BRIDGE

タグ Yoren(游仁堂)

日本ファッションを扱う中国のニューリテールスタートアップYoren(游仁堂)、シリーズBでローソンやティーガイアから1,100万米ドルを調達

SHARE:

日本ファッションの国際市場への販売を狙う、中国の小売事業者 Yoren(游仁堂)は、ローソン(東証:2651)とティーガイア(東証:3738)をリードインベスターとして、1,100万米ドルを調達したことを明らかにした。 Yoren は近い将来、マレーシアとタイへの進出を計画している。同社はこれまで、日本ファッションの購入を希望する中国人のショッピングの場所になるべく注力しており、現在750万人の顧…

Yoren(游仁堂)のモバイルアプリ
Image credit: Yoren(游仁堂)

日本ファッションの国際市場への販売を狙う、中国の小売事業者 Yoren(游仁堂)は、ローソン(東証:2651)とティーガイア(東証:3738)をリードインベスターとして、1,100万米ドルを調達したことを明らかにした。

Yoren は近い将来、マレーシアとタイへの進出を計画している。同社はこれまで、日本ファッションの購入を希望する中国人のショッピングの場所になるべく注力しており、現在750万人の顧客がいるという。

Yoren は今回調達した資金を使って、東南アジア進出に加え、同社の持つ「OMO 戦略」に向けたテクノロジーを強化する。OMO とは東南アジアでは馴染みの無い言葉だが、「Online Merge Offline」の略で、Alibaba(阿里巴巴)の Jack Ma(馬雲)氏によって作られた言葉と考えられている。

OMO 戦略の最も極端な例は、店舗内に従業員がおらず、購入者が商品をそのまま店外に持ち出せる(そして、適宜課金される)というものだ。Alibaba と Amazon は中国とアメリカでそれぞれ、このような体験を実現できる店舗を有名にしている。

この戦略を実現するには、伝統的な e コマースと、人工知能やビッグデータ連携など最先端テクノロジーの融合が求められる。Yoren は報道発表の中で、次のように書いている。

我々は、サービスとしてのデジタル環境と、迫り来る重要な管理の問題として、増えつつある接続ネットワークから収集されたビッグデータの最適な利用方法を予見している。

その目標は、中国の次世代小売事業者となり、顧客に対しより良い商品への道筋を提供することだ(おそらく、将来はマレーシやタイでも提供することになるのだろう)。Yoren は2011年、金田修氏が設立。金田氏は以前、JD.com(京東)に勤務していた。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

中国の学生向けオンラインスーパー「Eight Days Online(8天在線)」が、ヘルスケア用品大手のLongliqi(隆力奇)から3,000万米ドルを調達

SHARE:

オンラインスーパーのスタートアップ、Nanjing Eight Days Online Network Technology Co., Ltd(8天在線)が木曜日(3月3日)、中国の化粧品会社 Longliqi Group(隆力奇集団)が主導した2億元(3,000万米ドル)のシリーズ B+ ラウンドを完了したと発表した。 他の製品カテゴリと併せて、フードデリバリービジネスは、Yihaodian(一…

supermarket via Flickr by Dean Hochman
supermarket via Flickr by Dean Hochman

オンラインスーパーのスタートアップ、Nanjing Eight Days Online Network Technology Co., Ltd(8天在線)が木曜日(3月3日)、中国の化粧品会社 Longliqi Group(隆力奇集団)が主導した2億元(3,000万米ドル)のシリーズ B+ ラウンドを完了したと発表した。

他の製品カテゴリと併せて、フードデリバリービジネスは、Yihaodian(一号店)、JD.com(京東商城)、Tmall(天猫)など多くの中国の企業が営んでいるが、Eight Days は大学生という特定のグループを対象にしている。

Eight Days の CEO で設立者の Gu Wen(顧問)氏は、プレスリリースで次のように語った。

キャンパス内まで食料品を配送するには通常より長い時間がかかります。そこに市場機会を見出しました。そういった理由で大学のキャンパスに注目しているのです。多くの学生に利用してもらっており、彼らの間で急速に広がっています。

中国の90年代後半の世代が Eight Days の中心的な顧客層で、特に95年代後半の世代は現在、大学生である。

Eight Days Online の共同設立者 Zhang Yue(張楽)氏は、TechNode(動点科技)にこう語った。

95年代後半の世代は自分中心的な考え方をしており、購買時に自分の価値観に素直に従います。何が欲しいか明確に自覚しており、はっきりと決断して実際に商品を購入する世代なのです。

Eight Days の商品カテゴリには、食料品、夜食、ノートパソコンなどがあり、大学生のニーズに応えている。学生は登録時に大学を選び、プラットフォームを使って商品を購入できる。また、写真共有などソーシャルネットワーク機能もある。

左から:(1)Eight Daysの「セービングマネー」ページ、(2)ソーシャルネットワーク・ページ、(3)お気に入りアイテムのリスト
左から:(1) Eight Daysの「セービングマネー」ページ、(2)ソーシャルネットワーク・ページ、(3)お気に入りアイテムのリスト

2016年2月末時点で Eight Days は中国50の都市、1,200の大学で利用でき、また、同社独自のブランドで新規コンビニ100店舗も開店させている。この資金調達ラウンドの完了後に、Eight Days は同社サービス可能範囲を2,000以上の短大、大学、近隣のオフィスビルまで広げる予定だという。実店舗に関しては、同社はコンビニ1,000店舗を目指している。

新コンビニチェーンとして、データやアルゴリズムを駆使して顧客の求めるものを理解していくつもりでいます。将来的には、顧客により多くの食料品を提供するための開発も行う予定です。当社のマーケティング、物流アルゴリズムは顧客の利益を大きくするだけでなく、コスト削減にも役立つでしょう。(Zhang 氏)

Eight Days だけが大学生のニーズに応えようとしているわけではない。51Qiguai.com(奇怪果園)も食料品を大学生に提供しており、上海を拠点とする Yo.ren(游仁堂)は、オンラインコンピニ店舗を出店している。日本人が設立したため、Yo.ren は日本の CRM プログラムを採用している。

日本のコンビニ産業は非常に成熟しており、実店舗業態のコンビニには学ぶ価値があります。中国の小売ビジネスが顧客志向の考え方を学ぶには、もっと経験が必要だと思います。(Zhang 氏)

ほとんどのフードデリバリー会社が北京(Benlai.com=本来生活)や上海、杭州に拠点を構えてこの地域の物流ネットワークを活用している中、Eight Days は南京で設立された。

南京は事業を始める上で良い雰囲気があります。現在では、南京にある60もの企業がシリーズAラウンドで資金調達をしており、この地域ではベンチャーキャピタルが増加してきています。また、私たちはここで独自の物流ルートも築きました。(Zhang氏)

2012年に設立された Eight Days は、2015年9月に Shunwei Capital(順為資本)と Bosun Kinzon Capital(復星昆仲資本)が主導したシリーズ B ラウンドで資金を調達した。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------