BRIDGE

タグ YJ Capital

シンガポールのMonk’s Hill VenturesがYJキャピタルから資金調達、東南アジア・スタートアップの日本進出を加速

SHARE:

Monk’s Hill Ventures はシンガポールを拠点に、今や日本へと向かう高速特急だ。経験豊かな起業家とベンチャーキャピタリストが牽引するこのVCは、日本のヤフー(東証:4689)の投資部門である YJキャピタルから資金調達したことを発表した。なお、調達金額は明らかにされていない。 Monk’s Hill Ventures によれば、今回の投資は、Monk&#82…

yjcapital-monks-hill-ventures_logos

Monk’s Hill Ventures はシンガポールを拠点に、今や日本へと向かう高速特急だ。経験豊かな起業家とベンチャーキャピタリストが牽引するこのVCは、日本のヤフー(東証:4689)の投資部門である YJキャピタルから資金調達したことを発表した。なお、調達金額は明らかにされていない。

Monk’s Hill Ventures によれば、今回の投資は、Monk’s Hill のポートフォリオのスタートアップが、ヤフーが持つメンター、市場知識、流通チャネルの支援を受けて、日本進出が図れるようにするためのものだという。ヤフーが日本で最も訪問者の多いウェブサイトであることを考えれば、今回の提携は重要なものになるだろう。

<関連記事>

これまでに総額230億円を調達しているYJキャピタルは、今回の提携の見返りとして、東南アジアにおける Monk’s Hill Ventures が持つ専門知識やネットワークへのアクセスを得ることになる。YJキャピタルは東南アジア市場に関心を示しており、最近では、インドネシアのフラッシュ・セールス・サイト VIP Plaza にシリーズAラウンドで出資している。同社は Monk’s Hill を支援することとは別に、自らも東南アジアのスタートアップへの直接投資を継続する。

今回の提携について、Monk’s Hill の創業パートナーである Kuo-wi Lim 氏は Tech in Asia に次のようにコメントしている。

我々のポートフォリオにとって日本が次の想定市場となり、我々の投資先にとって日本がモデルケースや先例となり、東南アジアがYJキャピタルにとって関心の対象となるなど、双方にとって利益が一致しました。

今回の取引の詳細については明らかにされていない。Monk’s Hill が8,000万ドルを調達しようとしていたのに対し、YJキャピタルのスポークスマンの一人は、いくら拠出したのかは明らかにしなかった。彼女は、Monk’s Hill がいくら調達しようとしていたかについてもコメントしなかったが、YJキャピタルがコーポレートファンドであるにもかかわらず、今回の投資判断には「(双方にとっての)戦略的な事業シナジーは必要条件ではなかった」と語った。

YJキャピタルは、東南アジアに関心を持つ、多くの日本の投資家の一つだ。インドネシア、フィリピン、タイなどでスマートフォン人口が急激に増加していることから、日本の投資家からは、東南アジアが次のインターネット成長のエンジンだと見られている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

インドネシアのファッションフラッシュセールサイト「VIP Plaza」が、YJキャピタルから資金調達

SHARE:

インドネシアのファッションフラッシュセールサイト「VIP Plaza」は今日、日本のYahoo Japan の投資目的子会社にあたる YJキャピタルからシリーズAラウンドで資金調達した。調達金額は明らかにされていない。 VIP Plaza の共同創業者である Tesong Kim 氏は、調達した資金を使って、マーケティング活動を強化し、VIP Plaza をインドネシアじゅうのより多くの消費者にリ…

VIP-6

インドネシアのファッションフラッシュセールサイト「VIP Plaza」は今日、日本のYahoo Japan の投資目的子会社にあたる YJキャピタルからシリーズAラウンドで資金調達した。調達金額は明らかにされていない。

VIP Plaza の共同創業者である Tesong Kim 氏は、調達した資金を使って、マーケティング活動を強化し、VIP Plaza をインドネシアじゅうのより多くの消費者にリーチさせたいと述べている。また、同氏によれば VIP Plaza は世界展開も標榜しており、その足がかりとして、最近マレーシアに新オフィスをオープンした。

これは、YJキャピタルにとってインドネシアにおける初の投資であり、日本をインドネシアのスタートアップ・シーンに資金を注入している最も積極的な国という位置付けをさらに押し上げるものだ。

<関連記事>

海外の投資家がインドネシアの地元小売業へ投資することを規制する Negative Investment List には、規制対象の業種に Eコマースが含まれるが、VIP Plaza は商品在庫を保持しないマーケットプレイス・ポータルに分類されるため、今回の投資は規制の対象とはならない。これは、ソフトバンクと Sequoia Capital が昨年 Tokopedia に1億円の出資を許されたときと同じ手法だ。

また、VIP Plaza はジャカルタではなくシンガポールに登記されているため、この禁止ルールが適用されないことを Kim 氏は確認している。

VIP-2
CEO Tesong Kim(左)、共同創業者兼マーチャンダイジング担当VP Dita Fabiola(中央)、 共同創業者兼COO Yoga Sades(右)

世界展開は、まずインドネシアに似た市場から着手

VIP Plaza が最初に国外進出する市場はマレーシアだ。市場の成熟性とインドネシアと文化的に類似していることが、進出を図る上でマレーシアが最も理に適った場所と考えた理由だと、Kim 氏は述べている。

数年以内に東南アジアのすべての巨大市場に進出する計画だ。他社には無いコンセプトをもってすれば、我々はブランドファッションとライフスタイル製品の分野で、東南アジアのナンバーワン・オンライン・ディスカウント・モールになるだろう。

VIP Plaza は毎朝10時に新しいファッションブランドのセールを開始する。Kim 氏は、このフラッシュセール戦略がインドネシアの毎日サイトを訪れるユーザの多くを魅了し、ユーザ回帰率70%を達成させるに至ったのだと説明した。

短時間で相当量の在庫を販売するという点では、ブランドにも魅力を感じてもらっている。その結果、一年間でインドネシア内外あわせて400社のブランドが VIP Plaza に加入した。

VIP-1

東南アジアのスマートフォンの普及率向上と中級層の消費力の増加は、VIP Plaza の将来について Kim 氏に自信を持たせる材料となっている。Kim 氏は、VIP Plaza の月間ページビューが約350万件あることを教えてくれたが、アクティブ・ユーザの人数や売上の詳細についてはコメントを避けた。

VIP Plaza には現在120人の社員がいて、2日に一人のペースで新しい社員を雇用しているそうだ。以前、Tech in Asia が「3日に一人のペースで新しい社員を雇用している」とレポートした9月の時から見ても、社員を雇用するペースが上がっているのがわかる。VIP Plaza は、トランザクションの80%がモバイルからもたらされているため、今後モバイルへのフォーカスを強化すると Kim 氏は付け加えた。

【via Tech in Asia】@TechinAsia

【原文】

鮮魚流通スタートアップの八面六臂が、リクルート、ヤフー、DeNA、マネックスなどから約4.5億円を調達

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから iPad を使った革新的な発注方式で、飲食店向けの鮮魚流通を提供するスタートアップ「八面六臂(はちめんろっぴ)」は今日、リクルートホールディングス、YJキャピタル、DeNA 共同創業者の川田尚吾氏、DeNA(東証:2432)、マネックスベンチャーズから約4.5億円を調達したと発表した。[1] これは八面六臂にとって、昨…

hachimenroppi_leadimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

iPad を使った革新的な発注方式で、飲食店向けの鮮魚流通を提供するスタートアップ「八面六臂(はちめんろっぴ)」は今日、リクルートホールディングスYJキャピタル、DeNA 共同創業者の川田尚吾氏DeNA(東証:2432)、マネックスベンチャーズから約4.5億円を調達したと発表した[1] これは八面六臂にとって、昨年10月の1.5億円の調達に続くものだ。

2011年4月のローンチ以降、八面六臂は1,000店舗以上の飲食店をユーザとして獲得した。今回調達した資金を使って、同社は営業やシステム開発のチームを強化するほか、物流設備を拡大したいとしている。

今回の調達と併せ、八面六臂はリクルートホールディングス傘下のインターネット・サービス専業会社リクルートライフスタイルとの提携も発表した。この提携を通じて、八面六臂は自社ソリューションをリクルートのタブレット型POSシステム「エアレジ」との連携させ、エアレジを使う2万店舗以上の飲食店が八面六臂に魚発注システムにアクセスしやすいようにするとしている。


  1. YJキャピタルは、ヤフージャパン(東証:4689)の投資子会社である。マネックスベンチャーズは、日本のオンライン証券会社マネックスグループ(東証:8698)の投資子会社である。

オンライン英会話サービス「レアジョブ」が、VC3社から3億3000万円を資金調達

SHARE:

日本の言語学習サービス「レアジョブ」は本日、KDDIオープンイノベーションファンド、YJキャピタル、サイバーエージェントから、3億3,000万円を資金調達したと発表した [1]。2008年の4月に東京を拠点とするベンチャーキャピタル、グローバルブレインから2,000万円を調達しており、今回の調達はそれに続いてのものとなる。 2007年に設立されたレアジョブは、Skypeを通じて、フィリピンの人とリ…

rarejob_screenshot

日本の言語学習サービス「レアジョブ」は本日、KDDIオープンイノベーションファンド、YJキャピタル、サイバーエージェントから、3億3,000万円を資金調達したと発表した [1]。2008年の4月に東京を拠点とするベンチャーキャピタル、グローバルブレインから2,000万円を調達しており、今回の調達はそれに続いてのものとなる。

2007年に設立されたレアジョブは、Skypeを通じて、フィリピンの人とリモートで会話レッスンを行う英語学習サービスを、安価で提供している。同スタートアップによれば、彼らは合計で17万人の日本人ユーザを獲得しており、彼らのサービスの教師のほとんどは、フィリピンで高いレベルにあるフィリピン大学をの現役生か卒業生だ。

今回の調達により、同スタートアップはサービスの品質向上と、新たなビジネスの開発を計画している。レアジョブは、プラットフォームの開発と、ユーザが外国語を学ぶモチベーションが向上するような、さらなる授業プログラムの最適化を予定している。


  1. KDDIオープンイノベーションファンドは、KDDIとグローバルブレインの協働で運営されている。YJキャピタルはもちろん、Yahoo! Japanの投資会社だ。  ↩

【原文】