タグ Yamori

​不動産オーナー向け物件収支管理SaaS「大家のヤモリ」運営、DNX Venturesらから5,000万円を調達

SHARE:

不動産オーナーおよび管理会社向けの物件収支管理 SaaS「大家のヤモリ」を開発・運営するヤモリは8日、DNX Venturesや個人投資家から5,000万円を調達したと発表した。今回の資金調達により、金融機関との連携を進め、融資申込の効率化や融資サービスの開発に注力するとしている。 ヤモリは、クラウド・AIを活用して不動産賃貸事業の学習から購入、管理、売却まで、不動産オーナーの経営を支援するサービ…

​左から:ヤモリ代表取締役の藤澤正太郎氏、廣瀬取締役の廣瀬涼哉氏
Image credit: Yamori

不動産オーナーおよび管理会社向けの物件収支管理 SaaS「大家のヤモリ」を開発・運営するヤモリは8日、DNX Venturesや個人投資家から5,000万円を調達したと発表した。今回の資金調達により、金融機関との連携を進め、融資申込の効率化や融資サービスの開発に注力するとしている。

ヤモリは、クラウド・AIを活用して不動産賃貸事業の学習から購入、管理、売却まで、不動産オーナーの経営を支援するサービスを提供。これまで東京大学 FoundX や 東大IPC 1st Round に採択され、不動産事業に特化したプラットフォームを開発してきた。2020年のローンチ以降、登録資産規模100億円超、不動産オーナー400人以上と管理会社が利用している。

「大家のヤモリ」
Image credit: Yamori

代表取締役の藤澤正太郎氏は、ヤモリを立ち上げる前、三菱商事でインフラ都市開発の新規事業立ち上げの後、需要に合わせてフレキシブルなオフィス環境を実現する Knotel の日本代表を務めていた。取締役の廣瀬涼哉氏は、三菱商事でAI・DX 推進に従事し、個人では兼ねてより不動産事業に取り組んでいる。

ヤモリでは「大家のヤモリ」に加え、不動産投資の初心者向けに、無料学習メディアの「ヤモリの学校」、物件探しから管理売却まで寄り添ってサポートする「ヤモリの家庭教師」を提供。今年4月から開始した「ヤモリの家庭教師」の会員数は応募開始から2週間で160名を越え、全国の空き家や築古アパートの探し方からリフォーム、融資購入、管理まで支援しているという。

via PR TIMES