タグ Wowo/窩窩(55tuan)

グループ購入サービスのWowo(窩窩)がNASDAQにIPO、中国のO2Oサービスとしては初

SHARE:

中国のグループ購入サービス企業 Wowo(窩窩、もしくは55Tuan=55団)が、何度かIPOの機会を逸した後、ついにこれを実施するに至った(NASDAQコード: WOWO)(原文掲載日4月9日)。今年初めに現地のライフスタイルeコマースプラットフォームへと方向転換を表明した後IPOが予想されていたが、上場申請はしていたものの何度か延期されていた。ついにその公約が実行に移され、同社は4,000万米…

Screen-Shot-2015-04-09-at-4.55.34-PM-1024x556
中国のグループ購入サービス企業 Wowo(窩窩、もしくは55Tuan=55団)が、何度かIPOの機会を逸した後、ついにこれを実施するに至った(NASDAQコード: WOWO)(原文掲載日4月9日)。今年初めに現地のライフスタイルeコマースプラットフォームへと方向転換を表明した後IPOが予想されていたが、上場申請はしていたものの何度か延期されていた。ついにその公約が実行に移され、同社は4,000万米ドルを調達する計画である。

同社の市場デビューに際してIPOの当初価格は、本日のNASDAQでの取引前、米国預託株式 (ADS)あたり10米ドルに設定された。北京時間で4月8日の取引開始時、Wowoの株価はやや下げて9.81米ドルとなり、10米ドル近辺で推移している。

Wowoによると、同社は上場を果たした中国で初のO2Oサービス企業であるという。O2Oのコンセプトは米国で不人気なため、NASDAQでのデビュー前に同社は現地のeコマースプラットフォームへとシフトした。そうしたポジショニングの変化があったにも関わらず、Wowoの実績が乏しいために投資家の関心を惹きつけられなかった。中国で人気の投資家向け金融系SNSであるSnowball(雪球)をチェックする株式アナリストによると、Wowoの上場はほとんど関心が持たれていなかったという。

最近のデータを見ると、中国のグループ購入市場を支配しているのはMeituan(美団)で総取扱量の50%を占めている。これにDianping(大衆点評、シェア20%)とNuomi(糯米)が続く。Lashou(拉手)とWowoは以前はマーケットのパイオニア的存在であったが、そうした企業の中にあってシェアは1桁台となっている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Ganji(赶集)が共同購入事業を55Tuan(55団)に譲渡—生き残るのはどこか

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国の広告サイトのGanji.com(赶集)は先日、同社の共同購入事業を業界大手の55Tuan.com(55団)に譲渡することを発表した。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up これはそんなに驚くほどのニュースではないし、急に降って湧いた話でもない。と…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国の広告サイトのGanji.com(赶集)は先日、同社の共同購入事業を業界大手の55Tuan.com(55団)に譲渡することを発表した。

これはそんなに驚くほどのニュースではないし、急に降って湧いた話でもない。というのも、3月の始めにGanji.comが共同購入事業を手放すという噂が流れたからだ。だが、後にGanjiの設立者兼CEOのYang Yonghao(楊浩湧)がその噂をはねつけ、共同購入事業は維持するがスタッフの中には同社の新規事業(重点事業の転換)である短期アパート賃貸サービスのMayi.com(螞蟻)に異動する者もいると述べた。

Ganji、55Tuanともに、これがどういうタイアップなのかの詳細は説明していない。 今後、人員削減があるだろうか?両社はどのようにして収益などを分配するのだろうか?また、両社はこの提携を「戦略的提携」と見ているが、55Tuanが同事業の完全買収を考えている可能性も拭いきれない。

共同購入ビジネスを分析するTuan800.comが最近発表したレポートでは、今年の1月のGanjiの共同購入ビジネスの売上高は4720万人民元。中国の業界トップ10にはランクインしたが順位は10位で、強敵58.comの共同購入ビジネスから大きく引き離されている(58.comは売上高7550万人民元で第8位だ)。

Ganjiが比較的関連性の低いビジネスを売却する一方で、強敵58はGanjiが同ビジネスを売却することでリソースが増え共同購入ビジネスを強化できると言及している。

昨年の共同購入の熱狂で、中国の数多くのインターネット企業、例えばGanji、58、360buy(京東)やDianping(大衆点評)、そしてポータルサイトのSohu(捜狐)やSina(新浪)までもがそのマーケットに集まった。そして今、いわゆる冬(厳しい時)が訪れ、多くの共同購入サイトが苦戦している。同業界では今後も統合する企業が出てくると思われる。

【via Technode】 @technodechina

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録