THE BRIDGE

タグ Waymo

ピザ配達は自動運転の時代へ、ドミノピザとNuroがヒューストンで実証実験ーー日本での実現は2020以降?

SHARE:

ピックアップ:Domino’s® and Nuro Partner to Bring Autonomous Pizza Delivery to Houston ニュースサマリー:ピザチェーン「Domino’s(ドミノピザ)」は17日、完全自立走行車(無人自動運転の車)を利用したピザの自動配達の試験運用を米ヒューストンにて開始すると発表した。 利用する完全自立走行車(上図)は…

Capture.JPG
custom unmanned vehicle known as the R2

ピックアップDomino’s® and Nuro Partner to Bring Autonomous Pizza Delivery to Houston

ニュースサマリー:ピザチェーン「Domino’s(ドミノピザ)」は17日、完全自立走行車(無人自動運転の車)を利用したピザの自動配達の試験運用を米ヒューストンにて開始すると発表した。

利用する完全自立走行車(上図)は、同領域にてR&Dを進めるNuro社製。同社とパートナシップを結び、パイロットプログラムの形で実証実験が進められる。Nuroは、今年3月よりヒューストン市内にて実際に車を走らせており、今の時点で目立った問題は見受けられていない。

話題のポイント:日本にいるとあまり感じませんが、公道における自動運転車(ドライバー席があるか無いかに関わらず)の実証実験が世界各地で進みつつあります。Silicon Valley Mobilityの調べによれば、2018年段階の世界各国における状況は以下の通り。

Capture.JPG
Silicon Valley Mobility

やはり、テスラやGoogleのWaymoなどの本拠地があることから米国が圧倒的1位で24都市、次いでイギリスが6都市、オーストラリアが5都市と続いています。2018年におけるCB Insightsの調査では、エンタープライズからスタートアップまで合わせて計46社が自動運転のR&Dに挑んでいる調査結果を発表しています。

さて、では日本で公道を利用した自動運転実証実験の状況はどうなのでしょうか。下図は、内閣官房IT総合戦略室が2018年に発表した自動運転システムの市場化・サービス実現期待時期に関する資料です。

Capture.JPG
官民ITS構想・ロードマップ2018(案)

限定的ではありますが、2020年の東京オリンピックへ向けてサービス開始を見込んでいることが受け取れます。加えて同資料では、日本国内にて実証実験が実施されているエリアが紹介されていました。やはり、東京都ではまだ実施されていませんが今後、羽田空港周辺にて実証実験が予定されているとしています。

スクリーンショット 0001-06-21 9.59.52.png
官民ITS構想・ロードマップ2018(案)

 

 

----------[AD]----------

AlphabetのWaymo、自身初の商用無人タクシー「Waymo One」を発表

SHARE:

Alphabet の自動運転車部門 Waymo が5日、 自身初の自動運転タクシーサービスのローンチに向け大きな一歩を踏み出した。 すでにフェニックスで無人運転サービスのテストをしばらくの間行っていたが、乗客が料金を支払えるこの商業サービスを5日正式に発表した。 サービス名は「Waymo One」と呼ばれ、Uberや他の人気配車サービスとよく似ている。出発地・目的地を基に Waymo One が見…

Alphabet の自動運転車部門 Waymo が5日、 自身初の自動運転タクシーサービスのローンチに向け大きな一歩を踏み出した。

すでにフェニックスで無人運転サービスのテストをしばらくの間行っていたが、乗客が料金を支払えるこの商業サービスを5日正式に発表した。

サービス名は「Waymo One」と呼ばれ、Uberや他の人気配車サービスとよく似ている。出発地・目的地を基に Waymo One が見積りを提示した後、乗客は専用アプリで自動運転車を呼び、A からB地点に移動することができる。

しかし、Waymo One はまだ一般の人には利用できない。まずトライアルプログラムのアーリーステージに関わる乗客のみが利用可能で、今後より多くの人を乗せられるようにするという計画だ。

すでにプログラムへの参加が許された乗客は、大人2人と子ども1人を連れて行くことができる。

「Waymo One」のアプリ

2009年、Google がステルスプロジェクトの一環として、初めてサンフランシスコの道路で自動運転車のテストを開始した。2016年、同社の自動運転車部門を Waymo と名前を変え、Alphabet の子会社としてスピンアウトした。CEO は Hyundai North America の元社長兼 CEO である John Krafcik 氏が務めている。

Waymo によると、わずか8か月で走行マイル数を2倍にし、公道で1,000万マイルの自動運転を行った

ローンチへの道

Waymo One の自動運転車は、メトロフェニックスエリアで24時間利用できる予定。完全自動運転であるが、サービス開始の段階では人間ドライバーを車内に搭乗させる。しかし、Waymo は彼らが車を制御しなければならないことを意図しているわけではないので、「安全な」ドライバーとして売り込むことはない。ドライバーのいない車に乗ることに不安を覚える人に安心感を与えるのである。

同社は次のように話している。

乗客の快適さと利便性のため、訓練を受けた Waymo のドライバーが同乗し、自動運転車を監視します。

Uber やその他配車サービスと同様に、アプリ内からサポートをリクエストしたり、乗車後レビューを書くことができる。

「Waymo One」アプリの、過去の乗車記録レビュー画面

ここ数年にわたり公共タクシーの自動運転テスト数多く行われているが、自動運転車を手掛ける大手企業の1つである Waymo がアメリカで完全商業サービスをローンチするのは、この新興産業にとって注目すべき画期的な出来事である。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

自動運転技術のWaymo、米フェニックス地区のValley Metroと提携し公共交通にラストマイルを提供

SHARE:

自動運転車は配達や高速道路での運転、長距離輸送のトラックにとって素晴らしいというだけのものではない。2011年に MIT の研究者が推測したように、地方の交通機関のギャップ、つまりバスや列車やライトレールのような公共のインフラと目的地の間のいわゆる「ラストマイル」を埋める力を自動運転車は秘めている。 それこそが Google のスピンオフである Waymo が探ろうとしている研究分野だ。本日(7月…

waymo_minivan_5
Image Credit: Waymo

自動運転車は配達や高速道路での運転、長距離輸送のトラックにとって素晴らしいというだけのものではない。2011年に MIT の研究者が推測したように、地方の交通機関のギャップ、つまりバスや列車やライトレールのような公共のインフラと目的地の間のいわゆる「ラストマイル」を埋める力を自動運転車は秘めている。

それこそが Google のスピンオフである Waymo が探ろうとしている研究分野だ。本日(7月31日)同社は Medium への投稿で、自動運転車を活用し公共交通と利用者の間の橋渡しをする「モビリティのソリューションを開発する」ために、フェニックス地区の公共交通機関 Valley Metro と提携を結んだと発表した。

このサービスの料金がどうなるのかを Waymo は述べていないが、Uber や Lyft を利用する場合と同程度の価格になるのかもしれない。Bloomberg の報告によれば、Waymo の Early Rider プログラムの参加者が現在テストを実施している Waymo アプリは仮の価格表示を開始しており、1人が11.3マイル(約18km)の道のりにかかる推定費用は19.15米ドルである。

Waymo の広報担当者は Bloomberg に、その価格は「検討中の様々な価格モデルを反映したものではなく」、「フィードバックをお願い」するためだけに付けられたものであると語った。いずれにせよ、現時点では Valley Metro の乗客に料金を課す計画はない。

8月のローンチが予定されている Waymo と交通当局のパートナーシップの第一段階では、乗客に付近の公共交通機関までの乗車が提供され、それには同社のアプリを使って呼ぶことができる Waymo の自動運転 Chrysler Pacifica ミニバンが使用される。

このプログラムは今年中には、公共交通から「伝統的に十分なサービスを受けていない」として Waymo が注目している Valley Metro RideChoice の乗客へと拡大される予定だ。(RideChoice は高齢者や障がい者にタクシーの割引料金を提供している。)このパイロットプログラムの第二段階の間に、提携する2社はサービスのインパクトや長期的なポテンシャルを評価する共同研究に乗り出すことになっている。

すべてが計画通りに進めば、Waymo は将来的により多くの Valley Metro の乗客へと自動運転の交通輸送を拡大する。

Google はこう記している。

公共交通へのアクセスを向上させる Waymo の技術の採用、そのインパクト、そして長期的なポテンシャル、そういったものを評価する共同研究の基礎を形作ることになります。いかに自動運転車両がグレーターフェニックス・エリア中の乗客の輸送やモビリティのギャップを埋めることができるのか、共同作業を通じてそれを探っていきたいと考えています。

ここ数ヶ月で Waymo はかなりの前進を見せている。3月に同社はアトランタで自動運転のトラックを道路で試すロジスティクステストをローンチし、5月には同社の自動運転 Pacificas の商業化のためのライセンスに関する話し合いを Fiat Chrysler と始めた。そしてちょうど今月(7月)、新たな Jaguar Land Rover の車両を今年中に車列に加えることを明らかにした。

先週(7月第4週)、Waymo の CEO である John Krafcik 氏は、同社の自動運転車が公道上で800万マイル(およそ1,200万 km)、シミュレーションで50億マイル(およそ80億 km)の距離を走行したと発表した。同社は600台の Pacifica ミニバンを公道で展開しており、その一部は Early Rider プログラムに参加している400名以上の住民に使用されている。また追加で8万2,000台もの車両(6万2,000台のミニバンと2万台の Jaguar I-Paces)を8月以降に加えていく計画である。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Waymo、アトランタにあるGoogleのデータセンターで自動運転貨物トラックの実験を開始

SHARE:

Alphabet の自動運転車部門は、自律走行の取り組みをトラック運送の領域に広げると発表した。 Waymo は近頃自律走行車の実験を行っているが、他にも自動運転配車サービスの計画を打ち出し、自動運転用ミニバンも公開した。昨年のニュースで Waymo は自動運転技術をトラックに展開させたと報じられたが、その程度についてはほとんど明らかにされていなかった。しかしようやく、アトランタで自動運転トラック…

1_uln03d1h6x0y8idgsxrq3q
トラック事業を始めた Waymo

Alphabet の自動運転車部門は、自律走行の取り組みをトラック運送の領域に広げると発表した。

Waymo は近頃自律走行車の実験を行っているが、他にも自動運転配車サービスの計画を打ち出し自動運転用ミニバンも公開した。昨年のニュースで Waymo は自動運転技術をトラックに展開させたと報じられたが、その程度についてはほとんど明らかにされていなかった。しかしようやく、アトランタで自動運転トラックのパイロット実験を開始し、Google データセンターに向けた荷物の搬送に活用することが確認された。

このプログラムは Waymo が自動運転車で学習した知見を活用するものの、公道でのトラック走行には独特の課題がある。

同社はブログへの投稿で以下のようにコメントした。

当社ソフトウェアは、数年にわたり人間が自動車の運転をしてきたのとほぼ同じ方法で大型トラックを運転する技術を学習しています。運転の原理は同じですが、ブレーキ、ハンドリング、死角などの要素は荷物満載のトラックやトレーラーとでは異なります。

1_9mdaeoy-fpxsle9usrp7pa
Waymo のトラック

このパイロット実験は、Alphabet の子会社 Google と姉妹関係にあるロジスティクス部門との協力で実施されている。これにより Waymo は、自社の技術を現実世界の環境下で試すことができる。

Waymo はこう付け加えた。

今回の実験により技術をさらに発展させ、それを荷主や配送企業の業務運営のほか、工場、配送センター、港湾、荷物ターミナルといったネットワークと統合できるようになるでしょう。

数週間前には、Waymo の自動運転が公道で500万マイルを走行したことが発表されたばかりだ。同社の自動運転車やミニバンを駆動しているソフトウェアやセンサーのほか、長距離を走行した際に収集した全てのデータも、トラック走行実験に投入されている。当然ながら、自動運転トラックは完全な自動運転車ではない。通常の自動車の場合と同じように、運転席には常にドライバーが座ることになるだろう。

今回発表がなされたタイミングも注目される。ほんの数日前には、競合の Uber がすでにアリゾナ州において自動運転トラックで貨物を配送しているというニュースが流れたばかりだからだ。そのため、Uber と Waymo は、機密情報の盗用を巡って法廷で争いをした1ヶ月後、再び戦場で対峙することとなった。ビジネスとは、そのようなものなのかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Alphabet傘下のWaymo、レンタカー大手のAvisを自動運転車の世界に引き込む

SHARE:

Alphabet が Avis Budget グループと、フェニックスにおける Waymo の自動運転ミニバン車両を管理することで合意した。これは自動運転車市場で足がかりをつかみたい企業同士の提携の流れの中で最新の事例となる。 Alphabet はこの1年、Chrysler と協業して Pacifica ハイブリッドミニバンを改造し、Waymo の自動運転システムの搭載に努めていた。Waymo は…

waymo-minivan
Image Credit: Alphabet / Waymo

Alphabet が Avis Budget グループと、フェニックスにおける Waymo の自動運転ミニバン車両を管理することで合意した。これは自動運転車市場で足がかりをつかみたい企業同士の提携の流れの中で最新の事例となる。

Alphabet はこの1年、Chrysler と協業して Pacifica ハイブリッドミニバンを改造し、Waymo の自動運転システムの搭載に努めていた。Waymo はこの4月、試験プログラムの一環として、フェニックス住民に無料ライドの提供を始めている。Avis はミニバンの駐車場とサービスを提供するが、LIDAR センサーなど自動運転テクノロジーの保守は行わない。

Bloomberg が最初に報道したこの提携は数年間続くと思われるが、独占契約ではないようだ。これにより、さらなるパートナーシップが見られるだろう。Avis はオンデマンドレンタカーサービスの Zipcar も所有している。Zipcar のレンタルモデルと自社の自動運転技術を組み合わせることで、Waymo は Uber に対抗しうるビジネスモデルを構築できるかもしれない。Waymo はまた Lyft とも協業しており、自動運転車の普及に努めている。

今回の協業には、Amazon が Whole Foods Markets を買収したケースと類似した面がある。大手テック企業が自社ではなかなか構築できない人材とサービスインフラを確保するために将来的に競合となるであろう企業を買収したということだ。自動運転車は Avis のようなレンタカー企業にとっての脅威でもあり、同時に、消費者と直接関わらなくても、バックエンドサービス事業者として新たな市場に存在感を広げることができるチャンスでもある。

Avis の株価はこのニュースが明らかになった当初は21%の急上昇を見せ、14%高で取引を終えた。だが、本日(6月26日)の回復をもってしても Avis の株価はこの3年で45%下がっており、これは Uber や Lyft が従来のレンタカー企業にとって脅威となっていることが一因として挙げられる。

更新:

Avis のライバル企業 Hertz Global Holdings も、月曜日(6月26日)の報道で Hertz が6台のレクサス RH450h SUV を Apple に貸し出し、同社の自動運転技術テストに提供するとしていたこともあり、株価が13%上昇している。Apple と Hertz の協業規模は Waymo と Avis のものより小さいが、テックおよびレンタカーの両業界が、提携先企業と歩調をそろえて自動運転車の開発競争で優位に立つべく競争力を強化しようとしていることが見てとれる。

Goldman Sachs は先月(5月)、レンタカー企業とテック業界の協業の可能性を示唆するレポートを発表している。レポートでは次のように述べられている。

レンタカー企業は良いポジションにつけている(例:Avis、Hertz、Avis 傘下のカーシェアリング企業 Zipcar)。ファイナンス、調達、大量の車両の再販といった経験と、車両を整備・清掃したり、(電気自動車として)走らせたりする不動産や設備を都市部に持っている。これらの企業と OEM との関係性は象徴的だ。彼らは OEM から車両を(安価に)調達し、不良在庫を吸収している。レンタカー企業は自動運転車両マネジメントの合弁企業やパートナーシップに参加を求めていくことになるだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------