THE BRIDGE

タグ X.ai

期待される世界のチャットボット・サービス5選

SHARE:

チャットボット(Chatbot)とは? メッセンジャーを友達とだけ話すためのみのアプリと考えているなら、今後は考え直した方がよさそうだ。人工知能(AI)をベースに、相手と会話しながらニーズを解決してくれる「ロボットヘルパー」のチャットボットが徐々にメインストリームの技術となっているからである。現在、Google、Facebook、Microsoft、Telegram をはじめ、韓国では Naver…

rinna_screenshot

チャットボット(Chatbot)とは?

メッセンジャーを友達とだけ話すためのみのアプリと考えているなら、今後は考え直した方がよさそうだ。人工知能(AI)をベースに、相手と会話しながらニーズを解決してくれる「ロボットヘルパー」のチャットボットが徐々にメインストリームの技術となっているからである。現在、Google、Facebook、Microsoft、Telegram をはじめ、韓国では Naver、Daum などの大手IT企業がチャットボットを商用化するため投資を進めている。

先月24日(現地時間)、Microsoft が開発したチャットボット「Tay」は、24時間で約96,000件のツイートをし、11万人のフォロワーを獲得した。しかし、18歳〜24歳のユーザーに特化したサービスだった「Tay」は、残念ながら、この年齢層のユーザの遊び心を考慮していなかったものと思われる。ユーザー「Tay」にホロコースト、9.11テロ、人種差別などについて聞くと、「Tay」が次のような発言を吐き、その24時間後にサービスが中断された。

tay-620x213

一方、ある程度のルールが定められた中で、チャットを通じて行う予約サービスは、すでにかなり普及している。ドイツなどで商用化された「WhatsApp Taxi」を活用すれば、別のアプリをインストールする必要なく、チャットウィンドウでタクシーを呼ぶことができる。現在の位置を送信して「WhatsApp」が質問したことに簡単に答えるだけで十分である。

チャットボットと、予想されるビジネスの構造変化

チャットボットの成長に伴う長期的な破壊力は非常に大きいものと予想されている。最初に起きるのは、Google や Naver の中核サービスである検索を、メッセンジャーが代わりにするようになるメッセンジャー中心の市場が再編されることである。これからの人は、検索エンジンを介して必要なものを直接検索するよりも、メッセンジャーに質問する方法で、自分が必要な情報を得ることができる。

検索は、メッセンジャーで取得することができない情報を追加で取得するツールとして、その利用頻度が落ちていくだろう。かつて Google の検索サービスに驚いた人々が、検索という言葉の代わりに「ググる」という言葉を使ってきたように、本格的なチャットボットの成功モデル登場によって「ググる」を置き換える言葉が登場するだろう。

それだけでなく、既に市場に登場したか、今後登場することが予想されていた数多くのアプリが「メッセンジャー」として統合される可能性もある。今は旅行に行くために旅行アプリで航空券を予約し、各種のショッピングアプリで買い物をし、キャリアのアプリで付加サービスを申請し、ソーシャルアプリで獲得したクーポンで美容院を予約してきたが、今後はこれらのすべてのサービスをメッセンジャーアプリ一つで解決できるようになる。

メッセンジャー:Kik と WeChat(微信)

北米地域の若者が主に使用しているメッセンジャーアプリ「Kik」は、新興化粧品会社の Sephora、ファストファッションの H&M など16社と提携し、ボットショップを開設した。ローンチから1ヶ月経っていないが、4月24日現在で提携先は33社に増えた。

kik-620x538

ボットショップの企業とチャットするには、メッセンジャー内でボットショップメニューに移動し、そこでチャットしたい企業を選択するか(33社すべて可能)、メッセンジャー最上部の Kik ウィンドウで「@」を入力した後に推奨される会社名を選べば良い。

ボットショップのほか、Kik と連動したダイアログに入った後、「@」をクリックしすると表示される、直接チャットできる会社のリストの中からいずれかを選んでサービスを利用することができる。現在は The Weather Channel、Vine、theScore など6社がサービスを提供している。一度会社を選択して使用した後は、友人とのやりとりで、ダイアログを開くのと同じ状態になる。

Kik は、ボットショップが今後、コアサービスになると考えているようだ。Kik のホームページでは、「ウェブサイトとアプリの時代が去り、ボットの時代が来た」と宣伝し、「自分たちのメッセンジャーにボットを作成をお勧めします」、と詳細な導入方法を紹介している。

しかし、現在のチャットボット・ビジネスのリーダーは、中国の「WeChat(微信)」である。 中国のチャットベースのアプリ「WeChat」を使って、中国の消費者は、すでにショッピングからチケットの予約、映画の予約、ホテルや病院の予約などをすることができる。 かつては、WeChat 対応の従業員が直接お客の質問に対応する形だったが、現在は既に構築されたデータに基づいて、WeChat のチャットボットが対応する割合が高くなっていることを明らかにしている。

ショッピング:Mezi と Operator

Mezi」は、ショッピングの分野でチャットボットサービスを提供している。Mezi アプリをダウンロードして実行すると、旅行、ファッション、電化製品、ギフトなどのカテゴリがある。Mezi の競合である「Operator」の場合、サインアップの段階からチャットで情報を入力する点が興味深い。

mezi-620x324

登録後に開くウィンドウには、サービスが可能な分野が説明され、「What can I find for you today?」という質問が表示される。チャットウィンドウで探しているアイテムについて尋ねると、予算などを尋ねる詳細質問が現れる。答えを入力すると、選択したオプションに応じて、候補アイテムを推薦してくれる。

スケジューラ:x.ai

βサービス中の「x.ai」は、Google や Outlook のカレンダーなどの情報を活用したスケジューラアプリである。登録したユーザが、自分が主に使っているカレンダーアプリを指​​定すると、x.ai はその情報を確認して、スケジュールを教えてくれる。

Bloomberg で紹介するなどして有名になったため、サインアップの登録処理がスムーズには進んでないようだ。筆者が実際にサインアップした結果、205人待ちというメールを受けとった。以前、韓国の「人工知能サービス5選」という記事で紹介した、韓国の Kono Laboratories の「kono(코노)」が、x.ai と同じサービスを提供している(編注:日本では、Subot が類似したサービスを提供しようとしている)。

xaisum1-620x684

スケジューラアプリの動きは、実際には地域の企業文化とも関係がある。韓国では、ほとんどの業務が電話で行われるが、これとは異なり、ほとんどの業務がメールで行われるアメリカの企業文化では、メールを活用した方が成功の可能性が大きくなると予想される。メールでやりとりした上で、当事者が実際に会ってミーティングが必要になった場合、メールで x.ai を cc に指定することで、スケジュールの確認とミーティング場所の検索を依頼することができる。x.ai が両者または一方のスケジュールを確認した上で、選択肢を提供する。

チャットボットの限界

残念ながら、スケジューラとショッピングサービスは、ほとんどまだリアルタイムではない。Mezi を使ってTシャツの推薦を依頼したところ、約20分間かかって7つのレコメンドを受けた。その理由は、まだボットではなく、人間によってサービスが提供されている場合が多いからである。

本当の意味でのチャットボットというより、一種の検索代行アプリと言える。「ボットではないのか」という筆者の質問に、「半分は人間です(Mezi)」とか、「私は人間ですよ(Operator)」と回答してきた。

また、最近、Bloomberg は「チャットボットの裏側で働く人間たち」という記事を掲載した。x.ai は、人工知能が処理した結果を人間の「人工知能トレーナー」が監修しなければならないレベルであることが分かった。 実際に「人工知能トレーナー」として働いていた人によると、メールを確認する業務は、事実上、ほとんど人工知能ではなく、人によって処理されると明らかにした。

この分野のほとんどのスタートアップが中国の WeChat のように MVP(Minimum Viable Product)としてサービスを開始した後、データ蓄積と追加の投資を通じて、本格的な人工知能モデルに変換していく戦略を模索していると期待したい。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

チャットボット(Chat bot)の話題まとめ(随時更新)

----------[AD]----------

X.ai が2300万ドルを調達、AIパーソナルアシスタントを秋にローンチ予定

SHARE:

人工知能を開発する企業 X.ai が2300万ドルを新たに調達した(編集部注:原文掲載4月7日)。今回の資金は、パーソナルアシスタントの技術開発に使われる予定だ。本ラウンドを主導したのはTwo Sigma Venturesで、データサイエンティストの採用、顧客獲得プロセスの改善、法人顧客へのマーケティングに資金は活用される。 今回のラウンドに参加した投資家は、DCM Ventures、Work-B…

Above: Calendar: Unified Search
上: Calendar: Unified Search

人工知能を開発する企業 X.ai が2300万ドルを新たに調達した(編集部注:原文掲載4月7日)。今回の資金は、パーソナルアシスタントの技術開発に使われる予定だ。本ラウンドを主導したのはTwo Sigma Venturesで、データサイエンティストの採用、顧客獲得プロセスの改善、法人顧客へのマーケティングに資金は活用される。

今回のラウンドに参加した投資家は、DCM Ventures、Work-Bench Ventures、また既に投資家として参加しているIA Ventures、FirstMark Capital、Softbank Capital、Lerer Hippeau Ventures、CrunchFund、 Pritzker Group Venture Capitalが含まれる。

X.ai は2014年に、以前Visual RevenueのCEOを務めていたDennis Mortensen氏がAlex Poon氏、Matt Casey氏、Marcos Jimenez氏とともに立ち上げた企業だ。最初のプロダクトは、人工知能をベースにして自分のためにミーティングを予約できる機能をもつもの。コンピュータが理解できるような構文を打ち込む必要がなく、X.aiのバーチャルアシスタント「エイミー」はコンテキストを理解できる(例:「エイミーは5月の1週目にジョーとのミーティングを設定しました)。このAIをベースにしたアシスタントは、メッセージを分析するだけでなく、会話スレッド全体を分析して、関係者全員が参加できる場所と時間を決めてカレンダーに入力してくれる。

「私たちは、めちゃくちゃ野心的です」とMortensen氏はVentureBeatに語った。彼は、過去3年間にわたってこのプロダクト開発に取り組んできたという。「仕事を渡して、問題を解決してくれるようなインテリジェントエージェントをつくるというのは野心的な目標です」

昨年、プライベートベータ版をオープンにした同社。ウィティングリストで待っているユーザーも多い。Mortensen氏は、テスターを獲得して、X.aiのプロダクトがいかにマーケットにフィットするかを理解するためにベータ版の公開をした。「プロダクトマーケットフィットができていないことが理由で死ぬスタートアップもあります」彼は言う。「閉じられた環境では、この問題を解決することができず、オープンな場にプロダクトを晒す必要がありました。プロダクトを求めている、必要としている人がいる証拠です。マーケットは欲している、でもそのために5万ドルを支払うことはできない。でも、AIを活用すれば、私たちは同様の機能を提供することができるのです」

X.ai は「毎月スケジュールに入れられるミーティングの数は劇的に伸びています」と言う。2月は27パーセント、3月は28パーセント成長した。

これまで、2014年に調達した200万ドルを含めて同社は3500万ドルを調達している。最初の資金は、ミーティングの調整をやりくりすることは、解決可能な問題であることを証明するために。2015年には1000万ドルを調達して、プロダクトの完成度を高めることを目指し、今回追加された2300万ドルで、プロダクト開発を加速させて秋にローンチすることを目指す。

Mortensen氏は、今回のラウンドでは過剰な資金提供オファーがあったという。当初から2000万から2500万ドルの調達を目指しており、最終的に2300万ドルを得るタームシートにサインした。額を大きくすることも可能だったが、今回のラウンドには合わなかった1000万ドルは断ったという。

本サービスの使用を希望するユーザーのウェイティングリストは長いが、今秋にはすべての人にオープンにする予定であるとMortensen氏は述べた。また、同時期に料金モデルもリリースする予定で、その料金体系はSlackやDropboxといったサービスと似たものになるだろうと付け加えた。少数のミーティングを毎月スケジュールできることを可能にする無料プラン、ミーティング数を無制限にしたプロフェッショナルプラン、署名の編集を可能にするオプション、ビジネスライセンス版など、いくつかのプランを利用可能にする予定だ。

「今回の資金によって、私たちの卓越したデータサイエンスチームを拡大して、今年の後半にはプロフェッショナルとビジネス版をリリースすることができるでしょう。料金体系は、パーソナルアシスタントを民主化することに対する私たちの意気込みを反映したものになるはずです」とMortensen氏はコメントした。

パーソナルアシスタントを提供するというアイデアは新しいものではなく、こうした機能をさまざまな形で提供するサービスは多い。だがMortensen氏いわく、そうしたサービスはすべて「似たようなカテゴリー」で、プラグイン、エクステンション、ウェブサービスのいずれかだという。「それは、ミーティングの設定の仕方にそぐいません。つまり、そうした方法を使いたくないということです。私が求めているのは “ちょっと聞いて。5月の1週目にぜひ会いたいです。エイミー、なにか設定してくれ” と言えば、あなたに会いたいということとその日時が分かります。つまり、目的を理解して、仕事をエイミーに渡すことなのです」

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------