THE BRIDGE

タグ Wujudkan

インドネシアのクラウドファンディングプラットフォーム「Wujudkan」、3月に閉鎖へ

SHARE:

インドネシアの Wujudkan は、クリエイティブなプロジェクト向けのクラウドファンディングプラットフォームだ。その Wujudkan が昨日(2月1日)、プラットフォーム上のブログで公式声明を出し、事業を閉鎖することを明らかにした。 プラットフォームの運営最終日を3月31日としたうえで、Wujudkan の設立者で CEO の Mandy Marahimin 氏は、閉鎖を決断した主な理由として…

インドネシアの Wujudkan は、クリエイティブなプロジェクト向けのクラウドファンディングプラットフォームだ。その Wujudkan が昨日(2月1日)、プラットフォーム上のブログで公式声明を出し、事業を閉鎖することを明らかにした。

プラットフォームの運営最終日を3月31日としたうえで、Wujudkan の設立者で CEO の Mandy Marahimin 氏は、閉鎖を決断した主な理由として、資金調達に成功したキャンペーンであっても、そこから自社の収益を生み出すことができなかったことを挙げた。

資金を確保できたクリエーション(キャンペーン)の数は、ここ5年間、12%に届くことはありませんでした。私たちはその現実と向き合わなければなりません。その数字は私たちにとって低すぎました。

Wujudkan 自身は資金提供機関ではありませんので、この数字が重要になってきます。Wujudkan は一企業です。そして、運営コストがあまりにも大きすぎるという点でも、この数字が重要になります。

Wujudkan は閉鎖を発表した2月1日以降、新たなキャンペーンの受け入れを終了し、段階的にプラットフォームを閉鎖する予定だ。

また、3月31日にサイト上のキャンペーン参加者ら全員に静的ページを送付し、彼らが自分のブログやサーバにそれを掲載できるようにする、と述べている。さらに、Wujudkan のブログを WordPress のサイト内に移動し、ユーザがクラウドファンディングに関する情報記事に引き続きアクセスできるようにするという。

Marahimin 氏によれば、Wujudkan は閉鎖になってしまったが、クラウドファンディングはクリエイティブ業界においてプロジェクトの資金を集める最良の手段の一つである、とチームは今も信じているという。だが、Wujudkan は「現実的にならざるを得ない」とも語った。

クラウドファンディングを決して止めないでほしいです。現在多くのクラウドファンディングプラットフォームがあり、その中にあなたのニーズに応えるものがあるはずですから。

Wujudkan は、KitaBisa と並んでインドネシアの最も古いクラウドファンディングプラットフォームの一つだ。

KitaBisa で CEO を務める Alfatih Timur 氏は e27のインタビューに対し、KitaBisa も設立当初はクラウドファンディングキャンペーンの大部分がクリエイティブ業界のプロジェクト向けのものだったと語った。しかし、チャリティープロジェクトの方がインドネシアの人々から人気を得やすい傾向にあることを KitaBisa は学んだ。

始めたばかりの頃は当社はユーザが個人的な目的でキャンペーンを行うことを禁止していました。たとえば、病気の友人のための資金集めとかですね。イノベーティブなプロジェクトを重視していこうと考えていました。しかし、個人的な目的のキャンペーンの方が目標額を達成する上で一番の近道になることに気付いたのです。(Timur 氏)

今では、KitaBisa が抱えるプロジェクトのうちクリエイティブのものが占める割合はわずかしかない。

また、ヘルスケアプロジェクトに注目したクラウドファンディングとしては、WeCare.id も挙げられる。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

インドネシアのクラウドファンディングプラットフォーム「Wujudkan」が新プロジェクトを発表

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 23以上ものプロジェクトをローンチしたにも関わらず、インドネシアのクラウドファンディングプラットフォーム「Wdujudkan」から新しく2つのクリエイティブな作品がリリースされる予定だ。 その一つは、「Hearts of Volunteers(ボランティアの心)」という24人のボランティアによって書かれた24の記事で構成される本で、プログラムの成功におけるボ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Wujudkan Logo23以上ものプロジェクトをローンチしたにも関わらず、インドネシアのクラウドファンディングプラットフォーム「Wdujudkan」から新しく2つのクリエイティブな作品がリリースされる予定だ。

その一つは、「Hearts of Volunteers(ボランティアの心)」という24人のボランティアによって書かれた24の記事で構成される本で、プログラムの成功におけるボランティア活動の重要性が描かれている。もう一つの作品「Epic Java」は、低速度撮影やスローモーションの写真技術を用いてジャワ島の素晴らしい瞬間を捉えた30分の映画作品だ。

Mandy Marahimin氏、Dondi Hananto氏、Wicak Soegijoko氏とZaki Jaihutan氏によって創設されたプラットフォームは、個人や企業、施設やその他組織による活動をネットを介して支援する。主な対象はクリエイティブな活動だ。しかし、クリエイティブな作品以外にもチャンスはある。

「立ち上げ初期のとき、私たちはTwitterを通してクラウドファンディングについて意見を交わし、後日直接会って深く話し込みました。その打合せで、独自のクラウドファンディングサイトを作る事を決断しました。Zakiは私の古い友人の一人で、クリエイティブな分野にとても情熱的です」と、Mandy氏はe27に語った。さらに彼女は続けた。「商品開発が3ヶ月で終わったにも関わらず事業開発に1年もかかったのは、私たち全員がまだフルタイムで働いていたからです」。

2名がサイトを開発し、他のメンバーが日々の業務を担当しながらWujudkanは合計で1500名が関わるいくつかのプロジェクトを完了させた。しかし、まだ進行中の10もの承認済みプロジェクトがある。

これまでの作品への最も低い投資額は250万ルピアだった。一方でドラマ映画の「Atambua 39℃」はインドネシアの著名なプロデューサーのMira Lesmana氏と映画監督のトップであるRiri Riza氏が指揮を取り、3.3億ルピア(33,000米ドル)と最大の投資額を集めた。

プロジェクトが終了するまで、支援者から送られる全ての支援金はWujudkanが受け取る。「All-or-nothing funding」(全てか無しかファンディング)が適応され、ファンディングの目標が達成されればプロジェクトは投資を受け、支援者は賞与を得られる。またプラットフォームに5%の手数料が入ることを意味する。

作品の複製品、プロからの証明、経験を得る事など、参加の賞与はさまざまだ。一方で、募集期間が過ぎてプロジェクトが目標達成をしなかった場合、寄付は支援者に返される。

「正直に言うと、現在私たちの資金の80%は商品開発に使われています」と彼女は言う。Mandy氏は「質の良いシンプルな支払いシステムが必要である」と言っていたように、彼らは銀行との戦略的なパートナーシップを探しているように見える。

支援者のカードから、募集期間が終了してファンドが目標に達成したのみ料金が引き落とされるのでクレジットカードはとても有効な手段かもしれない。これにより、彼らは支援者への返金プロセスからも解放される。

StartupBase Profile

wujudkan

Company: wujudkan

ファンやクリエイティブネットワークを通じて、アーティストとクリエイターが彼らのプロジェクトに対する資金を獲得する手助けをするクラウドファンディング・プラットフォーム

About StartupBase

----------[AD]----------

インドネシアのクラウドファンディング「Wujudkan」とクラウドファンディングに関する問題とこれから

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 インドネシアでは、独創的もしくは世のためになるプロジェクトであっても、そのために多くの人から資金を集めるにはすごく時間がかかる。だが、オンラインで資金を集めるとなると話は全く違う。「クラウドファンディング」として知られるサービスは、目標額を集めるための新しい方法だ。プロジェクトに必要な資金額を期限付きでクラウドファンディングのサイトに掲載する。募金した人は報…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

インドネシアでは、独創的もしくは世のためになるプロジェクトであっても、そのために多くの人から資金を集めるにはすごく時間がかかる。だが、オンラインで資金を集めるとなると話は全く違う。「クラウドファンディング」として知られるサービスは、目標額を集めるための新しい方法だ。プロジェクトに必要な資金額を期限付きでクラウドファンディングのサイトに掲載する。募金した人は報酬として、プロジェクトが完了した時にそのプロジェクトのプロダクトもしくはプロジェクトの成果に関連したものを受け取る仕組みだ。

アメリカではクラウドファンディングは既に合法化されている。クラウドファンディング法はバラク・オバマ大統領が実現し、これによりアメリカのビジネスマンはSEC(米証券取引委員会)に登録するクラウドファンディングポータルから年間100万米ドルまで資金を募ることができる。それでは、インドネシアにおけるクラウドファンディングの現状とその展望はどうなのだろうか?

Jakarta Founder InstituteのOBで、Wujudkanの共同設立者であるMandy Marahimin氏にメールで話を聞いてみた。Wujudkanは大手クラウドファンディングサイトの1つで、広く名前が知られている理由は3億ルピア以上を必要とする「Atambua 39° Celsius」という映画プロジェクトの資金集めに成功したからだ。この映画は、Riri RizaとMira Lesmanaという有名映画監督兼プロデューサーのプロジェクトで、目標額を達成するのに102人から資金を集めなければならなかった。

インドネシアにおけるクラウドファンディングの成功例にスポットライトを当てているが、わたしの知る限り、Wujudkanに数多く登録されているプロジェクトの中で目標額を達成したものはわずか2件にすぎない。同様のサイトでも同じことが起こっている。成功例よりも失敗例の方がはるかに多いのだ。オンラインでお金のやりとりを行うことに対する不信感が問題だとMandyは語る。お金や資金を集めることはインドネシアでも普通のことなので、クラウドファンディング自体が問題なのではない。

Markplus Insight 2011のデータで報告され、またMandyも述べているように、(インドネシアの)オンラインバンキングの利用者は全インタネットユーザのわずか25%にすぎない。今のところ、Wujudkanのオンラインバンキングによる募金件数は全体の10%しかないようだ。ということは、残りはATM経由で募金が寄せられていることになる。だが、Mandyはインドネシアの人がオンラインでお金を支払うことに慣れて快適に感じるようになれば状況は変わると楽観的だ。

正直、クラウドファンンディングはインドネシア人にとっては新しいことだ。 オンライン決済に対する不信感という問題ではなく、 インドネシアにおけるクラウドファンディングについて私たちが考える問題は、プロジェクトオーナーの信頼性だった。Wujudkanは各プロジェクトオーナーに対して厳しい審査を行っていると思うが、もし資金を悪用するようなプロジェクトオーナーが出てくればWujudkan(そしてクラウドファンディングサービス全体)の信頼性が疑われることになるだろう。

Wujudkanは、地元の多くのプロジェクトがKickstarterで運試しを試みていることを認識している。だが、Kickstarterに登録するのは容易ではない。Amazon Paymentsのアカウントとともに、アメリカの社会保障番号、アメリカの住所、銀行口座にアメリカの銀行が発行したデビットカードもしくはクレジットカードが必要になる。クラウドファンディングポータルを通じて集めた資金に対する責任を追求しやすくするためだ。もしインドネシア発のプロジェクトがKickstarterに登場したとしたら、オーナーの誰かがアメリカ国籍を持っていることは確かだろう。

最後に、資金調達の追加手段としてのクラウドファンディングについて—クラウドファンディングで成功するにしてもしないにしてもプロジェクトは走り続ける。Mandyは、その判断はプロジェクトオーナーが決めるべきことで、Wujudkanがそれを批判することは決してないと述べている。

クラウドファンディングに同様の懸念を持つ人たちは歓迎されるし、クラウドファンディングを利用する運動におけるパートナーだ。もしWujudkanだけで資金を集めることを望むならそれもアリだ。要件を全て満たしたプロジェクトなら、Wujudkanのサイトに掲載される。

【via Daily Social】 @dailysocial_en

StartupBase Profile

wujudkan

Company: wujudkan

ファンやクリエイティブネットワークを通じて、アーティストとクリエイターが彼らのプロジェクトに対する資金を獲得する手助けをするクラウドファンディング・プラットフォーム

About StartupBase

----------[AD]----------