THE BRIDGE

タグ ウェアラブルデバイス

ソニーモバイル、ウェアラブルデバイス「SmartWatch 3」「SmartBand Talk」を発売へ

SHARE:

ソニーモバイルコミュニケーションズは、Android Wear™を搭載した腕時計型スマートウェア「SmartWatch 3 SWR50」および「SmartBand Talk SWR 30」を発表した。いずれもオープン価格だが、それぞれ市販価格が2万5,000円と1万8,000円前後になると推測される。2014年11月下旬より順次発売だ。 「SmartWatch 3 SWR50」は、Android …


SmartWatch 3 & SmartBand Talk
ソニーモバイルコミュニケーションズは、Android Wear™を搭載した腕時計型スマートウェア「SmartWatch 3 SWR50」および「SmartBand Talk SWR 30」を発表した。いずれもオープン価格だが、それぞれ市販価格が2万5,000円と1万8,000円前後になると推測される。2014年11月下旬より順次発売だ。

SmartWatch 3
「SmartWatch 3 SWR50」は、Android Wear™ を搭載した新しいスマートウォッチだ。約1.6インチの画面を搭載し、天気や交通情報、メッセージなどを確認することができる。

タッチ操作だけでなく、音声入力にも対応し、話しかけるだけでメールやメッセージの返信が可能。加速度センサーやGPSを搭載し、歩数や消費カロリー、位置情報などの活動データを記録、確認することができる。

また、4GB の内蔵ストレージに音楽プレイリストを直接インストールし、スマートフォンなしでも音楽を楽しむことができるという。Android™4.3以上のスマートフォンに対応し、具体的な機種は順次公開予定とのこと。

SmartWatch 3
ブラック、ライムのベースカラー2色のラインナップだが、バンド部は取りはずして別売のオプションバンド(ホワイト・ピンク)と付け替えることが可能だ。IP68相当の防水・防塵対応で場所を選ばず使うことができる。

SmartBand Talk
一方、「SmartBand Talk SWR30」は曲面型電子ペーパーをディスプレイに採用したリストバンド型端末だ。約1.4インチのディスプレイは、太陽光の下でも高い視認性を保ち、3日間の電池持ち(スタンバイ時)が可能。

専用のアプリケーションに反映された行動履歴やコミュニケーション情報等は、この端末のディスプレイで確認できる。また、加速度センサーおよび気圧計センサーを搭載、階段の上り下りの歩数を記録し、より正確な消費カロリーを計測することができる。

さらに、マイクおよびスピーカーを内蔵し、Bluetoothでペアリングしたスマートフォンにかかってきた電話を受信して通話もできる。取り外し可能なバンド部は、S、Lの2サイズが同梱され、出荷時にはLサイズが取り付けられている。こちらもIP68相当の防水、防塵対応で、水回りでも安心して使うことができる。

SmartBand Talk
オプションのカラーバンドは、全4色だが、レッド&ブルー、ライム&ピンクの2色1セットでの販売になるという。

対応機種は、Bluetooth3.0以上を搭載したAndroid4.4以降の機種で、具体的な機種は同様に順次公開予定とのこと。Xperiaシリーズ以外でも利用可能となるようだ。

----------[AD]----------

NTTドコモが3G通信機能を搭載した腕時計型ウェアラブル端末「ドコッチ」を発表

SHARE:

NTTドコモは、3G通信機能やGPS、Bluetoothを搭載した腕時計型のウェアラブル端末「ドコッチ 01」を発表した。2015年3月発売予定。 子供が常に身につけて持ち歩けるよう腕時計型となっており、安全性に配慮するため丸みを帯びた形状で角が当たらないデザインになっている。IPX5、IP5Xの防水・防塵対応のため、子供でも安心して装着することが出来る。 約1.3インチの有機ELディスプレイを搭…


30_00_2-130_00_2-2

NTTドコモは、3G通信機能やGPS、Bluetoothを搭載した腕時計型のウェアラブル端末「ドコッチ 01」を発表した。2015年3月発売予定。

子供が常に身につけて持ち歩けるよう腕時計型となっており、安全性に配慮するため丸みを帯びた形状で角が当たらないデザインになっている。IPX5、IP5Xの防水・防塵対応のため、子供でも安心して装着することが出来る。

約1.3インチの有機ELディスプレイを搭載し、時計デザインも男の子向け、女の子向けに変更することが出来る。取り替え可能なリバーシブルベルトも用意されている。重さは約50g(ベルト含む)、バッテリー容量は320mAhで、連続待受時間は約72時間。専用のクレードルによる充電が可能。製造メーカーはHuawei。

ドコッチ_2

ドコッチを装着した子供の活動や周辺状況などを、家族がスマートフォンやパソコンなどから確認可能となるみまもりサービス「ドコッチサービス」を2015年3月に提供予定とのこと。

センサーにより活動状況(「遊んでいる」「歩いている」「休んでいる」「時計を外している」の4つの状態、歩数)をスマートフォンから確認することが出来る。温度や湿度から夏場の熱中症予防や冬場の風邪対策などのアドバイスを通知。子供にSMSを送ることで注意を促すことが出来る。

子供が保護者から一定距離を離れてしまっても、Bluetoothでペアリングしたスマートフォンに通知することで、迷子を未然に防ぐことが可能だ。

予め設定された家族などと、SMSの送受信ができ、簡易なコミュニケーションツールとしても利用可能。居場所を通知するサービス「イマドコサーチ」との連携により、子供がワンボタンで自分の位置情報を知らせたり、家族が居場所を検索することも可能。

ドコッチサービスの利用料金は月額280円(予定)。ドコッチの契約として「デバイスプラス500」やデータ通信プランへの加入が必要となる。

----------[AD]----------

2015年には世界で1億台、日本は700万台市場へ – ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果が発表

SHARE:

矢野経済研究所が、ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果を発表した。昨年もウェアラブルデバイス市場に関するレポートは発表されていたが、昨年と比較するとスマートバンドに関する分析が増えている。スマートウォッチ、スマートグラスに関する分析には大きな変化はないようだ。 大きな伸びが予測されるウェアラブルデバイス市場 同レポートによれば、2013年のウェアラブルデバイスの世界市場規模は、メーカー出荷台数…


Some rights reserved Robert Scoble
Some rights reserved Robert Scoble

矢野経済研究所が、ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果を発表した。昨年もウェアラブルデバイス市場に関するレポートは発表されていたが、昨年と比較するとスマートバンドに関する分析が増えている。スマートウォッチ、スマートグラスに関する分析には大きな変化はないようだ。

大きな伸びが予測されるウェアラブルデバイス市場

同レポートによれば、2013年のウェアラブルデバイスの世界市場規模は、メーカー出荷台数ベースで671万5,000台、分野別ではスマートバンド439万台、スマートウォッチ229万5,000台であり、スマートバンドが世界市場を牽引していると分析。

ウェアラブルデバイスとして同レポート内で登場しているのは、スマートグラス、スマートウォッチ、スマートバンドだ。スマートバンドについては、製品・サービスの認知度が向上しているとし、比較的安価であること、人々の健康志向の高まりにより、体温、心拍数、血圧測定などの「ヘルスケア端末」として、世界的なビジネス拡大が期待される。

スマートウォッチ市場、スマートグラス市場については、それぞれ「Apple Watch」と「Google Glass」の評価が市場を大きく左右するとしている。スマートグラスに関しては、現段階では日常生活に応じたプロダクトとは考えにくく、急速な市場拡大には、時間を要するのではと分析。

2017年にはウェアラブルデバイス市場全体で2億2,390万台まで伸びると予測している。

国内でも伸びる予測

国内での2013年度のウェアラブルデバイスの市場規模は、メーカー出荷台数ベースで53万3,000台、分野別ではスマートバンド33万2,000台、スマートウォッチ20万台だったという。この規模が2017年度には全体で1,310万台になると矢野経済研究所は予測している。

国内市場においては、ウェアラブル端末やサービスが展開されるとともに、人々の認知が高まり、国内ウェアラブル市場は拡大するものと分析されている。

----------[AD]----------

リストバンドからドローンに変形、自動追尾して空撮が可能なウェアラブルカメラ「Nixie」

SHARE:

普段はリストバンドとして手首に装着、利用時にドローンに変形して空撮が可能となるウェアラブルカメラ「Nixie」が開発中だ。 本体はフレキシブルな素材でできており、手首にリストバンドのように装着することが可能。そこから4枚のローター(回転翼)を搭載したクアッドコプターに変形させることが出来る。旋回するカメラを搭載しており、上空からターゲットを自動追尾して撮影することが可能とのこと。 動画ではクライミ…


10626509_285054335033419_5739537813159426289_n

普段はリストバンドとして手首に装着、利用時にドローンに変形して空撮が可能となるウェアラブルカメラ「Nixie」が開発中だ。

Nixie07

本体はフレキシブルな素材でできており、手首にリストバンドのように装着することが可能。そこから4枚のローター(回転翼)を搭載したクアッドコプターに変形させることが出来る。旋回するカメラを搭載しており、上空からターゲットを自動追尾して撮影することが可能とのこと。

Nixie01

動画ではクライミングやサイクリング中に自身を追尾させて撮影する様子が紹介されている。

Nixie03Nixie04

また、スマートフォン上でコントロールすることも出来るようだ。

Nixie02

なお「Nixie」は、現在Intelが開催しているコンテスト「Make it wearable challenge」のファイナリストに選出されている。エントリーされているのは最高賞金が500,000ドルのBUILD IT Development Trackで、「Nixie」にも注目が集まっているようだ。

「Nixie」の発売日は未定。公式サイトでメールアドレスを登録することで最新情報を受け取ることが出来る。

----------[AD]----------

布地に織り込む繊維型バッテリー、上海の復旦大学で研究開発中

SHARE:

様々なウェアラブルデバイスが登場している中で、バッテリーの問題というのは製品開発において悩ましい点だ。ウェアラブルデバイスという特性上、そのバッテリーには特に軽量、小型といった要件が求められる。 このような既存の課題に対し、上海の復旦大学のWei Weng氏が所属する研究チームが布地に織り込める繊維状のバッテリー技術を開発した、とTECHABLEで紹介されている。 同研究には、丈夫かつしなやかで銀…


繊維型バッテリー
様々なウェアラブルデバイスが登場している中で、バッテリーの問題というのは製品開発において悩ましい点だ。ウェアラブルデバイスという特性上、そのバッテリーには特に軽量、小型といった要件が求められる。

このような既存の課題に対し、上海の復旦大学のWei Weng氏が所属する研究チームが布地に織り込める繊維状のバッテリー技術を開発した、とTECHABLEで紹介されている。

同研究には、丈夫かつしなやかで銀よりも高い導電率を誇るカーボン・ナノチューブ(CNT)が利用されている。開発されたリチウムイオンバッテリー繊維は、このカーボン・ナノチューブを綿繊維に巻きつけた合成糸から成る。このバッテリー繊維、直径約1ミリメートルと小さく、かんたんに布地に織り込むことができるという。

繊維型バッテリー
さらに、同研究チームのサイトによれば、特殊なリチウムイオンバッテリー繊維以外にも、太陽電池やセンサーへもターゲットを向け、研究に取り組んでいるようだ。

これら繊維状のバッテリーが実用化された際には、従来よりも小型・軽量のウェアラブルデバイスや、ポケットに入れておくだけでスマートフォンを充電することができるジャケットなど、新しい発想の製品の登場が期待できそうだ。

----------[AD]----------

新たなウェアラブルデバイス、ジェスチャーでSMSが送信可能なスマート型のパーカーが登場

SHARE:

ウェアラブルデバイスがパーカーに埋め込まれた「Smart Hoodie」。 このパーカーには動きを検知するためのGSMチップとArduinoが搭載され、決められた動作をすることであらかじめセットしていたテキストメッセージを設定した相手に送ることができる。 例えば、フードを被る動作をすることで「会いたい」というメッセージ、袖をまくることで「授業を受けている」と母親に伝えることができる。また誘拐された…


20141005_hoodie01

ウェアラブルデバイスがパーカーに埋め込まれた「Smart Hoodie」。

このパーカーには動きを検知するためのGSMチップとArduinoが搭載され、決められた動作をすることであらかじめセットしていたテキストメッセージを設定した相手に送ることができる。

例えば、フードを被る動作をすることで「会いたい」というメッセージ、袖をまくることで「授業を受けている」と母親に伝えることができる。また誘拐された時などに、犯人にバレずにSOSメッセージを送ることもできそうだ。(滅多に起こることでがないが)

そもそもパーカーは「ウェアラブル」なのだが、いかにも「ガジェットを身に付けている感じ」を出さずに済むのがポイントかもしれない。

腕時計型やネックレス型のウェアラブルデバイスとは一風変わった自然さが良い。Smart Hoodieのサイトから、メールアドレスを登録することで情報がもらえるようだ。

----------[AD]----------

防水性がありコンパクトなフィットネストラッカー「Misfit Flash」

SHARE:

ウェアラブル製品を手がける、米Misfit社から「Misfit Flash」という新製品が登場した。 Misfit Flashは完全防水、円盤型の小さなフィットネス・トラッカーだ。同梱されるリストバンドやクリップなどのアクセサリにはめ込んで、腕や衣服に取り付けて使用する。 3軸加速度センサーを搭載し、ランニングやウォーキングだけではなく、睡眠サイクル、水泳など、生活全般のトラッキングをすることがで…


Misfit Flash

ウェアラブル製品を手がける、米Misfit社から「Misfit Flash」という新製品が登場した。

Misfit Flashは完全防水、円盤型の小さなフィットネス・トラッカーだ。同梱されるリストバンドやクリップなどのアクセサリにはめ込んで、腕や衣服に取り付けて使用する。

3軸加速度センサーを搭載し、ランニングやウォーキングだけではなく、睡眠サイクル、水泳など、生活全般のトラッキングをすることができる。ディスプレイはなく、Bluetoothで連携したスマートフォンアプリでトラッキングデータや分析内容を確認、目標設定などが可能だ。

Misfit Flash

アプリはiOS、Androidが用意されており、Windows Phoneは今後対応予定のようだ。また、ドットで時刻が表示され、時計としても使用可能だ。

Misfit Shine
実は同社は2013年に似たような機能のMisfit Shineという製品をすでに発売している。

そのMisfit Shineがアルミニウム製でエレガントなデザインなのに対し、今回のMisfit Flashはプラスチック製でポップなカラーのラインナップだ(オニキス、フロスト、フクシャ、ゼスト、ウェイブ、リーフ、コカ・コーラ レッドの全7色展開)。

価格もMisfit Shineが99.99ドルなのに対し、Misfit Flashは49.99ドルと約半額で廉価版といったところだろうか。

また、防水性能について、Shineが水深50mまで対応し、Flashは水深30mまでとスペック状はやや低いが、普段のフィットネス、生活で身につける分には水深30mの防水があれば十分だろう。

バッテリーは交換可能なコイン型電池(CR2032)を使用。半年に一度くらいのペースで交換すれば良いとのことで、日々充電する必要がないのはうれしい。円盤部分(本体)のサイズは直径28.5mm、厚さ8mm、重さは約6g。

2014年10月中旬発売予定で、現在同社サイトで予約受付中だ。

----------[AD]----------

指輪型ウェアラブルデバイス「Ring」、10月9日に出荷を開始

SHARE:

ログバーは、同社が開発する指輪型ウェアラブルデバイス「Ring」の出荷を10月9日に開始すると発表した。 Ringは、指に装着して空中でジェスチャー操作を行なうことでスマートフォンやRing対応機器を操作できるウェアラブルデバイス。Kickstarterで行なわれたクラウドファンディングは最終的に5000人以上の支援者を集め、総額約88万ドルを獲得している。 当初は2014年7月の発送予定だったが…


ログバーは、同社が開発する指輪型ウェアラブルデバイス「Ring」の出荷を10月9日に開始すると発表した。

ring

Ringは、指に装着して空中でジェスチャー操作を行なうことでスマートフォンやRing対応機器を操作できるウェアラブルデバイス。Kickstarterで行なわれたクラウドファンディングは最終的に5000人以上の支援者を集め、総額約88万ドルを獲得している。

当初は2014年7月の発送予定だったが、その後発送予定を8月に延期。9月への再延期の際はデザイン変更も合わせて発表され、当初のデザインでは存在しなかったボタンを搭載するなど外観の変更も行なわれていた。

realring

9月29日付で支援者向けに送られたメールでは、Ringの出荷開始が10月9日に決まったことが伝えられた。あくまで出荷開始のため支援者すべての手元に届くのがいつになるかはわからないが、10月には実機が支援者の元に届くのはほぼ確定と言えるだろう。

本誌ではRingの実機レビューのほか、ログバーへの取材も予定している。

Ring – Wearable Input Device from Logbar on Vimeo.

----------[AD]----------

スマホから子供の健康と安全を常にチェックする「Sync Smartband」

SHARE:

子供にまつわる「危険」には様々なものがある。アレルギーを含む健康的な危険や、親の目の届かないところで遭遇する危険、場合によっては迷子になってしまうことも危険のひとつだろう。 そうした危険を少しでも減らそうと企画されたのが「Sync Smartband」だ。子供の手に時計のように装着して利用するこのバンドは、常にスマートフォンとBluetoothで通信することにより、様々な情報のやりとりができる。 …


10376281_409308805876431_7976831652513338807_n

子供にまつわる「危険」には様々なものがある。アレルギーを含む健康的な危険や、親の目の届かないところで遭遇する危険、場合によっては迷子になってしまうことも危険のひとつだろう。

10411042_404507136356598_1618087892694830203_n

そうした危険を少しでも減らそうと企画されたのが「Sync Smartband」だ。子供の手に時計のように装着して利用するこのバンドは、常にスマートフォンとBluetoothで通信することにより、様々な情報のやりとりができる。

20140708093155-DigitalZoneAd

ひとつは子供の位置情報の確認だ。最大8台までのバンドごとに自分との安全な距離「デジタルゾーン」を設定でき、その距離を離れてしまった場合にはスマートフォンへと警告が出る仕組みになっている。距離は屋内で約15m、屋外で約45mまで設定が可能だ。

20140708093550-LocateAd

もちろん子供が迷子になってしまった場合も、アプリを通じて得られるロケーション情報からその居場所を探しあてることが可能だ。

健康については、バンド内の活動量センサーが運動量と消費カロリーをモニターしてくれる他、レム睡眠パターンを記録してくれるとのこと。また、子供ごとのアレルギー情報や医療情報を登録することができ、それを共有することで、出先などでも子供に関する適切な情報を伝えることができるそうだ。

20140722004009-MySync

ここ数年のiOSとAndroidどちらにも対応、バンドのサイズは2〜10歳までのものと、それ以降(大人も利用可能)にわかれている。

ちなみにバッテリーに関してはボタン電池を使用しており、2〜3カ月ほど使えるそうだ。こういった製品の場合、バッテリーまわりの問題が便利さに大きく関わってくる気がする。バッテリー切れアラートは本体に備えられていたものの、スマートフォン側にアラートが出るかどうかは仕様からうかがえなかったところが気になった。

20140721112345-SyncSpecs

気になる価格だが、バンド1本あたり日本円で約15,000円ほどで、2015年春以降に出荷予定とのことだ。日本においてもこうした子供向け安全バンドなどが流行ったりするのだろうか。

Sync Smartband ™ – The First Safety Tracker from ActvContent on Vimeo.

----------[AD]----------

靴に取り付けてランニングを13の項目で分析するセンサー「runScribe」

SHARE:

スポーツの分野に次々とセンサーデバイスが登場している。今回紹介するのは、靴の後ろに取り付けて走るだけで、ランニングの分析、アドバイスをしてくれる「runScribe」というデバイスだ。 runScribeは、靴の後ろにとりつけて使用する。大きさ3.5cm、重量たった15gと小さく、ランニング時に邪魔になることはなさそうだ。 9軸のセンサーを内蔵し、多数の項目を測定できることが特徴的だ。走行距離やス…


6e628c834a8b1828c3c162959cc7cab6_large

スポーツの分野に次々とセンサーデバイスが登場している。今回紹介するのは、靴の後ろに取り付けて走るだけで、ランニングの分析、アドバイスをしてくれる「runScribe」というデバイスだ。

runScribe

runScribeは、靴の後ろにとりつけて使用する。大きさ3.5cm、重量たった15gと小さく、ランニング時に邪魔になることはなさそうだ。

9軸のセンサーを内蔵し、多数の項目を測定できることが特徴的だ。走行距離やスピードだけでなく、足のどの部分で着地しているか、着地時にどれだけの強さの衝撃を受けているか、などといった全部で13もの詳細な項目を測定することができるという。

52e68d8bb3a97bf964bc9bdebcfe5e18_large

Bluetoothでスマートフォンと連携し、測定したデータをアプリ(iOS、Android)でレビューすることができる。どこに力がかかりすぎているか、など自分のランニングフォームの現状をデータで把握し、改善に役立てることができる。センサーのバッテリーには、交換できるボタン型リチウム電池を使用、30時間以上の利用が可能だという。

現在、runScribeはKickstarterで資金を募っており、本稿執筆時点で目標額の5万ドルの約4倍、18万ドルあまりを集めている。

限られた項目のみ測定できるスターターパックは99ドルから、すべての項目が測定可能なプロパックは119ドルから手に入れることができる。いずれも米国外への発送は25ドルの送料がかかる。発送は11月以降となる予定だ。

----------[AD]----------