タグ Worldcoin

グローバル通貨「Worldcoin」に賭けた投資家たちの面々(2)

SHARE:

(前回からのつづき)Worldcoinがすべてのユーザーにとって便利なものとなるよう、チームは誰でも使えるようなウォレットアプリも開発している。 このウォレットアプリにより、ユーザーは既存のイーサリアムのエコシステムを通じてグローバルな個人間の支払いに使えたり、プロジェクトや他の暗号通貨について学んだり、自分のWorldcoinを求めることのできるOrbオペレーターを探したりすることができるように…

Above: Orb operators will scan people in without needing any other personal identification.
Image Credit: Worldcoin

(前回からのつづき)Worldcoinがすべてのユーザーにとって便利なものとなるよう、チームは誰でも使えるようなウォレットアプリも開発している。

このウォレットアプリにより、ユーザーは既存のイーサリアムのエコシステムを通じてグローバルな個人間の支払いに使えたり、プロジェクトや他の暗号通貨について学んだり、自分のWorldcoinを求めることのできるOrbオペレーターを探したりすることができるようになる。このウォレットは非管理(Non-Custodial)であり、ユーザーは自分のWorldcoinを直接管理することができる。

Worldcoinは暗号通貨のプロトコルであるイーサリアムの上に、レイヤー2としてプロトコルを立ち上げる。これによりイーサリアムと比較して、取引のスループットとエネルギー効率が大幅に向上する。イーサリアムはまもなくプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークに移行するネットワークだ。(これによりイーサアリアムと比較して、取引のスループットとエネルギー効率が大幅に向上する。つまり、ブロックチェーン取引に使用するエネルギーが少なくなるのだ)。

Worldcoinのプロトコルは、完全にパーミッションレスで、独立した検証者によって運営される。

投資家たちの顔ぶれ

Above: Worldcoin uses an Orb to identify people via their retinas.
Image Credit: Worldcoin

今回のラウンドには投資家としてAndreesen Horowitz(シリーズAリード、a16z)、1confirmation、Blockchange、Coinbase Ventures、CoinFund、Day One Ventures、Digital Currency Group、Fifty Years、Hypersphere、HASHED、Kenetic Capital、Multicoin、Three Arrows Capitalといった面々が参加した。

エンジェル投資家にはReid Hoffman(LinkedInの共同創業者)、Sam Bankman-Fried(FTXの創業者)、Denis Nazarov(元a16z、Mirror.xyzの創業者)、Jesse Walden(元a16z、Variant Fundの創業者)のほか、Solana、複数のEthereumプロジェクト、Polkadot、Web3 Foundationなどの創業者や初期のチームメンバーが名を連ねている。

Worldcoinは今回の資金調達で得た資金をもとにOrbの配信を強化し、世界的なローンチに向けてチームを構築するとしている。Worldcoinの従業員数は70名だ。

Altman氏は、地球上のすべての人間に新たなグローバル通貨を発行するというアイデアを持っていた。動機は単純だった。暗号技術はこれからも存在するが、今のところ大量導入には至っていない。そして、何十億人もが保有するグローバルな共通通貨があれば、誰もが平等に機会を得られるようになるかもしれない。彼は2019年にBlania氏とNovendstern氏と共にプロジェクトに取り組み始めた。

既存の暗号通貨の巨人であるビットコインやイーサリアムに対して、なぜ優位に立てるのかと問われ、購入の必要がなく長いサインアップのプロセスもないと答えている。コインを提供することで、暗号通貨を理解したり、手を出したりするのが難しい多くのステップを省略することができる。イーサリアムのレイヤー2なので、イーサリアムのエコシステムとの互換性があり、SolanaやPolkadotなどの他のプロトコルとのブリッジも用意されている。

安全なカスタムハードウェアデバイスを使うことで、地球上のすべての人に無料で提供される暗号通貨の世界的な立ち上げを成功させるためには多くの出来事が一度に巻き起こる必要性がある。そしてここまで多くの資金を集めた主な理由は、Orbの開発・製造・展開と、世界的なローンチを実現できるチームを集めるためだったとしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


YC社長らが立ち上げるグローバル通貨「Worldcoin」の衝撃、2年で10億人利用を見込むOrbの仕組み(1)

SHARE:

Worldcoinは、地球上のすべての人間に与えられる新しいグローバルな暗号通貨を発表する。そして同社は10億ドルの評価額で2,500万ドルを調達したことも明らかにした。 本日ステルスを脱した同社は、Orbと呼ばれるハードウェアデバイスを初公開し、今後2年以内に10億人がこの暗号通貨の世界に入るというテストデータを発表している。 WorldcoinはAlex Blania氏、Sam Altman氏…

Worldcoin plans to give cryptocurrency to every person on earth.
Image Credit: Worldcoin

Worldcoinは、地球上のすべての人間に与えられる新しいグローバルな暗号通貨を発表する。そして同社は10億ドルの評価額で2,500万ドルを調達したことも明らかにした。

本日ステルスを脱した同社は、Orbと呼ばれるハードウェアデバイスを初公開し、今後2年以内に10億人がこの暗号通貨の世界に入るというテストデータを発表している。

WorldcoinはAlex Blania氏、Sam Altman氏、Max Novendstern氏の3人が共同で設立した会社で、可能な限り広範囲の人々に公平かつ分散して利用される新たなグローバルなデジタル通貨を作ることを計画している。その投資家には、暗号通貨に多くの投資を行っているシリコンバレーの大手VC、Andreesen Horowitzが含まれている。Altmanはご存知Y Combinatorの社長であり、OpenAIのCEOでもある。

このプロジェクトでは、できるだけ多くの人に新通貨を迅速に手にしてもらうため、誰でも無料持ち分(フリーシェア)を獲得できるように設計されている。暗号通貨が世界的に普及すれば、何十億人もの人々に社会的・経済的な門戸が開かれることになるのだが、技術としての暗号通貨はまだ普及の初期段階にあり、今のところ世界の全人口の約3%にしか利用されていない。Worldcoinはこの状況を変えたいと考えている。

その仕組み

Above: Worldcoin founders Sam Altman and Alex Blania.
Image Credit: Worldcoin

ユーザーは世界中に散らばる独立した起業家によって運営される、何千ものOrbのうちの1つを利用することでフリーシェアを獲得できる。

Orbそのものは安全なカスタムハードウェアデバイスで、ユーザーの「目の画像」をキャプチャし、そのユーザーが本物かどうか、またフリーシェアを持っているかどうかを判断する。

これは目の画像を数字のコードに変換することで実現するため、元の画像を保存したりアップロードしたりする必要がない。またこの数字コードは、ユーザーのウォレットや取引とはリンクしていないため、ユーザーのプライバシーを保護することができる。

現在、多くの人が利用している「中央管理型」のサービスとは対照的に、その他の個人情報は必要としない。

さらに、オーブにアクセスすることなくWorldcoinのネットワークに参加したいユーザーはフリーシェアを受け取ることはできないが、参加することはできるようになっている。

幅広いリーチ

Above: Worldcoin has raised $25 million at a $1 billion valuation.
Image Credit: Worldcoin

Worldcoinには、すでに世界各国から10万人以上が登録している。これまでの登録率と予想されるオーブの展開率を考えると、Worldcoinは発売から1年以内に、すべての暗号通貨を合わせたよりも多くのユーザーを獲得するペースとなる。このペースを維持すれば、2年以内に10億人以上のユーザーが登録することになる。

すでに25人の独立した起業家(Orb Operator)が、4大陸12カ国(アフリカ、南米、ヨーロッパ、アジア)で30以上のOrbを積極的にテストしている。今後数カ月の間に、さらに数百のデバイスとオーブオペレーターがオンラインになることで、これらのテストの規模は拡大することが予想される。ハードウェアは初期の生産強化期間を経て、月に4,000個以上、年間では5万個以上のオーブが配布される予定だ。これまでのところ平均的なオペレーターは、1週間で1つのOrbにつき約700人と契約している。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録