ant Financial、ARA、China Kidswant、D&J China、ESR Group、Go-Jek、Hygeia、Jinxin Fertility、Liepin、Mofang、NIO、Vincom Retail、Yuanfudao、ZTO Express などがある。

マネージングディレクター兼東南アジア部門トップの Jeff Perlman 氏は、次のように述べている。

近年 Warburg Pincus は、シンガポールの拠点から成長して、東南アジアにおける最大で最もアクティブな投資家になりました。特に、ベトナム、インドネシア、シンガポールに注力しています。当社にとって、東南アジアは巨大な成長市場です。ここには、過去25年にわたり当社の中国事業を成長させてきた力強い投資テーマやトレンドが数多くあります。シンガポールで成長している当社チームに加え、今回のファンドと当地域での近年の成功により、私たちは東南アジアでさらなるフランチャイズを構築することが可能になるでしょう。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------