BRIDGE

タグ YouTube

FacebookとYouTubeがトップーー10代が好むアプリがわかる5つのチャート【調査】

SHARE:

<ピックアップ> Here are the apps teens actually love, in 5 charts K-12や大学などのユーザー調査ができるNicheが興味深いグラフを公開しています。(詳細がみつからなかったのですが多分北米)ティーンが使うアプリの調査で、7000人分のレビュー結果が下記のようなグラフにまとまっておりました。 ぱっと見た感じだとfacebookとYo…

<ピックアップ> Here are the apps teens actually love, in 5 charts

K-12や大学などのユーザー調査ができるNicheが興味深いグラフを公開しています。(詳細がみつからなかったのですが多分北米)ティーンが使うアプリの調査で、7000人分のレビュー結果が下記のようなグラフにまとまっておりました。

ぱっと見た感じだとfacebookとYouTubeが圧勝、TwitterとGoogle+はスカイプと同列、WhatsAppは意外にもほとんど使われてない、などなど。VBの記事にはその他のグラフもありますので、参考にどうぞ。

The_Best_and_Worst__Media_Habits_of_the_Class_of_2014___Ink__Niche_Insight___Analysis
Graph by Niche

via VentureBeat【G翻訳】

----------[AD]----------

米YahooがYouTube対抗のビデオサービスを準備中か【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Ready for Marissa’s Closeup? Yahoo Is Considering Creating Its Own YouTube (And Poaching YouTube Stars). 興味深いニュースです。マリッサ・メイヤー率いるYahooがYouTube対抗の動画サービスを準備…

YTube.001

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Ready for Marissa’s Closeup? Yahoo Is Considering Creating Its Own YouTube (And Poaching YouTube Stars).

興味深いニュースです。マリッサ・メイヤー率いるYahooがYouTube対抗の動画サービスを準備中とのこと。

2006年の創業以来CGM分野においては目立った敵がおらず、同時期に創業した2007年のVimeo(登録会員数が2000万人)の2013年の再生回数が全体で約49億回なのに対して、YouTubeは2013年に見られたトップ動画が1本で2億7500万回再生と比較対象が違い過ぎて逆に想像しにくいですが、まあ、いわゆるぶっちぎりという状況は間違いありません。

さて、この王者YouTubeにYahooは勝てるのか、記事をかいつまむとここ最近、YahooはスターYouTuberに接触しているらしく、その他エグゼクティブクラスがビデオ制作会社に接触、広告などにおいてYouTubeよりもよい身入りを期待させるお話をしているとのこと。

Tumblrを買収し、Flickrを改良したマリッサ率いる新生Yahooはビデオにも新風を巻き起こすのか、注目です。

Google翻訳でざっくり読む

via Re/code

----------[AD]----------

YouTubeで見つけたマジック動画10個詰め合わせ【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします 10 YouTube Videos That Prove Science Is Magic Mashableでみつけた息抜き動画です。 しかし、BuzzFeed並びに最近やたらと増えてきたバイラル系メディアというのはこのYouTubeから楽しそうなのを見つけてコピペするわけですが、結構なシェアを稼ぐわけで…

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

10 YouTube Videos That Prove Science Is Magic

Mashableでみつけた息抜き動画です。

しかし、BuzzFeed並びに最近やたらと増えてきたバイラル系メディアというのはこのYouTubeから楽しそうなのを見つけてコピペするわけですが、結構なシェアを稼ぐわけですね。でも、このアクセスのeCPMやCPCといったパフォーマンスはどうなのでしょうか。BuzzFeedがスポンサードポストを大量に作成しているモデルなのも、案外そういうところに理由があるのかもしれません。

ちなみに元記事にある残りのマジック動画は楽しいので休憩中にでもどうぞ。

Google翻訳でざっくり読んでみる

via Mashable

----------[AD]----------

USの14歳から18歳の約75%がYouTubeを「よく使う」と回答、facebookを抜き去る【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Teens Press Play on YouTube YouTubeの盛り上がりについては、分かってる層とそうじゃない層が分かれているような印象があります。eMarketerがまとめた調査によれば、2013年11月に実施したグループインタビューで、US在住の14歳から18歳の実に約75%がYouTube…

YouTube

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Teens Press Play on YouTube

YouTubeの盛り上がりについては、分かってる層とそうじゃない層が分かれているような印象があります。eMarketerがまとめた調査によれば、2013年11月に実施したグループインタビューで、US在住の14歳から18歳の実に約75%がYouTubeを「よく使ってる」と答え、facebookの60%という数字を超えたそうです。

14歳から34歳までのトータルでも両者の違いは数パーセント、USの暇つぶしはfacebookとYouTubeに握られていることがよくわかる数字です。より詳しく知りたい方は元記事をどうぞ。

Google翻訳でざっくりと日本語にする

via eMarketer

----------[AD]----------

Pops Worldwide、YouTube上の約90%ものベトナム楽曲とライセンス契約を結び、SpotifyやiTunesでの提供も

SHARE:

2008年9月以降、Pops Worldwideは多くのベトナムの楽曲のライセンスや販売権をコツコツと集めてきた。同社はモバイルアプリの開発と、ライセンス事業やメディアコンテンツ管理の2つの事業を主に行っているが、今ではYouTubeにアップされたベトナム楽曲の最大の販売権を握るようになった。対象となるベトナム人アーティストは、Dam Vinh HungやMy Tamも含め、全部で数百名になる。 …

Pops Worldwide

2008年9月以降、Pops Worldwideは多くのベトナムの楽曲のライセンスや販売権をコツコツと集めてきた。同社はモバイルアプリの開発と、ライセンス事業やメディアコンテンツ管理の2つの事業を主に行っているが、今ではYouTubeにアップされたベトナム楽曲の最大の販売権を握るようになった。対象となるベトナム人アーティストは、Dam Vinh HungやMy Tamも含め、全部で数百名になる。

Pops Worldwideはプレスリリースで、YouTubeでのベトナム音楽の配信を主導して行なうことを明らかにし、またSpotifyやiTunes、Amazon、Deezer(フランスの音楽配信サービス)といった音楽配信サービスでも提供を行なうことを発表した。

そうだ、Spotifyだ。こうした音楽配信サービスを介して聴かれたベトナム音楽は、おそらくPopsによって提供されたものになるだろう。これはPopsがここしばらくの間取り組んできた内容で、Popsの設立者兼CEOであるEsther Nguyen氏は以下のように語った。

「ここ最近でPopsはベトナム国内の80~90%の公式音楽コンテンツのライセンスを取得しています。これによって、ベトナムのアーティストたちは収入チャネルを増やすことができるわけです。これらの宣伝の多くはベトナム国外からのもので、国内のマーケットに関心を持っている国々です。」

これはベトナム国内の著作権やコンテンツに対して大きな一歩となる。著作権侵害が削減され、アーティストたちはオンラインで支払いを受けられるようになる。またPopsにとっても、アーティストがPVの横に流れる広告から得る収入の一部を得られるので、大きなプラスになる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

YouTubeとの連携で取引を活性化させる、韓国の中古品売買モバイルアプリ「ポンゲ・ジャント」

SHARE:

モバイルによる、中古品マーケット・プレイスのアプリ「ポンゲ・ジャント(번개장터、日本語で〝雷市場〟の意)」は、ユーザが取引商品を動画と連動して登録できる、ポンゲ・ジャント動画サービスをリリースする。 ポンゲ・ジャント動画サービスは API として開発されており、撮影と同時に YouTube のサーバに動画を送信でき、ネット上で誰もが簡単に視聴できるようになっている。 ポンゲ・ジャントは、累積ダウン…

quicketモバイルによる、中古品マーケット・プレイスのアプリ「ポンゲ・ジャント(번개장터、日本語で〝雷市場〟の意)」は、ユーザが取引商品を動画と連動して登録できる、ポンゲ・ジャント動画サービスをリリースする。

ポンゲ・ジャント動画サービスは API として開発されており、撮影と同時に YouTube のサーバに動画を送信でき、ネット上で誰もが簡単に視聴できるようになっている。

ポンゲ・ジャントは、累積ダウンロード数160万件、累積会員数90万人を獲得し、モバイルで1位を誇る中古品マーケット・プレイスのアプリで、1日平均約3万件の販売品がポストされている。

beongaejangteo

ポンゲ・ジャントを運営する、クイケット(퀵켓)のチャン・ウォンギ(장원귀)代表は、「ユーザが自分で撮影したUCC(ユーザ作成コンテンツ)を登録することで、中古品取引の信頼性を向上させ、さまざまな製品が説明できるようになった。C2C のみならず、中小事業者にも使ってもらえるプラットフォームにしたい」と述べた。

ポンゲ・ジャントは、コンビニエンス生活サービスの CVSNet と提携しており、従来よりも40%安い料金で会員が利用できる宅配便サービスも提供している。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

アジア初のYouTubeクリエイター向けスタジオ「YouTube Space Tokyo」がオープン

SHARE:

英語版のレポートはこちらから 昨年、ロサンゼルスとロンドンにオープンしたYouTubeクリエイター向けスタジオYouTube Spaceが、2月15日、六本木ヒルズ森タワー内にオープンする。同施設「YouTube Space Tokyo」は日本、およびアジア地域における初のスタジオとなり、世界では三箇所目となる。 「YouTube Space Tokyo」は、映像、演劇、ビデオブログ、音楽、コメデ…

Reception 01

昨年、ロサンゼルスロンドンにオープンしたYouTubeクリエイター向けスタジオYouTube Spaceが、2月15日、六本木ヒルズ森タワー内にオープンする。同施設「YouTube Space Tokyo」は日本、およびアジア地域における初のスタジオとなり、世界では三箇所目となる。

「YouTube Space Tokyo」は、映像、演劇、ビデオブログ、音楽、コメディ、ヘアメイクなど、様々な分野で活躍するクリエイターの映像制作をサポートする場所となることを目的として開設される。以下が同スペースのコンセプトムービーだ。

今回、オープンに合わせてYouTubeコンテンツオペレーションズ グローバル統括副社長、トム・ピケットが挨拶を行った。

YouTubeは素晴らしいクリエイターが、素晴らしいコンテンツを世界中に届けることが可能なプラットフォームとなりました。これまで私は、世界中のコンテンツクリエイターと仕事をしてきました。日本では新進気鋭のクリエイターたちと仕事ができることを嬉しく思います。

続いて、YouTube コンテンツオペレーションズ アジア太平洋統括部長、デービッド マクドナルド氏はこのように語った。

日本のクリエイターの市場が段々と伸びています。これまでにも私たちは、クリエイターを支援するための「YouTube NextUp」のようなプログラムを提供しています。

クリエイターを育てる学校でも、ニューメディアの勉強している学生向けに授業も提供するなど、クリエイター支援を行って来ました。さらに支援をするために、昨年7月ロンドンに初めてとなるYouTube Spaceをオープンさせ、同年11月にはロサンゼルスにオープンしました。明日、東京にオープンします。

Studio 1

YouTube Space Tokyoは以下の3点がキーコンセプトとなっている。

Learn : 学ぶ

セミナーに参加したり、最新設備に触れることで、本格的な映像制作を基礎から学ぶことができる場。研修のための部屋を用意しており、授業ができるようなスペースも用意されている。

Share : シェア

クリエイター同士のコラボレーションを加速させ、ユニークで質の高いコンテンツをこの場所から生み出す狙い。カフェスペースも併設し、いろいろなクリエイターがコーヒーを飲みながらコラボレーションできる場所を設けている。この場所で色々なことをここでシェアし、作品に活かしてほしいと考えているそうだ。

Mini Kitchen 02

Create : クリエイト

本格的なスタジオを用意し、高品質の機材を使用できるようにしている。これにより個人で制作するよりもさらに本格的なコンテンツを制作することが可能。この場所を利用して、クリエイターにはよりよいコンテンツをつくってほしいと考えているという。

ロンドンのスペースのオープンから半年ほどが経過し、動画再生回数も登録者数も増えているそうだ。クリエイター側の使用条件はYouTubeパートナーであること。それに加えて、企画次第で申請する方法があるという。コラボレーション作品、シェア出来る作品の企画を優先していく方針で、スペースの提供は基本的に無料。

このスタジオでは、生中継のYouTubeイベントも実施可能となっており、明日オープニングイベントでは、アーティストのJUJUが講演することになっているそうだ。

Tokyo Event Page

Lounge

IMG_5132

IMG_5134

IMG_5135

IMG_5136

IMG_5137

IMG_5118

IMG_5123

IMG_5126

IMG_5128

----------[AD]----------

YouTubeがマレーシアでローカライズサービスを開始

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 さきほど(原文掲載3月21日)YouTubeから連絡を受け、大人気のオンライン動画共有サイトがこのほどマレーシアでローカライズサービスを開始したことがわかった。2時間ほど前からマレーシアの人たちはyoutube.com.myにアクセスし、YouTubeのページのいちばん下にある地域設定で「マレーシア」を選択することができるようになっている。 YouTubeの…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

さきほど(原文掲載3月21日)YouTubeから連絡を受け、大人気のオンライン動画共有サイトがこのほどマレーシアでローカライズサービスを開始したことがわかった。2時間ほど前からマレーシアの人たちはyoutube.com.myにアクセスし、YouTubeのページのいちばん下にある地域設定で「マレーシア」を選択することができるようになっている。

YouTubeのアジア太平洋地域製品開発ディレクターであるアダム・スミスはこの新しい地域サービスについて詳しく説明した。

「数年前から、マレーシアの人々はYouTubeで膨大な数の動画を視聴しています。本日マレーシアに最適化したサイトを立ち上げたのは、さらに地域に密着した形でYouTubeの動画を体験してもらいたいからです」。

この発表は、音楽業界にも良い影響を及ぼしている。というのも、MACPという管理団体に属するマレーシアのミュージシャンたちは、YouTubeに動画を投稿して収益を得ており、さらにはYouTubeを国際的な舞台に跳躍するためのプラットフォームとして利用することもあるからだ。

さらにYouTubeは、Astro MalaysiaやKRU Studioといった、マレーシアの一流メディア企業と提携している。

読者の皆さんは覚えているかもしれないが、10月にYouTubeはシンガポールでもローカライズサイトを立ち上げたばかりだ。

下の”Welcome to Malaysia, Youtube”という動画をご覧いただきたい。この動画では多くの有名ミュージシャンが祝福の言葉を述べている様子が収められている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------