THE BRIDGE

タグ weebly

Square、オフラインとオンラインのコマースの溝を埋めるためにWeeblyの買収を活用

SHARE:

単なるモバイル決済を超えたサービスを拡充している Square は、2つのオムニチャネル小売製品を刷新しようとしている。 Square と言えば、小売店がモバイル端末を使ってカード決済できる中核サービスが有名だが、サンフランシスコを本拠とする同社は現在、小規模事業の集約を目指しており、多くの小売関連分野に参入している。その製品の1つが「Square Online Store」である。これはもともと…

sq-online-store-hardware.jpg
リニューアルされた Square Online Store
Image Credit: Square

単なるモバイル決済を超えたサービスを拡充している Square は、2つのオムニチャネル小売製品を刷新しようとしている。

Square と言えば、小売店がモバイル端末を使ってカード決済できる中核サービスが有名だが、サンフランシスコを本拠とする同社は現在、小規模事業の集約を目指しており、多くの小売関連分野参入している。その製品の1つが「Square Online Store」である。これはもともと2013年に Square Market としてローンチされたもので、小売店が基本的な e コマースストアをセットアップできる無料サービスだ。

Square とすでに取引のある小売店にとって、この Online Store は、オンラインに簡単に進出して多くの商品を販売するサービスとして機能した(決済を行うのは当然ながら Square)。だが実際には、初のオンライン店舗をローンチするのに誰でも使用できた。しかし Square Online Store サービスは単一ページしかなく、他の e コマースツールとの意味のある統合もできなかったことから、使用範囲が限られていた。

改良された Square Online Store では全体的に異なる機能が設けられ、今ではリアルタイム在庫へのアクセス、Instagram セールスとの統合、発送ラベル統合、店舗内受取サービス、Square ギフトカードのサポートができるようになった。とりわけ重要なのは、Square の店舗内 POS システム「Square POS」と同期されたことだ。

sq-online-store-UI.jpg
Square Online Store では、ユーザインターフェイスと機能が刷新された。

面白いことに、Square は現在、最新の Square Online Store を使ってレストランに照準を定め、店内だけでなくオンラインでも注文を受け付けられるようにしている。Caviar など、食品に特化した他のサービスを補完するようになるだろう。

生活のデザイン

今回のアップグレードでは、Square が2018年に行った大きな買収が注目されるようになった。人気のウェブサイトビルダー、ウェブホスティングサービス「Weebly」のことだ。オムニチャネルの取り組みの一環として、Square は Weebly を自社製品と統合する壮大な計画があったのは明らかだ。そして Square Online Store は3月20日、Weebly に完全統合された2つの製品のうちの1つになった。

Weebly と統合されたもう1つの製品は「Square for Retail」である。これは Square が2017年に小売店向けにローンチした専用 POS プラットフォームだ。同社は3月20日、新たな機能を追加して Square for Retail をリニューアルしたと発表した。その機能には Weebly でウェブサイトを構築して自社の小売カタログを Square Online Store と接続するものがある。それにより小売店は、価格設定、在庫、あらゆる関連データを含めオンラインとオフラインですべてを同期できるようになった。

Square-for-retail-4.jpg
Square for Retail

すでにオフラインとオンラインで販売をしている小売店の点を結ぶだけでなく、従来型の小売店が使いやすいウェブサイトビルディングツールを使用してウェブ上で店舗をセットアップできるよう仕向けている点で、これは大きな意味のあるアップグレードだ。顧客にとっても、こうした統合がなされることにより、1つのウェブサイトでの注文と決済のほか、営業時間内に店舗で商品を引き取ることができるようになる。

対人、オンライン、アプリ内を問わず、あらゆるチャネルを使って販売者が購入者にリーチできることが重要です。

Square の e コマース部門を率いる David Rusenko 氏は話している。

以上は、小売店の行動をより強く把握できるようにする Square の取り組みとしては最新のものである。例えば Square は今年初め、エコシステム内で他の販売者に割引を提供することに加え、販売者が自己資金に即座にアクセスできる新型デビットカードをローンチした

いくらかお決まりの言葉を使って言えば、Square は小売店と顧客の双方にとってシームレスな体験を構築したい、ということだ。さらに重要なこととして、同社はあらゆる取引で一定の役割を担いたいのだ。販売拠点がオンラインであれオフラインであれ、同社はそのようにして収益を上げている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

シリコンバレーでTencent(騰訊)から資金調達を受けているのはどこか?

SHARE:

中国のコンシューマー技術企業のTencent(騰訊)は中国のインターネットの多種多様な分野に進出している。それらには、ゲームやメッセージングアプリ、決済、eコマース、ソーシャルネットワーキング、クラウドストレージが含まれる。この企業は中国のオンラインのインフラを独占支配してはいるものの、海外では以前からあまり目立った存在ではない。 しかしこの2年、Tencent はシリコンバレーを本拠地とするイン…

tencent-snapchat-720x404

中国のコンシューマー技術企業のTencent(騰訊)は中国のインターネットの多種多様な分野に進出している。それらには、ゲームやメッセージングアプリ、決済、eコマース、ソーシャルネットワーキング、クラウドストレージが含まれる。この企業は中国のオンラインのインフラを独占支配してはいるものの、海外では以前からあまり目立った存在ではない。

しかしこの2年、Tencent はシリコンバレーを本拠地とするインターネット企業への活発な投資を続けている。中国で生まれ育ったモバイルメッセンジャーWeChatを自国初の世界的なヒット商品にすべくアグレッシブなマーケティングをしつつ、カリフォルニアにある名の知れたスタートアップ企業の何社かに投資をしている。

ただ、Tencentの投資ポートフォリオを眺めても、投資先からそれらに共通したテーマがあるとは言いがたい。いずれにせよ、Tencentはパロアルトおよびニューヨークにも従業員を抱えており、国際的な展開を推進するため、アメリカに拠点をもつこれらのチームがリサーチや顔合わせを頻繁にしているのであろう。

下記に列挙したのは、Tencentが最も多額の出資をしている、米国を拠点としたコンシューマー系インターネット企業の一覧だ。ちなみにTencentはこれら6つの資金調達先のうち1社しかリードしていない。つまり、私たちはこれらの多くは慈善事業みたいな入札に終わるのではないか、という予想をしている。

Snapchat

9730643918_82ff56238e_b-720x480

メディアの憶測が波紋を広げた数カ月後の昨年11月、TencentのSnapchatへの投資が確実となった。これは、中国企業による最も価値のある賭けだ。TechCrunchの報道によると、TencentはInstitutional Venture Partnersがリードする6000万ドルの資金調達ラウンドに参加した。リードが別だったということで、この中国企業がEvan Spiegel氏や従業員に対してことさら大きな資金を投入しようとしているのではないかという疑念は払拭された。

TencentとSnapchatの関係において財政的な繋がりが必ずしも深くないにも関わらず、この先、Spiegel氏やMarc Andreessen氏らがTencentにとって頼れる存在になるとするのであれば、両者には共通認識ができたと考えるべきだろう。Spiegel氏はいくかの機会において Tencent の社名を出し、更には、TechCrunch Disruptのイベントに登壇した時も、彼らをマネタイゼーションの将来設計における「ロールモデル」と称した。

「マネタイゼーションは重要なトピックで、私たちはビジネスをしているのでその事についていつも考えています。私たちのマネタイゼーションに対する考えは随分と変わりました。私達は、中国の大企業であるTencentをロールモデルの1つとして参考にしています。

彼らはアプリ内のトランザクションから収益の大半を得ているのです。何がそれほど魅力的かといいますと、かつて Tencent が真剣に売上を伸ばす必要があった頃、大きなブランド広告市場というものは存在しなかったのです。ですから彼らも単純に『このバケツの中にある何兆ドルもの大金のうち、5%を使って今から大企業になります』とは言えなかったのです。彼らは多くの人が望んで買いたいと思うものを作らなければなりませんでした。それは恐ろしい挑戦だと思います。

経営者会議に出席して、ディスプレイ広告から得られる何兆ドルという大金のうちの5%よりも、むしろ自分たちは人々が求めるものを作っていくことを決断することは。私が思うに、私たちにはそれができると信じてくれる長期投資家がいることはとても運が良いことだと思っています」(Evan Spiegel氏)。

昨年1月に「シリコンバレーの予言者」Marc Andreessen氏は、TencentからSnapchatが引き継いだものは彼らにとっての「ブル・ケース(相場に対しての好材料)」になると表現した

Snapchatの「ブル・ケース」は、1000億ドルの価値を持つTencentという中国企業がついた、ということです。Tencentが1000億ドルの価値があるとされる理由は、提供しているスマートフォン上でのメッセージサービスがそれだけに留まらず、ゲームやソーシャルネットワークと絵文字、そしてビデオチャットといった幅広いサービスに活用され、さらにそれぞれで課金をしているからです。

技術系企業としての成功は歴史上類をみないもので、香港株式市場でも実際に1000億ドルの価値をつけているのです。おそらくそれこそが(CEO Evan Spiegel氏の)狙いなのでしょう。Tencentのビジネスモデルをアメリカに移植するという前人未到の試みがたぶん彼の計画なのだと思います」(Marc Andreessen氏)。

これからSnapchatはTencentのQQのような安定感のあるサービスを準備する必要がある。また、付け加えると1000億ドルの大部分は、絵文字ではなく、魔法系PCゲームがもたらしている。

Tencentからの贈り物はSnapchat信者を興奮させることになるだろうし、同時に彼らを嫌う人たちを苛立たせることだろう。

Tencentは現在世界でもっともワイルドな“Messaging 1.0”アプリを提供している。ーーつまりWeChatの古いバージョンであるWeixinのことだ。一方でSnapchatは10代をはじめとする若者世代を掌握し、モバイルメッセージの未来を手にする日も近いかもしれない。

もしこの先1,2年でTencentとSnapchatの関係がより深まり、そしてSnapchatが壮大なる野望に気づくことができれば、そこには大きな結果が待ってるかもしれない。

Weebly

Large-White-Logotype-Blue_Bg-720x384

Weeblyは、小規模な事業者や個人向けにシンプルなドラッグ&ドロップインターフェースで魅力的なウェブサイトが作成できるサービスを提供している。これはSquarespaceやWixといった競合が利益を見込んだのとコンセプトと同じだ。Wix は昨秋ニューヨーク株式市場へのIPOで、1億2700万ドルの株式公開を果たした。

昨年4月、TencentはWeeblyに3500万ドルに上った資金調達に参加し、、企業価値を4億5500万ドルまで引き上げた。Tencent(あるいはAlibabaやその他の中国企業)から投資を受けることで、中国への進出、拡大が簡単になることは容易に想像がつくが、Weeblyに対するTencentのサポートがとりわけ意味があるのは、両企業ともeコマースに関連しているからである。

確かにWeeblyは誰でも自由に使うことができるが、小さな自営業の事業主たちは自らユーザーを獲得しなければならない。一方で、Tencentはeコマース分野について一歩先に進んだ存在となっている。ブランドを持った事業者や自営業者に向けたWeChatのマネジメント・サービスのローンチがその最も分かりやすい例だ。

中国におけるeコマースは未だに AlibabaのTaobaoが独占しているが、コマース事業者がそこで目立つことは難しいであろう。もしモバイルという制約を受けたくない事業者が、TaobaoからWeChatへ移行しようとするならTencentは、Weebly によいソリューションを見出せるかもしれない。

Cyanogen Inc

cyanogen

ここで1つ面白いものを紹介しよう。CyanogenModはオープンソースのAndroid ROM で、ハッカーのガレージプロジェクトから派生したが、徐々にその人気を集め、株式会社化するに至ったものだ。ほとんどのROMがそうであるように、Androidオタクは目を輝かせるだろうが、普通の人たちは一瞥もくれないようなものだ。ケータイの切替スイッチやプッシュ通知、性能を気にする人にとっては、CyanogenModはお奨めかもしれない。

Android ROM製作者の趣味が高じ、ビジネス化してほどなくして、TencentとAndreessen Horowitzはシアトルに拠点を置くチームへの、2700万ドルの投資ラウンドに参加した(訳注:引用元では、2300万ドルと記述されている)。Cyanogenはオタクコミュニティーから暖かく歓迎されたが、そのビジネスモデルには懐疑的にならざるを得ない。

競合だらけの中、目立とうと頑張る携帯メーカーにROMのライセンスを与えるのだろうか?

それともGoogleやデバイスメーカーが提供できないような付加価値機能を作って課金するのだろうか?

Cyanogen Incは、既にOppoとOnePlusという一歩進んだワールドワイドな中国携帯メーカーとパートナー契約を結んでいる。OnePlusがTech in Asia に対し、Cyanogenとの間で提携を結ぶに当たり金の流れがあったのか、またその場合はいくらで合意したのかといった質問に答えてくれなかったため、その詳細は謎に包まれている。

さておきCyanogenがどのように利益を上げているかに関わらず、より多くの携帯にROMがインストールされ続ける限り、Tencentはファームウェアパートナーとして、自社のモバイルアプリ群の販売を促進するためのきっかけにしようとしているのかもしれない。それがWeChatでも、モバイルゲームでも、Snapchatでも。

Fab

fab-logo-jpg

昨年夏、Tencentは、デザイン志向で人気のeコマース企業であるFabに対する、1億5000万ドルの投資ラウンドをリードした。それは米国企業に対する最高投資額であった。

中国のインターネット全体における存在感、そしてWeChat上の事業者の急激な伸びをみると、ニューヨークに本拠地を置くこのスタートアップの中国参入を促すには、Tencentは大変よい位置にいる。ただ、Alibabaの方がより良い組み合わせであった可能性は高かったかもしれないが。

いずれにしてもTencentが投資に対する見返りを手にする可能性については見通しが悪くなっている。

ちょうど今月、Fabがグローバル要員の1/3を解雇したという情報が流れたからだ。このことを歓迎する大半の現役社員がニューヨークオフィスの人だったという。このような変化は、この一年の間に生じた沢山の製品とピボットによるもので、新規市場への参入を検討している企業にとっても好ましいことではない。

Fabは今日に至るまでの間、3億3000万ドル以上の資金調達を受けており、もし、船が沈み始めているとしても、船が海底にたどり着くまで、ある程度時間は残されている。業界のウォッチャーが、Fabの中国での成功をみるにはもうしばらく待つことになるかもしれない。

Whisper

whisper-logo-720x185

人々が最も奥深く、暗い心の闇に潜む秘密を、すぐそばにいるユーザと共有できる匿名のソーシャルアプリ「Whisper」に対して、Tencentは3600万ドルの調達ラウンドに参加した。

Snapchatに対する投資同様、モバイルの若くて先進的な流行をとらえるために投資に踏み切ったと思われる。

何がかっこいいのか?子供たちは私たちが理解できない何かをしているのだろう?消えるメッセージと匿名での共有である。

もちろん、Whisperの用途に価値がどれほどあるのか、そしてユーザからどれだけの利益を上げられる可能性があるのか、といった疑問もある。しかしながら、投資の目的はマネタイゼーションを実現させるためにあって、それを確証するものではない。今後もシリコンバレーのインサイダーが今後の協力関係に関する詳細をリークしないかどうか、今後も注意深く見守っていくつもりだ。

Plain Vanilla

quizup-logo-jpg

Plain Vanillaは正確にはアイスランドのレイキャビクに本拠地を置いているのだが、今回のリスト基準を満たしたのでこちらに加えた。Tencentはこのモバイルゲーム開発会社への250万ドル、シリーズAラウンドに2013年4月参加、それから同年12月にはシリーズBで2200万ドルを出資した。

Tencentはゲーム業界の顔なじみであり、QQGamesのポータルで帝国の大部分を築き上げた。更に、League of Legendsの生みの親であるRiot Gamesを4億ドルで買収し、3.3億米ドルを投じて(レガシーPCシリーズUnreal Tournamentおよびそのモバイル版にあたるInfinity Bladeなどで知られる)Epic社の40%の株を取得するなど世界的なゲーム業界に波乱を巻き起こした。

しかし、モバイル時代のゲーム業界におけるスタンダードはKing.comであり、同社はCandy Crush Saga というシンプルで軽快なモバイルゲームによって何百何千億ドルもかき集めることに成功した。一方でLeague of Legendsのようなゲームは世界中のオタクたちの心にTencentという名前を刻み込むことに成功するだろう。

ではFarmvilleでパワーアップするために50ドルをつぎ込む一般の主婦をどうみればいいのだろうか。答えはPlain Vanillaにあるかもしれない。同社のクイズゲームQuizUpはパブでおこなわれるようなクイズを武器に、世界的なヒットを生み出した。もしRiotやEpicとの提携によって生み出されたTencentのゲーム群が最高峰だとするのなら、Plain Vanillaへの投資はゲーム中毒の主婦層を取り込むことを約束するサインになるのかもしれない。

その他のシード案件投資

これらの出資に加え、Tencentは期待されるスタートアップへのシードラウンド投資に積極的に参加している。それらの大半は影響力のあるアクセラレーター、Y-Combinaterを卒業した人たちだ。昨秋、ゲームプレイレコーディングのスタートアップであるKamcordに100万米ドル、写真ストレージアプリ(後にDropboxに吸収合併された)Loomに150万ドルを投じた。

Tencentの恩恵にあずかる他の企業にはヘルスケアクラウドファンディングプラットフォームであるWatsi、人検索APIのArk、それ以降姿をみなくなった写真アプリのWaddleが挙げられる。シリコンバレーから一歩離れると、韓国のモバイルメッセージスタートアップのKakaoが、企業株の13%と引き換えにTencentから6300万ドルの投資を受けている。とはいえ、最近のDaumとの合併で確実に元は取れているはずだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

原文

----------[AD]----------

アメリカ発ウェブ作成プラットフォームWeebly、シリーズCでTencent(騰訊)他から3500万米ドルの資金を調達

SHARE:

4月23日、アメリカのウェブサイト作成サービス会社Weeblyは4億5500万米ドルのバリュエーションで、中国の大手インターネット企業TencentとSequoia CapitalからシリーズCで3500万米ドルの資金調達を実施したことを発表している。Weeblyによると、調達した資金は新規市場への拡大と開発へのさらなる投資に活用されるという。 スタートアップWeeblyは3人のペンシルバニア州立…

スクリーンショット 2014-05-06 15.08.28

4月23日、アメリカのウェブサイト作成サービス会社Weeblyは4億5500万米ドルのバリュエーションで、中国の大手インターネット企業TencentとSequoia CapitalからシリーズCで3500万米ドルの資金調達を実施したことを発表している。Weeblyによると、調達した資金は新規市場への拡大と開発へのさらなる投資に活用されるという。

スタートアップWeeblyは3人のペンシルバニア州立大の学生によって設立され、創業から8年が経過している。コーディングや専門技術を必要とせずドラッグアンドドロップ機能のみでプロ仕様のウェブサイトを作成するサービスを、特に小さな企業の顧客相手に提供している。Weeblyは2000万以上ものサイトをホストしているとしており、これらのサイトには毎月1億7500万人の訪問者が訪れるという。

中国インターネット大手のTencentは最近、投資活動に積極的だ。2013年の10か月間で海外市場に向けて20億米ドルもの投資を実施しており、うち大部分はスタートアップに対する投資であった。

買収や投資先の可能性を見極めるためのオフィスをアメリカに構えるTencentは、急成長を遂げているアメリカのスタートアップのポートフォリオを拡大していっている。同社が投資したスタートアップには、モバイルメッセージアプリのSnapchat、eコマースサイトのFab、モバイルゲームメーカーのPlain Vanilla、モバイルゲーム動画録画サービスのKamcord、そしてゲームデベロッパーのActivision Blizzardがある。

via Technode【原文】

@technodechina

----------[AD]----------

ウェブサイトクリエイターのWeeblyが3500万ドル調達、モバイルコマースを推進【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Website Builder Weebly Raises $35M ウェブサイトクリエイターのWeeblyが4億5500万ドルの評価で3500万ドル(100円換算で35億円)を調達したそうです。Re/codeの記事では月間で1億7500万人のユニーク訪問者数があるとのことで、モバイルコマースの拡大を見込…

Free_website___Free_blog___Create_a_free_website___Weebly

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Website Builder Weebly Raises $35M

ウェブサイトクリエイターのWeeblyが4億5500万ドルの評価で3500万ドル(100円換算で35億円)を調達したそうです。Re/codeの記事では月間で1億7500万人のユニーク訪問者数があるとのことで、モバイルコマースの拡大を見込んでのことだとか。

Weeblyの創業は2006年、JimdoやYolaなどが競合として有名ですが、それぞれ創業が同じぐらいの年なので、各社「モバイル(というかスマートフォン)コマース」をキーワードに再攻勢をかけることになるのかもしれません。

Google翻訳でざっくり読む

via Re/code

----------[AD]----------