タグ WeChat/Weixin(微信)

アプリ内アプリストア「Mini Apps(微信小程序)」のローンチで、Appleの脅威となりつつあるWeChat(微信)

SHARE:

Apple のアプリストアビジネスは280億米ドル規模に達する。2016年には Apple 自体がそこから84億米ドルと相当の利益を得ており、220万個のアプリを抱えるこのビジネスは、Tim Cook 氏率いる同社が総力をあげて守る帝国だ。 しかし今その帝国が、かつてないほどの脅威にさらされている。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベン…

Apple のアプリストアビジネスは280億米ドル規模に達する。2016年には Apple 自体がそこから84億米ドルと相当の利益を得ており、220万個のアプリを抱えるこのビジネスは、Tim Cook 氏率いる同社が総力をあげて守る帝国だ。

しかし今その帝国が、かつてないほどの脅威にさらされている。

今までになく大胆な今回の挑戦状は中国からたたきつけられた。8億4,000万人以上のアクティブユーザを誇る同国最大手のメッセージングアプリ WeChat(微信)は今週(1月第2週)、ダウンロードやインストールしなくても WeChat 上でアプリにアクセスできるシステムをローンチした。

多数の小規模スタートアップのほか 、マクドナルドや Apple の支援を受けた Didi Chuxing(滴滴出行)などの主要企業が提供するこれらのインスタントアプリは、Apple のアプリストアをまったく経由することなく機能する。WeChat 内でしかアクセスできず、アプリ同様の外観と使用感をもちながらもチャットのようにすばやく簡単に削除できる。サービスを WeChat 内に保存したり、またログインしたりすることさえ可能だ。

アプリのアップデートもなければ、アイコンでホームスクリーンが埋め尽くされることもない。

これがアプリの未来なのかもしれない。そしてこれは、Tim Cook 氏が望むところではない。

微妙な状況

Apple の巨大ビジネスを脅かしているのは、Tencent(騰訊)が運営するこの2,400億米ドル規模にのぼる中国の巨大ソーシャルメディア、WeChat だけではない。

11月に Facebook が打ち出した Instant Games は、ソーシャルネットワークと Messenger アプリ上で機能するものだ。

Mark Zuckerberg 氏率いる同社はこう説明した。

この新しいゲームエクスペリエンスで、ユーザは新たにアプリをインストールすることなく、ゲームを簡単に見つけ、共有し、プレイできます。

Facebook の Messenger 用ゲームは、Words With Friends といったカジュアルなタイトルのゲームをいくつか取りそろえてローンチされたが、それを見ればゲームに大きく依存する Apple アプリストアの利益がいかに簡単に崩されてしまうかがわかる。

Facebook が Apple にもたらしかねない大きな脅威がもう1つある。チャットボットだ。

昨年 Zuckerberg 氏がボットを取り入れるという自身の野心について語った際、彼は1-800-Flowers にメッセージを送信し花束を注文した。

Facebookの生みの親Mark Zuckerberg氏
Photo credit: via Flickr by Robert Scoble.

私は、企業に電話をかけるのが好きな人に会ったことがありません。また、利用したいサービスやビジネスごとに新しいアプリをインストールしたい人もいません。

Zuckerberg 氏はこう語り、チャットボットの素晴らしい活用事例を提示してみせた。WeChat のインスタントアプリも同様の原理が背景にあり、同サービスもボットを備えている可能性がある。

こういったボットは、Facebook Messenger や他にもいくつかのチャットアプリで活躍の場を見つけつつあり、ユーザの声やテキストにスマートに反応する AI が世に出る準備が整い次第、アプリにとって代わる存在になるだろう。

そうなると、合わせて20億人近くのユーザを抱える Facebook Messenger と WeChat は、オペレーティングシステムのような役割を果たすことになる。そうなれば、Facebook Messenger や WeChat はそこでアクセス可能なインスタントアプリやゲームを統括することになり、もしかすると開発者が生み出す利益から大きな分け前をもらうことになるのかもしれない。

Google もその影響から逃れることはできない。自社のアプリストア Play は独立した他のストアに簡単に置き換えられてしまうが、それよりも規模の大きいビジネス利益が、メッセージングアプリの展開を Facebook や Tencent が推し進めるに伴い危機にさらされている。

Google は自社の Android インスタントアプリを昨年発表したが、この機能はまだローンチに至っていない。

<関連記事>

『Siri(シリ)』アスな状況

危ういのは Apple アプリストアの儲けだけではない。iPhone や iPad で利用されるアプリはそれ自身がそういった機器のセールスポイントになっている。というのも Apple は他の機器では利用できないアプリ(例えば Super Mario Run など)や Prisma のような他にはない新しいヒット商品を Google が Android で提供するよりも多く引き込んでいるからだ。

Image credit: WeChat

Facebook と WeChat がそれほどまでに大きな力を手にすれば、どのブランドの携帯電話を使ってもさほど変わりはないということになり得る。

重大な決断が下されるまで、Apple は WeChat と Facebook を疑いをもって注意深く見守ることだろう。

Tencent の CEO である Ma Huateng(馬化騰)氏によると、WeChat がアプリでありながらアプリでないその機能の開発に取り組んでいたところ、Apple は同社がその機能に「アプリ」という単語が関連する名前をつけることを禁止した。そのため同社は、この機能を Mini Programs と呼ばざるを得なかったのだが、実際のところ、それは取るに足りない出来事だと言えよう。

しかし、Tim Cook 氏が変化を永遠に拒み続けることはできない。やがて、インターネット上のサービスは、今後永遠にアプリという形に限って提供されるわけではないと知ることになる。今回の件は、次にどんな形で提供されるかという問題に過ぎないのだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


WeChat(微信)からリアルへユーザを誘導する、アプリ内アプリストア「Mini Apps(微信小程序)」の戦略——HuosuMobi(火速移動)が分析

SHARE:

もし Mini Apps(微信小程序)ストアで出店しなければ、WeChat(微信)上で企業の窓口を設けることもできませんし、プッシュ通知の回数も限られてしまい、Moments(朋友圏)でシェアされることもありません。 Tencent(騰訊)のシニア VP で「WeChat の生みの親」でもある Zhang Xiaolong(張小龍)氏は Mini Apps をこのように説明し、WeChat の製品…

Image credit: WeChat
Image credit: WeChat

もし Mini Apps(微信小程序)ストアで出店しなければ、WeChat(微信)上で企業の窓口を設けることもできませんし、プッシュ通知の回数も限られてしまい、Moments(朋友圏)でシェアされることもありません。

Tencent(騰訊)のシニア VP で「WeChat の生みの親」でもある Zhang Xiaolong(張小龍)氏は Mini Apps をこのように説明し、WeChat の製品構成に関する大方の予想を覆した。私たちが知る限り、Tencent は、Mini Apps を WeChat のエコシステムに統合することに強いこだわりをもっている。

1月9日に Mini Apps が公式にローンチされるとの予想から、この新機能に対する注目度はますます高まっており、WeChat が公式アカウント機能をローンチした時のように中国のネット業界をもう一度盛り上げてくれるのではないかと期待が寄せられている。

光栄なことに、TechNode は HuosuMobi(火速移動)で CEO を務める Zhao Jiuzhou (趙九州)氏から、Mini Apps がもたらすであろう影響についてお話を伺うことができた。2015年設立の HuosuMobi は HTML5アプリや MiniApp アプリの開発を専門に行う B2B 企業だ。

<関連記事>

WeChat Mini Apps VS HTML5アプリ&ネイティブアプリ

以前は、HTML5アプリがいずれネイティブアプリに取って代わるだろうと考えられていた。しかし、HTML5アプリには良い面もあれば悪い面もあることが明らかになった。効率的に開発できるが、ユーザエクスペリエンスや性能の面で劣っているのだ。長年にわたり議論は続いたが、スティッキネス(ユーザの利用時間・頻度)を高めたい開発者にとっては、やはり HTML5アプリは魅力に欠けてしまい、次第に企業紹介や商品紹介のためのツールになってしまった。

ネイティブアプリの方は当然、優れたユーザインタフェースと魅力的なユーザエクスペリエンスを保証してくれるのだが、高い開発コストとマーケティングコストが必要になってしまう。さらに、サービスの提供頻度が低いネイティブアプリの場合、なかなかユーザにダウンロードしてもらえない。

HTML5アプリとネイティブアプリの両方の良い面を併せ持ち、両方の悪い面を取り除いたものが Mini Apps だ、と Zhao 氏は考える。

Mini Apps の開発プロセスは HTML5アプリのそれと似ています。WeChat は容器のようなもので、ロードに必要な要素を WeChat のプラットフォーム上に設けているという点で、(すべてダウンロードする必要がある HTML5アプリと比較して)Mini Apps はより効率的です。Mini Apps はネイティブアプリと同様のユーザエクスペリエンスを提供することができます。こうした理由から、一部のメディアでは、HTML5アプリの取得モデルとネイティブアプリのユーザエクスペリエンスとのコンビネーションと言われています。

<関連記事>

WeChat 上のトラフィックだけに目を向けていてはダメ:オフライン領域を WeChat に繋ぐ(O2W)

おそらく人々の関心は、その技術自体よりも Mini Apps が新たな市場機会をもたらすか否かに向けられている。WeChat のシステムとの統合は限定的だが、多くの人が公式アカウント機能のように、Mini Apps が自分たちのブランドや商品へのトラフィックを増加させてくれることを望んでいる。しかし、残念ながら彼らは失望することになるかもしれない。

昨年末時点でデイリーアクティブユーザ数は7億6,800万人に達し、WeChat はユーザベースを広げる方向から既存のユーザにより長い時間利用してもらう方向にシフトしている。かつて、WeChat はソーシャルネットワーキングや決済サービスで絶大な人気を集めた。だが、WeChat を通じて商品やサービスに対する支払いをすることはできるが、実際に WeChat 上で商品やサービスが売買されているわけではない。

ショッピングやエンターテイメント関連の Mini Apps を利用してもらうことで、より多くのユーザにより多くの時間を WeChat 上で過ごしてもらいたい、と Tencent は考えている。もっと言えば、Tencent の一番の狙いはオンラインでお金を使ってもらうことではなく、実店舗や実際の空間に足を運んでもらうことだ。物理的な世界とデジタルな世界を本当の意味で繋ぐために、WeChat は Mini Apps に最適な方法を用意している。それは QR コードだ。

長期的に見て、Mini Apps は実店舗型の企業が顧客ベースをデジタルまで広げるために利用するツールだと言える。もちろん、オンラインのツールに悪影響を及ぼす可能性もある。Mini Apps の利便性を知ってしまえば、容量を食う複雑なネイティブアプリなど誰がダウンロードするだろうか?

他の業界の大手企業もプレッシャーを感じ始めているかもしれない。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


WeChat(微信)、アプリの中のアプリストア「Mini Apps(微信小程序)」を正式ローンチ——Google Playの使えない中国で覇権を狙う

SHARE:

公式発表から数ヶ月を経て、WeChat Mini Apps(微信小程序)がついにローンチされた。 Tencent(騰訊)のシニアバイスプレジデントで「WeChat(微信)生みの親」でもある Zhang Xialong(張小龍)氏は11月18日、WeChat の Mini Apps で埋め尽くされたホームスクリーンの写真を Moments(朋友圏)に投稿した。これは、アプリが WeChat 内だけで…

03_3617590434ce88d6-1

公式発表から数ヶ月を経て、WeChat Mini Apps(微信小程序)がついにローンチされた。

Tencent(騰訊)のシニアバイスプレジデントで「WeChat(微信)生みの親」でもある Zhang Xialong(張小龍)氏は11月18日、WeChat の Mini Apps で埋め尽くされたホームスクリーンの写真を Moments(朋友圏)に投稿した。これは、アプリが WeChat 内だけでなくホームスクリーン上に配置できるようになったことを意味する(Android フォンのみ利用可能)。

2016年初め、Zhang Xiaolong 氏は「WeChat 内のアプリの中のアプリ」というアイデアを次のように紹介した。

このアプリはインストール不要のアプリです。 つまり、検索や QR コードのスキャンで開けます。こうすることで使い捨てのアプリが起動します。

そして9月22日、Tencent は Mini Apps の非公開ベータ版の招待状を公式に200件配信し、Dianping(大衆点評)、Miaoyan Movie、Hainan Airlines(海南航空)などのライフスタイル系企業がこのテストに参加した。

WeChat の Mini Apps は他のアプリストア同様、Tencent もしくは公認の第三者機関により厳格な審査がなされる。Mini App ストアにある全てのアプリはセキュリティ・安全基準を満たす必要があると WeChat は公言している。

04_fa9fc6ff-4bbf-43aa-b84d-2a307956bea0WeChat がすでに大量のユーザベースを獲得していることを考えると、ユーザを惹きつけるのに特に問題はないだろう。ユーザにとってのメリットも明らかだ。 Mini Apps を全てダウンロードする必要はないのでスペースを節約できる。それに機種変更をしても再ダウンロードが不要だ。

サービスプロバイダーにとっても巨額の資金をアプリ開発に投じなくて済む。Mini App の構築や市場実行可能性テストも簡単にできる。さらに、WeChat の Mini Apps はそれ自体がクロスプラットフォームでもある。WeChat 内だけに存在するので、異なる機種モデルに付随する互換性の問題を完全になくすことができるのだ。

長期的にみて、Mini Apps は Tmall(天猫)などアグリゲーションプラットフォームの脅威になるのではという見方もある。ブランド企業や小売店はユーザが商品を WeChat 内で直接、閲覧・購入できるよう自社の Mini Apps を作るだけでよくなったのだ。

Facebook もそうだが、WeChat は単なるソーシャルメディアを超えた存在に急速になろうとしている。今 Mini Apps を備えたことで、同社に対する中国での関心は高まるばかりだろう。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Tencent(騰訊)、WeChat(微信)ユーザにライブストリーミングできる「Yingドローン」をついにローンチ

SHARE:

アクティブユーザが8億人を超える中国で最も人気のメッセージアプリ WeChat(微信)を展開する Tencent(騰訊)が、WeChat ユーザに動画を直接ライブストリーミングするドローンをローンチする。 Ying ドローンは今年初めに CES で初めて披露された。中国国内では現在、ミニサイトから299米ドルで先行予約が可能だ。10月30日から販売が開始される。 Ying ドローンには折りたたんで…

tencent_ying
Photo credit: Tencent(騰訊)

アクティブユーザが8億人を超える中国で最も人気のメッセージアプリ WeChat(微信)を展開する Tencent(騰訊)が、WeChat ユーザに動画を直接ライブストリーミングするドローンをローンチする。

Ying ドローンは今年初めに CES で初めて披露された。中国国内では現在、ミニサイトから299米ドルで先行予約が可能だ。10月30日から販売が開始される。

Photo credit: Tencent.
Photo credit: Tencent(騰訊)

Ying ドローンには折りたたんで簡単に収納できる4つのローターがついており、4K 動画が撮影できるカメラが内蔵されている。ただし、ライブストリーミングの画質は最大で HD 720p である。最近公開された、同じく折り畳み可能で、Facebook Live、YouTube、Periscope へのストリーミングが可能な DJI Mavic Pro(999米ドル)よりも安い。

それ以外の Ying 仕様は次の通り。色は黒と白、重量425グラム、190度カメラモード対応、セルフランディング、1回の充電で1時間飛行可能、iPhone アプリによる操作が可能。搭載されたソニー製カメラで13MP の写真撮影が可能。シャーシには、こちらも CES 2016で初公開された Qualcomm の新しい Snapdragon Flight チップセットが内蔵されている。これは特に何のために開発されたかというと…まあ、名前をみれば明らかだろう。

Photo credit: Tencent.
Photo credit: Tencent(騰訊)

WeChat の生みの親である Tencent は中国の大手3大 IT 企業の1つであり、このドローンは地元のハードウェアスタートアップ Zerotech(零度智控) から多大な協力を得て開発された。このことは、国内ライバルの DJI や Ehang からかなり遅れをとっている規模の小さい同社にとって、大きな弾みとなる。Zerotech は先月 Qualcomm などから2,300万米ドルの資金を確保している。

昨年、ドローン開発を手掛ける中国のスタートアップに対し、何億ドルもの資金が投資された。

中国国外での Ying の販売に関しては何も発表されていない。問い合わせ中だが Tencent からは現在のところまだ回答はない。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


中国のネット大手Tencent(騰訊)、K-POPスターのPSYをマネジメントするYGエンターテイメントと合弁

SHARE:

中国インターネット大手 Tencent Holding(騰訊控股)と Weiying Technology(微影科技)は火曜日(5月31日)、PSY、BIG BANG、2NE1など著名人をマネジメントしている韓国のエンターテイメント企業 YG Entertainment(KOSDAQ: 122870)との合弁事業設立を発表した。 さらに、YG Entertainment に対して先日8,500万米…

Screen-Shot-2016-06-02-at-12
Image Credit: YG Entertainment

中国インターネット大手 Tencent Holding(騰訊控股)と Weiying Technology(微影科技)は火曜日(5月31日)、PSY、BIG BANG、2NE1など著名人をマネジメントしている韓国のエンターテイメント企業 YG Entertainment(KOSDAQ: 122870)との合弁事業設立を発表した。

さらに、YG Entertainment に対して先日8,500万米ドルの資金投入を行ったことも明らかにした。Weiying Technology と Tencent はそれぞれ5,500万米ドルと3,000万米ドルを投資しており、現在 YG Entertainment の株式をそれぞれ8.2%、4.5%保有していることになる。

この投資ラウンドによって、Weiying と Tencent は、YG Entertaiment 設立者で筆頭株主のヤン・ヒョンソク(梁鉉錫/양현석)氏と LVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)の投資部門 L Capital Asia に続く、第3および第4の大株主となる。Weiying Technology は、Tencent のプラットフォーム QQ と WeChat で利用できる WePiao(微票)というモバイルチケット発券アプリを展開している。

この合弁事業は、中国のアーティストを養成し、中国本土における YG のアーティスト、俳優、女優のデビューに向けた基盤となることを目指す。

Tencent のスポークスマンはプレスリリースで次のようにコメントしている。

これは、中国国内で高まっている音楽、コンサート、バラエティ番組など韓流エンターテイメントに対する莫大な需要に応えるための動きとなります。

(L-W) Lin Ning, CEO of Weiying Technology, Min-Suk Yang, CEO of YG Entertainment, Suman Wang, General Manager of Film/Drama Department and Editor in Chief of Tencent Video
左から:Weiying Technology(微影科技)CEO Lin Ning(林寧)氏、YG Entertainment CEO Min-Suk Yang 氏、Tencent Video(騰訊視頻)の映画/ドラマ部門統括マネジャー兼編集長 Suman Wang 氏

YG Entertainment は既に Tencent のコンテンツプロバイダーとしての役割を果たしている。Tencent の QQ Music(QQ 音楽)は以前 YG との間で独占コンテンツの提携を交わしており、YG のアーティストである BIG BANG が中国のマカオでコンサートを行った時には、Tencent は、Tencent Video(騰訊視頻)のライブストリーミング機能を通してオーディエンスのコンサート視聴をマネタイズしている。このコンサートをオンラインで視聴するために12万人以上のユーザが有料アクセスし、Tencent のストリーミングページにあるバーチャルギフトやグッズを購入する権利を手に入れた。QQ Music サイトでは、BIG BANG が2015年にリリースしたアルバムがデジタルセールスだけでも中国で400万枚以上を売り上げている

この合弁事業は、2人の YG アーティストを特集する Tencent Video のリアリティショー「The Collaboration」も手がける予定だ。また、韓国で流行しているファッションや美容関係コンテンツを提供する他のリアリティショーも企画している。

近年、中国のマルチメディアプラットフォームにおいて、韓国のコンテンツプロバイダーは収益性の高い事業としてのポジションを確立している。今年、韓国のミリタリー恋愛ドラマ「Descendants of the Sun(太陽的后裔/太陽の末裔)」は一部中国の投資家から資金提供を受け、ビデオストリーミングサイト iQiyi(愛奇芸)で独占放送された結果、4億4,000万回もの視聴を記録した。

「Running Man(奔跑吧兄弟)」や「Where Are We Going, Dad?(爸爸去哪児)」のような韓国のリアリティショーの特許は中国の制作会社に販売されている。中国のセレブリティを韓国の番組に出演させて、地元ファンを自国版のスピンオフエピソードへと引き込む狙いだ。「Where Are We Going, Dad?」のスピンオフ作品は中国での最初のシーズンで広告収入が2,800万元(457万米ドル)を記録し、スポンサー料は10倍の3億1,000万元(4,700万米ドル)に跳ね上がっている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

(レビュアー注:BigBangのセールスに関するリンク先では「300万枚以上」と書かれています。ご確認ください。)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


中国の位置情報連動ソーシャルアプリMomo(陌陌)、ユーザ数低迷にも関わらず2015年の収益は3倍増

SHARE:

ロケーションベースの中国ソーシャルアプリ大手 Momo(陌陌) は偉業を成し遂げた。同社は月間アクティブアカウントと有料サービス加入者数が2015年後半に失速したにもかかわらず、収益が3倍増になったのだ。 プレミアムサービス関連収益はほぼ倍増、モバイルゲーミング関連は前年比180%増となったほか、モバイルマーケティング関連も急増した。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシー…

momo_chinas_most_popular_network

ロケーションベースの中国ソーシャルアプリ大手 Momo(陌陌) は偉業を成し遂げた。同社は月間アクティブアカウントと有料サービス加入者数が2015年後半に失速したにもかかわらず、収益が3倍増になったのだ。

プレミアムサービス関連収益はほぼ倍増、モバイルゲーミング関連は前年比180%増となったほか、モバイルマーケティング関連も急増した。

2013年後半に収益を上げてから、営業利益が通期で黒字を確保したのも今決算が初めてであった。

Source: Momo Inc.
出典:Momo Inc.

Momo は、スマートフォンセールスの収入減の要因をアクティブユーザ数の低迷としているが、多くの中国ソーシャルアプリ企業は昨年ユーザ数がかなり増加したと発表している。例えば人気のメッセージングアプリ WeChat(微信)は昨年、月間アクティブユーザ数が39%増加した。

別の要因として、Momo は昨年にリリースしたいくつかのソフトウェア・アップデートにユーザがなじめなかったことを挙げている。第2四半期に大がかりなアップデートである Momo バージョン6.0をローンチしたところ、これに対するユーザの反応は期待を下回るものだったと、Momo の CEO である Jonathan Zhang(張曉松)氏は第2四半期決算発表の場で述べた。同年後半には2回のアップデートを行ったが、アクティブユーザの急増にはつながらなかったようだ。

Source: Momo Inc.
出典:Momo Inc.

年間を通して有料サービスの総加入者数に大きな変化はみられなかったが、加入者あたりの収入が急増したところをみると、2015年6月に新たに導入されたプレミアムサービスが成功したと言える。

以前の「VIP メンバーシップ」の料金が月12人民元、2米ドル弱であったのに対し、新サービス「Super VIP」の料金は30人民元(4.60米ドル)である。

このようなユーザ階層システムを導入すると、より上のレベルにアップグレードするためにユーザが時間とお金をかけるため、ユーザを引きつけ消費を促す手段として中国のソーシャルサービスでは広く採用されている。Tencent(騰訊)のプレミアムサービスでは、この10年ほどの間に8段階まで設定されている。

Source: Momo Inc.
出典:Momo Inc.

2015年第4四半期、Momo のモバイル広告関連収益はメンバーシップ加入関連を上回り、最大の収益項目となった。年間の広告収益はゲーミングをも上回った(ゲーミングは Tencent などの中国ソーシャルサービスにとって最大の収益源である)。広告分野では全体に占める割合は前年の4%から2015年には29%にまで増加した。

Source: Momo Inc.
出典:Momo Inc.

2015年第2四半期、Momo はインフィード広告向けにセルフサービス型の広告システムをローンチし、後にリアルタイム入札を可能にした。 かつて広告収入を牽引していたのはディスプレイ広告と「Dao Dian Tong(到店通)」という、地元店舗が自社のプロフィールページを作成できるサービスであった。

セルフサービス型の広告システムが主流になる以前はローカルサービスプラットフォーム大手で Momo と統合された58.com(58同城)と、Momo に出資している Alibaba(阿里巴巴)の両社が Momo の広告収入で重要な役割を担っていた。

2015年までに Momo プラットフォームのゲーム数は35個に増加した(前年は12個)。以降、同社はゲームの内製を開始し、2015年2月に初めての作品をローンチしている。

残りの収益は主に、第3四半期にローンチされたライブ動画ストリーミングサービスによるものだ。その他には同社初期のマネタイゼーション手段であった絵文字ステッカーや、2015年初めに導入された他ユーザや自分用に実物のギフトを送ることができるギフトモールがある。

Momo のライブ動画ストリーミング事業は、ポップシンガーがオンライン限定公演を行うライブミュージックコンサートのストリーミングプラットフォーム、Momo Live(陌陌現場、原文では Momo “Life” となっているが誤記と考えられる)で始まった。このプラットフォームでは視聴者がアーティストに贈るバーチャルギフトを購入でき、その利益は Momo と折半される。

バーチャルギフトをベースとするライブ動画ストリーミングは中国では収益性が極めて高い。Momo は後にこのプラットフォームをすべてのユーザに対して利用可能にし、アマチュアのアーティストもコンサートを開くことができるようになった。同社によると月間アクティブユーザ数は2016年4月に3,000万人を超えたという

2011年に設立された Momo Inc.は2014年12月にアメリカのナスダック証券取引所で新規株式公開を行い、2億米ドル以上を調達した。しかしわずか半年後、同社は Tang Yan(唐岩)氏(同社共同設立者で会長兼 CEO)と中国の VC 企業らの主導により、民間資金を獲得したと発表した

(編注:最後の一文につきまして、リンクのプレスリリースは「Momo は Tang Yan 氏および VC らから、法的拘束力をもたない『株式非公開化』のプロポーザルレターを受け取ったことを発表した」という内容です。)

【via Technode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


期待される世界のチャットボット・サービス5選

SHARE:

チャットボット(Chatbot)とは? メッセンジャーを友達とだけ話すためのみのアプリと考えているなら、今後は考え直した方がよさそうだ。人工知能(AI)をベースに、相手と会話しながらニーズを解決してくれる「ロボットヘルパー」のチャットボットが徐々にメインストリームの技術となっているからである。現在、Google、Facebook、Microsoft、Telegram をはじめ、韓国では Naver…

rinna_screenshot

チャットボット(Chatbot)とは?

メッセンジャーを友達とだけ話すためのみのアプリと考えているなら、今後は考え直した方がよさそうだ。人工知能(AI)をベースに、相手と会話しながらニーズを解決してくれる「ロボットヘルパー」のチャットボットが徐々にメインストリームの技術となっているからである。現在、Google、Facebook、Microsoft、Telegram をはじめ、韓国では Naver、Daum などの大手IT企業がチャットボットを商用化するため投資を進めている。

先月24日(現地時間)、Microsoft が開発したチャットボット「Tay」は、24時間で約96,000件のツイートをし、11万人のフォロワーを獲得した。しかし、18歳〜24歳のユーザーに特化したサービスだった「Tay」は、残念ながら、この年齢層のユーザの遊び心を考慮していなかったものと思われる。ユーザー「Tay」にホロコースト、9.11テロ、人種差別などについて聞くと、「Tay」が次のような発言を吐き、その24時間後にサービスが中断された。

tay-620x213

一方、ある程度のルールが定められた中で、チャットを通じて行う予約サービスは、すでにかなり普及している。ドイツなどで商用化された「WhatsApp Taxi」を活用すれば、別のアプリをインストールする必要なく、チャットウィンドウでタクシーを呼ぶことができる。現在の位置を送信して「WhatsApp」が質問したことに簡単に答えるだけで十分である。

チャットボットと、予想されるビジネスの構造変化

チャットボットの成長に伴う長期的な破壊力は非常に大きいものと予想されている。最初に起きるのは、Google や Naver の中核サービスである検索を、メッセンジャーが代わりにするようになるメッセンジャー中心の市場が再編されることである。これからの人は、検索エンジンを介して必要なものを直接検索するよりも、メッセンジャーに質問する方法で、自分が必要な情報を得ることができる。

検索は、メッセンジャーで取得することができない情報を追加で取得するツールとして、その利用頻度が落ちていくだろう。かつて Google の検索サービスに驚いた人々が、検索という言葉の代わりに「ググる」という言葉を使ってきたように、本格的なチャットボットの成功モデル登場によって「ググる」を置き換える言葉が登場するだろう。

それだけでなく、既に市場に登場したか、今後登場することが予想されていた数多くのアプリが「メッセンジャー」として統合される可能性もある。今は旅行に行くために旅行アプリで航空券を予約し、各種のショッピングアプリで買い物をし、キャリアのアプリで付加サービスを申請し、ソーシャルアプリで獲得したクーポンで美容院を予約してきたが、今後はこれらのすべてのサービスをメッセンジャーアプリ一つで解決できるようになる。

メッセンジャー:Kik と WeChat(微信)

北米地域の若者が主に使用しているメッセンジャーアプリ「Kik」は、新興化粧品会社の Sephora、ファストファッションの H&M など16社と提携し、ボットショップを開設した。ローンチから1ヶ月経っていないが、4月24日現在で提携先は33社に増えた。

kik-620x538

ボットショップの企業とチャットするには、メッセンジャー内でボットショップメニューに移動し、そこでチャットしたい企業を選択するか(33社すべて可能)、メッセンジャー最上部の Kik ウィンドウで「@」を入力した後に推奨される会社名を選べば良い。

ボットショップのほか、Kik と連動したダイアログに入った後、「@」をクリックしすると表示される、直接チャットできる会社のリストの中からいずれかを選んでサービスを利用することができる。現在は The Weather Channel、Vine、theScore など6社がサービスを提供している。一度会社を選択して使用した後は、友人とのやりとりで、ダイアログを開くのと同じ状態になる。

Kik は、ボットショップが今後、コアサービスになると考えているようだ。Kik のホームページでは、「ウェブサイトとアプリの時代が去り、ボットの時代が来た」と宣伝し、「自分たちのメッセンジャーにボットを作成をお勧めします」、と詳細な導入方法を紹介している。

しかし、現在のチャットボット・ビジネスのリーダーは、中国の「WeChat(微信)」である。 中国のチャットベースのアプリ「WeChat」を使って、中国の消費者は、すでにショッピングからチケットの予約、映画の予約、ホテルや病院の予約などをすることができる。 かつては、WeChat 対応の従業員が直接お客の質問に対応する形だったが、現在は既に構築されたデータに基づいて、WeChat のチャットボットが対応する割合が高くなっていることを明らかにしている。

ショッピング:Mezi と Operator

Mezi」は、ショッピングの分野でチャットボットサービスを提供している。Mezi アプリをダウンロードして実行すると、旅行、ファッション、電化製品、ギフトなどのカテゴリがある。Mezi の競合である「Operator」の場合、サインアップの段階からチャットで情報を入力する点が興味深い。

mezi-620x324

登録後に開くウィンドウには、サービスが可能な分野が説明され、「What can I find for you today?」という質問が表示される。チャットウィンドウで探しているアイテムについて尋ねると、予算などを尋ねる詳細質問が現れる。答えを入力すると、選択したオプションに応じて、候補アイテムを推薦してくれる。

スケジューラ:x.ai

βサービス中の「x.ai」は、Google や Outlook のカレンダーなどの情報を活用したスケジューラアプリである。登録したユーザが、自分が主に使っているカレンダーアプリを指​​定すると、x.ai はその情報を確認して、スケジュールを教えてくれる。

Bloomberg で紹介するなどして有名になったため、サインアップの登録処理がスムーズには進んでないようだ。筆者が実際にサインアップした結果、205人待ちというメールを受けとった。以前、韓国の「人工知能サービス5選」という記事で紹介した、韓国の Kono Laboratories の「kono(코노)」が、x.ai と同じサービスを提供している(編注:日本では、Subot が類似したサービスを提供しようとしている)。

xaisum1-620x684

スケジューラアプリの動きは、実際には地域の企業文化とも関係がある。韓国では、ほとんどの業務が電話で行われるが、これとは異なり、ほとんどの業務がメールで行われるアメリカの企業文化では、メールを活用した方が成功の可能性が大きくなると予想される。メールでやりとりした上で、当事者が実際に会ってミーティングが必要になった場合、メールで x.ai を cc に指定することで、スケジュールの確認とミーティング場所の検索を依頼することができる。x.ai が両者または一方のスケジュールを確認した上で、選択肢を提供する。

チャットボットの限界

残念ながら、スケジューラとショッピングサービスは、ほとんどまだリアルタイムではない。Mezi を使ってTシャツの推薦を依頼したところ、約20分間かかって7つのレコメンドを受けた。その理由は、まだボットではなく、人間によってサービスが提供されている場合が多いからである。

本当の意味でのチャットボットというより、一種の検索代行アプリと言える。「ボットではないのか」という筆者の質問に、「半分は人間です(Mezi)」とか、「私は人間ですよ(Operator)」と回答してきた。

また、最近、Bloomberg は「チャットボットの裏側で働く人間たち」という記事を掲載した。x.ai は、人工知能が処理した結果を人間の「人工知能トレーナー」が監修しなければならないレベルであることが分かった。 実際に「人工知能トレーナー」として働いていた人によると、メールを確認する業務は、事実上、ほとんど人工知能ではなく、人によって処理されると明らかにした。

この分野のほとんどのスタートアップが中国の WeChat のように MVP(Minimum Viable Product)としてサービスを開始した後、データ蓄積と追加の投資を通じて、本格的な人工知能モデルに変換していく戦略を模索していると期待したい。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

チャットボット(Chat bot)の話題まとめ(随時更新)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Jack Ma(馬雲)氏、Alibaba(阿里巴巴)の偽造品対策に新戦略を展開

SHARE:

今年こそ Alibaba(阿里巴巴)は自社サイトの偽造品対策ができるだろうか? Jack Ma(馬雲)氏はそう考えている。神出鬼没の Alibaba 創業者は最近の偽造品防止チームミーティングに激励に訪れた。「当社の偽造品防止関連のミーティングには17年間一度も欠席したことはありませんし、これからもありません」と Ma 氏は述べた。しかし、そう語るだけではなかった。Ma 氏はチームに無制限の予算と…

jack-ma-fakes

今年こそ Alibaba(阿里巴巴)は自社サイトの偽造品対策ができるだろうか?

Jack Ma(馬雲)氏はそう考えている。神出鬼没の Alibaba 創業者は最近の偽造品防止チームミーティングに激励に訪れた。「当社の偽造品防止関連のミーティングには17年間一度も欠席したことはありませんし、これからもありません」と Ma 氏は述べた。しかし、そう語るだけではなかった。Ma 氏はチームに無制限の予算と人材を約束したのだ。

Ma 氏はその資金と人材でチームにやり方を変えてほしいという。

長年にわたって、私たちは従来の手法で偽造品と戦ってきましたが、真面目に取り組めば取り組むほど偽造品は次々に現れてきました。インターネット企業らしく、ビッグデータ技術のようなインターネットの手法で問題を解決する時が来ました。(Ma氏)

目標は、受け身な戦いを止めること。Ma 氏は攻撃を仕掛けるのだ。

今までは、息を切らしてネズミを追いかけ駆除していたようなものですが、これからはネズミが生き残るのに必要な環境を一掃していきます。

これはどういうことかと言うと、Ma 氏によれば、Taobao(淘宝)のみならず競合プラットフォームの JD.com(京東商城)や WeChat(微信)など場所を問わず、Alibaba チームは偽造業者や知的財産権を侵害する業者をとことん追い詰めるという。

Ma 氏はチームに対しこう告げたという。

チームの成功の見極めは、偽造業者が活動・生存できる場所をそもそも与えないことができるかどうかということです。

Alibaba は中国の警察当局とも協力していく予定だ。これは既に同社が偽造品対策として行っていることのようで、同社は昨年4月から715件の犯罪容疑者の逮捕に協力していると Sina Tech(新浪科技)に述べている

悪評との決別

Jack Ma 氏の発言から、今年の偽造品対策への本気度がうかがえる。理由は容易に理解できる。Alibaba の偽造品と知的財産権侵害商品は国内・国外の両方でトラブルを引き起こしており、海賊版の温床という Taobao の悪評は国際ブランドとして汚点となっているからだ。

少なくとも現時点では間違いなく相応の汚点と言える。例えば Taobao にアクセスして好きなゲームを検索し、価格を安い順に並べ替えるとほぼ間違いなく違法コピーが販売されているだろう。スポーツチームのユニフォームやグッズについても然りだ。以前よりは偽造品やぼったくり商品の数は減ったというが、問題の解決はできていない。無制限の資金と人材を投じた新たな Jack Ma 氏の肝入りチームは、ついに偽造業者を一掃できるだろうか?

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


中国のオンデマンド・エスコートサービス「Kuailai Zuwo(快来租我)」が約76.7万米ドルを調達

SHARE:

13億人の人口を誇るにも関わらず、中国の若者は驚くほど出会いの機会がない。少なくとも、このスタートアップはそう考えている。 Hanzhou Ouch Technology Ltd.(杭州哎呦科技有限公司)の Kuailai Zuwo(快来租我、「私を貸し出します」の意)は、中国の若者の空き時間を他の人に貸し出すことによりマネタイズしようというサービスである。月曜日(3月7日)の発表によると、この会…

SHARING via Flickr by Lena
SHARING via Flickr by Lena

13億人の人口を誇るにも関わらず、中国の若者は驚くほど出会いの機会がない。少なくとも、このスタートアップはそう考えている。

Hanzhou Ouch Technology Ltd.(杭州哎呦科技有限公司)の Kuailai Zuwo(快来租我、「私を貸し出します」の意)は、中国の若者の空き時間を他の人に貸し出すことによりマネタイズしようというサービスである。月曜日(3月7日)の発表によると、この会社は非公開のエンジェル投資家から、500万元(約76万7,000米ドル)を調達したという。

同社の WeChat(微信)公式アカウントを用いて、ユーザは自身を見知らぬ人に貸し出したり、その逆もできる。料金は1時間ごとに発生し、1時間1~200元(0.15~30.70米ドル)である。内容は映画に行ったり、夕食を食べたり、ジョギングしたり、古都を訪れたりなどだ。

Kuailai Zuwo 共同設立者の Yulong Fan(范宇龍)氏は述べる。

この頃は、若者は出不精になっています。職場への往復の間、ほとんどの若者は一人で家にいるかゲームをプレイしています。自由な時間を活かさなければ、人に出会って話をする機会は減少するのです。

左から:(1)Come Rent meのレンタルプロフィール、(2)時間を貸し出すユーザのプロフィール。彼女はHangzhouを拠点として活動するデザイナーで、クライアントとの食事、ショッピング、映画、お茶を希望している。
左から:(1) Kuailai Zuwo のレンタルプロフィール、(2)時間を貸し出すユーザのプロフィール。彼女は杭州として活動するデザイナーで、クライアントとの食事、ショッピング、映画、お茶を希望している。

中国の SNS アプリ Momo(陌陌)のように、Kuailai Zuwo は中国の若者同士が出会うのを支援したいという。しかし、Momo とは違って、Kuailai Zuwo はそれらの出会いを個人が利用できるマネタイズの機会と捉えている。

私たちはコミュニティプラットフォームではありません。私たちは情報サービスを運営しています。誰かに会うにしろタスクを完了させるにしろ、何をするにもコストが発生します。(Fan 氏)

Fan 氏は Kuailai Zuwo でのデートはチケットの販売と同様の価値があり、クロストーカー(相声、中国北部で人気のカジュアルなお笑いのパフォーマンス)を例に上げた。

それも一種の消費ではないでしょうか? 例えば、誰かが Jack Ma(馬雲)氏に会いたいとしても、気軽に彼に会うことはできません。もし彼が私たちのプラットフォームを利用したら、人々は彼に会う機会を持つことができます。従ってレンタルの料金は機会に対しての費用なのです。(Fan 氏)

Kuailai Zuwo のユーザが誰かをレンタルしたい場合、プラットフォームからテキストメッセージを受け取る前に、その時間分の金額を払わなければならない。テキストメッセージにはレンタルしたい相手の WeChat ID が含まれている。WeChat で連絡を取った後、時間を貸し出している人はクライアントを拒否することもでき(その場合クライアントに全額が返金される)、面会を手配すると、報酬を受け取れるようになる。

同社は、中国において配車サービスで台頭しつつあり、オンデマンド経済のアイコンとなった Uber や Didi Chuxing(嘀嘀出行、以前の嘀嘀快的)に自社をなぞらえている。

Didi と Uber の立ち上げは、人々が本業以外でも収入を得られるようにという願いからでした。でも、当時人々は個人の車は安全でないと考えていました。今や、Uber や Didi は個人の自由時間を一変させ、個人の車でもいいと考えられるようになりました。(Fan 氏)

Kuailai Zuwo も車を運転する代わりに個人が時間を貸し出す、という同じ目標を持っている。

パフォーマーやクロストーカーも時間を売っていますよね? コンサルタントや弁護士は? 個人が自分の時間を売ることができない理由はあるでしょうか?(Fan 氏)

Kuailai Zuwo は、特定のタスクで時間ごとに課金する C2C レンタルサービスの Zuwo(租我、「私を借りて」の意)によく似ている。Zuwo も Kuailai Zuwo も中国のデート文化の下で運営されており、20代や30代の中国人はしばしば親から結婚しなさいというプレッシャーがあるのだという。どちらのプラットフォームも見知らぬ人と出会うチャンスがない年代をターゲットにしている。

しかし、両社は中国のセックスに関する規制に対応する必要もある。中国では売春もポルノも違法であり、メディアは「不適切な内容」と言う理由でたびたび検閲を受けている。Fan 氏によると、Kuailai Zuwo は誰が何の目的でレンタルしているかに関しては非常に厳しいルールを設けているとしているが、違法行為を防ぐのはほぼ不可能で、2人の人間がオフラインで出会って何が起こるかをコントロールする方法はない。他の中国企業もこの微妙なラインにあり、Momo の場合、2014年中国当局により、売春を促したことで告発された

2015年7月に設立された杭州拠点の同社は、WeChat 上で50万人のユーザベースを抱えている。Fan 氏によると、その内10%ほどの5~6万ユーザは実際にサービスを提供しており、残りはレンタルサービスを利用する顧客であるという。同社は4月にモバイルアプリのローンチを計画しており、今回得られた資金を製品開発、オンライン及びオフラインマーケティングに活用していく予定だ。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


WeChat、 Slack風社内コミュニケーションツールを近々ローンチ

SHARE:

<ピックアップ>WeChat is building its own Slack 中国最大手のメッセージングアプリWeChatを提供するTencentは、Slackに似た独自の社内用コミュニケーションツール「Enterprise WeChat (企业微信)」をリリースする予定だ。 この無料サービスはモバイルとPCの両方で使え、ビジネスシーンにおいて便利ないくつかの新機能を搭載する。 ニュースレター…

スクリーンショット 2016-03-14 16.49.31

<ピックアップ>WeChat is building its own Slack

中国最大手のメッセージングアプリWeChatを提供するTencentは、Slackに似た独自の社内用コミュニケーションツール「Enterprise WeChat (企业微信)」をリリースする予定だ。 この無料サービスはモバイルとPCの両方で使え、ビジネスシーンにおいて便利ないくつかの新機能を搭載する。

Enterprise WeChat 独自の機能とは?

3月10日、QQ Techに公開された情報によると、この新サービスはSlack同様、利用者が一日中 ログインしていることを想定している。「コーヒーブレーク・モード」は、席を外していることがグループのメンバーに一目でわかる新機能だ。

また、 休暇届けや出張経費の払い戻し申請等、簡単なオフィス業務を定型フォーマットでやり取りする機能を搭載する。

WeChatのコア機能はそのまま引き継がれ、 グループ間でメッセージ、ボイスメッセージ、画像、絵文字、スタンプ、GPS情報などをやり取りできる。

チャット画面を煩雑にすることなくメッセージの既読を知らせることのできる 新機能「receipt」も画期的だ。

中国市場に潜在するビッグチャンス

現在、中国では 仕事とプライベートのグループのやり取りがごちゃ混ぜの状態でチャットツールが使われている。仕事専用のチャットツールが登場すれば、ビジネス効率の大幅アップが期待される。

EkoTeambitionなど、これまでにもいろいろな企業が中国のビジネスシーンにフォーカスしたWebサービスをリリースしているが、Dropboxの例のように政府に突然、規制されることを懸念して外国企業のサービスを利用したがらない人が多い。

その点、WeChatには既にほとんどの中国のオフィスワーカーが利用しているという利点がある。新サービスEnterprise WeChatは大きなチャンスを掴みそうだ。

via Tech in Asia

(執筆:キーツマン智香)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録