BRIDGE

タグ Yukari Engineering(ユカイ工学)

東京インターナショナル・ギフト・ショーに、〝これからの暮らし〟を提案するIoTスタートアップが集結【ゲスト寄稿】

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら。 8月30日から9月2日まで、東京ビッグサイトでは「第84回東京インターナショナルギフト・ショーLIFE×DESIGN」が開催され、IoT ソリューションを提供するスタートアップ数社が集まるコーナーでは、日常生活に深く関連したギフトなどのアイテムについて、急速…

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら


IoT コーナーに出展していた MAMORIO
Image credit: “Tex” Pomeroy

8月30日から9月2日まで、東京ビッグサイトでは「第84回東京インターナショナルギフト・ショーLIFE×DESIGN」が開催され、IoT ソリューションを提供するスタートアップ数社が集まるコーナーでは、日常生活に深く関連したギフトなどのアイテムについて、急速に成長する IoT の分野でのスタートアップの役割が強調されていた。

このコーナーは日本の IT 出版社であるアスキーの協力で企画され、カギなどの置き忘れてしまいがちな個人所有物にタグをつけられる MAMORIO のほか、幼児をモニタするプロダクトなど3つのスタートアップがブースを展示していた。

<関連記事>

MAMORIO
Image credit: MAMORIO

特に興味深かったのはスタートアップのユカイ工学で、彼らは子供や年配者に歯を磨く気を起こさせるよう、歯磨きの記録をつけられるロボットのような歯ブラシなど、同社が開発した歯科衛生用品を展示していた。日本人の平均寿命が延びる中で、歯科衛生は QOL を測る上でのベンチマークと言われている。

特に興味深かったのはスタートアップのユカイ工学で、彼らは子供や年配者向けに、ロボットの BOCCO につながるハブラシに代表されるような IoT 製品を提供している。この製品と関係なくハミガキ全般に関していえば、日本人の平均寿命が延びる中で、早いうちからの歯科衛生は QOL のレベルを示すものになると考えられる。

また、デザインを使って自社をマーケティングできるアイテムを提供するスタートアップや、デザインに特化しているわけではないが、日本の伝統的な習慣や以前からあるブランドを活用し、ユニークな機能を提供するスタートアップもいた。さまざまなセクターの異なる企業同士の協業が、特に目を引いた。

ユカイ工学の「ハブラシロボットキット」
Image credit: Yukai Engineering
----------[AD]----------

ユカイ工学、IoTで家族のコミュニケーションを楽しくする家庭向けロボット「BOCCO(ボッコ)」を発表

SHARE:

ユカイ工学は、IoTを活用して家族間のコミュニケーションをもっと楽しくする、家庭向けロボット「BOCCO(ボッコ)」を開発、先日開催された「CEATEC JAPAN 2014」にて公開した。 BOCCOは、インターネットに接続するためのWi-Fiと、センサーと通信するための近接無線の機能を搭載。インターネット経由でスマートフォンと音声メッセージをやりとりできるほか、家庭内のセンサーの情報をスマート…


BOCCO

ユカイ工学は、IoTを活用して家族間のコミュニケーションをもっと楽しくする、家庭向けロボット「BOCCO(ボッコ)」を開発、先日開催された「CEATEC JAPAN 2014」にて公開した。

BOCCOは、インターネットに接続するためのWi-Fiと、センサーと通信するための近接無線の機能を搭載。インターネット経由でスマートフォンと音声メッセージをやりとりできるほか、家庭内のセンサーの情報をスマートフォンに通知することが可能。

センサーは、振動センサー、マグネット式の開閉センサー、光センサーが提供予定となっている。価格はロボット本体とセンサーのセットで税別2万円前後。発売時期は2015年3月を予定している。

bocco_1003

----------[AD]----------

スマホ連携ガジェット開発の可能性を広げる、ロボティクス・スタートアップのユカイ工学

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 今週、我々はここ東京に拠点を置く面白いロボット工学の開発会社、ユカイ工学のオフィスを訪ねた。同社のメンバーは、本サイトで3月に取り上げたチームラボハンガーのハードウェア開発に携わった人たちだ。読者もウェブ上で見たことのある、世界的にも有名な Nekomimi のプロトタイプも製作している。 だが、現在の同社のコアプロ…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

今週、我々はここ東京に拠点を置く面白いロボット工学の開発会社、ユカイ工学のオフィスを訪ねた。同社のメンバーは、本サイトで3月に取り上げたチームラボハンガーのハードウェア開発に携わった人たちだ。読者もウェブ上で見たことのある、世界的にも有名な Nekomimi のプロトタイプも製作している。

だが、現在の同社のコアプロジェクトの一つは、フィジカル・コンピューティング・ツールキットの「konashi」で、これを使えば、アーティスト、デザイナー、エンジニアは、スマホ連携ガジェットを迅速かつ簡単に作ることができる。

東京のローカルコミュニティは konashi に良い反応を示しており、最近開かれたワークショップでは、このツールキットを使った面白いアイデアをいくつか創出している。今年の夏、彼らが Engadjet Japan で開催したワークショップでは、参加した40人が5チームに分かれ、それぞれのチームが2日間で1つずつプロトタイプを製作した。

ユカイ工学の代表を務める青木俊介氏は、konashi で作ったという子供向けのスマート歯ブラシを紹介してくれた。この歯ブラシは歯を磨いている間、何回磨いたかをカウントしてくれ、その回数がアニメキャラクタの動きとしてスマートフォン上に表示される(Engadget Japan 掲載の写真を参照)。スマート歯ブラシを作ったこの参加者チームは、この歯ブラシの製作を Kickstarter のプロジェクトに切り替える予定で、まもなくクラウドファンディングが開始されるだろう。青木氏は konashi を使うユーザが「たった一週間で、皆が何かを作り出すのには驚かされる」と喜んでみせた。

yukai-laundry-device-280x186konashi を使った面白いシステムとして、他には洗濯物が乾いたことを教えてくれるしくみが挙げられる(写真右)。このシステムは、洋服につけたセンサーを使っている。

しかし極めて日本的なのは、このハンガーがアルミニウム・ケースに入っていて、とても見栄えがカワイイことだ。ケースは本来ハンガーの機能とは無関係だが、それでも見ていて楽しくしてくれる。

彼らが手がける最も面白いプロジェクトは(少なくとも、最近、子供が生まれた私にとっては)、Paby という親と赤ちゃんのためのコンセプトカメラだ。このカメラはベビーベッドにぶら下げることができ、作業中の両親は、スマートフォンを使って、どこからでもカメラからの映像を確認することができる。赤ちゃんに話しかけることもでき、スマートフォンに向かって話しかけると、その声はカメラのスピーカーから流れる。Papy は博報堂との共同プロジェクトだが、ユカイ工学はさらに開発を進めるために製作協力会社を募集している。

詳細は、以下のプロモーションビデオを見てほしい。

----------[AD]----------