THE BRIDGE

タグ Wercker

Oracleが、コードのテストとデプロイを自動化する「Wercker」を買収

SHARE:

データベーステクノロジー大手のOracleは、コードのテストとディプロイプロセスを自動化するツールを開発するオランダのスタートアップWerckerを買収する計画があることを発表した。買収額などの詳細は公開されていない。 Werckerは、2012年にアムステルダムで創業して以来、アプリケーションとマイクロサービスの開発の自動化を支援するコンテナ中心のプラットフォームを開発者向けに提供してきた。Sh…

データベーステクノロジー大手のOracleは、コードのテストとディプロイプロセスを自動化するツールを開発するオランダのスタートアップWerckerを買収する計画があることを発表した。買収額などの詳細は公開されていない。

Werckerは、2012年にアムステルダムで創業して以来、アプリケーションとマイクロサービスの開発の自動化を支援するコンテナ中心のプラットフォームを開発者向けに提供してきた。Shippable、Codeship、CircleCI、Drone.io、Semaphoreといった競合がいる領域であるが、Weckerは他社と異なる点として、Dockerのコンテナと統合できる機能をあげてる。クラウドにディプロイしたいソフトウェアを開発する企業を支援することを目的にしている。

Werckerはこれまで800万ドルほどを調達しており、昨年には450万ドルの資金調達ラウンドを終えている。今回の発表の数ヶ月前には、OracleはAPI開発スタートアップApiaryを、5ヶ月前にはDNSプロバイダーのDynを買収している。Werckerの今後の計画については、Oracleは共に「現代のクラウド向けに、開発者ツールを民主化することに取り組む」としている。

また、買収のプロセス完了後は、WerckerはOracleの既存の開発者向けツールとサービスに統合される予定であるとのこと。Werckerのユーザーは「Oracleの他のプロダクトとうまく統合、整理されたサービスを享受できるでしょう」とOracleはコメントしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Werckerが450万米ドルの資金を調達、コマンドラインツールをオープンソース化

SHARE:

コードのテスト及びデプロイプロセスを自動化するツールのスタートアップであるWerckerは本日、450万米ドルの資金調達ラウンドを発表した(編集部注:原文掲載1月28日)。同社はまた、GitHubのオープンソース使用許可のもと、コマンドラインインターフェース(CLI)のリリースも合わせて発表した。 「新たに調達した資金により、Werckerは大企業向けの機能を備えた製品をさらに増産することができま…

上:左からWerckerのCTOのAndy Smith氏、CEOのMicha Hernández van Leuffen氏、CCOのWayne Gibbins氏 Image Credit: Gray Powell/Wercker
上:左からWerckerのCTOのAndy Smith氏、CEOのMicha Hernández van Leuffen氏、CCOのWayne Gibbins氏
Image Credit: Gray Powell/Wercker

コードのテスト及びデプロイプロセスを自動化するツールのスタートアップであるWerckerは本日、450万米ドルの資金調達ラウンドを発表した(編集部注:原文掲載1月28日)。同社はまた、GitHubのオープンソース使用許可のもと、コマンドラインインターフェース(CLI)のリリースも合わせて発表した。

「新たに調達した資金により、Werckerは大企業向けの機能を備えた製品をさらに増産することができます」と、同社設立者兼CEOのMicha Hernandez van Leuffen氏はVentureBeatのインタビューで答えた。

競合にはCodeship、CircleCI、Drone.io、Semaphore、Shippableなどがいる。

他社製品との差別化のポイントはDockerコンテナとの統合で、これによってユーザーはアプリケーションコードをひとまとめにして、簡単にサーバー間を移動させることができる。

「全てをDockerのコンテナ内で作業させることができます。開発過程の中間生成物はすべてDockerのコンテナになれるのです。」とHernandez van Leuffen氏は語る。また、Docker Hubもしくは自分のレジストリからコンテナを取り出し、出荷前にコードを作ることもできる。さらにCLIがオープンソースなので、誰でもその上でコードを作ることが可能だ。

このラウンドを率いたのはInkef Capitalで、他にもNotion Capitalが参加した。現在までにWerckerは750万米ドルを調達している。

Werckerは2011年にアムステルダムで創業し、サンフランシスコにもオフィスがある。スタッフ数は17人だ。昨年同社はOrganizations機能を導入した。同氏によると、何万人もの人々が現在Werckerを利用しているという。

WerckerはGitHub及びAtlassianのBitbucketと統合している。現在のところGitLabはサポートしていない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------