THE BRIDGE

タグ Wondershake

Locari 運営の Wondershake が次に狙うチャンスは「DIY」ーーレシピ共有サービス Creon をβ公開

SHARE:

女性向けのライフスタイル情報メディア「Locari」を運営する Wondershake は11月15日、新サービスとして DIY(Do it yourself)レシピ・コンテンツを集めた共有サービス「Creon(クレオン)」をβ公開した。インテリアやアクセサリー、コスメからガーデニング等のカテゴリでユーザーはレシピを登録することが可能で、利用は無料。ウェブの他、iOS、Android アプリでも提…

screencapture-creon-diy-jp-recipes-1392-1479455663200
DIYレシピには詳しい作り方が掲載されている

女性向けのライフスタイル情報メディア「Locari」を運営する Wondershake は11月15日、新サービスとして DIY(Do it yourself)レシピ・コンテンツを集めた共有サービス「Creon(クレオン)」をβ公開した。インテリアやアクセサリー、コスメからガーデニング等のカテゴリでユーザーはレシピを登録することが可能で、利用は無料。ウェブの他、iOSAndroid アプリでも提供されている。

d19904-6-638859-2
アプリでも提供

Wondershake が運営する Locari には既にDIY関連のコンテンツが存在しており、今回同社でサービスを担当する山田光氏の話では実際にコンテンツを見て行動している読者がいたのだそうだ。

「新たな事業を考えてユーザーヒアリングをしていた際、引越しを考えていたのだけど、Locariの記事を読んで自分でリノベーションすることができたので引越しをやめた、という体験を話してくれた方がいらっしゃったんです。そこでさらに調査をしてみたら7割の方は興味があるということが判明したのですが、やはり実際に作ろうとなるとハードルが高くなる」(山田氏)。

Locari の月間のアクティブユーザーが1000万人を超え、チームも40名ほどに拡大する中、Wondershake として新たなサービスにチャレンジしようと検討が始まったのが今年5月頃。Q&Aや動画などいくつかのアイデアの中、最終的にこのヒアリングの結果などをふまえ、CGM 方式でやろうと方向性が決まったということだった。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-18-16-56-40
LocariにあるDIYカテゴリのコンテンツ

ハンドメイドは Creema や minne といった国内プレーヤーも出てきているし、同じくライフスタイルメディアとして成長している iemo や Roomclip などもDIY的な志向が強い。チャンスがあると判断するのは至極当然の流れとして、CGM方式、つまりはクックパッド的な方向性で取り組んだのはひとつ挑戦になるだろう。

CGM では運営側がコントロールしやすいキュレーションコンテンツと違い、ユーザーの判断や動きに任せる部分が多くなる。ただここ数カ月のテストで十分なユーザー登録数があったことからこの先の成長に期待が持てると公開判断した、という話だった。

実はここ最近、DIYやライフスタイルに近いテーマでサービス提供を考える、もしくは公開間近という話題をいくつか聞くようになった。ビジネスモデル的にも「住まい」は市場が大きい分、広告やコマース、仲介手数料など取れる選択肢が広い。確実にある市場だということはわかっているだけに、あとはタイミングだけのような気もしている。

今回、Creonが仕掛けた「今」が正しいのかどうか、数カ月後にはある程度、答えがでているのではないだろうか。

----------[AD]----------

サンブリッジが日本のスタートアップWondershakeとミドクラに出資

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 東京とサニーベールを拠点とし、日本オラクルの前社長であるAllenMinerによって設立されたテクインキュベーターでありベンチャーキャピタル会社であるサンブリッジは日本のスタートアップ企業のWondershakeとミドクラに向けて出資をおこなったことを発表した。出資金額についての詳細は明らかにされていないが、CNETJapanなどを含むニュースメディアによると…

【翻訳 by Conyac】【原文】

B104653292e7fe74cc6ceca1148065b4

東京とサニーベールを拠点とし、日本オラクルの前社長であるAllenMinerによって設立されたテクインキュベーターでありベンチャーキャピタル会社であるサンブリッジは日本のスタートアップ企業のWondershakeとミドクラに向けて出資をおこなったことを発表した。出資金額についての詳細は明らかにされていないが、CNETJapanなどを含むニュースメディアによると、それぞれ数百万円程度(※)とみられるとのこと。

Wondershakeは、TechCrunch Japanにより4月に開催されたスタートアップのピッチイベントでグランプリを獲得しており、この時AllenMiner氏が審査員長役を務めている。このスタートアップ企業は、同日、サイバーエージェント・ベンチャーズからの資金調達を行っている。現在、Wondershakeチームは、サンフランシスコへと移住し米国企業として登録準備の段階に入っている。

サンブリッジは、投資における評価の上昇を避けるため、コンバーチブルノートでの投資をおこなう予定だ。そしてまたこの形での投資により、米国で見込みのある投資家から将来的に追加資金を受けやすいようになる仕組みだ。(Wondershake についての更なる詳細は、前回の記事参照

1d62bc146ef6450d892ac1cc77911531
サンブリッジのAllenMiner氏(左)とWondershakeの鈴木仁士氏(右)

一方でミドクラは、クラウド開発のテック企業で、事業開始前の段階で、NTTインベストメント・パートナーズやデータセンター企業のビットアイルを含むいくつかのベンチャーキャピタル企業から1億円の資金調達をおこなっている。 同社は、グロービス(東京の私立MBAスクール)の元COOと共に共同設立された。日本の有名なテック起業家である西川潔氏(ネットエイジの創業者)も役員のメンバーに加わっている。ここ数か月の間に、同社のチームメンバーからいくつかのクラウド関連アプリのα版を開発していると聞いたが、それ以上の詳細は現時点では分からない。何か情報が入り次第お伝えしたい。

※最新情報:WonderShakeはサンブリッジを含む投資家からの資金調達額は36万米ドルだったと発表した。(日本語の発表はこちら

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------

“いまここにいる価値”を最大化する–Wondershakeが公開

SHARE:

平均年齢23歳のチームが目指すのは、いつでもどこでも便利に使えるインターネットの価値観を「チェンジ」すること――7月4日、ローカルコミュニケーションサービス「Wondershake」がiPhoneアプリとしてリリースされた。 この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。 ———-[AD]———-

平均年齢23歳のチームが目指すのは、いつでもどこでも便利に使えるインターネットの価値観を「チェンジ」すること――7月4日、ローカルコミュニケーションサービス「Wondershake」がiPhoneアプリとしてリリースされた。

この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。

----------[AD]----------