BRIDGE

タグ Weibo(微博)

中国コマースの巨人アリババ、SinaのWeiboに続き1000億ドル以上の評価で北米市場にIPOか

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Chinese E-Commerce Giant Alibaba Filing for US IPO アジア圏の話題ですが、やはりこちらも公開先が北米ということで朝にお届けします。中国コマースの巨人のアリババがついにIPOという話題です。香港市場への上場が期待され、協議が続けられているそうでしたが、どうや…

1688_com,阿里巴巴打造的全球最大的采购批发平台

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Chinese E-Commerce Giant Alibaba Filing for US IPO

アジア圏の話題ですが、やはりこちらも公開先が北米ということで朝にお届けします。中国コマースの巨人のアリババがついにIPOという話題です。香港市場への上場が期待され、協議が続けられているそうでしたが、どうやら北米での公開に踏み切った模様。(元記事では香港でのレギュレーション問題としてますが、明示ないのでなにかトラブルが残っているのかもしれません)

ロイターなどが報じるところでは150億ドル規模のIPOになるといい、会社評価額は1000億ドル以上(100円ざっくり換算で10兆円以上)になるとのこと。もう国家ですね。中国のSinaが運営するWeiboも北米IPOと報じられてましたので、これに続く形となりそうです。

Google翻訳でざっくり読む

via The Next Web

次期バージョンのiOS8のスクリーンショットらしきものがWeiboに流出、公式のTextEditとPreviewが妄想される【ピックアップ】

SHARE:

Image by 9to5mac 【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Alleged iOS 8 screenshots reveal Healthbook, TextEdit, and Preview apps これまでAppleネタ(特に流出系)は敢えて避けてきましたが、ピックアップなら…ということで次期バージョンとなるiOS8のリーク…

previewtextedit

Image by 9to5mac

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Alleged iOS 8 screenshots reveal Healthbook, TextEdit, and Preview apps

これまでAppleネタ(特に流出系)は敢えて避けてきましたが、ピックアップなら…ということで次期バージョンとなるiOS8のリーク画像らしきものからひとつ。

中国Weiboに掲載されたこのスクリーンショットに載ってるのがモバイル版のテキストエディットとプレビュー。Macユーザーであれば定番のデフォルト中のデフォルトアプリですが、これまでiOSにはありませんでした。THE VERGEではアイコンはコピペだし、そもそも開発サイクルから漏れることなんてないからと真面目に一刀両断してますが、こういうのはうふふと妄想するのが楽しいのであります。

ちなみに9to5Macが伝えるところによると、これでようやく全てのMacデバイスで同期が取れるようになる、iCloudの真骨頂発揮だと筆圧高めなご様子。レポートの通りであれば今年中にはGoodReaderの出番がなくなるかもしれません。それはそれで便利なので歓迎したいです。

【Google日本語訳でざっくり読む…がこのサイトでは使えません】

via The Verge

中国のTwitterクローンSinaのWeibo、80億ドルの評価を引っさげて米国市場に上場へ【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Chinese Twitter clone Weibo plots an $8B IPO in the U.S. LINEやWeChat、WhatsAppにViberとメッセージング関連で話題が盛り上がる中、ちょっと陰に隠れた感のあるのが中国Sinaの運営するWeiboです。 中国版Twitterクローン…

新浪微博-随时随地分享身边的新鲜事儿

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Chinese Twitter clone Weibo plots an $8B IPO in the U.S.

LINEやWeChat、WhatsAppにViberとメッセージング関連で話題が盛り上がる中、ちょっと陰に隠れた感のあるのが中国Sinaの運営するWeiboです。

中国版Twitterクローンといわれ、1日に1億メッセージを生み出すプラットフォームがついにIPOへとVentureBeatが伝えてます。

ところでアジア圏の話題は夕方なのですが、なぜ朝にこれを出すかというと、上場する市場がどうやら米国だということだからです。評価額は80億ドル相当とのこと。

なお中国の巨人アリババが昨年に、Weibo株を32億5000万ドルの評価で18%取得しているとあり、さすがは中華最強ネット軍団、しっかり押さえるとこは押さえるなという強さを感じさせてくれます。詳細は元記事でどうぞ。

Google日本語訳でざっくり読む

via VentureBeat

中国版Twitter、Sina Weibo(新浪微博)のCTOが「IPOを計画中」と語る

SHARE:

地元の新聞Nandu(南都)によると(中国語記事)、Sina(新浪)のCTOであるJack Xu(許良杰)氏が、Twitterに似たサービスを提供しているWeibo(微博)がIPOの準備を進めているとする噂を認めた。 Sinaのニュースポータル、ワイヤレスサービス部門やSina音楽部門(既にWeiboに吸収されいる)で以前働いていたWeiboのスタッフの雇用契約がWeiboを運営する会社に移され、…

地元の新聞Nandu(南都)によると(中国語記事)、Sina(新浪)のCTOであるJack Xu(許良杰)氏が、Twitterに似たサービスを提供しているWeibo(微博)がIPOの準備を進めているとする噂を認めた。

Sinaのニュースポータル、ワイヤレスサービス部門やSina音楽部門(既にWeiboに吸収されいる)で以前働いていたWeiboのスタッフの雇用契約がWeiboを運営する会社に移され、2014年に向けIPOの準備が進められていることをITのジャーナリストのSohu氏が先日(中国語で)報じた。

SinaのCEOのCharles Chao(曹国輝)氏とWeiboの前社長のPeng Shaobin氏は2010年に、Micro-dream Creation Technology(中国語ではWei Meng Chuang Xin、微夢創格)というWeiboとは別の会社を登記しており、この別会社としてWeibが株式公開を行うのではないか、と幅広い憶測を呼んだ。

sinaweibo

Jack Xu氏は、この手のサービスを提供しながら株式公開できないようでは投資家はこの事業形態に不信感を抱くだろうと述べ、TwitterのIPO申請がWeiboのIPOにも好材料になると歓迎した。

Sina Weiboは設立して4年になる。登録されているアカウントは500以上あり、広告、オンラインゲームやユーザ向け有料サービスで売上を上げている。また、Alibabaと新たに提携したことで、Alibabaのプラットフォームで小売業者向けにeコマース用の広告を掲載したりWeiboでキャンペーン支援を行い、今後3年間で少なくても総額で3億8000万米ドルの売上が約束されている。

Sinaは今年2月に、長い間技術力不足で苦戦していた同社を立て直すべく、Ciscoの前副社長のJack Xu氏をCTO兼共同社長として迎え入れた。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

Sina Weibo(新浪微博)、地震”超”速報サービスを開始

SHARE:

ソーシャルメディアの災害対応に関してグッドニュースだ。中国地震局はSina Weibo(新浪微博)との強い協力関係の下、地震発生とほとんど同時に自動的にフォロワーに通知する新機能をWeiboアカウントに搭載したと発表した。Sina Tech(新浪科技)によると、地震発生後10~100秒だという。 プライベートメッセージの形式で通知され、震源付近のユーザにのみ送信される。プライベートメッセージで携帯…

1374496382000-AP-China-Earthquake-1307220917_4_3-350x262ソーシャルメディアの災害対応に関してグッドニュースだ。中国地震局はSina Weibo(新浪微博)との強い協力関係の下、地震発生とほとんど同時に自動的にフォロワーに通知する新機能をWeiboアカウントに搭載したと発表した。Sina Tech(新浪科技)によると、地震発生後10~100秒だという。

プライベートメッセージの形式で通知され、震源付近のユーザにのみ送信される。プライベートメッセージで携帯に送信・表示されるので、実際に(通知機能を無効にしていない限りはおそらく)Weiboアプリを開く必要はない。Sinaからの情報によれば、ほぼテキスト通知のようなものだが、より迅速かつ正確だという。

こうしたサービスの利点は明らかだ。救助活動がより迅速に対応できるようになる可能性があるし、初期地震に気づいていない人に通知することで、余震のダメージによる被害者の発生を防げるかもしれない。もちろん地震の前に通知できるほどには整備されていないのだが、地震を予測するのが極めて困難なため、この新サービスはおそらく中国が現在望めるなかでは最速の地震速報だろう。

Sinaと政府との協働と言えば、普通それは「検閲」に関することだ。だから、命を救う可能性があるこうした真の公益プロジェクトで両者が協力しているのは素晴らしいことだ。中国は最近、数々の大震災で多くの犠牲者が出た。特に悲惨だったのは2008年の四川北川地震

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

中国のマイクロブログWeibo(微博)は近隣の人とつながるクールなローカルネットワークになれるか

SHARE:

以前の記事で、シリコンバレー近辺に住むアジア人移住者を検証しながら、Sina Weibo(新浪微博)やTencent Weibo(騰訊微博)のモバイル「近隣確認」機能について少し触れた。その時はメッセージアプリWeChat(微信)とZaloを使用していた。今度は、Twitter風のWeiboにフォーカスしようと思う。 Sina Weiboや、忘れられがちなマイクロブログのライバルであるTencen…

Weibo-LBS
以前の記事で、シリコンバレー近辺に住むアジア人移住者を検証しながら、Sina Weibo(新浪微博)やTencent Weibo(騰訊微博)のモバイル「近隣確認」機能について少し触れた。その時はメッセージアプリWeChat(微信)とZaloを使用していた。今度は、Twitter風のWeiboにフォーカスしようと思う。

Sina Weiboや、忘れられがちなマイクロブログのライバルであるTencent Weiboは、こうしたチャットアプリよりも「ハイパーローカル」なツールを持ち合わせている。Sina Weiboの公式モバイルアプリにはたくさんの近隣用オプションがついている。オプションには、地元周辺の割引情報、共同購入、食品、映画、バー、ホテル、その他名所などのおすすめカテゴリーがある。ほかにも、近隣のユーザに投稿された写真のギャラリーもある。

画面をさらに下にスクロールすると、場所タグ付きの投稿がある。ここには、私のいる現在地(カリフォルニア北部)の500メートル以内にある53件の投稿があった。

私は近隣のユーザーのコンテンツに関するコメントに「いいね!」をすることができた。だが、こうした投稿は主として近隣に住む人以外を意識しているのは明らかだった。例えば、「今アメリカに住んでるの?」とか「アメリカの食べ物はどう?」など、多くのコメントがあった。ほとんどは私が現在いるところからではなく、中国の友人からのものだ。

ローカルなつぶやき

Weibo-as-a-hyperlocal-network

基本的に、モバイルWeiboの投稿はすべてデフォルトで位置データを含んでいるため、Sina Weiboはこの種のローカルニュースのフィードを集めることしかできないようだ。

一方でTencent Weiboには、2つのコアといえる「近隣」機能がある。「近隣の人情報」と「近隣の投稿」だ。Tencentの投稿もいくつかはモバイルアプリのデフォルトの位置設定に従って集約されているが、Tencent Weiboには単純な機能が1つある。それは実に革新的な中国のハイパーネットワークへの可能性を示している。

Tencent Weiboの「近隣投稿」は、近隣のユーザを直接対象にしたコンテンツオプションを提供しており、テキストボックスで「周りの人に一言どう?」と促してくる(上図参照)。これにより、Sina Weiboが切り捨てた部分と効果的に連携をとり、人々はローカルコンテンツの生産・消費ができるようになる。

理論的には、Tencentはこの機能を中国初になるかもしれないハイパーローカルネットワークに適用するかもしれない。アメリカベースのNextdoor.comおよびその近隣ネットワークにやや似ている。あるいは、拡張中のWeChatの機能に組み込むことによりTencentを国際化させることもできる。

こうした気鋭のマイクロブログがさらにハイパーローカル市場の開拓をするのだろうか、そしてそれは中国国内、それとも国外で起こるのか――それは時が経てばわかることだ。しかし、考えてみるのも一興だ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

海外在住の中国人がターゲットの「MelonFriends」は複数のソーシャルメディアを1つにまとめるアプリ

SHARE:

もし友人が世界中にいるのなら、国だけでなく利用しているソーシャルメディアサービスもさまざまなものだろう。そして、ユーザがもし母国から遠く離れた地で働いたり学んだりしている中国人なら、さらにバラバラになっているだろう。 というのも、新天地でできた同僚やクラスメートはTwitterやFacebookなどの中国ではブロックされているソーシャルメディアを利用しているからだ。それらサイト、会話、メッセージ、…

MelonFriends-app-01

もし友人が世界中にいるのなら、国だけでなく利用しているソーシャルメディアサービスもさまざまなものだろう。そして、ユーザがもし母国から遠く離れた地で働いたり学んだりしている中国人なら、さらにバラバラになっているだろう。

というのも、新天地でできた同僚やクラスメートはTwitterやFacebookなどの中国ではブロックされているソーシャルメディアを利用しているからだ。それらサイト、会話、メッセージ、仲間を1つにまとめるための新アプリMelonFriendsが先日ローンチした。

当初はAndroid向けとして始まったMelonFriendsは、Sina WeiboやRenrenをTwitterとFacebookに統合した。これらのストリームを別々に表示するか、まとめて表示するかを選ぶことができる。

多くの人がWhatsappやWeChatといったアプリでさらにコミュニケーションをとる時代に登場したとしても、素晴らしいアイデアであることに変わりはない。シンガポールの3人体制のスタートアップチーム「Melon Sail」を活動拠点にしているMelonFriendsのデザイナーDuan Tingliang氏によれば、同アプリのアイデアがグループの動きを活発に保っているという。

「MelonFriendsのメイン機能により、中国の人たちは自身の利用している中国でのソーシャルネットワーク(Renren、Weibo)と海外(FacebookやTwitter)のものを管理することができます。つまり、MelonFriendsの使い方はWeChatなどのメッセージング機能中心のアプリとは全く異なっているのです。

一言で言えば、WeChatが(中国国内外問わず)1対1のコミュニケーションに焦点を当てている一方で、MelonFriendsは友人たちとの共有、やり取り、そしてネットワーク全体の管理にフォーカスしています。しかし、将来的に掘り下げる価値がある1対1のメッセージング事業にもいくらかチャンスはあるでしょう。」

MelonFriends-app-02

会話の流れを追えるように、MelonFriendsは異なるソーシャルネットワークで使えるインタレストベースの「チャンネル」を近々導入予定だという。ソーシャルネットワークでのショッピング・贈り物サービスも作成中だそうだ。Tingliang氏は次のように説明している。

「例えば、私が間違いなく作るだろうし個人的にも利用したいと思うチャンネルは『ふるさとの食べ物』というものです。このチャンネルを通じて、ユーザに中国からの食料品の大量購入(おそらくTaobao経由)に対して割引をしたり、グループ購入に対して海外発送をしてくれるサービスプロバイダなどを紹介することができます。

このためこのチャンネルは、海外の中国人のために単に情報を提供するだけでなくショッピング・贈り物をするためのソリューションを提供します。最終的には、海外の中国人とつながりのある中国やその他の国の人々にリーチを拡大できると考えています。」

間もなく導入予定のカスタマイズできるテーマや絵文字などのアプリ内購入機能に加え、このソーシャルショッピング的な側面も同アプリの収益化の1つになる可能性がある。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

中国研究家やジャーナリストに朗報、「WeiboSuite」が検閲で削除されたSina Weiboの投稿を翻訳してくれる

SHARE:

香港大学China Media Projectのメンバーが素晴らしい取り組みをしている。同プロジェクトが中国メディアとソーシャルメディアに目を向けてからしばらく経つ。彼らが開発した素晴らしいツール「WeiboScope」を使えば、Sinaが特定した重要事項と検閲の裏で、Weibo(微博)上では何が起こっているかを垣間見ることができる。 そのチームが今回、また別の素晴らしいウェブアプリ「WeiboS…

香港大学China Media Projectのメンバーが素晴らしい取り組みをしている。同プロジェクトが中国メディアとソーシャルメディアに目を向けてからしばらく経つ。彼らが開発した素晴らしいツール「WeiboScope」を使えば、Sinaが特定した重要事項と検閲の裏で、Weibo(微博)上では何が起こっているかを垣間見ることができる。

そのチームが今回、また別の素晴らしいウェブアプリ「WeiboSuite」をローンチした。これは、検閲で削除された投稿にインデックス付けをし、英語に翻訳してくれるというアプリだ。

weibo-suite

中国語は話せないが中国で最も活発なソーシャルメディアネットワークで何が起こっているのかを追い続けたい中国研究家やジャーナリストにとって、WeiboSuiteは非常に貴重なツールとなることは間違いないだろう。Sina Weiboには何十億という投稿がされるので、WeiboSuiteがすべての投稿を英語に翻訳するわけではないし、できないのは明らかだ。

だが、同サービスは最も最近に削除された1000件の投稿にインデックスを付け、自動翻訳してくれる。たいていのジャーナリストはとにかく最新記事を見たいだけなので、この機能は役に立つ。例えば、私がWeiboSuiteで「チベット」を検索したら、日曜日にチベットのNaqu Biru(那曲比如)県でかなり大きな反政府デモがあったという昨日付けの興味深い投稿が表示された。(訳注:原文掲載5月15日)

さらに、WeiboSuiteは「画像からテキスト」翻訳にも対応している。これは、Weiboの文字制限(キーワードのブロックは言うまでもなく)を回避するために、イメージとしてアップロードされた長いテキストが含まれる厄介な長いWeibo投稿をジャーナリストが取り扱うのに効果的だろう。

最後に、同サービスには画像分割機能もある。Weiboユーザは複数の写真を1つの長い画像でアップロードすることがよくある。この形式はWeibo上では便利だが、他のプラットフォームではそうではない。WeiboSuiteの画像分割は、他の編集ソフトもしくは厄介な切り抜き作業をすることなくそれぞれの写真を別々の画像ファイルに分割してくれる。

要するに、ジャーナリストやWeibo上の出来事に興味を持つ人たちにとって、WeiboSuiteは素晴らしいツールだ。こうしたツールを作成した香港大学のチームには頭が下がる思いだ。彼らは本当にクールなことを成し遂げてくれたものだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

Sina Weibo(新浪微博)の投稿を英語に翻訳する香港発のアプリ「Surround App」が正式リリース

SHARE:

数か月前、私たちはSina Weibo(新浪微博)のための新しいサードパーティーアプリ ——Sina Weiboに投稿されるほとんど中国語の文章を英語に翻訳するというサービス—— が開発中であることを紹介した。 こうしたアプリがあれば、この活発に利用されているTwitter風サービスのWeiboも、中国語を話さない人にとってはるかにアクセスがしやすくなるだろう。実際にこうしたアプリ、その名もSur…

数か月前、私たちはSina Weibo(新浪微博)のための新しいサードパーティーアプリ ——Sina Weiboに投稿されるほとんど中国語の文章を英語に翻訳するというサービス—— が開発中であることを紹介した

こうしたアプリがあれば、この活発に利用されているTwitter風サービスのWeiboも、中国語を話さない人にとってはるかにアクセスがしやすくなるだろう。実際にこうしたアプリ、その名もSurround Appが、先日実際にローンチされたので、遂にその性能を試すことができる。

Surround Appは無料のアプリで、フォローしている人のWeibo投稿ならどれでもワンクリックで機械翻訳をすることができる。さらに、リツイートやコメントなど、Weiboの一般的な機能のほとんどの英語インターフェースも提供している。

香港拠点の同スタートアップは、このベータ版では多くの機能が省略されていることを認めている。例えば、コメントやスラングの翻訳、画像のアップロード、有料の人力翻訳などの機能は今後追加されていく予定だ。それでは、私が今試しに使っているベータ版を紹介しよう。

Surround-App-translates-Sina-Weibo-posts-01

この新しいベータ版にはいくつかよく分からないところがある。リツイート/再投稿ボタン(写真上)のように見えるものは実際にはコメントボタンで、明らかに更新ボタンだと思われるものはコメントの再投稿ボタンとなっている。

どのようにして翻訳させるのかが分かりにくい。よく見てみると、アプリの左下の矢印をタップすれば翻訳できることが分かる。できれば、今後、これらのアイコンを再考してほしいと思う。ひょっとして、私が無料のアプリに手厳しくなっていると思う人がいるなら、それはこのアプリが多くの人にとって役立つものになると思うので良いアプリになってほしいと願っているからだ。

共同設立者のJeffrey Broer氏は以前、同アプリのアイデアが「オンラインでフォローしたい興味深い人達」の投稿を理解することができないという彼自身の問題に端を発していると私の同僚に語っている。Surround Appチームは、HK Acceleratorからシード投資で約1万5000米ドル、オフィススペース、そして技術的な指導を受けている。

Surround Appは現在、Google PlayでAndroid版を入手することができるが、iPhone版の方はまだiTunesで公開されていない。

Surround-App-translates-Sina-Weibo-posts-02

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

Sina Weibo(新浪微博)、WeChat(微信)の新機能とよく似た「パブリック・プラットフォーム」機能をテスト中

SHARE:

数週間前、Sina(新浪)は同社主力プロダクトのWeibo(微博)にとって、WeChatが脅威であることを認めた。それから先日、筆者はWeiboとWeChatの競争がどうして非常に重要なのかについて書いた。 さらにその後、Han Han(韓寒)氏までもがこの競争について、話に加わった。そんな中、今年がWeiboとWeChat(微信)の競争(そして、Weiboが負けつつあるようだ)であることを示す最…

sina-weibo-tencent-wechat

数週間前、Sina(新浪)は同社主力プロダクトのWeibo(微博)にとって、WeChatが脅威であることを認めた。それから先日、筆者はWeiboとWeChatの競争がどうして非常に重要なのかについて書いた。

さらにその後、Han Han(韓寒)氏までもがこの競争について、話に加わった。そんな中、今年がWeiboとWeChat(微信)の競争(そして、Weiboが負けつつあるようだ)であることを示す最新のニュースはTechWebにより報じられた。TechWebによると、Sina WeiboはWeChatからヒントを得た新たな「パブリック・プラットフォーム」機能に関する内部テストを行っているという。

WeChatのプラットフォームも同じ機能名を持ち、Sina Weiboの新機能では、ユーザがグループメッセージを送ることができるようになる。ただし、今のところこの機能は大手メディアだけが利用できるようだ。このプラットフォームの主な利点は、特にモバイル用としてデザインされているという事実は別として、140文字より長いメッセージの投稿を可能にするという点だ。

これは例えば、ニュースメディアがプラットフォーム内で記事全文をシェアできることを意味する。そして、フォロワーはSinaのアプリ内で直接記事を読むことができる。リンクをクリックして、モバイル用ブラウザから見なくてもよい。もちろん、これと同じことはWeChatでも可能だ。

wechat-weibo-public-platform-680x517

Sinaの「パブリック・プラットフォーム」はまだ今のところ内部テスト中なので、リリースされるまで実際どのようなものになるのか、もしくは本当にリリースされるのかどうか明らかではない。けれども、TechWebのライターが提起した問題については考慮すべき価値がある。つまり、メディアは自社の公式サイトに読者を誘導するわけではないプラットフォームに関わることに興味を持つだろうか、ということだ。

もしユーザがSinaのアプリ内で記事全文を読めてしまうのなら、Sinaにとっては素晴らしいことだが、メディア側にとっては公式サイトへの訪問者と広告収益を奪われることになる。メディアを「パブリック・プラットフォーム」のターゲットとすると、売り込みの活動は厳しいものとなるかもしれない。

どうであれ、WeiboとWeChatはユーザ獲得争いのために態勢を整えているのは明らかなようだ。Sinaは同社のサービスをもっとWeChatに近いものへと変えるテストを行っているが、Tencent(騰訊)は、Tencent Weibo(騰訊微博)をもう少しSina Weiboに近いサービスとなるよう、WeChatアプリに機能を追加しようとしていると噂されている。

どちらの企業が最終的に競合を打ち負かすのかはわからないが、中国最大のインターネット企業2社が中国のソーシャルやモバイルのユーザを獲得しようと争う上で、Sina WeiboおよびTencentのWeChatが提供するサービス分野が戦場となることは明らかである。

(via TechWeb)

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】