THE BRIDGE

タグ WHILL(ウィル)

新世代の電動モビリティ「WHILL」が量産化を目指して伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、500 Startupsなどから100万ドルを調達

SHARE:

次世代の車椅子「パーソナルモビリティ」を開発するWHILL, Inc.は7月15日(日本時間で7月16日)、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(以下、ITV)、500 Startups、サンブリッジグローバルベンチャー及びWingleと個人投資家らから100万米ドルの資金調達を実施したことを発表した。個人投資家には500StartupsのDave McClure氏やFacebookでソフトウェアエンジ…

IMG_4495

次世代の車椅子「パーソナルモビリティ」を開発するWHILL, Inc.は7月15日(日本時間で7月16日)、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(以下、ITV)、500 Startups、サンブリッジグローバルベンチャー及びWingleと個人投資家らから100万米ドルの資金調達を実施したことを発表した。個人投資家には500StartupsのDave McClure氏やFacebookでソフトウェアエンジニアを務めるのEric Kwan氏らが名を連ねる。

今回の資金調達でWHILLは第一号製品となる量産化モデルの開発、販売を進める。初回は直販で50台を米国マーケットに向けて販売する計画だという。時期は2014年初旬を計画している。

IMGP7822

日産、ソニー、オリンパス。日本を代表するメーカー出身の若手技術者たちが新しい世界を創造しようとしている。

WHILLのプロジェクトをクラウドファンディングCAMPFIREで知った人も多いのではないだろうか。2011年暮れに実施された試作機のプロジェクトはその後順調に成長し、500Startupsへの採択、そして今回の資金調達ラウンドへとコマを進めた。

WHILL代表取締役の杉江理氏の話によれば、車椅子というプロダクトは1932年から変わらなかった分野。こういった少し「ニッチ」な市場で、大型のハードウェアをスタートアップさせることは容易ではない。ITVでWHILLの投資を担当しているディレクターの浅田慎二氏に投資判断について尋ねると、プロトタイプと市場の重要性を語ってくれた。

「こういったハードウェア投資の話題は他からもくることはあります。しかし彼らが違っていたのは既にモノを作ってきた。これは大きいですね。

さらに市場についても国内では規模にして200億円程度。実際にこのモビリティを使おうにもその前に家のバリアフリーを改善しなければならない。一方で北米ではヒアリングした結果、熱烈に待望する声を多く拾うことができた。それがチャレンジの要因です」(浅田氏)。

IMGP7816

ちなみにWHILLのチームの話によれば、ハードウェアプロトタイプの開発はかなり敷居が低くなっているのだという

「今回の試作機では500万円ほどの金額がかかりましたが、大企業ではこの10倍はかかるでしょうね。要因としてはやはりソフトウェアのオープンソース化や3Dプリンターなどによるパーツ制作環境の変化があります。米国のテックショップでは共有の場所で工作機械を貸してくれますし、早く安く部品が調達できるようになったのは大きいです」(WHILLチーム談)。

拠点を東京とサンフランシスコに置く同社だが、今回取材で伺った「工場」は東京の町田にあった。駅から徒歩で数十分と離れた場所だったが、秘密基地のようで楽しかった。ここから始まる変化に期待したい。

IMGP7813

写真:取材中もどんどん来訪者がやってきて打ち合わせを進める

IMGP7817

写真:手前に見えるのが開発中の新型ホイール

IMG_4497

写真:地図を頼りに探しても見つけるのは困難な「秘密基地」

IMG_4496

----------[AD]----------

日本のスタートアップAppSociallyとWHILLが、500Startupsのインキュベーション・プログラムに参加決定

SHARE:

サンフランシスコのインキュベータ 500Startups の直近のインキュベーション・プログラム参加スタートアップが発表された。参加する28社については、他のブログで触れられているので、本サイトで復唱することはしない。今回、日本のスタートアップは参加することができたのだろうか。結果は、2社が加わることになった。 2月の SF Japan Night でファイナリストに残った WHILL はプログラ…

yusuke-george
App Socially創業者の高橋雄介氏と、
500StartupsパートナーGeorge Kellerman

サンフランシスコのインキュベータ 500Startups の直近のインキュベーション・プログラム参加スタートアップが発表された。参加する28社については、他のブログで触れられているので、本サイトで復唱することはしない。今回、日本のスタートアップは参加することができたのだろうか。結果は、2社が加わることになった。

2月の SF Japan Night でファイナリストに残った WHILL はプログラム参加を果たした。彼らの作った未来志向の車椅子によって、身体障害者を移動しやすくするという高い目標を掲げている。

今回参加することになった、日本からのもう一社は、グロース・プラットフォームの AppSocially だ。500Startups に参加することになった背景について、今日、我々は AppSocially 創業者の高橋雄介氏と話すことができた。

500Startups は新しい形のビジネススクールと言ってもいいだろう。すごいメンターが居て、我々スタートアップが頼めば、彼らは 500Startups のオフィスにやってきて、喜んで我々を助けてくれる。

彼によれば、AppSocially は、これまでリクルートやエキサイト・ジャパンのような、日本の大企業と協業してきた。しかし、今後はスタートアップや個人エンジニアなどの中小ビジネスを支援する、〝セルフな〟サービスを開発しようと考えている。ユーザ・インタフェースの改善や顧客開発を支援するサービスに取り組むようだ。

著名なシリコンバレーの起業家 Steve Blank に大きな影響を受け、高橋氏のこれまでの努力は昨年BBCに取り上げられるなど、決して見過ごされてはいない。彼のプラットフォームを使いたいという、サンフランシスコ・ベイエリアの人々からの契約を得、彼のビジネスは順調な滑り出しを見せているようだ。

AppSocially についての詳細は、以下のスライドを参照してほしい。

【原文】

----------[AD]----------

Open Network LabのDemo Dayで紹介された、6つのすばらしいアイデア

SHARE:

【原文】 Open Network Lab は、伊藤穣一氏(MITメディアラボ所長)や、日本の2大インターネット企業-デジタルガレージやNetPrice.comが支援する、東京のインキュベータだ。彼らの第5期アクセラレーション・プログラムが終了し、火曜日にデモデイが開催された。プログラムのメンティーらは、まもなく公開されるアプリやサービスについてプレゼンテーションを行った。イノベーションのゆりかご…

【原文】

Open Network Lab は、伊藤穣一氏(MITメディアラボ所長)や、日本の2大インターネット企業-デジタルガレージやNetPrice.comが支援する、東京のインキュベータだ。彼らの第5期アクセラレーション・プログラムが終了し、火曜日にデモデイが開催された。プログラムのメンティーらは、まもなく公開されるアプリやサービスについてプレゼンテーションを行った。イノベーションのゆりかごから生まれたアイデアを見てみることにしよう。

  1. WHILL type-A, by WHILL – 最優秀賞
  2. Sparta
  3. Onegai Company, by Actcat
  4. Mashroom.fm
  5. Smakul, by Hungry
  6. Jam, by Rena

 

1. WHILL type – A (by WHILL – 最優秀賞)

この乗り物は、身体障害者が簡単に移動したり、より遠くへ快適に移動することを助けてくれる。チームはユーザの気分がよくなるものを作ろうと、WHILL type-A を開発した。日本の道路交通法にも準拠しており、運転免許がなくても公共の道路を運転することができる。

このプロダクトは、日本の Kickstarter のようなクラウドファンディング・サイト Campfire から生まれたもので、彼らはそこで13,000ドルを調達した。調達した資金を使い、彼らは初期ロット100台を生産し、12月には発売を開始する予定だ。チームには、以前、日産自動車、ソニー、オリンパスで働いていたエンジニアが含まれる。

WHILL のチームとプロトタイプ。

 

2. Sparta

Sparta は、Photoshop のようなプラットフォームで、プログラミング・スキルの習得せず、3次元グラフィック・アーティストがポイントクラウド・システムを操作できる。タブレットやペンだけで、アーティストは作品を作ることが可能になる。ユーザからのライセンス料、ストレージ・オプションの提供、ユーザが自らの作品をオンライン販売できるアセットストアでのレベニューシェアでサービスをマネタイズする計画だ。このプロダクトは Campfire で86人から7,300ドルを調達し、そのうちの43人がサービスを購入した。開発チームには、映画の映像効果の仕事をしていたコンピュータ・グラフィックス・デザイナーが含まれる。

3. Onegai Company (by Actcat)

このスマホアプリは、他のユーザに何かしてもらいたいことをポストすることができる。他のユーザの誰かがコメントを残せば、その人はアイスクリームやスマートフォン付属品等の購入に使えるポイントを得ることができる。チームはこのアプリを1カ月前にローンチしたばかりだが、既に28,000人のユーザを獲得した。iTune app store と Google Play でダウンロード可能。

 

4. Mashroom.fm

このウェブサービスは、アメリカの音楽好きな消費者のために作られたものだ。自分のパートをギターや好きな楽器で演奏し、アップロードして他のユーザの投稿に重ね合わせることで、今いる場所にかかわらずジャムセッションを実現する。チームは、楽器メーカーや音楽業界との提携を模索している。

Mashroom は、アメリカの音楽好き消費者をターゲットにしている。

5. Smakul by Hungry

このスマホアプリは、地元の商店にスマホアプリに最適化されたウェブサイトの構築を可能にする。デスクトップやラップトップは必要ない。電話番号を入力するだけで、アプリが自動的に所在地などのプロフィールを収集し、極めてシンプルな手順でウェブサイトを生成する。ある調査によれば、店舗のウェブサイトを訪れた人の85%は、スマートフォン向けの画面が用意されていない理由で、ウェブサイトの閲覧をあきらめるのだそうだ。1週間前にローンチしたばかりのサービスだが、既に100店舗以上のユーザを集めている。

 

6. Jam by Rena

このアプリは、友人をパーティーや遊びに誘うことができる。アプリの中で友人とゆきたいイベント、展示会、レストランを見つけたら、ボタンを押すだけで友人を誘うことができる。チームが行った調査によれば、人々は友人を誘いたいが、Facebook、電子メール、Twitter など異なるアプリやサービスに連絡先が散在しているため、誘うのが面倒くさいと思っていることが明らかになった。このアプリは連絡先がどのアプリに保存されているかに関わらずメッセージを送信することができる。

Jam は、友人を遊びに誘うのを助ける。

 


一方、Open Network Lab は2つの新しいインキュベーション施設をオープンさせた。一つは恵比寿の本部ビルの中に、もう一つは鎌倉にだ。鎌倉のスペースには24のデスクがあり、素晴らしい海の景色が見えて、起業家は集中して新しくイノベイティブなアイデアを膨らませることが可能だ。これらの施設は基本的に、Open Network Lab のアクセラレーション・プログラムの卒業生や現行参加スタートアップに対してオープンだが、ビジターも立ち寄ることができる。東京を訪れる起業家にとって、見逃せない場所になるだろう。

Open Network Space in Daikanyama
Open Network Space in Kamakura

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------