BRIDGE

タグ wearable robot

手首に装着して指を2本増やすことが出来るウェアラブルロボット「Supernumerary Robotic Fingers」

SHARE:

マサチューセッツ工科大学の研究者が、手首に装着することで指を2本追加したかのように物を握る事を可能にするロボット「Supernumerary Robotic Fingers」を開発した。ビンのキャップを開ける様な片手では難しい動作でも、装着することで片手で出来るようになるという。 このロボットはMIT Department of Mechanical Engineering のHarry Asad…


MITnews_7finger_01_0

マサチューセッツ工科大学の研究者が、手首に装着することで指を2本追加したかのように物を握る事を可能にするロボット「Supernumerary Robotic Fingers」を開発した。ビンのキャップを開ける様な片手では難しい動作でも、装着することで片手で出来るようになるという。

このロボットはMIT Department of Mechanical Engineering のHarry Asada 教授と大学院生であるFaye Wu が論文で発表。手首に装着すると、親指と小指の両サイドに隣接するように2本の指が追加されるようになる。

新しく開発された制御アルゴリズムによって、いろいろな形とサイズの物をつかむために、着用者の指と同期して動くことが可能になっている。ロボットに命令することなく、自然に指を動かすだけで良いとのこと。最終的にはロボット指を体の一部として知覚するようになるかもしれない、とAsada教授は言う。

MITnews_7finger_02

「指をまとめること」と「内側に向けてねじること」、どんな物をつかむ場合でもこの2つのパターンの組み合わせで説明することができるとして、この生物力学的な相乗効果が5つの指だけでなく、7つの指の間でも存在しているのではないかと仮定。

実験により7本の指の間では2つまたは3つのパターンの組合せによって説明されることができることを実証した。この結果を制御アルゴリズムの開発のために利用している。人がロボットにとって欲しいと予期している動きを、アルゴリズムがロボットに”教える”かたちになっているという。

なお、このロボットはプロトタイプで、3分の1のサイズで折り畳み可能というような小型化も考えられているようだ。腕時計やブレスレットに内蔵し、使用する時には出てきて、使い終わったら腕時計の中に戻る、といった機構にすることも考えられるとのこと。