THE BRIDGE

タグ YelloO2O

韓国Yello MobileのO2O部門「Yello O2O」が2,100万ドルを調達——宿泊やヘルスケア向けサービスを強化し、他企業買収で新分野にも参入へ

SHARE:

韓国の Yello O2O(옐로오투오)は少し早めのクリスマスプレゼントを受け取ったようだ。同社は今日(原文掲載日:12月23日)、VC の Q Capital Partners(큐캐피탈파트너스、KOSDAQ: 016600)から2,100万ドルを資金調達した。 Yello O2O は、韓国のユニコーン・スタートアップで、さまざまなバーティカルのスタートアップの持株会社にあたる、モバイルマーケテ…

yello-o2o-team-magazine-cover-photo-wide
ホテルチェーン「Avia」の雑誌表紙に掲載された Yello O2O のチーム
Photo credit: Yello O2O

韓国の Yello O2O(옐로오투오)は少し早めのクリスマスプレゼントを受け取ったようだ。同社は今日(原文掲載日:12月23日)、VC の Q Capital Partners(큐캐피탈파트너스、KOSDAQ: 016600)から2,100万ドルを資金調達した。

Yello O2O は、韓国のユニコーン・スタートアップで、さまざまなバーティカルのスタートアップの持株会社にあたる、モバイルマーケティング・スタートアップ  Yello Mobile(옐로모바일)の O2O 部門だ。オンラインで予約し、リアルでサービスの提供を受けられるしくみを提供している。現在、同社は宿泊、ヘルスケア、決済に特化している。

Yello O2O は、今回調達した資金を使って、宿泊やヘルスケア分野のサービスを強化する。また、戦略的買収計画を通じ、新しい分野でのサービスの提供も模索するようだ。

さらなる詳細について、Yello O2O にコメントを求めている。

Yello O2O の持株会社である Yello Mobile は、投資家からの評価額は40億ドルに上ると明らかにしている。

2013年に設立された Yello Mobile は、韓国のスタートアップ・エコシステムで卓越したポジションを占めるまでに、急速に成長した。この2年間は他社買収に精を出し、アジアでスタートアップ数社を買収し、マーケティング、旅行、メディア企業の一大集団を構築している。

しかし、Yello Mobile は、その複雑な株主構造に以前から批判を浴びている。同社のバリュエーションについても、業界ウォッチャーやプレーヤーから疑問が投げかけられてきた。8月には、複数の子会社を統合することで、同社が状況の改善を計画していると報道された。

またその報道で、Yello Mobile は近い将来の IPO に向けて、Yello O2O とモバイル広告プラットフォームの Future Stream Networks(퓨쳐스트림네트웍스、KOSDAQ:214270)に注力すると伝えられた。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

韓国の健康医療機器販売スタートアップOpen Medicalが、モバイル事業M&A会社のYello Mobileに傘下入り

SHARE:

韓国のモバイル特化型M&A事業会社 Yello Mobile(옐로모바일)傘下の Yello O2O(옐로오투오)は、健康医療機器スタートアップ Open Medical(오픈메디칼)をグループに引き入れ、ヘルスケア O2O の分野に本格参入すると発表した。 Open Medical は、ホームケア、病院用医療機器、医療消耗品、健康機能食品など1.6万種類の商品を備える韓国の代表的な健康医…

openmedical_featuredimage

韓国のモバイル特化型M&A事業会社 Yello Mobile(옐로모바일)傘下の Yello O2O(옐로오투오)は、健康医療機器スタートアップ Open Medical(오픈메디칼)をグループに引き入れ、ヘルスケア O2O の分野に本格参入すると発表した。

Open Medical は、ホームケア、病院用医療機器、医療消耗品、健康機能食品など1.6万種類の商品を備える韓国の代表的な健康医療機器のショッピングモールである。 ホームケアを中心に、一般消費者から病院、老人ホーム、企業などさまざまな顧客層を獲得しており、ダイソーモール(다이소몰)HealthGift(건강선물닷컴)など20以上の提携モールにコンテンツを提供している。

2011年12月のローンチから半年で黒字転換し、2015年第1四半期には、前年同期比178%の売上増を記録するなど、医療機器分野サイト一位の座を守っている。

Yello Mobile は、Open Medical の傘下入りを契機に、ヘルスケアO2O分野の市場に積極的に乗り出す計画だ。特にモバイル病院検索アプリケーション「GooDoc(굿닥)」や病院用CRM専門企業「Weaver Soft(위버소프트)」など、その分野をリードする傘下スタートアップ間の相互協力関係を構築し、B2BとB2Cを網羅する全分野での競争力を確保する計画だ。

Open Medical は、現在 Yello O2O 傘下の企業に医療機器や専門医療機器商品を供給しており、今後、Yello Mobile 傘下のショッピング・プラットフォーム「Coocha(쿠차)」などにも人気商品を流通させ、傘下事業者間のシナジーを模索する計画だ。

Open Medical は、Yello Mobile に傘下入り前から、Yello O2O 傘下の Weaver Soft、GooDoc、Babitalk(바비톡)などとバナー広告の交換、共同仕入れなどで連携し、サイトの競争力向上と売上拡大を達成してきた。

Yello O2O 代表のチェ・テヨン(최태영)氏は、次のようにコメントしている。

今回の Open Medical の傘下入りにより、ヘルスケアO2O全分野にわたる総合的な競争力を強化した。今後、一般のお客様はもちろん、企業まで網羅するこの分野の代表企業として成長できるだろう。

Open Medical 代表のシン・ジェホ(신재호)氏は、次のようにコメントしている。

Yello Mobile のビジョンと事業の方向性に十分に共感し、家族になることを決めた。Yello O2O と力を合わせて今年の売上規模を前年比4倍以上の成長させる。

Open Medical は、現在の一般消費者向けのサービスを病院など企業ユーザーまで対応できるように運営体制の拡大を準備しており、中国、ベトナムなどアジア市場を中心に医療機器やマッサージ器などの輸出も本格化させている。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------