BRIDGE

タグ Weixinhai(微信海)

中国で勢いを増すWeChat(微信)のパブリックアカウント開発マーケット

SHARE:

WeChat(微信)のパブリックアカウント用アプリケーションを開発するDodocaは本日、シリーズAラウンドで複数の中国の投資家から4000万元(約650万米ドル)の資金を調達したことを発表した。Docodaと同様のサービスを提供するWeimobは、今年7月に3000万元(約480万米ドル)の資金調達を発表している。 今年初め、また別の類似サービスWeixinhaiが1300万米ドルの資金調達を発…

wechatappdeveloper
Dodocaが開発したWeChatのパブリックアカウント用アプリケーション

WeChat(微信)のパブリックアカウント用アプリケーションを開発するDodocaは本日、シリーズAラウンドで複数の中国の投資家から4000万元(約650万米ドル)の資金を調達したことを発表した。Docodaと同様のサービスを提供するWeimobは、今年7月に3000万元(約480万米ドル)の資金調達を発表している。

今年初め、また別の類似サービスWeixinhaiが1300万米ドルの資金調達を発表している。WeChatのパブリックアカウント開発という新興市場で、今後さらなる資金調達合戦が繰り広げられても不思議ではない。

WeChatはあらゆる事業や組織が、WeChatパブリックアカウントシステムを使用したり自身のアカウントにカスタム機能を開発できるよう一連のAPIやサービスをリリースした。リリース後数日間、WeChatは中国版TwitterのWeiboのようなソーシャルマーケティングチャネル程度にしか見えなかったが、それらのAPI及びサービスによりモバイル決済といった機能が可能となり、WeChatの独自路線がより深まった。

今年初め、WeChatはビジネス用モバイルストアプラットフォームをローンチしている。

もちろん、ビジネスとしてWeChatパブリックアカウントに情熱を注いだり、カスタム機能を開発したりするうえで最も重要なことは、莫大な数に上るWeChatユーザの存在である。2014年第2四半期の時点で、月間4億3800万人のアクティブユーザがいる。

ローンチして2年後、パブリックアカウントは580万件に達した。パブリックアカウントの設定やベーシックな機能のあるアカウントの運営は容易である一方で、全てのビジネスがソフトウェアデベロッパーを有しているわけではないし、モバイルウェブベースの機能の構築やWeChat上での新プロモーションの創出のために彼らを雇えるわけではない。

ここで登場するのがWeChatアプリ開発およびオペレーションサービスだ。

前述のデベロッパー3社は同様のサービスを提供している。彼らはパブリックアカウントの機能開発やクライアント向けのアカウント運営のほかにも、加入者のメトリクス測定やその分析結果を表示するダッシュボード、クライアントがWeChatの加入者とオンラインまたはオフラインのアクティビティで交流を増やせるようなアプリケーションを開発した。ビジネス向けトレーニングも提供している。

中国では、WeChatのパブリックアカウントの開発またはオペレーションに携わる企業が何千とあると言われている。そして、その多くが以前はWeiboのソーシャルマーケティング業者であった。私が先に述べたとおり、経営状態の良いパブリックアカウントはより良いブランド構築だけでなくビジネスの収益をも生み出すという意味で、WeChatは彼らにとってこれまでより何倍も大きなチャンスになるというわけだ。

しかしWeiboの衰退の影響で、それらのサービスは1つのものに全てを託すことはできなくなった。Dodocaは、NetEaseと中国の通信会社であるChina Telecomが共同で運営しているモバイルチャットアプリである EasyChat、そしてAlipayとWeiboにも同時にサービスを提供している。Alipay WalletというAlipayのモバイルペイメントアプリと他の多くのモバイルサービスはAPIのセットを最近リリースしているので、サードパーティー業者がまもなく飛びついていくだろう。

コンテンツの公開、モバイルコマース、そしてより最近ではスマートホームやウェアラブルプロダクトとの相互作用などが可能なWeChatのパブリックアカウントシステムは中国でなかなか評判が良いため、さらに競合が参入してくることになる。なお、中国の検索大手であるBaiduは同様のプログラムがBaiduの主力モバイルアプリの次のバージョンで利用可能となる、ということを本日公開している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

WeChat(微信)の公式アカウント開発サービスWeixinhai(微信海)、1300万米ドルの資金を調達

SHARE:

2012年8月にWeChatは公式アカウントシステムをローンチした後、これをサブスクリプションアカウントとサービスアカウントに二分した。この2つのアカウントの違いは、後者がWeChat Paymentを利用して支払いをできるなど、前者より多くの機能を利用できる点にある。ビジネスや公的機関などは、例えばCRMやマーケティング、商品の販売までもWeChat上でできるようになった。WeChatにはそのよ…

スクリーンショット 2014-05-05 12.43.29

2012年8月にWeChatは公式アカウントシステムをローンチした後、これをサブスクリプションアカウントとサービスアカウントに二分した。この2つのアカウントの違いは、後者がWeChat Paymentを利用して支払いをできるなど、前者より多くの機能を利用できる点にある。ビジネスや公的機関などは、例えばCRMやマーケティング、商品の販売までもWeChat上でできるようになった。WeChatにはそのようなアカウントが約300万件あるといわれている。

WeChatは公式アカウント向けに高度な機能を構築するためにAPIの開発をしてきた。これら公式アカウントではオンライン銀行からホテルの予約まですることができる。しかし、ほとんどの企業はソフトウェアの開発方法についての知識がなく、中国で最も人気のあるモバイルソーシャルプラットフォームですら公式アカウントを管理する方法を知らない場合もあるのだ。

Weixinhaiはこういった課題を解決してくれるサービスになる。企業向けのWeChat公式アカウント管理や推進をするだけでなく、WeChat決済システムを持つ店頭ページの設定など、企業の公式アカウント向けに必要な機能の開発も実施してくれる。

設立は2012年12月で、WeChatが公式アカウントシステムをローンチして数カ月後には開始している。Weixinhaiの発表では、1日あたり1万人ほどのクライアントが増加しており、毎月の総収入は3000万元に達したという。同社CEOのCheng Xiaoyong氏によれば、8000万元(1300万米ドル)もの資金調達ラウンドを完了する予定なのだという。

ただ、この事業を手がけているのはWeixinhaiだけではない。Adsitは、2007年からオンラインマーケティング業界に携わっている。現在同社が提供している主要サービスの1つに、WeChatの公式アカウント開発がある。

同社は昨年事業を開始し、StarbucksやP&G等の大手にサービスを提供している。AdsitのCEOであるXue Wenyi氏は、昨年のインタビューで、年内には約60のクライアントからの売上は数千万元に達し、2014年には総売上は4倍に達する見込みだと語っている。

via Technode【原文