THE BRIDGE

タグ Woowa Brothers

韓国随一のフードデリバリー・アプリ「配達の民族」運営のWoowa Brothers、フードテックの革新に向けNaverから約35.5億円を調達

SHARE:

韓国国内1位のフードデリバリー・アプリ「配達の民族(배달의민족)」を運営する Woowa Brothers(우아한형제들)が、Naver から350億ウォン(約35.5億円)に上る大規模な資金調達を実施した。新株の引受により実施された今回の調達を契機に、人工知能など将来技術と、中小事業者支援の分野で両社間の協力がより緊密になるものと期待される。 Woowa Brothers は Naver からの…

韓国国内1位のフードデリバリー・アプリ「配達の民族(배달의민족)」を運営する Woowa Brothers(우아한형제들)が、Naver から350億ウォン(約35.5億円)に上る大規模な資金調達を実施した。新株の引受により実施された今回の調達を契機に、人工知能など将来技術と、中小事業者支援の分野で両社間の協力がより緊密になるものと期待される。

Woowa Brothers は Naver からの今回の投資を、「第4次産業革命の時代」を迎えるフードテック分野に画期的な技術革新をもたらすことが期待されている、音声認識アシスタント機能など人工知能技術と自律走行ロボット技術など未来産業競争力を確保し強化するために、集中的に活用する計画である。

配達の民族を始め、プレミアム外食配達の「Baemin Riders(配民ライダース=배민라이더스)」、モバイルナンバーおかず屋「Fresh Baemin(配民チャン=배민찬)」などを運営する Woowa Brothers は、今年はじめから独自の AI プロジェクト Baemin David を発足・活動を始め、業界をリードする企業として、将来変化に積極的に対応する動きで大きな注目を集めてきた。

Naver は、世界的な AI 研究所の Xerox Research Center Europe(現、Naver Laboratories Europe)を買収、フランスのハイエンド音響技術企業 Devialet に出資するなど、韓国内外の技術企業への出資を続けており、人工知能、マシンラーニング、コンピュータビジョン、自然言語処理など、将来技術に対する技術力を確保している。

Naver は出資の背景について、次のように説明した。

人工知能アシスタント、スピーカーなどのユーザ体験で、フードデリバリーは欠かすことのできない重要な要素で、グローバル IT 企業も積極的に投資している分野だ。Naver の未来産業の競争力強化のために、業界1位の配達の民族に戦略的投資を実行することになった。

配達の民族は、Naver Global のパートナーでもある。Woowa Brothers は昨年から Naver の「Amica Project(아미카 프로젝트)」に参加しており、その延長線上で、両社間のフードオーダーやデリバリー分野の協力体制を着実に進めてきた。

一方、Naver と Woowa Brothers は将来の技術競争力の確保に加え、食品業界に従事している自営業・中小事業者のための共生支援の努力にも、両社間でさらに協力を強化していくことができると見ている。

これに関連し、Woowa Brothers の関係者は、次のように述べた。

Naver でも飲食店と連携したサービスを継続的に発展させてきただけに、配達の民族との協力を通じて、今後自営業者が追加負担なしに、事業のより多くの助けを得ることができようにする方案を一緒に模索していくことができると期待している。

配達の民族は、フードデリバリーを行う事業主が、商売に実質的な助けを得ることができる教育の機会を提供する「Baemin Academy(배민아카데미)」をはじめ、過去数年間にわたり自営業支援事業を活発に展開してきており、Naver もまたオープンプラットフォーム戦略のもと、スタートアップや中小事業者とのさまざまな協力プログラムを進行してきた。

特に Naver と配達の民族は、9月に「Naver Partner Square x Baemin Academy 釜山地域特別教育」という名前で、すでに一緒に合同プログラムを進行したことがあり、来年からはさらに協力を拡大していく計画を持っている。

一方、Woowa Brothers のこれまでの調達額は、今回 Naver の資金調達を受けて合計1,463億ウォン(約148.2億円)にまで増えた。Woowa Brothers は、2010年の配達の民族での創業以来、2014年に Goldman Sachs から400億ウォン(約42.8億円)、2016年にアジア最大の投資ファンド Hillhouse Capital(高瓴資本)から570億ウォン(約54億円)など、大規模な資金調達を行なっている。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国のフードデリバリー「Woowa Brothers」が、Hillhouse Capital(高瓴資本)のリードで5,000万ドルを調達

SHARE:

韓国国内1位のフードデリバリー・アプリ「配達の民族(배달의민족)」を運営する Woowa Brothers(우아한형제들)が、アジア最大規模のVC の一つである Hillhouse Capital(高瓴資本) がリードするコンソーシアムから5,000万ドル(約54億円)を調達した。 「配達の民族」は、フードテック1位の事業者としての地位を固める一方、外食配達サービスと生鮮食品配送サービスを相次いで…

WoowaBrosHeader

韓国国内1位のフードデリバリー・アプリ「配達の民族(배달의민족)」を運営する Woowa Brothers(우아한형제들)が、アジア最大規模のVC の一つである Hillhouse Capital(高瓴資本) がリードするコンソーシアムから5,000万ドル(約54億円)を調達した。

「配達の民族」は、フードテック1位の事業者としての地位を固める一方、外食配達サービスと生鮮食品配送サービスを相次いでスタートさせるなど、積極的な動きを続けてきた Woowa Brothers の事業拡大とサービスの高度化が、今回の調達を契機にさらに柔軟性を増す見込みである。

今回の資金調達を受けて、Woowa Brothers は、4つのコア事業の中心の成長戦略である「Quad Dots Project」を加速する予定である。 Quad Dots Project とは、Woowa Brothers 4つの中心事業である、「配達の民族」「Baemin Rider」「Baemin Fresh」「Baemin Cook」を意味する。フードデリバリー・アプリ市場で、すでに軌道に乗った「配達の民族」続いて、Baemin Fresh、Baemin Cook などのサービスを、今年本格化する予定で、これらのコアビジネスをより有機的に結合し、シナジーを最大化しようというものだ。

(訳注:Baemin とは、「配達の民族」の「配」と「民」からなる略称の韓国語読み。)

具体的な実現方法として Woowa Brothers は、顧客の体験価値を強化するため、3つの主要目標に注力していく計画だ。3大目標は、「技術革新を通じたサービスの高度化」「競争力のある人材の継続的な補充」「フードテック事業領域の拡大」に要約される。

「技術革新を通じたサービスの高度化」は、ビッグデータを活用した、さまざまななカスタム広告商品を提供し、インテリジェントな高度技術により差別化されたユーザ体験を作り出すことを目指している。これにより、加盟店舗のオーナーはより効果的な広告サービスを提供し、利用者にさらに便利なサービスを提供するという方針だ。

これを裏付けるために必要なのが「競争力のある人材の継続的な補充」である。Woowa Brothers の技術開発のために、今後の研究開発投資の拡大と人材の勧誘にさらに拍車をかける方針だ。

「フードテック事業領域の拡大」は、利用者に、より多様でおいしい料理を提供するための投資と明らかにした。注文することができる食品の種類を増やし、全国の有名グルメ店の代表的な商品を自宅で気軽に楽しむことができるよう、事業領域を拡大して「おいしい食べ物を食べたい場所で」というビジョンを実現する計画だ。

そのために、スマートクラウド方式の「ライダーマッチングシステム」を立ち上げ、配達員に信頼性の高い仕事を提供することはもちろん、利用者が有名グルメ店の食べ物を家で簡単に再現できる環境を提供予定だ。また、調理する楽しさと手軽さを一つにまとめて出した「Baemin Cook」を立ち上げし、Ready to Cook 市場にも積極的に進出する予定だ。

2005年に設立された Hillhouse Capital は、全世界を舞台に、インターネット、消費財、ヘルスケア、製造業など様々な分野で170億ドル(約1.8兆円)の資金を運用するアジア最大の投資会社の一つである。Hillhouse の投資戦略は、「長期的な観点から、大規模で成長できるビジネスを作るために、最高の創業者と一緒に働くこと」とされている。

今回の投資実行の背景には、近年急速に伸びてきたフードテック産業で1位の座を守ってきた、Woowa Brothers の市場での地位と今後の持続可能な成長の可能性、そしてこれを裏付けるしっかりとした組織構造あると伝えられている。

「配達の民族」の場合、昨年取引額1兆ウォン(約940億円)を突破して、月730万件の注文を処理するなど、圧倒的な成果を示していおり、今年から収益面でも黒字に転じると予想している。 また、子会社である外食配信サービス「Baemin Rider」と生鮮食品配送サービス「Baemin Fresh」も継続的な成長を見せるなど、フードテック業界で大手としての価値を評価されてきた。

Woowa Brothers の代表キム・ボンジン(김봉진)氏は、次のようにコメントしている。

最近、シリコンバレーなど全世界でIT企業への投資が滞りを見せる中、財務構造の改善と継続的な成長の可能性に基づいて資金調達できた点で意義深い。これを契機に、今後の顧客経験価値をさらに向上し、誰もがより楽しく、便利に、私たちのサービスを利用できるようにするために注力する。

Woowa Brothers は2014年11月にも、Goldman Sachs がリードするコンソーシアムから約42.8億円の大規模な資金調達を実施している。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国のオンデマンド宅配アプリ「配達の民族」が、刺身の配達サービス「配民水産」の試験運用をソウルで開始

SHARE:

業界1位の宅配アプリ「配達の民族(Woowa Brothers または 배달의 민족)」が3月からBeta版で提供している刺身宅配サービス「配民水産(배민수산)」、リリース2ヶ月目にして利用者が増加し続けている。 「配民水産」は、市場の刺身店で調理したばかりの刺身を配達してくれて、自宅で美味しく食べることができるサービスである。利用者は、宅配アプリ「配達の民族」をたちあげ、チキンやチャジャン麺のよ…

baemin-susan_featuredimage

業界1位の宅配アプリ「配達の民族(Woowa Brothers または 배달의 민족)」が3月からBeta版で提供している刺身宅配サービス「配民水産(배민수산)」、リリース2ヶ月目にして利用者が増加し続けている。

「配民水産」は、市場の刺身店で調理したばかりの刺身を配達してくれて、自宅で美味しく食べることができるサービスである。利用者は、宅配アプリ「配達の民族」をたちあげ、チキンやチャジャン麺のように刺身を注文するだけだ。メニューは、 ヒラメ、真鯛、サケ、刺身の盛り合わせなど豊富にある。価格は、2万ウォン~5万ウォン台(2千円~5千円)で、配達費は別途必要になるようだ。現在は、ソウルの江南(カンナム)、松坡(ソンパ)地域のみで利用することができる。

「配民水産」は、注文数をリリースからの2ヶ月間で着実に増やし、今月に入ってからは前月比の3倍にも伸ばしている。特に友達と集まる席や家族と一緒に過ごす週末の注文が多い。

「配民水産」は、加盟する事業者からも好評だ。事業者の立場からすると、刺身の配達に対する顧客の需要が常にありはしたものの、配達方法が見つからず困っていたため、「配民水産」登場のおかげで、配達方法に対する問題が解決され売上が拡大したわけだ。

一方、「配民水産」は、韓国国内の水産市場の情報共有サービス「人魚教祖海賊団(인어교주해적단)」と協力し、そこで確認された刺身店の情報を作成した。「人魚教祖海賊団」は、韓国国内の水産市場の優良な刺身店の紹介をし、毎日変わる水産物の価格相場を共有するスタートアップである。膨大な量の情報をもとに、Q&Aのサービスを生成し、利用者たちの熱い要望を背負っている。「配民水産」業者リストの中で「人魚教祖海賊団」が認定した刺身店は「すごく美味しい」の認証マークが表示される。

今回の提携記念イベントも開催する。「配達の民族」で「配民水産」を利用するすべてのユーザーに「配達の民族」5千円分のクーポンを提供するのだ。キャンペーン期間は6月8日までで、詳細は同アプリ内で確認できる。

Woowa Brothers (우아한형제들)代表のキム・ボンジン(김봉진)氏は以下のようにコメントした。

「配民水産」は、求める食事を求める場所で食べることができるように配達メニューを拡大する予定だ。「人魚教祖海賊団」と協力しサービスがアップデートされるようこれからも Food Tech スタートアップと一緒に共生していくつもりだ。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国のフードデリバリー「Woowa Brothers」が、ゴールドマン・サックスから約42.8億円を調達

SHARE:

韓国で人気のフードデリバリー・アプリ「配達の民族(배달의민족)」で知られるスタートアップ Woowa Brothers(우아한형제들)が、ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)が主導するコンソーシアムから400億ウォン(約42.8億円)を調達した。 Woowa Brothers は、今回調達した資金を「配達の民族」の顧客と加盟店主の満足度を高めるためのサービスの高度化、今後の海外進出に必要な技術…

WoowaBrosHeader

韓国で人気のフードデリバリー・アプリ「配達の民族(배달의민족)」で知られるスタートアップ Woowa Brothers(우아한형제들)が、ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)が主導するコンソーシアムから400億ウォン(約42.8億円)を調達した。

Woowa Brothers は、今回調達した資金を「配達の民族」の顧客と加盟店主の満足度を高めるためのサービスの高度化、今後の海外進出に必要な技術開発のために投下する。今年大々的なマーケティングを通じてアプリの普及を成功させたが、来年はさらにこれを拡張するため技術力の確保に照準を合わせる。

2010年に初期サービスを開始した「配達の民族」は、モバイル配達注文プラットフォームの開発に成功し、ユーザは登録された14万件の店舗からフードをオーダーすることができる。加盟店はオーダーとプロモーションの両方のメリットを享受できる。累積ダウンロード数は1,400万件、韓国の15〜49歳人口の半分に相当する数だ。2014年10月時点の月間オーダー数は400万件に達する。

海外進出にも力を入れており、10月には LINE とのジョイント・ベンチャー LINE Bros. を設立、プレミアム・フードアプリ「LINE WOW」をローンチした。LINE WOW は日本で5,400万人以上のユーザがいる LINE を通じて、東京・渋谷の有名レストラン6店舗が特別に開発したプレミアム弁当を注文することができるサービスだ。

Woowa Brothers の代表キム・ボンジン(김봉진)氏は、次のようにコメントしている。

今回の資金調達を通じて、「配達の民族」は業界リーダーとしての地位を強化し、今後の海外進出事業を本格化することができるようになる。大きな成長の可能性を秘めたO2Oサービスを主軸に、アジア全域のフードオーダー方式を変える役割を担うるようになるだろう。ゴールドマン・サックスのグローバルネットワークと革新的なインターネット企業を発展させた経験から、多くの助けを得ることができるだろう。

ゴールドマン・サックスの韓国投資責任者イ・ジェヒョン(이재현)氏は、次のようにコメントしている。

韓国は世界で最も魅力的なEコマース市場の一つで、ゴールドマン・サックスは、「配信の民族」のように革新的なアイデアと優れた経営陣を備えた韓国企業を発掘し、彼らの成長をサポートするパートナーになりたい。

ゴールドマン・サックスは、アメリカ全土700以上の都市とロンドンで、消費者と数千件の配達専門店をつなぐモバイル注文サービス「GrubHub(NYSE:GRUB)」に投資するなど、全世界のインターネット企業に積極的に投資している。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

サイバーエージェント・ベンチャーズが、韓国のフードデリバリー「Woowa Brothers」に50万ドルを出資

SHARE:

サイバーエージェント・ベンチャーズは、韓国で人気のフードデリバリー・アプリ「配達の民族(배달의민족)」で知られるスタートアップ Woowa Brothers(우아한형제들)に50万ドルを出資したと発表した。 これは、Woowa Brothers が Altos Ventures や IMM Investment らから 1,200万ドルを調達した資金の一部だ。 韓国のスタートアップ・メディア Pl…

WoowaBrosHeader

サイバーエージェント・ベンチャーズは、韓国で人気のフードデリバリー・アプリ「配達の民族(배달의민족)」で知られるスタートアップ Woowa Brothers(우아한형제들)に50万ドルを出資したと発表した。

これは、Woowa Brothers が Altos VenturesIMM Investment らから 1,200万ドルを調達した資金の一部だ。

韓国のスタートアップ・メディア Platum(플래텀)は、Woowa Brothers が投資家らを魅了している理由として、韓国のフードデリバリー・アプリで市場シェア60%、合計ダウンロード数1,000万件と主たるポジションを押さえていることに加え、過去3年間での約940万ドルの売上達成を挙げている。

今回の出資を受けて、Woowa Brothers の CEO を務めるキム・ボンジン(김봉진)氏は、韓国のフードデリバリー業界は、Woowa Brothers が克服すべき重要なステップだと述べている。

他の業界に比べて、韓国のフードデリバリー業界には、効率のよい成熟したサプライチェーンが不足している。カスタマーサービスやユーザ・エクスペリエンスに加えて、食品提供事業者などの業界パートナーのために、スタートアップはバリューを生み出さなければならない。

サイバーエージェント・ベンチャーズは Woowa Brothers と協調し、現在のオペレーションやノウハウなどのリソースを最大限に活用して、「配達の民族」のバリュー向上を支援したい、と述べている。

〈更新〉サイバーエージェント・ベンチャーズのソウル事務所長を務める海老原秀幸氏は、次のように述べている。「我々の強みは、日本、中国、東南アジアを中心とするアジアのネットワークだ。今回の出資を受けて、我々は Woowa に市場毎の情報を提供し、彼らのビジネス拡大を支援する。」

〈更新〉サイバーエージェント・ベンチャーズによる今回の投資は、同社の韓国における投資戦略、すなわち、スマートフォン・ビジネスへの集中を物語っている。海老原氏は、「我々は、スマートフォン・ビジネスの各カテゴリで、トップのプレーヤーに出資することを目指している。シリーズA、B、C のいずれの資金調達フェーズにおいてもだ。さらに、バーティカル領域で、韓国のトップ企業に成りうるシリーズA前のスタートアップにも投資し、彼らの海外進出を支援していきたい。」と語っている。

【原文】

----------[AD]----------