タグ whatsapp

モバイルメッセージアプリ「WhatsApp」のアクティブユーザ数が月間3億人突破、ボイスメッセージ機能を追加

SHARE:

WhatsAppは先日、アプリを更新し、複数のプラットフォームで使用できるボイスメッセージ機能を追加した。モバイルメッセージ企業の中で最も保守的で、比較的いろいろな機能を制限してきた同社にとって、今回の追加は大きな飛躍と言える。 アプリのマイクのアイコンを長押ししてボイスメッセージを録音し、指を離すとすぐに発信される。 CEOのJan Koum氏はAll Things Digitalに対し、 ニュ…

WhatsApp

WhatsAppは先日、アプリを更新し、複数のプラットフォームで使用できるボイスメッセージ機能を追加した。モバイルメッセージ企業の中で最も保守的で、比較的いろいろな機能を制限してきた同社にとって、今回の追加は大きな飛躍と言える。

アプリのマイクのアイコンを長押ししてボイスメッセージを録音し、指を離すとすぐに発信される。 CEOのJan Koum氏はAll Things Digitalに対し、

「WhatsAppには現在、毎月3億のアクティブユーザがいます。3億2500万のPhoto Sphereが共有されており、数十か国でメッセージアプリ業界を席巻しています。」

と明らかにした。

WhatsAppのCEO、Jan Koum氏とAllThingsDとのインタビューはこちらから

【via DailySocial】 @DailySocial

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ちまたに溢れるチャットアプリ、次は何?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 アジアでは、至る所でチャットアプリがローンチされている。中国にはWeChatがあり、韓国にはKakaotalk、そして日本/韓国にはLineがある。それにWhatsappも加えれば、一般的なモバイルユーザがチャットアプリの選択に困ることはない。中国のチャットアプリ競争は終わっている。というのも、WeChat(別名:Weixin)がすでにその競争に勝ち、起業家の…

【翻訳 by Conyac】【原文】

アジアでは、至る所でチャットアプリがローンチされている。中国にはWeChatがあり、韓国にはKakaotalk、そして日本/韓国にはLineがある。それにWhatsappも加えれば、一般的なモバイルユーザがチャットアプリの選択に困ることはない。中国のチャットアプリ競争は終わっている。というのも、WeChat(別名:Weixin)がすでにその競争に勝ち、起業家のほとんどがTencentと競争する意味はないと考えているからだ。

だが、アジアのその他の国々では、チャットアプリが依然としてローンチされている。恋人たちのためのアプリ(Pair、Between、LoveBytesなど)や、女性向けのサービス(Cubie)もある[1]。まるで大きな需要があるかのようにチャットアプリがローンチされることに、私は少し困惑している。私は何か見落としているのだろうか?それとも、成長の余地が本当にもっとあるのだろうか?

個人的に私は、一般的なモバイルチャットアプリが他のチャットアプリをしのぐには、あまりにも混雑しすぎていると思う。上に挙げた大手のサービスは既にほとんどのユーザのマインドシェアを勝ち取っている。

こういうすべての状況から分かる良い点は、特にアジアでは、ユーザがモバイルデバイスを使ってやりたいことの最たるものがチャットだと証明しているように見えることだ。そして、アプリが特に素晴らしければ、一般的にそのアプリは急速に成長する。確かに、バーティカルなチャットアプリが成功する余地はまだある。

最近発表された、Cubieの資金調達ニュースはそれを物語る格好の例だ。Cubieは女性向けにデザインされたアプリなので、当然ながら絵文字やたくさんの「女の子っぽい」ものをたくさん提供している。大勢のユーザは得られないだろうが、ニッチで女性だけをターゲットにしている。

それがかえって、広告収入をもたらすのにとても役に立つのかもしれない。同スタートアップはここ6ヶ月間だけで400万人以上のユーザを獲得しており、私もそれは素晴らしいと思う。

中国のモバイル/ソーシャルチャットアプリで、恋愛ごっこみたいなサービスを提供するMomoもある。Momoでは、人と人がはるかに簡単な方法で知り合うことができる。これまでに、同サービスは1600万人を超えるユーザ、そして4000万米ドルの資金を獲得しており、インターナショナル版のサービスをまもなくローンチする予定だ。

だから、バーティカルなチャットアプリには本当に大きな市場があるようだ。このトレンドにはうなづける。一般的なeコマースサイト、そしてバーティカルなeコマースサイトがあるのと同じことだ。そして、その両方のカテゴリーにサクセスストリーがある。チャットアプリも同じような方向に進むのだと私は思う。ひょっとしたら、企業向けのチャットアプリもできるかもしれない。

異なるタイプの数だけその可能性はあるだろう。

1.Cubieは最近、資金調達で110万ドルを獲得し、500 Startupsのプログラム参加企業としても選ばれた。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録